該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

Press Release

TIS、社員の事業創出への意欲を高めるゲーミフィケーション・プラットフォームをオラクルのクラウドで構築

ブロックチェーン、自律型データベース、アプリケーション高速開発ソリューションにより、安全で透明性の高いユニット内トークン流通基盤を実現

Tokyo, Japan—2019/08/01


日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は本日、トータルSIerとして幅広い業界・分野にサービスとソリューションを提供するTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野徹)が、事業創出に向けた社員の意識改革およびビジネス・クリエーション文化を醸成するために発行する独自トークンを用いたゲーミフィケーション基盤構築に、「Oracle Blockchain Platform Cloud」、「Oracle Autonomous Database Cloud」、および「Oracle Application Express (APEX)」を採用したことを発表します。
 
今回、独自トークンを活用するのは、TISのサービス事業統括本部エンタープライズ営業企画ユニットで、TISインテックグループ基本理念である「OUR PHILOSOPHY」のさらなる浸透やビジネス・クリエーション文化の醸成を目的に、ユニット内独自トークンを活用したゲーミフィケーションの仕組みを構築しました。同社のブロックチェーン専門部隊であるBlockchain推進室と共に構築し、2019年7月から一部稼働を開始し、将来的には関連ユニット全体で600名への展開を予定しています。
 
具体的には、ユニット内でのビジネス・プレゼン大会での施策企画、「OUR PHILOSOPHY」に準じたチーム内への新たな働きかけ、新サービスのアイデア投稿など、社員の意識改革や文化醸成につながるさまざまな行動に対してトークンが付与される仕組みを構築し、モチベーションの向上と意識改革の加速につなげることを目的としています。
 
この仕組みの構築において、TISはユニット内トークンの流通に安全かつ透明性の高いシステムを実現するためブロックチェーンの活用を検討し、事前構築済のフルマネージド・サービスでブロックチェーン基盤の構築や運用が容易であり、分析や検索などの機能拡張のためのデータベースやアプリケーションと迅速に連携可能な点を評価して「Oracle Blockchain Platform Cloud」を採用しました。またデータベースには、世界初の自律型データベース・クラウドであり、優れた可用性や高パフォーマンスを提供しながら、機械学習を用いることで運用の負荷を大幅に削減できることから「Oracle Autonomous Database Cloud」を選択、開発基盤としてはクラウド・ネイティブアプリケーション高速開発ソリューションであり、TIS自身も豊富なノウハウを持つ「Oracle APEX」を利用しています。さらにオラクルの充実したクラウド・サービス群を活用することで、将来に向けたサービス拡張が容易な点も高く評価されました。
 
今後TISのエンタープライズ営業企画ユニットでは、サービス指向な組織への変革に向けて、今回開発した仕組みを積極的に活用し、機能拡張やデータ分析を通じてさらなる意識改革浸透を高める施策を検討、実施していきます。また、TISが提供している人材マネジメント基盤の構築と人材データ活用を支援する「Oracle HCM Cloud活用サービス」などの他サービスとの連携などにより機能強化を図り、サービス化して販売していくことも検討しています。
 
本発表に向けたお客様からのコメント
「『Oracle Blockchain Platform Cloud』をはじめとするオラクルのクラウド・サービスは構築や運用の手間を大幅に削減することが可能であり、今回の基盤も迅速に構築することができました。この仕組みを活用し、新しいサービスを自ら創造し提供していく組織への変革を加速させていきたいと考えています」
TIS株式会社 常務執行役員 加藤 三郎氏
 
参考リンク
 
Oracle Blockchainについて
オラクルは、ビジネスですぐに利用可能な「Oracle Blockchain Applications Cloud」や自社のアプリケーション構築または統合が必要な開発者向けに「Oracle Blockchain Platform」など、包括的なブロックチェーン製品を提供している唯一のベンダーです。 Oracleのブロックチェーン・アプリケーションは、「Oracle Blockchain Platform」で構築されており、「Oracle Supply Chain Management(SCM)Cloud」、「Oracle Enterprise Resource Planning(ERP)Cloud」およびその他のOracle Cloud Applicationとシームレスに接続します。既に多くのお客様の実業務で活用されている「Oracle Blockchain Platform」は、エンタープライズクラスの機能を備え、容易に導入可能で、開発も迅速に行え、お客様のブロックチェーン構築を加速し、コストを削減します。
 
日本オラクルについて
オラクル・コーポレーションの日本法人。「beyond your cloud >commit;」をスローガンに掲げ、広範かつ最大限に統合された クラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォームなど、データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービスの提供と、それらの利用を支援する各種サービスの事業を展開しています。2000年に東証一 部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp
 
日本オラクル公式ソーシャル・メディア・チャネル
 
オラクルについて
Oracle Cloudは、セールス、サービス、マーケティング、人事、経理・財務、製造などを網羅する広範なアプリケーション群、「Oracle Autonomous Database」に代表される、高度に自動化され、高いセキュリティを備えた第2世代インフラストラクチャを提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。
 
* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社
広報室 石山
03-6834-4837
pr-room_jp@oracle.com

広報担当にコンタクト

日本オラクル株式会社

  • 03-6834-4837