該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

認定基準

認定基準の要件

継続的専門知識認定基準

該当するトラック:ビルド、サービス、ライセンスおよびハードウェア - ビルドおよびサービス
Oracle PartnerNetwork(OPN)専門知識を公開してから1年以内に、専門知識に関連する特典に引き続きアクセスするために、パートナーは最初の専門知識認定基準継続的専門知識認定基準の両方を維持する必要があります。

最初の、および/または継続的専門知識認定基準を維持していないパートナーは、コンプライアンス違反と見なされます。パートナーが90日後もコンプライアンス違反のままである場合:

 

  • パートナーの専門知識ステータスは「進行中」に戻ります
  • 関連する再販権および取引能力を含む、OPN専門知識のすべての特典は、専門知識が再取得され、再発行されるまで利用可能になりません。
  • パートナーは、OPN ExpertiseバッジのWebサイトリストを削除する必要があります
特定の専門知識の初期の認定基準と継続的認定基準の詳細については、OPNポータルで、専門知識カタログをご覧ください。
高度専門知識認定基準

該当するトラック:ビルド&サービス
「高度専門知識」を達成したパートナーは、高度専門知識により利用可能な特典へのアクセスが中断されないことを確保するには、最初の、継続的、および高度専門知識認定基準を維持する必要があります。

最初の、および/または継続的専門知識認定基準を維持していないパートナーは、コンプライアンス違反と見なされます。パートナーが90日後もコンプライアンス違反のままである場合:

 

  • 一次パートナーの専門知識の「高度」ステータスは削除されます。そのパートナーのAssociateにカスケードされた高度専門知識のステータスも廃止されます。
  • インセンティブやリベートの資格を含む、OPN高度専門知識のすべての特典は、高度専門知識が再取得されるまで利用できません。
  • パートナーは、OPN高度専門知識バッジのWebサイトリストを削除する必要があります
特定の専門知識の初期の認定基準と高度認定基準の詳細については、OPNポータルで、専門知識カタログをご覧ください。
年間換算契約金額(ARR)

該当するトラック:ビルド
専門知識に関連するパートナーのアプリケーションまたはソリューションの結果として生成されたUniversal Credit Modelサブスクリプションの予約された収益の合計。収益は、専門知識が獲得された月について、Oracleの会計年度の期間にわたって正規化されます。
Oracle Cloud Marketplaceの承認済みのリスト

該当するトラック:構築

ビルド・パートナーの場合、Oracle Cloud Expertiseのパブリック・サポートは、Oracle Cloud Marketplaceにある市販のアプリケーションの承認済み公開リストを通じて検証できます。
承認されたプレス・リリース

該当するトラック:構築

「Powered By」または「Integrated With」のOracle Cloud Expertiseを追求する構築パートナーの場合、パブリック・サポートの初期または継続的な認定は、地域のパートナーマネージャーまたは製品マネージャーによって確認および承認されたプレス・リリースを通じて検証できます。Oracle Cloud Marketplaceで公開されているアプリケーションを宣伝するためのプレス・リリースのテンプレートは、パートナー・ポータルのGo-To-Marketリソースにあります。
市販のアプリケーション

該当するトラック:構築
企業顧客が一般に利用できるアプリケーションまたはソリューションで、標準価格表または価格表の商用価格で公開され、専門の技術サポート・サービス組織によってサポートされます。
市販の接続サービス

該当するトラック:構築
一般的に企業顧客が利用でき、標準の価格表または価格表の商用価格で公開され、専門の技術サポート・サービス組織によってサポートされるレイヤー2またはレイヤー3のデータ通信相互接続サービス。
サービスの専門知識に対する顧客満足度調査

該当するトラック:サービス、ライセンスおよびハードウェア

Cloud Serviceおよび/またはライセンスおよびハードウェア・トラックのすべての最初の、および継続的サービスの専門知識の有効な支援リソースとして顧客満足度調査*を受け入れるためには、次の条件を満たす必要があります。

 

