該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Premier SupportまたはExtended Supportに基づくOracle Database EE、Oracle Database SE2、およびOracle Database Cloud Service(すべてのエディション)のすべてのライセンスユーザーには、Oracle Spatial and Graph(OSG)の機能を使用するライセンスが付与されます。

Quick Startの使用

Oracle Spatial Studioは、Javaアプリケーションとしてトライアル、開発、テストを目的とした使用が可能です。Oracle Technology Network License Agreementに基づき、無料でお試しいただけます。

デプロイメント

Oracle Technical Resources(旧OTN)から、Spatial Studio Quick Startをダウンロードしてください。

技術要件

  • Oracle Database 12.2以上(注:Oracle Spatial Studioにはデータベース接続が必要です)
  • Studioリポジトリに、Spatial and GraphまたはOracle LocatorがインストールされたOracle Databaseが含まれていること
  • 64ビット版JDK8(Update 181以降)およびJDK 11のみ
  • 必要なDB権限:CONNECT、CREATE SESSION、CREATE TABLE、CREATE VIEW、CREATE SEQUENCE、CREATE PROCEDURE、CREATE SYNONYM、CREATE TYPE、CREATE TRIGGER
  • ホストされているバックグラウンド・マップおよびジオコーディング・サービスにアクセスするためのパブリック・インターネット接続
  • 最小1.5 GBの空きメモリ、8 GBの合計メモリ

インストールと設定

  1. Quick Startのzipファイル(OracleSpatialStudio_qs_21.1.0.zip)をダウンロードします。

  2. ファイルを解凍(展開)すると、Oracle_Spatial_Studioというディレクトリが生成されます。

  3. 必ずJAVA_HOME環境変数がシステム上に存在するようにしてください。また、フルインストールされたJava SE Development Kit 8(Update 181)以上のJDKを指すようにしてください。

  4. ポート4040が他の(ウェブ)アプリケーションに使用されていないことを確認します(Oracle Spatial Studioで別のポートを使うように指定することはできますが、デフォルトのHTTPSポートが4040となっているためです)。

  5. コマンドウィンドウ(Windowsの場合)またはターミナル(LinuxおよびMacの場合)から、cdコマンドでOracle_Spatial_Studioディレクトリに移動します。このディレクトリには、.batファイルや.shファイルがいくつかあります。

  6. start.shまたはstart.batからアプリケーションを起動します(LinuxおよびMacでは、.shファイルが実行可能かどうかを確認するため、先にchmod u+x *.shコマンドを実行しなければならない場合があります)。

    ターミナルまたはコマンドウィンドウは、開いたままにしておきます。

  7. ブラウザで、URL(https://localhost:4040/spatialstudio)に移動します。

    ページが開いてログインが要求されます。また、Quick Startは自己署名SSL認証を使用するため、 ブラウザにセキュリティの例外設定を追加する必要があります。Quick Startフォルダ内にあるREADME.txtファイルを開き、ログイン手順およびログインIDなどの変更手順について確認してください。Oracle Spatial Studio Quick Startの使用に際しては、以下の点に注意してください。

  • デフォルトのポートは4040ですが、Oracle_Spatial_Studioディレクトリ内のconf/server.jsonファイルを編集して変更することができます。変更を行った後にアプリケーションの再起動が必要です。
  • Oracle Spatial Studio Quick Startは、構成ファイルconf/jetty-realm.propertiesに、 事前定義されたログイン用のウェブ・ユーザー・アカウントをいくつか用意しています。ダウンロードしたQuick Startを解凍したら、すぐにパスワードを変更してください。Oracle Spatial Studio Quick Startは個人での使用を想定しているため、エンド・ユーザーのアカウントのパスワードは暗号化されていません。ただし、その他のパスワード(Oracle Spatial Studioメタデータスキーマへのログインや、ユーザーが作成したデータベーススキーマへの接続に使用するパスワードなど)には、場所を問わずすべて堅牢な暗号化が施されています
  • アプリケーションを停止させるには、別のターミナルウィンドウまたはコマンドウィンドウを開き、先ほどと同じOracle_Spatial_Studioフォルダに移動して、stop.batまたはstop.shスクリプトを実行する方法が推奨されます。

