該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

調達管理システムとは

調達管理システムでは、サプライヤーとの正式な契約の評価、選択、作成を管理します。また、契約中のサプライヤーとの関係や、商品とサービスのトランザクションによる購入を管理し、サプライヤーの請求処理を行うことで買掛金を処理して、ソーシングから決済までのサイクルを完了します。

コストの管理。コンプライアンスの実施。サプライヤー管理の改善

企業は調達ソリューションに投資して、ソーシングから決済までのプロセスを合理化および自動化する一方で、承認されたサプライヤーからの直接購入によってコストを管理します。効果的な調達管理システムによって、次のような利点が得られます。

  • 支出に対する影響力を高める—調達組織は、正式なプロセスやポリシーの外で発生する購入に依然として苦労しています。調達ソリューションは、従業員が必要なものを簡単に見つけ、承認されたサプライヤーから直接購入できるようにすることで、コンプライアンスに準拠した購入を実現します。また、これらのシステムによって、監査性の高い発注書ワークフローで企業の支出管理ポリシーと制御を実行し、要件が適切に承認されるようにします。
  • 効率を高め、ソーシングから決済までの調達プロセスを自動化する—煩雑なプロセスでは、調達組織が企業に戦略的な価値を提供することができません。調達管理ソリューションは、従来の手動によるプロセスを標準化、合理化、自動化します。その結果、購入の承認を簡単に管理でき、より戦略的な活動のためにリソースが解放されるようになります。
  • サプライヤー管理を改善する—潜在的なサプライヤーの能力、実行可能性、企業の行動規範に対する準拠を認定し評価することが非常に重要です。サプライヤーの資格が失効するときや、サプライヤーの資格、能力に影響を与え、リスク・プロファイルを変更する可能性のある新しい情報が利用可能になったときは、調達担当者に通知します。
  • 契約ライフサイクルを標準化する—交渉中に、契約審査担当者は標準言語からの逸脱をすばやく特定して、リスクを強調し、必要な変更を行い、満了前に必要な承認を得ることができます。期限が切れる契約についてユーザーに通知を行うことで、タイムリーな更新を保証し、遅延を最小限に抑えます。

最新のクラウドベースの調達ソリューションの利点

テクノロジーの進歩は、供給市場を混乱させ、顧客の購買パターンを変化させ、サプライ・チェーンに対する複雑さを増大させながら、従来のビジネス慣行を変革しています。調達組織は、購買にかかわるすべての活動においてより戦略的な役割を果たすことで、これに対応していく必要があります。したがって、タスクに必要とされるソリューションが不可欠です。

クラウドに移行することで、調達管理システムは、モバイル、ソーシャル、分析機能が組み込まれた調達から支払いまでのプロセスと、より豊かな消費者に近いユーザー・エクスペリエンスをデジタル化します。コラボレーションの内蔵、組み込みアナリティクス、直感的なユーザー・エクスペリエンスといった最新のテクノロジーにより、企業は効果的な購買システムを構築して、従業員の支出を管理し、サプライヤーのリスクを軽減し、コスト削減を強化できます。

  • モバイル・ワーカーのサポート—現在、従業員とマネージャーはモバイル・デバイスを使用して仕事を行っています。最新のクラウド調達ソリューションを使用すると、これらのデバイスを活用してプロセスを合理化し、遅延を減らして、よりスピーディーな承認を実現します。
  • 効率的なコラボレーション・ソーシングから決済までのプロセス全体を完全に可視化し、サプライヤーとのドキュメントやメッセージは電子的に交換します。統合された調達プロセスにより、リアルタイムのドキュメント作成、確認、承認が促進されます。ソーシャル・コラボレーションを組み込むことで、チームは迅速かつ効率的に任務を完了することができます。
  • 組み込みアナリティクス—情報を明確に提示し、実用的なコンテンツを強調するユーザーフレンドリーなダッシュボードで生産性を向上させます。インフォレットと呼ばれるインタラクティブなロールベースのコンテナは、ユーザーが情報の概要をすばやく視覚化し、関連する詳細を確認し、行動を起こす際に役立ちます。トランザクション・アプリケーションはコンテキストで組み込みアナリティクスを活用し、ユーザーがビジネス・プロセスの次のステップですばやく決定できるようにします。
  • 直感的なユーザー・エクスペリエンス—消費者に近いユーザー・エクスペリエンスにより、購買管理のコンプライアンスが強化され、従業員は必要なものを簡単に見つけることができます。ユーザーがより付加価値の高いタスクに注力できるようになるため、生産性が向上します。

クラウドベースの調達ソリューションの中核機能

戦略的な調達組織は、サプライヤー管理、ソーシング、契約管理、先を見越した危機管理、トランザクションの調達から支払いまでの機能を組み合わせた統合スイートを求めています。完全な調達ソリューションにより、企業は意思決定を行う際に重要な情報を活用しながら、ソーシングから決済までのライフサイクル全体で進行中の活動を積極的に管理できます。統合されたクラウドベースの調達管理ソリューションは、次の内容で構成されています。