Go Live調査:
  • Go Liveプロジェクトは最近のもので、関連性があり、次の期間内に企業が完了したものでなければなりません。
    • ライセンスおよびハードウェア・トラックのサービスの専門知識の過去18か月
    • Cloud Serviceトラックのサービスの専門知識の過去12か月
  • 実装Go Liveの成功は、顧客により決定され、顧客満足度調査経由で記録されます。評価が計算されます。評価は、パートナーとの全体的な実装経験に関する顧客の直接のフィードバックを反映しています。
  • 8以上の顧客ロイヤルティ・インデックス(CLI)の顧客満足度調査の評価は、Go Live調査のCLIスコアに対して有効であると見なされます
  • ライセンスおよびハードウェア・トラックのサービスの専門知識について、プロジェクトには、現在のバージョンの製品、または専門知識の対象となる製品の現在のバージョンの直前のバージョンを含める必要があります。この専門知識の専門知識への製品マッピング(XLS)一覧とフィルタを確認して、対象製品を表示させます。
  • 各調査が独立したプロジェクトを参照している場合、同じ顧客を複数の調査に使用できます。
  • 実装された製品が専門知識およびプロジェクトの実装に整合している場合、調査には複数の専門知識が含まれる場合があります
  • 調査はオラクルから顧客に直接送信される必要があります。オラクルは、パートナーが自ら顧客に送信する調査、またはパートナーが顧客に代わって完了する調査を承認しません。内部実装は認定基準の対象にならない場合があります。
  • 概念実証は、Go-Liveとは見なされません。概念実証とは、その実現可能性を実証するための特定の方法もしくはアイデアの実現、または何らかの概念もしくは理論が実用的な可能性を持っていることを検証することを目的とした原理的なデモンストレーションです
  • 内部実装は認定基準の対象にならない場合があります。
  • 顧客は、専門知識を取得した地域市場に拠点を置く必要があります。
  • 顧客満足度調査を顧客に確認するには、実装の詳細に関する全情報をOracleに提供する必要があります。
  • 調査を開始するには、オラクルが顧客に連絡する前に、顧客から許可を得ていることを承認しなければなりません。
  • Go Live調査(すべての初期および継続的サービスの専門知識と該当するインセンティブの提供に必要)- 計画と実装およびパートナーの経験に対する顧客満足度を測定し、Go Live日から12か月間有効です
  • Go Live調査は、専門知識の認定基準の要件とインセンティブ・オファーに基づいて、リクエストする必要があります
健全性チェック調査
  • 健全性チェック調査は、管理サービスの専門知識の要件に基づいてリクエストする必要があり、適用されるインセンティブ・オファーです。
  • 健全性チェックの成功は、顧客により決定され、顧客満足度調査経由で記録されます。そこで評価が計算されます。評価は、パートナーとのOracleソリューションの導入経験に関する顧客の直接的なフィードバックを反映しています
  • 8以上の顧客ロイヤルティ・インデックス(CLI)の顧客満足度調査の評価は、Go Live調査のCLIスコアにかかわらず、健全性チェック対して有効であると見なされます
  • 各調査が独立したプロジェクトを参照している場合、同じ顧客を複数の調査に使用できます
  • 実装された製品が専門知識およびプロジェクトの実装に整合している場合、調査には複数の専門知識が含まれる場合があります
  • 調査はオラクルから顧客に直接送信される必要があります。オラクルは、パートナーが自ら顧客に送信する調査、またはパートナーが顧客に代わって完了する調査を承認しません。内部実装は認定基準の対象にならない場合があります。
  • 概念実証は、Go-Liveとは見なされません。概念実証とは、その実現可能性を実証するための特定の方法もしくはアイデアの実現、または何らかの概念もしくは理論が実用的な可能性を持っていることを検証することを目的とした原理的なデモンストレーションです
  • 顧客は、専門知識を取得した地域市場に拠点を置く必要があります
  • 顧客満足度調査を顧客に確認するには、実装の詳細に関する全情報をオラクルに提供する必要があります。
  • 調査を開始するには、オラクルが顧客に連絡する前に、顧客から許可を得ていることを承認しなければなりません。
  • 健全性チェック調査(継続的な管理サービスの専門知識と適用されるインセンティブ・オファーに必要)- 継続的なクラウド・ソリューションの導入とパートナー体験による顧客満足度の測定(Go Live後)は、顧客の回答日から12か月間有効です。
*ライセンスおよびハードウェアクラウド・サービス・トラックのサンプルのGo Live調査をご確認ください。
   クラウド・サービス・トラックの健全性チェックのサンプルの調査を確認する
Oracle Validated Integration専門知識の認定基準の詳細

該当するトラック:構築
Oracle Validated Integration専門知識の認定基準の全説明は、OVI認定基準の要件ページにあります。
パートナー公開のクラウド関連成功事例

該当するトラック:販売、サービス
Cloud SellまたはCloud Service Expertiseを維持するために、OPN会員は、進行中のパブリック・サポート認定要件を満たすために、パートナー公開の1つの顧客成功事例を提出する必要があります。顧客成功事例の形式は、次の条件を満たす必要があります。

 

