該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードのシノニムを使用します。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問合せ Oracle Cloudにサインイン

Oracleの空間データベース

開発者やアナリストはOracleのコンバージド・データベースに含まれる空間データベースを使用して、ロケーション・インテリジェンス分析や地図作成サービスを簡単に開始できます。また地理情報システム(GIS)の専門家は、高度な地理空間アプリケーションを難なく導入できます。組織はOracle Autonomous DatabaseとOracle Databaseの空間機能を活用して、さまざまな種類の地理空間データを管理し、多数の空間分析オペレーションを実行し、対話型の地図視覚化ツールを使用できます。

Oracleのロケーションおよび空間プラットフォームのスケーラビリティ、セキュリティ、パフォーマンスによって、組織がOracle Cloud Infrastructureやオンプレミスに導入している要件の厳しいアプリケーションの機能が強化されます。

Oracle Autonomous Databaseの空間機能を使ってみる

空間データを簡単に読み込みおよび作成し、視覚化します。

Oracleの空間データベースの概要

ロケーション・インテリジェンスのデータを利用して、いっそう洗練されたビジネスを展開する方法をご覧ください。

Spatial Studioを使ってみる

Spatial Studioをすぐにダウンロードして試し、地理空間データを使ってみましょう。

空間データベースと地理空間テクノロジー

輸送、公益事業、小売、エネルギー、公共部門、防衛、建設などの業界で、ビジネスクリティカルな要件に対応できる総合的な空間、地図作成、ロケーション分析プラットフォームです。

2D空間データ

POI(地図上のポイント)、住所、行政区画などの2Dの空間ジオメトリをOracle Databaseに保存し、クエリします。クエリは近接性(どれほど離れているか)と包含(ある地域の中にあるか)に基づいて実行されます。データのフィルタリング、距離の関係の測定、ジオメトリの結合/変換を行う多数の関数が使用されます。

3D点群データとLiDAR(光による検知と測距)

レーザースキャンや写真測量からの空間センサーデータを管理し、企業の3D地理情報システム(GIS)アプリケーションやスマート・シティ・アプリケーションに使用します。3Dのサポートは、点群およびCityGMLのワークフローに合わせて最適化されています。

ラスターデータ

オルソ写真、衛星画像、グリッド・データなどのジオリファレンスされたラスターデータを、エネルギー、天然資源管理、国家安全保障の用途向けに保存および処理します。仮想モザイクや、一般的なデータ形式をサポートする使いやすい読み込みツールを使用して、強力なラスター分析とオンザフライでのイメージ処理を実行します。

ネットワークデータ

道路輸送、電気通信、公共事業、エネルギー、その他のネットワークをモデリングし、その複雑なデータを分析して、最短経路、最近傍、コスト範囲、到達可能性を求めます。

トポロジデータ

地図作成および土地管理組織で使用されるトポロジデータを管理し、きめ細かいフィーチャ編集や、複数の地図間および地図レイヤー間でのデータ整合性の確保によって、非常に規模の大きい区画データセットでも高い一貫性と精度を得られます。

ストリーミング・ポイントデータ

物流とIoTアプリケーション向けに、何千もの対象地域で何百万ものオブジェクトの移動を追跡します。スケーラブルな自動APIを使用して、移動している人々のロケーションを接触追跡目的で分析します。


Spatial Studioアプリケーション

Oracle Spatial Studioはセルフサービス型のアプリケーションであり、ビジネスデータに基づいてインタラクティブな地図の作成や空間分析を簡単に短時間で行うことができます。ユーザーは、クラウドまたはオンプレミスに保存されてオラクルによって管理される地理空間データを視覚化、精査、分析できます。

アナリストのサポート

最小限のコーディングで、空間分析オペレーションを簡単に利用できます。ユーザーは複数ソースからのデータセットでプロジェクトを作成し、視覚化されたデータを作成して設定し、空間分析オペレーションを実行し、結果を公開できます。

開発者のサポート

ユーザーはREST API経由でSpatial Studio機能を利用し、視覚化したデータをOracle Analytics Cloudなどの他のアプリケーションに埋め込み、空間分析SQLにアクセスできます。

データの統合と拡充

スプレッドシート、GeoJSON、シェープファイルからアップロードしたデータを含む、Oracle Databaseのコンテンツにアクセスします。ジオコーディングを行って経度/緯度の索引を作成することで、このデータを拡充できます。さらに、バックグラウンドの地図作成サービスにもアクセスできます。


一般的な言語とフレームワーク

SQL、PL/SQL、Java、Python、JavaScript、Oracle JET、Node.js、JSON、RESTを使用して、アプリケーションに空間分析と地図を追加します。新しい言語を学ばなくても、任意の環境でアプリケーションを開発できます。

Oracle開発者ツール

APEX、SQL Developer、SQL Developer Web、Visual Builderなど、Oracle DatabaseとAutonomous Databaseに対応している一般的なツールから直接、空間機能とロケーション機能を使用することで、開発サイクルを早められます。

データの拡充

住所ジオコーディングや場所の名前など、空間の属性を追加することで、データを拡充して分析の下流で利用できます。構造化の程度が低いデータに隠されたロケーション・コンポーネントを取り出して、他のデータと結合し、空間分析とテキスト分析を実行します。

接触追跡API

Oracle Databaseでスケーラブルな自動APIを使用して、接触追跡用のアプリケーションで、移動するオブジェクトのロケーションのペアワイズ・インタラクションを簡単に分析できます。