詳細は、ドキュメントをご覧ください。

Java EE Deploymentの使用

技術要件

  • Oracle Database 12.2以上(注:Oracle Spatial Studioにはデータベース接続が必要です)
  • Studioリポジトリに、Spatial and GraphまたはOracle LocatorがインストールされたOracle Databaseが含まれていること
  • 64ビット版JDK8(Update 181以降)およびJDK 11のみ
  • WebLogic 12.2.1.3以上
  • 必要なDB権限:CONNECT、CREATE SESSION、CREATE TABLE、CREATE VIEW、CREATE SEQUENCE、CREATE PROCEDURE、CREATE SYNONYM、CREATE TYPE、CREATE TRIGGER
  • ホストされているバックグラウンド・マップおよびジオコーディング・サービスにアクセスするためのパブリック・インターネット接続

デプロイメント

  • Spatial Studio Java EEアプリケーションのアーカイブ(EAR)ファイルをOracle Service Delivery Cloud(OSDC)またはOracle Technical Resources(旧Oracle Technology Network)からダウンロードします。
  • 標準的なWebLogic Server(WLS)アプリケーションのデプロイを、Java Cloud Serviceまたはオンプレミスで実施します。
  • WLSにとって既知のユーザー(Java EEユーザー、SSOユーザーなど)であれば、誰でもOracle Spatial Studioにアクセスすることができます。
  • 管理グループのWLSユーザーは、Oracle Spatial Studioへのログイン時に管理者ロールが割り振られます。

詳細は、ドキュメントをご覧ください。

Oracle Cloud MarketplaceでのSpatial Studioアプリケーションの使用

Spatial Studioアプリケーションは、Oracle Database Cloud Serviceのすべてのエディションで無償です。

Oracle Cloud Marketplaceでアプリケーションを入手してください。

    Spatial Studioのよくある質問

    すべて開く すべて閉じる
  • Oracle Spatial Studioを試用するにはどうすればよいですか?

    Oracle Spatial Studioは、Javaアプリケーションとしてトライアル、開発、テストを目的とした使用が可能です。Oracle Technology Network License Agreementに基づき、無料でお試しいただけます。Oracle Database XEバージョン18c以降と組み合わせて使用することもできます。Oracle Spatial Studio Quick Startは事前デプロイ済みのため、ダウンロードして解凍し、実行するだけです。詳細は始めようをご覧ください。

  • Oracle Spatial Studio用に別途ライセンスが必要ですか?

    いいえ。Premier SupportまたはExtended Supportに基づくOracle Database EE、Oracle Database SE2、およびOracle Database Cloud Service(すべてのエディション)のすべてのライセンスユーザーには、Oracle Spatial and Graph(OSG)の機能を使用するライセンスが付与されます。

  • Oracle Spatial Studioを実行するための技術要件は何ですか?
    • Oracle Database 12.2以上(注:Oracle Spatial Studioにはデータベース接続が必要です)
    • StudioのリポジトリがOracle Databaseの空間機能を含むこと
    • WebLogic 12.2.1.3以上

    20.1に固有

    • 64ビット版JDK 8(Update 181以降)およびJDK 11のみ

    19.2.1に固有

    • JDK 8、64ビット版のみ(Update 181以降)

    詳細は始めようをご覧ください。

  • Oracle Spatial Studioはどこから入手できますか?
  • Oracle Spatial Studioはどのようにデプロイされますか?
    • Oracle Spatial Studioは、Oracle Cloud Marketplaceでデプロイできます。
    • Oracle Spatial Studioは、標準的なJava EEアプリケーション・アーカイブとしてデプロイすることもできます。詳細は始めようをご覧ください。
  • Oracle Spatial Studioの新規リリースの頻度を教えてください。

    アップデートは四半期ごとのリリースが予定されています。

  • Oracle Spatial StudioにはSpatialまたはGISの知識が必要ですか?

    いいえ。Oracle Spatial Studioはセルフサービス・アプリケーションであり、GISやSpatialの知識を持たないビジネスユーザーのために設計されています。Oracle Spatial Studioでは、ビジネスアナリストとGIS以外の開発者がOracle Databaseで空間機能を扱えるようにし、アプリケーションとワークフローに空間分析を組み込むことができます。コーディングの必要はありません。

  • SpatialまたはGISの知識を持つ開発者がOracle Spatial Studioを使うメリットはありますか?