  • 受け入れ可能な形式:書面、ビデオ、またはWebサイトの証拠となるもの。
  • 事例には、顧客の会社名と解決したビジネス上の問題を含める必要があります。
  • 事例には、専門知識でカバーされている製品を含める必要があります。各専門分野で利用可能な製品の詳細なリストは、専門知識カタログに記載されています。
  • 事例で言及されている顧客は、専門知識が達成された地域市場に拠点がある必要があります。
  • 事例は過去12か月以内に公開されている必要があります。
成功事例のガイドライン

  • パートナーがソリューションを再販した顧客の成功事例のみが、販売の専門知識へのクレジットの対象となります。
  • パートナーがソリューションを実施した顧客の成功事例のみが、サービスの専門知識へのクレジットの対象となります。
  • リストされた製品が各専門知識の製品と一致する場合、同じ事例を別の専門知識に使用できます。
パートナーが公開したプレス・リリース

該当するトラック:構築
オラクル・クラウド専門知識のパブリックサポートは、オラクル・クラウド専門知識および専門知識が関連付けられている市販のアプリケーションを参照する、パートナーが公開した公開プレス・リリースの提出を通じて検証できます。
前提条件の専門知識

該当するトラック:ライセンス&ハードウェア
前提条件の専門知識が専門知識の支援リソースとしてリストされている場合、パートナーが求める専門知識を取得する前に、前提条件の専門知識を取得する必要があります。
OPNパートナーファインダーに公開されたOracle Exadata Cloudソリューション・プロファイル

該当するトラック:構築

次のステートメントといっしょにOPNパートナー・ファインダーでパートナーが公開したソリューション・プロファイル。「[パートナーのアプリケーション名を挿入]バージョン[バージョンを挿入/リリース番号]は、Oracle Exadata Cloud[「サービス」または「At Customer」を挿入]のOracle Database [データベースのバージョンを挿入]で自己検証されています。」
適格なOracle Cloud Infrastructure(OCI)FastConnectの機会

該当するトラック:構築
OCI FastConnectサービスの機会が特定された販売見込み顧客またはエンド・ユーザーが顧客になる確率(>20%)が高い場合、OCI FastConnectの機会は適格であると見なされます。そのような機会には、OCI FastConnectを使用した接続サービスが解決できるビジネス上の有効性または問題点があり、サービス提供での関心が表明されている必要があります。
再販取引

該当するトラック:販売
パートナーは、クラウド販売の専門知識を維持するために、継続的に最小の取引数を保持する必要があります。

 

  • パートナーがソリューションを再販した取引のみが、販売の専門知識の対象となります。
  • 取引は、Oracle Order Managementで予約されたOracle Cloudのサービス販売によって測定されます。
  • 取引は過去12か月以内に完了している必要があります。
  • 取引には、それぞれの販売の専門知識対象製品を含める必要があります。(各販売の専門知識認定ページで再販可能な製品の詳細なリストを確認してください)。
  • リストされた製品が販売の専門知識の製品と一致する場合、同じ取引’を異なる販売の専門知識に使用できます。
  • 取引は、販売の専門知識が達成されるのと同じ地域市場で発生する必要があります。
  • 内部取引はCriteria(基準)の対象にならない場合があります。
リソース・プール:主な集合的リソースおよびアソシエイトののカウント

該当するトラック:販売サービス、ライセンスおよびハードウェア

ライセンスおよびハードウェア・トラック - サービスの専門知識

  • 同じ地域市場に複数のアソシエイトを持つ主なOPN会員は、地域市場全体にリソースをプールして、サービスの専門知識に必要な資格を満たします。
ライセンスおよびハードウェア・トラック - 販売の専門知識

  • 同一の地域ごとのマーケットに複数のアソシエイトが存在する主なOPN会員は、販売の専門知識と関連する再販権に必要な認定基準を満たすために、地域ごとのマーケット全体のリソースをプールする場合があります。
クラウド・セルの専門知識

  • 同一の地域ごとのマーケットに複数のアソシエイトが存在する主なOPN会員は、販売の専門知識と関連する再販権に必要な認定基準を満たすために、地域ごとのマーケット全体のリソースをプールする場合があります。
クラウド・サービスの専門知識

  • 同じ地域市場に複数のアソシエイトを持つ主なOPN会員は、地域市場全体にリソースをプールして、サービスの専門知識に必要な資格を満たします。
Oracle Exadata Cloud ServiceまたはOracle Exadata Cloud at Customerで実行中

該当するトラック:構築
以下のパートナー製品は、Powered by Oracle Exadata Cloudの専門知識の対象外です。

 

