該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

Press Release

日本オラクル、より効率的な国際貿易管理を支援するため、物流管理ソリューションの最新版を提供

Oracle Transportation Management CloudとOracle Global Trade Management Cloudの最新版により、顧客のコスト削減、貿易規制コンプライアンスの効率化、一連の管理の迅速化を支援

Tokyo,Japan—2018/10/18


日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は、ますます複雑化するグローバル経済においてお客様の成功を支援するため、「Oracle Transportation Management Cloud」および「Oracle Global Trade Management Cloud」の最新版を提供開始しました。この最新版により、コスト削減、グローバル貿易規制に関するコンプライアンスの効率化、一連の管理の迅速化したいお客様の要件を単一の統合プラットフォームで管理できるようになります。
 
最新の「Oracle Transportation Management Cloud」および「Oracle Global Trade Management Cloud」では、出荷ルートや自動化されたイベントハンドリングに関するリアルタイムかつデータを元にしたインサイト提供します。また、迅速かつ正確なスクリーニングと税関申告の拡張された規制サポートも提供されます。たとえば、Nahdi Medical Companyは、「Oracle Transportation Management」の最新版を導入して以来、トラックの使用率を5~10パーセント向上させることに成功しました。
 
Nahdi Medical Companyのサプライチェーン・アプリケーション・マネージャーであるサイード・アルサイド(Sayed Al-Sayed)氏は、「出荷の需要と配送のステータスの可視性が向上しました。これは、新しい要件への対応が必要になった際にも計画を迅速に見直す柔軟性が得られます。『Oracle Transportation Management Cloud』は推奨プランを正確に提案します。また、ルート最適化により、トラックの使用率を向上させることができ、出荷時間の短縮とコスト削減の両方が実現されました」と述べています。
 
「Oracle Transportation Management Cloud」と「Oracle Global Trade Management Cloud」の主な強化点は次のとおりです。
 
  • •    経路決定における機能強化:出荷の計画時に過去の交通量のパターン、危険物、通行料金などを把握することで、より優れた経路決定の判断を行うことができます。
  • •    規制におけるサポートの拡張:拡張された規制コンテンツにより、より正確なスクリーニングが可能になり、税関略式申告における機能が強化されました。劇的に変化する今日の規制環境でグローバル貿易のニーズをより効率的に満たすことができます。
  • •    高度なプランニング:「Oracle Order Management Cloud」および「Oracle Inventory Management Cloud」の標準機能で提供するシステム間連携フローが強化されたことで、全行程におけるアウトバウンド受注処理の計画を改善し、輸送計画を向上させることができます。
  • •    ドライバー指向の機能:OTMモバイル・アプリはドライバーが使い易いワークフローを含め、自家用および専用車両の計画/実行のサポートが強化されたことで、シフト制ドライバーの割当処理を向上させることができます。
  • •    IoT車両監視との統合:自動イベントハンドリングを通じて、リアルタイムに貨物の位置を可視化できます。
  • •    使い易さとコラボレーション機能:同僚とのコラボレーションを合理化する「Oracle Content and Experience Cloud」との統合を含め、よりシンプルで、利用者は設定が可能で使い易い画面を利用できます。
  • •    グラフィカル診断ツール:詳しい調査が必要な領域を強調し表示する視覚的な診断ツールが提供され、出荷の計画段階で生じる疑問をリアルタイムに調べ、簡単に解決できます。
 
オラクルのSCM製品戦略担当バイスプレジデントであるデレク・ギトーズ(Derek Gittoes)は、「グローバル貿易およびロジスティクスは劇的に変化しており、組織が競争力を持つには、複雑な規制環境と各出荷に対する顧客の期待に対応する必要があります。『Oracle Transportation Management Cloud』と『Oracle Global Trade Management Cloud』の組み合わせは、複雑さを軽減し、グローバル貿易コンプライアンスと輸送業務の効率化を効果的に改善する革新的なプラットフォームを提供します」
 
これらの強化内容は、輸送管理カテゴリにおけるオラクルのリーダーとしての立場をさらに強固なものにします。「Oracle Transportation Management Cloud」は、サプライチェーン全体を対象とした輸送管理のための単一プラットフォームを提供します。「Oracle Global Trade Management Cloud」は、注文と出荷に対する比類ない可視性と制御を提供し、コスト削減、プロセスの自動化、コンプライアンスの合理化、サービス提供の向上に貢献します。
 
日本オラクルについて
オラクル・コーポレーションの日本法人。「Beyond Your Cloud >commit;」をスローガンに掲げ、広範かつ最大限に統合された クラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォームなど、データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービスの提供と、それらの利用を支援する各種サービスの事業を展開しています。2000年に東証一 部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp
 
日本オラクル公式ソーシャルメディアチャネル
 
オラクルについて
Oracle Cloudは、ERP、HCM、Customer Experience(CX)を網羅した広範なSaaSアプリケーションに加え、業界最高水準のデータベースを含むPlatform as a Service(PaaS)、Infrastructure as a Service(IaaS)を米州、欧州、アジア地域にわたるデータセンターから提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関する詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。

 
 * OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社
広報室 斉藤
03-6834-4837
pr-room_jp@oracle.com

広報担当にコンタクト

日本オラクル株式会社

  • 03-6834-4837