Oracle Linux—セキュリティ

Enhanced Infrastructure Security
強化されたインフラ・セキュリティ

Oracle LinuxとKspliceは、United Airlinesにとってのゲーム・チェンジャーとなりました。これらのソリューションによって同社がサービスの継続性をどのように向上させたのかご確認ください。

Linux Securityでより大きな安心を

ハッキングの脅威が増している中、Oracle Linuxではシステムのセキュリティを維持し、操作のスピードと安定性を改善するための機能が提供されています。

  • ゼロダウンタイムのセキュリティ・パッチ適用で、Oracle Linuxシステムを最新の状態に維持できます
  • 事前構築済み(またはカスタマイズ済み)のテンプレートを使用して、反復可能なプラクティスをデータセンターとクラウド上に実装し、システムを制御しようとする攻撃者への対策として、VMをロック・ダウンできます
  • 重要なコンプライアンス要件に対応し、セキュリティ・ギャップを解消できます
  • オンプレミスとクラウドの両方で、リモート・デスクトップ・アクセスのセキュリティを強化できます
 

「セキュリティの優先度は高く設定する必要があります。データセンター内の担当者がApache Strutsのインスタンスの場所を特定できず、修正プログラムのリリース時にそれを適用できなかった場合、その被害は計り知れません。」

—オラクルのエグゼクティブ・チェアマン兼CTO ラリー・エリソン

Larry Ellison
 
Address Common Vulnerabilities and Exposures (CVE)

共通脆弱性識別子(CVE)への対応

セキュリティ侵害の件数が増えている中、修正プログラムをダウンタイムなく適用できる機能は不可欠となっています。これは、コンテナ・テクノロジーを使用してクラウドベース・アプリケーションを作成している企業においては特に重要です。Oracle Kspliceテクノロジーでは、業務を混乱させたりシステムを再起動することなくセキュリティ・パッチを適用することで、インフラのセキュリティを改善できます。


 
Save Time and Lower TCO

時間の節約とTCOの低減をもたらすセキュリティ更新

再起動と必要としないセキュリティ更新は、Linuxのお客様1社につき、毎月500時間の節約効果をもたらしています(年間約325,000米ドル)。1 Oracle Linuxでは、ゼロダウンタイムの更新を利用してセキュリティを改善できます。

1Evaluator Group シニア・パートナー兼アナリスト John Webster氏『Migrating to Oracle Linux—an Economic Value Analysis』2015年10月


 
Enhance Protection of Critical Applications

クリティカル・アプリケーションの保護強化

Oracle VMとOracle Real Application Clusters (RAC)は、可用性の高いアプリケーションのための仮想化データセンターを構築するのに役立ちます。


 
Better Secure Global Desktop

改善されたSecure Global Desktop

ユーザーは、場所やデバイスに縛られず仕事ができる環境を求めています。一方、企業は会社のデジタル資産を保護し、アプリケーションのデプロイをスピード化する必要に迫られています。

Oracle Secure Global Desktopを使用すれば、ユーザーは場所にほとんど縛られることなく、ほぼすべてのデバイスから、データセンターで実行されているアプリケーションに安全にリモート・アクセスできます。また、データは常にデータセンター内に置かれます。


 

セキュリティ評価サービス

オラクルは、お客様がセキュリティ・ギャップを解消し、Linuxと仮想化インフラの攻撃対象領域を削減できるよう、お客様を支援します。オラクルのエキスパートは、お客様が最新のセキュリティ・パッチでLinuxと仮想化インフラを構成し、継続的な自動パッチ適用メソドロジーを実装できるよう支援します。また、お客様が反復可能な業界プラクティスに従ってシステムを構成できるよう支援します。セキュリティ体制を改善することで、お客様は次期のセキュリティ監査に向けての安心を高めることができます。詳細については、オラクルまでお問い合わせください。

 
Progressive Insurance’s Migration to Oracle Linux Is a No-Brainer
Progressive Insurance、Oracle Linuxへの移行を簡単に達成
When we were spinning up the infrastructure for the Oracle 11g infrastructure, we tested both the Oracle kernel and the Red Hat kernel. We got 15–20% better throughput on the Oracle kernel.
—Progressive Insurance John Dome氏
Reducing Downtime by Using Ksplice on Linux Systems
Linuxシステム上でKspliceを使用してダウンタイムを短縮
Each month, my team makes a full update of the environment, including Windows system, databases, Linux system, and network systems. We reduced the downtime considerably on our Oracle databases by using Ksplice on our Linux systems.
—某テクノロジー・サービス企業のOracleデータベース管理者 Leonardo Pedroso Costa氏
Preoptimized and Preconfigured
事前に最適化され、事前に構成済み
Out of the box, it’s already preoptimized and preconfigured. Having that marriage between the OS and the database is critical.
—某ソフトウェア研究開発企業のシニア製品マネージャー Bert Scalzo氏

関連製品とソリューション


始めよう