Press Release

日本オラクル、Oracle HCM Cloudを協和発酵キリンに導入

国内外のグループ会社の人材情報を一元管理、最適配置や評価・目標管理を強化

Tokyo,Japan—2018/08/02


日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は本日、協和発酵キリン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮本 昌志、以下 協和発酵キリン)が、国内外のグループ会社の人材情報の一元管理と最適配置や人材マネジメントを強化する目的で、オラクルの人材管理クラウド「Oracle Human Capital Management (HCM) Cloud」(以下、Oracle HCM Cloud)」を導入したことを発表します。
 
変化が激しく予測が困難な現代において、仕事内容や社員の多様化、グローバル化は確実に進行しており、環境の変化に柔軟かつ迅速に対応するために人材マネジメントの戦略的な運用が求められています。また、学習による自己研鑽の機会を重要視する社員が増えており、多くの企業は社員のスキル向上やキャリア開発支援に積極的に取り組んでいます。
 
このような背景の中で、協和発酵キリンでも、事業を持続的に成長させていくために人材が非常に重要であると考え、Oracle HCM Cloudを導入しました。今回の導入によって、グループ全体の人材情報を一元管理し、人材の可視化を実現して、容易な人員配置転換、人材の確保や育成の効率化が可能になります。従来、グループ間で異なるシステムを利用していましたが、Oracle HCM Cloudに統合することで、システム運用コストも軽減できます。
 
【Oracle HCM Cloud採用の決め手】
・人材の確保や育成のプロセスを把握するための分析支援機能などの豊富な機能
・既存システムである経営資源管理(ERP)ソリューションOracle E-Business Suiteとデータ連携等の親和性が高い
・今後予定している全世界のグループ展開に向けて拡張性が高い
・グローバルでの豊富な導入実績
 
今回の導入では、株式会社エクサが、協和発酵キリンにおけるシステム構築および運用の実績や、Oracle E-Business Suiteをはじめとする人事領域のシステム導入における豊富な経験とこれまでに蓄積してきたノウハウなどを評価され、今回のシステム選定から構築、稼働にいたるまでをトータルで支援しています。
 
参考リンク
 
日本オラクルについて
オラクル・コーポレーションの日本法人。「beyond your cloud >commit;」をスローガンに掲げ、広範かつ最大限に統合された クラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォームなど、データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービスの提供と、それらの利用を支援する各種サービスの事業を展開しています。2000年に東証一 部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp
 
日本オラクル公式ソーシャルメディアチャネル
 
オラクルについて
Oracle Cloudは、ERP、HCM、Customer Experience (CX)を網羅した広範なSaaSアプリケーションに加え、業界最高水準のデータベースを含む Platform as a Service (PaaS)、Infrastructure as a Service (IaaS) を米州、欧州、アジア地域にわたるデータセンターから提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。
 
* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。 
 
 

本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社
広報室 斉藤
03-6834-4837
pr-room_jp@oracle.com

広報担当にコンタクト

日本オラクル株式会社

  • 03-6834-4837