申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

要件管理プロセスの簡素化

要件管理とは

要件管理とは、企業がアイデアから製品開発と商品化までの製品ライフサイクルのすべての段階でアイデアを定義、管理、検証、および妥当性確認し、ステークホルダー・ニーズを満たすプロセスです。

要件管理ソフトウェアとは

要件管理ソフトウェアは、要件を概念設計にマッピングし、要件を実現できるかどうかを製品ライフサイクルの初期に判断し、要件実現に関連するリスクを特定および軽減できるソリューションです。企業は、適切に行うと、アイデアから商品化を部門横断的なチームによるコラボレーションにし、分野横断的な詳細な設計とテスト・ケースにわたる要件と要件トレーサビリティを把握、充実、および管理して、プロジェクトと製品発売が顧客が望む機能と目標を満たすように、要件管理ソフトウェアを使用できます。


要件管理に時代遅れの手動のアプローチを取ると、標準未満の要件の定義、検証、および妥当性確認プロセスが生じるリスクがあります。最終的には、競争力を損ない、時間、予算、およびリソースを浪費し、重要な機能を顧客に提供できないリスクが増大します。リーン・システム・エンジニアリングをイノベーション、開発、および商品化プロセスに組み込むと、要件対応と製品準備の状況を迅速に評価し、市場にさらに迅速に適応および対応し、ビジネス・パフォーマンスを向上できます。

最新のPLMソフトウェアには、さまざまなビジネス・プロセス、役割、および業界でリーン・システム・エンジニアリングへのアプローチを簡素化および効率化できるように、要件管理機能が組み込まれています。お客様は、Oracle Fusion Cloud Product Lifecycle Managementによって、製品ライフサイクル全体で要件を明確に定義し、簡単に管理し、迅速にトレースできます。また、市場投入までの期間を短縮し、顧客満足と成功率を向上し、コスト全体を削減できます。

eBookを読む: PLMソフトウェアで要件管理をサポートする方法(PDF)

不十分な要件管理の影響とは

要件管理の専用のプロセスを導入している企業は、ほとんどありません。変革的なリーン・システム・エンジニアリングのベストプラクティスを効率的で効果的に実行している人は、さらに少数です。このような企業では、重要な要件がドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーション、共有ドライブ、メール、および紙に分散しているため、連携されていないドキュメントベースのアプローチで要件を依然として把握および伝達しています。この結果、可視性、トレーサビリティ、コラボレーション、要件変更管理、および影響分析が損なわれます。また、時代遅れのアプローチの結果、市場投入までの期間の延長、製品の故障、無駄なサイクルによるコストの増加、および収益の損失が生じる可能性があります。

最新のPLMソフトウェアによる要件管理

ビジネスとサプライチェーンの複雑性が増大するにつれて、最新の要件管理で実現するリーン・システム・エンジニアリングはアイデアから商品化(I2C)プロセスの重要な部分になります。要件の変化を把握、伝達、および管理するための手動の方法では、現在のビジネス・ニーズにまったく対応できません。製品情報にリンクする分析、検証、および妥当性確認された要件をすべてのステークホルダーに製品ライフサイクル全体で同時に提供できるのは、完全に統合されたクラウドベースのソリューションのみです。

Oracle Cloud Product Lifecycle Managementでは、最適なアイデア、要件、コンセプトの選択と開発ポートフォリオおよびプロジェクトへの変換、製品開発およびリリース・プロセスから、サプライチェーンおよび商品化プロセスまで、製品ライフサイクル全体を管理する体系的なアプローチを採用しています。