  • サード・パーティのハードウェア
  • デバイス・ドライバ
  • モバイル機器
  • オペレーティング・システム(OS)認定
  • サード・パーティ・クラスタウェア・ファイル・システム(CFS)
  • 非ネイティブのファイル・システム
  • 移行ツール
  • アプリケーション開発ツール
  • ストレージ管理製品
  • ベンダー・クラスタウェア
  • 仮想化テクノロジー
  • Interconnect Protocol
  • Webブラウザ
  • バックアップ・エージェント
  • ウィルス・セキュリティ・ソフトウェア
  • バックアップ・ソフトウェア
  • System Management
  • データベースの管理
  • ネットワーク管理
  • ソフトウェア管理
  • Exadataソフトウェアのコンポーネントを変更する製品
スペシャリスト要件認定/認定要件

該当するトラック:販売サービス、ライセンスおよびハードウェア
スペシャリストがエキスパート認定資格要件を満たすには、該当するスペシャリスト認定または認定試験に合格している必要があります。承認されたスペシャリスト認定および認定のリストは、専門知識カタログに各専門知識について記載されています。
サード・パーティ監査の成功

該当するトラック:Service

管理サービスの専門知識を取得(および保持)するために、パートナーは年次サードパーティ監査を実行する必要があります。監査の目的は、Oracle Cloud Productsの管理サービス(2日目)を提供する機能の検証です。各監査では、顧客の成功事例、組織の人員配置、管理サービスをサポートする運用プロセスなど、社歴と管理サービスの成功を確認します。
顧客ロイヤルティ・インデックス(CLI)評価の顧客の購入成功事例

該当するトラック:販売
オラクル・パートナーを通じて購入を行う場合は、パートナーから顧客満足度調査を依頼して、顧客に送信する必要があります。

 

  • クラウド・セルの専門知識の資格を得るには、クラウドの購入が過去12か月以内に予約されている必要があります
  • 購入の成功は、顧客により決定され、顧客満足度調査経由で記録されます。そこで評価が計算されます。この評価は、パートナーとの購入体験全体に対する顧客の直接的なフィードバックを反映しています
  • 8以上の顧客ロイヤルティ・インデックス(CLI)の顧客満足度調査の評価は、顧客満足度調査のCLIスコアに対して有効であると見なされます
  • セルの専門知識の場合、購入には専門知識の対象となる製品の現在または以前のバージョンの製品が含まれている必要があります
  • 各調査が独立した購入を参照している場合、同じ顧客を複数の調査に使用できます
  • 購入した製品が専門知識と一致している場合、調査には複数の専門知識が含まれる場合があります
  • 社内購入は認定基準の対象にならない場合があります。
  • 顧客は、専門知識を取得した地域市場に拠点を置く必要があります。
  • 顧客満足度調査を顧客に確認するには、購入に関する詳細情報をオラクルに提供する必要があります。
  • 調査を開始するには、オラクルが顧客に連絡する前に、顧客から許可を得ていることを承認しなければなりません。
  • 顧客購入調査(すべての継続的なクラウド・セルの専門知識に必要)– 購入経験に対する顧客満足度を測定し、購入日から12か月間有効です
  • 顧客購入調査は、専門知識の認定基準の要件とインセンティブ・オファーに基づいて、リクエストする必要があります
*クラウド・セル・トラックのサンプル調査を確認する
顧客ロイヤルティ・インデックス(CLI)評価との契約に基づき成功した管理対象顧客

該当するトラック:Service

この支援リソースの条件は、「サービスの専門知識に関する顧客満足度調査」で参照されているものに加えて、以下の条件を満たしている必要があります。

 

  • 最初の支援リソース:顧客はクラウド・ソリューション・プロバイダ(CSP)修正条項の対象である必要はありません
  • 進行中の支援リソース:お客様は、パートナーのクラウド・ソリューション・プロバイダ(CSP)の修正条項に基づいて購入し、管理される必要があります*
  • Go Live調査(サービスの専門知識)- 計画と実装およびパートナー体験に対する顧客満足度
  • 健全性チェック調査(サービスの専門知識)- 継続的なクラウド・ソリューションの導入とパートナー体験に対する顧客満足度(Go Live後)
*同じ顧客は、顧客満足度調査の評価が8以上を維持している場合に、毎年資格を得ることができます。
クラウド・サービス・トラックのGo live用サンプル調査を確認する
クラウド・サービス・トラックの健全性チェックのサンプルの調査を確認する
専門知識バッジのWebサイトリスト

該当するトラック:ビルド、セル、サービス
Oracle Cloud Expertiseのパブリック・サポートは、パートナーのWebサイトにあるパートナーのクラウド専門知識のバッジのリストで実証できます。
前年比 (YoY) 成長率

該当するトラック:構築
前年比成長率は、最後に完了した年間経常収益(ARR)の期間を前年の同じ期間と比較して、パーセンテージの変化として統計的に計算します。