  • サプライヤー管理—戦略的な調達は、交渉を開始する前のサプライヤーの認定から始まります。サプライヤー・データの収集と監視を合理化し、サプライヤーが企業ポリシーを遵守するように徹底します。内外のアンケートやセルフサービス・プロファイルを通じて、重要なサプライヤーの資格情報を収集します。サプライヤーの資格、リスク要因、ポリシーのコンプライアンスを評価することにより、優れたサプライヤーを選択します。組み込まれたソーシャル・メディアを使用して、より効果的にコラボレーションし、交渉の文書をプランニングおよび作成する際にビジネスとの連携を行います。サプライヤーの管理、能力、リスク要因に影響を与える可能性のある新しい情報が利用可能になったときに通知を受けます。サプライヤーとソーシング・チームは、トランザクションと、現在および今後のソーシング活動をリアルタイムでを完全に可視化します。
  • ソーシング—サプライヤーの提案を手動でコンパイルして比較することは、時間がかかり、非効率的です。よりスマートな交渉とサプライヤーの選択により、交渉のベストプラクティスを活用して最終的な結果を達成します。組み込みのソーシャル・コラボレーションにより、より効果的な交渉用のドキュメントを協力して簡単に作成できます。受賞分析ツールを使用すると、価格、品質、価値などの所定の要素に基づいてサプライヤーの入札をすばやく評価でき、固有のビジネス要件に基づいて最善の賞を獲得できるようになります。
  • 契約管理—効果的な契約管理が重要です。契約の作成は、事前に承認された条項ライブラリ、標準化されたテンプレート、組み込みのソーシャル・コラボレーションを使用するガイド付きの作成機能によって合理化されます。完全な追跡と監査履歴による安全で検索可能な契約リポジトリにより、ユーザーは必要なものをすばやく見つけることができます。自動更新管理機能により、調達担当者は期限切れを迎える契約について早期に通知できます。分析によって、定義された標準から逸脱する契約を識別します。監査可能なワークフローでは、ドキュメントの承認が強制されています。
  • 要件—調達から支払いまでのサイクルの間で購入が適切に規制されていないと、交渉による節約はすぐに失われます。最新のソリューションにより、これらの節約がビジネス・ポリシー、制御、承認を通じて確実に実現されます。従業員に消費者と同様の購入体験を提供することで、契約外の支出を削減します。堅牢な検索機能、スマート・フォーム、ショッピング・リスト、パーソナライズされた購入体験により、交渉された価格や条件が、サプライヤーのカタログと、支出を管理しコストを削減するように設計された構成可能な承認ワークフローに自動的に適用されます。
  • 支払いサプライヤーの請求処理は多くの場合、手動のためエラーが発生しやすく、時間がかかります。ソーシングから決済までの完全なソリューションによって、この重要な機能を合理化および自動化し、早期支払い割引を活用してコスト管理を継続できるようにします。これには、電子送信、サプライヤーからの「POフリッピング」、請求書の光学スキャンを提供する堅牢な支払管理システムが含まれます。行レベルの請求書検証は完全に自動化されており、処理が高速化されています。例外はドキュメントの共有によるソーシャル・コラボレーションを通じて管理され、解決までの時間を短縮します。
  • 購入—発注書作成など、ルーチンとなっている調達から支払いまでのトランザクションを自動化すると、新しい節約の機会を見つける時間が生まれます。交渉による価格設定を実施し、ポリシーへのコンプライアンスを確保しながら、プロセスを合理化します。手動による介入なしに、承認された要件で発注書を作成します。購入担当者に、例外、ステータス、必要なアクションについてのインサイトを提供します。組み込みのソーシャル・ツールを使用してサプライヤーと通信します。

Oracle Procurement Cloud

Oracle Procurement Cloudによって調達ビジネス・プロセスが刷新され、ソーシングから決済までのサイクル全体でサプライヤーやアクティビティを積極的に管理できるようになりました。この統合された完全なクラウドベースのソリューションにより、調達組織を変革し、組織のすべての分野に迅速かつコンプライアンスに準拠した調達サービスを提供できます。

Oracle Procurement Cloudは、組み込みアナリティクス、ソーシャル・コラボレーション、モバイル・デバイスなどのデジタル機能を活用して、サプライヤのリスク削減、より効果的な調達、支出の制御、組織の利益率の向上を実現します。

シンプル性 直感的なアプリケーションによるユーザーの迅速な採用促進
効率的 簡素化されたプロセスで生産性が向上
コスト削減 コストの削減と管理の強化
つながる 社内チームとサプライヤーによるシームレスなコラボレーション
使いやすい 消費者に近いユーザー・エクスペリエンスにより導入を保証