CIMdata、主要なPLMアナリスト

統合的な製品ライフサイクル管理およびサプライチェーン・マネジメント・ソフトウェア

最初の要件定義から最後のテスト結果まで、エンドツーエンドのトレーサビリティがないと、プロジェクトは脱線し、企業は、誤ったソリューションを提供して、リソースを浪費します。多くの企業は自社開発のソリューションとスプレッドシート(従来のデフォルトのアプローチ)では不十分であると感じています。オラクルの要件管理ソフトウェアでは、プロジェクトが目標とする技術基準を満たすように、要件を概念設計に迅速に関連付け、徹底的に評価できます。企業は、コンセプト、設計、開発、商品化、持続、およびEOLに要件管理プロセスをデジタルスレッド化して、トレース可能な記録システムを所有し、製品ごとの目標を満たすことができます。

 

アイデアと要件の間の隔たりを埋める:

「価値をもたらす重要なそれぞれの要件を満たすように、顧客と市場のニーズを把握および伝達し、技術要件に変換するためのさらに効率的なプロセスが必要です。」

要件/テスト・トレーサビリティ、検証と妥当性確認:

「リスク・マネジメント、および規制要件の実現を強化するには、テスト実行を検証および妥当性確認する正確で信頼性の高いシステム・エンジニアリング・トレーサビリティが必須です。」

リーン・システム・エンジニアリング:

「短い反復設計サイクルで提供されるアジャイル/スクラム方法によって、ハードウェア、電気、およびソフトウェア要件を統合して、製品設計および開発をさらに効率的に実行する必要があります。」

要件の再利用:

「以前の要件、テスト、およびシステム・アーキテクチャを活用および再利用して、反復設計または新製品の市場投入に必要な期間を短縮したいと考えています。」

経営陣(CEO、CFO、CTO、およびCIO):

「新製品ごとの成功確率と収益性を向上するために、支援してください。無駄を排除し、市場投入までの期間を短縮するには、重要な市場要件を満たす能力をさらに迅速で適切に可視化する必要があります。」

設計および開発管理プロフェッショナル(エンジニアリング担当VP、開発担当VP、チーフ・アーキテクト、およびチーフ・システム・エンジニア):

「生産性を向上し、スコープを管理するために、要件管理、テスト管理、およびシステム・アーキテクチャでリーン・システム・エンジニアリングのベストプラクティスを体系化するために、支援してください。」

プロダクト・マネージャーまたはプロジェクト・マネージャー(チーフ・システム・エンジニアとチーフ・アーキテクト):

「要件の把握、コラボレーション、スコープ分析、変更管理、検証、および対応の信頼できる唯一の情報源を実現して、無駄を最小限に抑制し、リソースを最大限に活用するために、支援してください。」

設計エンジニアとチーム・メンバー:

「下流で要件の取りこぼしがないように、それぞれの要件を正しく解釈および分析し、リスクを伝達および把握し、スコープを決定し、それぞれを最終設計に関連付けることができるコラボレーション環境を提供するために、支援してください。」

ライフサイエンス:

「企業が患者の満たされていないニーズに対応するための新製品を開発するにつれて、規制要件が複数の地域で増加しているため、コンプライアンスの課題が生じています。コンプライアンスの失敗は高コストになる可能性があるため、開発プロセスでリスクを特定および軽減することが不可欠です。」

ハイテク:

「製品設計プロセスにお客様の声を反映することは、競争力を維持し、お客様、規制、および市場からのますます複雑化するハードウェアおよびソフトウェア要件にさらに正確に対応するための前提条件になっています。エンジニアリング、テスト、および妥当性確認の要件ライフサイクルを一貫して定義および実行できるように、統合的な要件管理が必須です。」

工業生産:

「モノのインターネット(IoT)は工業生産マーケット・セグメントでこれまで以上に大きな役割を果たしています。指定および導入済みのツールとデバイスを再作成しないように、要件とテストの再利用は必須です。この結果、高度な要件およびテスト管理が統合レイヤーに不可欠になっています。」

一般消費材:

「顧客とサプライヤーは、共創によって、製品サイクルを短縮し、市場投入までの期間を短縮し、製品の故障を軽減できます。要件、テスト、および製品情報を集中管理および再利用すると、品質と顧客満足を向上できます。また、新製品の開発にお客様の声とニーズを正確に反映できます。」