    はい。Oracle Spatial Studioでは、シンプルなユーザー・インタフェースからOracle Databaseの空間機能にアクセスし、空間フィルタリング、集計、変換、計算で利用できます。空間分析の作成では、その後のSQL開発のブループリントとして使用するために生成されたSQLの可視性を得ることができます。さらに、データセットと分析の結果はプログラムの統合のためのRESTエンドポイントとして公開されます。また、分析結果を用いたインタラクティブなマップ可視化を、組込み可能なウェブコンテンツとして他のアプリケーションに統合することもできます。

  • Oracle Spatial Studioで利用できるデータソースは何ですか?

    Oracle Spatial Studioは、Oracle Databasesからデータを読み取ります。また、Oracle Spatial Studioでは、ExcelのスプレッドシートやGeoJSONファイル、シェープファイルからOracle Databaseへデータをアップロードすることもできます。対応するデータソースやアップロード可能なファイル形式は、今後のリリースで追加される予定です。

  • Oracle Spatial Studioが対応する可視化の種類は何ですか?

    Oracle Spatial Studioでは、マップとテーブルでデータを可視化することができます。今後のリリースで可視化の種類を増やしていく予定です。

  • 同一プロジェクト内で複数の可視化が可能ですか?

    はい。1つのプロジェクトで複数のマップやテーブルを作ることができます。

  • Oracle Spatial Studioで提供されているバックグラウンド・マップのスタイルは何ですか?

    Oracle Spatial Studioは、HEREデータに基づく世界地図と、3つのOpenStreetMapのスタイル(OSM Bright、Positron、Dark Matter)を提供します。これらのマップには、パブリック・インターネット接続が必要です。

  • 社内のマップサービスなど、他のバックグラウンド・マップも使えますか?

    管理者はコンソールでカスタムベースマップを作成または登録でき、すべてのSpatial Studioユーザーはそれらをマップ可視化で使用できます。このようなベースマップが社内でホストされている場合、パブリック・インターネット・アクセスは必要ありません。 この機能は、Spatial Studio 19.2.1では使用できません。

  • データにはOracleの空間データ型が含まれていないといけませんか?

    いいえ。Oracle Spatial Studioでは、住所や緯度/経度の座標など、どのようなデータでも使用できます。

  • Oracle Spatial Studioは、データベースに格納されているGeoRasterデータをサポートしていますか?

    はい。Spatial Studio 20.1はGeoRasterイメージを可視化できますが、ラスター代数および関連するラスターデータ分析はサポートされていません。この機能は、Spatial Studio 19.2.1では使用できません。

  • Oracle Spatial Studioで使われているジオコーダーは何ですか?

    Oracle Spatial Studioでは、Oracle Maps Cloud Serviceをデフォルトで使用しています。また、お手持ちのOracle Spatial Java EE Geocoderのインスタンスを使うこともできます。

  • Oracle Spatial Studioには、ジオコーディング結果を修正する機能はありますか?

    はい、あります。Oracle Spatial Studioはデータ不一致によるジオコーディングの問題をハイライトして表示し、ユーザーが修正できるようにしています。

  • ジオコーディングが対応している国について教えてください。

    中国、日本、韓国を除くすべての国に対応しています。ジオコーディングに100%のカバー率では対応していない国または地域もあります。

  • Oracle Spatial Studioは他の形式の位置データ・エンリッチメントに対応していますか?

    今後のリリースで、エンリッチメントの機能(階層や場所の名称など)を追加する予定です。

  • Oracle Spatial Studioの分析結果をRESTを使って公開できますか?

    はい。データセットと空間分析の結果に対してRESTエンドポイントが自動で生成されます。

  • Oracle Spatial StudioはSpatial Map Visualization Component(旧MapViewer)の代わりになりますか?

    いいえ。Spatial Map Visualization Componentは、JavaScriptの経験がある開発者向けです。Oracle Spatial Studioはセルフサービス・アプリケーションです。

  • Oracle Spatial StudioはOracle Analytics Cloudに含まれますか?

    いいえ。Oracle Spatial StudioはOracle Database製品群の一部です。

  • Oracle Spatial Studioの結果をOACと統合できますか?

    はい。Oracle Spatial Studioの分析は、OACからアクセスできるデータベースビューとして保持されます。また、空間データをGeoJSONとしてエクスポートし、OACでカスタム・マップ・レイヤーとして使用することもできます。