GISとオープンソースツールのサポート

Oracleの空間データ管理レイヤーを一般的なGISソフトウェア、オープンソースツール、地図視覚化コンポーネントと共に使用して、ユーザーにさまざまなアプリケーションの選択肢を届けます。


地理データの地図視覚化

WebGLとHTML5 JavaScript APIを使用して、インタラクティブ性の高い地図と空間分析をビジネス・アプリケーションに追加できます。アプリケーションのコンテンツをさまざまなWebサービスやデータ形式の地図やデータと組み合わせて、機能豊富な地図作成アプリケーションを作成します。

ジオコーディングとリバース・ジオコーディング

ロケーション・インテリジェンス・アプリケーション作成の最初のステップとして、既存の住所とロケーション情報をリレーショナル・テーブル(顧客の住所、所在地)の緯度/経度で拡充します。

ルーティングエンジン

物流、配送、小売アプリケーション向けに、複数のロケーション間の距離、所要時間、方向を求めて最速の経路や最短の経路を算出したり、巡回セールスマン問題に対応したりします。

Open Geospatial Consortium Webサービス

空間データを公開し、商用、オープンソース、カスタムのさまざまなデータソースやアプリケーションと組み合わせて、標準のOGC Web Feature Service、Web Coverage Service、Catalog Serviceをサポートすることで、分散型の空間サービスを導入し、管理できます。


スケーラビリティとパフォーマンス

驚異的なまでに高速なパフォーマンスを誇る空間索引とクエリ、Oracle Exadataとの統合、データベース機能(パーティション、分散トランザクション、シャーディングなど)のサポートを備えており、要件の厳しい大規模な空間アプリケーションやロケーション・インテリジェンスが必要なワークロードに活用できます。

空間データの確実な保護

エンタープライズレベルの高度なアクセス制御を複数のレベルで適用でき、空間データのエンドツーエンドのセキュリティをきめ細かく設定できます。

自律機能

Oracle Autonomous Databaseの自己駆動型、自己保全型、自己修復型の機能によって、ワークロードを最適化しつつ運用コストを削減できます。

グローバル・スタンダードへの準拠

空間データと地図作成サービスの相互運用性について、該当するISOおよびOGC標準に準拠しています。


SVB-BGT

SVB-BGT社、全国レベルの基盤地図作成を管理するための地理空間テクノロジーとしてOracleを選択

SVB-BGT社は、建物、道路、鉄道、空港、水路、農業地帯など、オランダのすべてのトポロジ・ベース・データを一元化し、1つの全国レベルの基盤地図としました。このとき、OracleのGISテクノロジーが使用され、確認、修正、全国の426の機関への配信が行われました。

地理空間インテリジェンスのユースケース

  • 公共部門

    行政機関は国または地域のデータセットを分析し、サイバー競争や偵察、接触追跡、犯罪マップ作成、予測的ポリシング、救急サービスに利用できます。

    カスタマー・ユースケースを読む

    大規模かつ複雑な土地登記や地図作成、農耕地、3D都市のモデリングとプランニング、海洋地図作成、気象データを管理することで、国や都市の効率化に役立てることができます。

    カスタマー・ユースケースを読む

  • 電気通信と公益事業

    サービスの停止について効率よく分析し、現場での効果的なサービスを計画することで、競争力を高められます。

    カスタマー・ユースケースを読む

    モバイルネットワークのプランニング、公益事業の施設管理に利用して、携帯電話基地局の配置を最適化し、ワークフローを管理し、コストを削減できます。

    カスタマー・ユースケースを読む

  • 輸送と物流

    種類の異なる複雑な空間データを大量に処理することで運用効率が改善され、鉄道や空港の資産、航空、長距離トラック輸送、宅配の管理に役立ちます。

    顧客事例を見る(1:48)

  • 土木と建設

    組織はGISとCADシステムを組み合わせて、ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)と施設管理、ワークフローの接続、データ・サイロの解消、ロケーションのコンテキストの提供に使用できます。

  • 小売

    ロケーション・インテリジェンスを使用して、ターゲット・マーケティングでのカスタマー・エクスペリエンス、サイト・プランニング、屋内での顧客の流れを改良できます。

    カスタマー・ユースケースを読む

  • 金融サービスと保険サービス

    顧客のロケーション・データを分析してリスクゾーンやその他のパターンを検知し、そのインテリジェンスを基にして、提供するサービスをカスタマイズできます。

    カスタマー・ユースケースを読む

価格

空間機能とOracle Spatial Studioは、オンプレミスのOracle Databaseライセンス、Oracle Database Cloud Service、Autonomous Databaseに含まれています。

2021年4月21日

Oracle Spatial Studio 21.1を発表

オラクル、シニア・プリンシパル製品マネージャー、Carol Palmer

Oracle Spatial Studioは、Oracle Databaseの空間機能を利用するためのセルフサービス型のWebツールです。Spatial Studio 21.1のリリースでは、ユーザーの空間分析に役立つ多くの機能が強化されています。この記事では、Oracle Spatial Studio 21.1の新機能と機能強化について説明します。

注目のブログ

すべて表示する

リソース

関連製品

Oracle Autonomous Database

自律運転データベース

Oracle Database

世界をリードするデータベース管理システム

Oracle Analytics Cloud

クラウドでの包括的な分析機能

Oracle Machine Learning

データベースに機械学習モデルを構築する

ここから始めよう


Spatial Studioを試す

インストールして今すぐ始めましょう。


Oracle Cloud Free Tierを試す

OracleのSpatialテクノロジーは無料で含まれています。


イベントに出席する

今すぐ登録して、オラクル・ユーザー・コミュニティのAnalytics and Data TechCastにご参加ください。