航空宇宙と防衛:

「業界の大規模な統合、およびリードタイムの長いサプライチェーンが重なっているため、イノベーションの実現は、さらに困難になっています。要件およびテスト・ソリューション・アーキテクチャ全体で非常に効率的なリーン・システム・エンジニアリングがないと、収益増加を実現し、スクラップを最小限に抑制することは、はるかに困難で時間がかかります。

要件管理のユースケース

アイデアを要件から商品に変える

通常、技術要件は全社のさまざまなソースからもたらされます。高度なアイデアまたはマーケティング要件を技術要件と設計詳細に落とし込む際、製品ライフサイクル全体で変化と変動が生じる可能性があるため、誤ったシステム・アーキテクチャが見落とされ、市場投入までの期間が長くなり、製品情報が不正確になり、カスタマー・エクスペリエンスが低下する可能性が高くなります。

簡素化された要件管理、テスト管理、およびシステム・アーキテクチャでは、内外のすべての主要なステークホルダーがリーン・システム・エンジニアリングに従事できる統合および管理された環境を提供します。この場合は、いつでも、どこでも、どのようなデバイスからでも、どのようなプロセスからでもデータを管理できるため、オープンアーキテクチャのクラウドまたはWebベースのポータルが理想的です。1つのPLMリポジトリでは、リーン・システムのエンジニアリング・プロセスとベストプラクティスをリアルタイムに管理できるように、製品要件データが組み込みの制御およびビジネス・ルールの妥当性確認と一致していることを確保します。つまり、正確な製品情報が活用および提供されるという確信を持ちながら、複数の販売チャネルに新製品をさらに迅速に投入する準備ができているということです。

要件の再利用

現在、新製品の60〜80%は以前の設計のオプションおよびバリエーションとして提供されています。業界にもよりますが、新しい貢献のほとんどはソフトウェアによるものであり、機械、電気、包装、規制要件などの分野の方が、変化は緩やかです。企業は、設計および開発成果物を効率的に再利用すればするほど、新製品を迅速に市場投入し、スクラップと廃棄物を削減できます。しかし、多くの企業は、システム・エンジニアリングの分野が不足しているため、再利用に期待した利点を享受していません。

クラウドベースの最新の要件およびテスト管理ソリューションは、社内外のユーザーが、さまざまなデバイスとソースからデータを送受信できるように、さまざまな方法を実装しています。このようなプロセスは、クラウドで自動化されているだけでなく、すべての関係者が、提供する情報を妥当性確認し、その信頼性を確認できるように、ビジネス・ルールの妥当性確認とデータの検証を継続的に実行します。適切な要件、テスト、およびシステム・アーキテクチャがすでに存在する場合、お客様は、新しいものを作成する必要がないため、継続的な改善サイクルを活用できます。

要件、テスト・トレーサビリティ、検証と妥当性確認

手動の非効率的なシステム・エンジニアリング・プロセスでは、多くの場合、製品の市場投入が遅れ、不正確で時代遅れ、または不完全な要件およびテスト情報が横行します。この結果、売上の損失、顧客の不満、および業務コストの増加が生じます。

検証と妥当性確認の機能を組み込む効率的なシステム・エンジニアリング・プロセスを強化するには、包括的な(要件からテストまで)トレーサビリティが必要です。最新のリーン・システム・エンジニアリング・ソリューションがクラウドにあると、企業は、信頼性の高い最新の要件およびテスト仕様によって、製品のI2Cプロセス全体を実行できます。つまり、待ち時間を短縮できるということです。この結果、同社は、市場投入までの期間を短縮し、ダイナミックな市場で競争力を獲得できました。

リーン・システム・エンジニアリング

現在の企業は、ますます短くなるサイクルで高品質の正確な製品を顧客に提供するという課題に直面しています。企業は、顧客の高い期待に応えるために、市場投入までの期間を短縮し、コストを管理できるように、さらに無駄のない効率的な方法で製品を設計する必要があります。

