該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

Oracle Database In-Memory

Oracle Database In-Memory

Oracle Database In-Memoryはワークロードが混在したOLTPと分析の両方を最適化し、トランザクションに対して優れたパフォーマンスを提供すると同時に、リアルタイム分析、ビジネス・インテリジェンス、レポートをサポートしています。

Oracle Database In-Memoryの最新情報

ビデオ:Oracle Database In-Memoryを使用して複雑なレポートを迅速に実行

ホワイトペーパー:Oracle Database In-Memory(PDF)

ホワイトペーパー:Oracle Database In-Memory(PDF)

Database In-Memoryのブログ

Database In-Memoryのブログ

詳細を見る

In-Memoryアーキテクチャ

Oracle Database In-Memoryは、独自のデュアル形式アーキテクチャを提供しており、従来の行形式とインメモリの新しい列形式を使用してテーブルをメモリ内で同時に表現できます。Oracle SQL Optimizerは、分析クエリを列形式に、OLTPクエリを行形式に自動的にルーティングすることで、両方のメリットを活かしたパフォーマンスを透過的に実現します。Oracle Databaseは、現在テーブルとインデックス間で一貫性が維持されているのと同じように、行形式と列形式の間でトランザクションの完全な一貫性を自動的に維持します。新しい列形式は純粋なインメモリ形式であり、ディスク上に永続的にあるわけではないため、追加のストレージ・コストやストレージ同期の問題が生じることはありません。

リアルタイムのパフォーマンス

Oracle Database In-Memoryには、インメモリ・スキャン、結合、集計の最先端のアルゴリズムが実装されています。こうした最適化により、Oracle Database In-Memoryでは、各CPUコアで毎秒何十億行という驚異的なスピードでクエリを実行することができます。これまで実行に数時間以上かかっていた分析が数秒で完了するようになり、リアルタイムでビジネス上の意思決定を行うことができます。

混合ワークロードのOLTP

混合ワークロード・データベースでは、OLTPトランザクションに加えてレポートやアドホック・クエリも実行されます。レポートの速度を上げるためだけに、重要なテーブルに何十個というインデックスが作成されることは珍しくありません。In-Memoryの列形式では、すべての列にインデックスが付いているのと変わらないパフォーマンスを実現しながら、トランザクション・オーバーヘッドを大幅に抑制できるため、こうした分析用インデックスのほとんどが必要なくなります。分析用インデックスを削除することで、トランザクションごとに分析用インデックスを維持する必要がなくなり、OLTPの処理速度が向上します。

規模を問わないソリューション

Oracle Database In-Memoryでは、すべてのデータベース・データをメモリに入れる必要がありません。ユーザーは、パフォーマンス重視のテーブルやパーティションのみをメモリに読み込ませる選択ができます。あまりパフォーマンスを重視しないデータは、低コストのフラッシュまたはディスクに保存できます。3つのすべての層—メモリ、フラッシュ、ディスク—のデータに対して透過的にクエリが実行されるため、あらゆる規模のデータベースでOracle Database In-Memoryを使用できます。

簡単な導入

Oracle Database In-Memoryは、インメモリ列ストアのサイズを設定し、メモリに入れるテーブルを特定する程度の作業で簡単に実行できます。バックグラウンド・プロセスでストレージからインメモリ列にデータが読み込まれる間、データベースは完全にアクティブでアクセス可能な状態を維持します。Oracle Databaseに対して実行されるアプリケーションやツールでOracle Database In-Memoryを使用する場合でも、変更は必要ありません。分析クエリはオプティマイザによって自動的に列ストアにルーティングされ、トランザクション・セマンティクスはデータベースで保証されます。

100%の互換性

Oracle Database In-Memoryは、Oracle Databaseの実績ある機能をすべて継承しています。これには、人気の高いOracle Maximum Availability Architecture(MAA)に組み込まれた高度で堅牢な高可用性ソリューションが含まれます。Oracle Database In-Memoryは、オラクルのマルチテナント・データベース・アーキテクチャと完全な互換性があります。したがって、統合されたデータベースで、高速なインメモリ・テクノロジーと低コストのストレージ・テクノロジーを組み合わせて活用することができます。

Oracle Database 18cをクラウドで試す

顧客事例
リソース

Oracle Database In-Memoryの会話に参加しましょう