Press Release

ダイキン工業 化学事業部、デジタル・マーケティングによる営業の生産性向上とグローバル営業情報の可視化を目的に、Oracle Cloudを採用

「Oracle Eloqua」と「Oracle Sales Cloud」を活用し、確度の高いリードを営業へ割り当てグローバルでの営業生産性の向上を支援

Tokyo,Japan—2018/09/27


日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は、ダイキン工業株式会社(本社:大阪府大阪市北区、取締役社長 兼 CEO:十河 政則)化学事業部が、デジタルを活用した営業活動の促進による生産性向上とグローバル営業情報の可視化を目的に「Oracle Marketing Cloud」のマーケティング・オートメーション製品「Oracle Eloqua」、顧客管理・営業支援のクラウド「Oracle Sales Cloud」を採用したことを発表します。
 
ダイキン工業 化学事業部では、グローバルブランドとしての認知度をさらに高め、事業強化・拡大することを目的にWeb、マーケティング、営業の各分野においてデジタル化を推進することになり、Webサイトの再構築と連動し、デジタル・マーケティングを強化、その後の営業活動をグローバルで円滑に連携できるソリューションを検討しました。そして今回、顧客情報をグローバルで一元管理し、デジタル・キャンペーン施策に対する顧客の反応を詳細に把握・分析し、営業活動の可視化を実現できる「Oracle Eloqua」と「Oracle Sales Cloud」を選択しました。
 
ダイキン工業 化学事業部は「Oracle Eloqua」を活用することで、メールやリンクへのアクセスなど顧客のオンライン上の行動を詳細に把握・分析し、より確度の高い見込み客の絞り込みや次のアクションの立案に役立てます。また、「Oracle Eloqua」で得たリードを営業担当者に割り当て、「Oracle Sales Cloud」により営業活動を記録、グローバルでマーケティング部門・営業部門と共有することで、顧客情報の可視化を行い、事業成長を支えるデジタル基盤を構築します。
 
本発表に向けた顧客企業のコメント
「ダイキン工業 化学事業部では、事業環境変化に素早く対応するため、デジタルを活用した新しい取り組みを開始しています。Webサイトをリニューアルし、顧客のオンライン上の行動履歴を効率的に営業活動に活かし、生産性の高い営業活動を支援する目的で、『Oracle Eloqua」と『Oracle Sales Cloud』を採用しました。日本だけでなく、米州・欧州含めて同ソリューションを活用し、より確度の高い見込み顧客を絞り込み、グローバルで適切に営業と連携することで、ビジネス獲得率向上を目指します。」
 
ダイキン工業株式会社 化学事業部 マーケティング部長  新家 伸洋 
 

本プロジェクトでは、株式会社アイ・エス・アイソフトウェアー(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:前田 丈彰 以下ISI)が業務サポートと全体のプロジェクト管理を支援しています。ISIは、自社を含め「Oracle Cloud」導入実績があり、そのナレッジを活用し構築にあたりました。
 
参考リンク
 
日本オラクルについて
オラクル・コーポレーションの日本法人。「Beyond Your Cloud >commit;」をスローガンに掲げ、広範かつ最大限に統合された クラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォームなど、データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービスの提供と、それらの利用を支援する各種サービスの事業を展開しています。2000年に東証一 部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp
 
日本オラクル公式ソーシャルメディアチャネル
 
オラクルについて
Oracle Cloudは、ERP、HCM、Customer Experience (CX)を網羅した広範なSaaSアプリケーションに加え、業界最高水準のデータベースを含む Platform as a Service (PaaS)、Infrastructure as a Service (IaaS) を米州、欧州、アジア地域にわたるデータセンターから提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。
 

本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社
広報室 斉藤
03-6834-4837
pr-room_jp@oracle.com

広報担当にコンタクト

日本オラクル株式会社

  • 03-6834-4837