効果的なリーン・システム・エンジニアリング機能では、信頼性の高い完全な検証と妥当性確認が実現します。それは、より効率的な貿易調査、影響分析、購買決定、そして故障モードとハザード分析を用いたクリティカルパスのリスク軽減を通じて可能になります。

要件管理が職務をどのようにサポートするか

役員向けの要件管理

優れた業績を実現するには、ビジネスのすべての側面を迅速にデジタル化する必要があります。経営陣は、新製品を導入し、収益性を向上するためのダイナミックな環境で重要なビジネス上の意思決定を行うために、正確なシステム・エンジニアリング・データを必要としています。

要件およびテスト管理をマスターすると、製品情報を活用して、変化する市場環境に継続的に適応し、収益と利益を増加できます。最適なアイデアを選択および製品化(不適切なアイデアをすぐに排除)して、既存の投資を最大限に増加すると、ビジネスを革新するだけでなく、有意義なビジネス・プロセス変革を実現できます。

製品開発およびエンジニアリング向けの要件管理

ビジネスを中断せずに、新製品の開発を実現する必要があります。クラウド内の統合的な要件およびテスト管理ソリューションの一つの大きな利点は、システム・アーキテクチャの重要な要素を把握しながら、要件妥当性確認とテスト検証を行うためのクリーンで正確な環境を構築できることです。つまり、テクニカル・エンジニアリング・プロフェッショナルは、廃棄物とスクラップを最小限に抑制しながら、市場投入までの期間を短縮するリーン・システム・エンジニアリングのプラクティスからビジネス価値をすぐに引き出すように、ビジネスを支援できるということです。お客様がシステム・エンジニアリング・プロセスとベストプラクティスをクラウドに完全に移行することを決定すると、開発チームは共有スキーマ/ソリューション・アーキテクチャ・データから利点を享受できます。同時に、クラウドでは、1つの統合レイヤーでエンドツーエンドのプロセスを実行するために、すべての新しい統合を構築できます。設計および開発プロフェッショナルは、既存のソフトウェア開発システムとERPシステムをアップグレードせずに、要件管理の新機能を導入できます。つまり、ビジネス・プロセスとベストプラクティスは中断しないということです。

プロダクト・マネージャーおよびプロジェクト・マネージャー向けの要件管理

プロダクト・マネージャーとして、新製品が、商業的に実現可能であるかどうか、予算、リソースの有無、およびスケジュール内で納品できるかどうかを迅速に判断する必要があります。要件管理をマスターすると、アイデアから商品化までの製品開発を加速し、新製品導入へのアプローチを簡素化し、製品発売の成功確率を向上できます。

要件、テスト、およびシステム・アーキテクチャの統合的なクラウドベースのソリューション・プラットフォームは、適切な新しい製品またはサービスを時間どおりに予算内で導入するための包括的なアプローチによって、イノベーションと商品化を連携します。トレード・スタディ、影響分析、購買決定、クリティカルパスのリスク・マネジメントなど、効率的なプロセスは新製品導入の効率と効果を向上します。

プロダクト・マネージャーは、クラウド内の要件管理ソリューションによって、最も競争力のある最高の製品またはサービスをリリースするために、製品設計と商品化プロセスの初期にコラボレーションして、創造性、検証と妥当性確認、および最適化を最大限に向上できます。ビジネス・プロセスを可視化すると、製品開発の最適な意思決定を行い、必要に応じて、ピボットを迅速に実行できます。

専用の製品ライフサイクル管理(PLM)ソリューションがない企業は、要件管理ソリューションを新製品データの最初のソースにすることができるため、新製品の効率的な定義に必要なレベルのガバナンス、管理、および可視性を実現できます。

設計エンジニア向けの要件管理

設計エンジニアとチーム・メンバーは、ミッションクリティカル・システムを強化するために、製品情報の正確性を維持する必要があります。製品化に必要な属性は何百もあり、システム全体に伝達するエラーは何千もある可能性があります。このため、要件またはテスト管理、およびシステム・アーキテクチャ・ハブによって、正確な情報を維持し、プロジェクトの手直しによる高コストのスクラップを削減する必要があります。

リーン・システム・エンジニアリングの強力な基盤をクラウドで使用すると、重要なエンドツーエンドのビジネス・プロセスとベストプラクティスを実行できます。最新のシングルソリューション・アーキテクチャでは、リリースの準備状況を常に正確に把握するため、市場間隔に応じた適切なタイミングで新製品への投資決定を推進できます。

要件管理が業界をどのようにサポートするか

ライフサイエンス向けの要件管理

この業界は厳しい規制、および研究開発に多額の投資を必要とする長い製品開発サイクルによる独自の課題に直面しています。たとえば、新薬の市場投入にかかるコストは過去数十年で飛躍的に増加しています。すべての要件(規制、包装、患者のニーズ、使用目的、および設計に関する)は、監査可能、トレース可能、セキュア、および報告可能なシステム・エンジニアリングまたは要件管理ソリューションで管理する必要があります。

医療機器メーカーは、リーン・システム・エンジニアリングと要件管理によって、製品要件を明確に定義できます。このため、患者のニーズから医療機器と治療法の設計、およびその後のテスト・ケースとテスト結果までを追跡できます。要件およびテスト管理は、この規制の厳しい業界で要求されるデータ収集、検証と妥当性確認、追跡、およびトレーサビリティの開発と実行のすべての中心的な情報ハブとして機能します。この目的は、人々がさらに長く健康で活動的な生活を送ることができるように、さらに優れた医薬品と機器の製造を支援することです。

ライフサイエンス企業は、最新の要件管理ソリューションによって、スケーラブルでセキュアなソリューション・アーキテクチャを確立して、効率的でグローバルな市場登録規制の利点を享受できます。製薬会社は、リーン・システム・エンジニアリングによって、処方薬の成分がどのようにグローバルに調達され、サプライチェーン全体で規制されるかを包括的に可視化できます。製薬会社は、グローバルな市場登録をサポートし、開発プロセス全体で規制基準を維持できるように、一次包装の要件をグローバルな製品要件に合わせて管理する必要があります。

リーン・システム・エンジニアリングがライフサイエンスに及ぼす影響

  • 患者の期待を監視するための構造化プロセス
  • 製品設計、ニーズ、および要望に関する意思決定の改善
  • 開発サイクルの短縮
  • 機器開発設計文書の品質向上
  • プラットフォーム戦略をサポートするために活用される既存のデータ
  • 検証と妥当性確認のフレームワークを提供して、トレーサビリティを効率化

ハイテク向けの要件管理

この業界は、迅速なイノベーション・サイクルの推進、新製品の迅速な導入、および市場投入の迅速化という激しいプレッシャーに直面しています。成長は、最先端の新製品のリリース、買収、および新しい市場への参入によって、有機的に推進されます。ハイテク企業の製品は、ますます複雑化しており、IoT、モデルベースのエンタープライズ、モデルベースのシステム・エンジニアリング、デジタルツインなど、主要なサプライチェーン・マネジメント(SCM)プラクティスによって、推進されています。

企業は、消費者の高い期待に常に応えるために、クラウド内のシステム・エンジニアリング/要件管理ソリューションに投資する必要があります。システム・エンジニアリングをマスターすると、イノベーションから製品開発、リリース、および商品化まで、I2Cをさらに効率的に実行できます。最新の要件管理ソリューションは、イノベーションとその後の製品開発プラットフォーム、ソフトウェア開発ソリューション、および製品ライフサイクル管理(PLM)/製品開発管理(PDM)ソリューション・アーキテクチャとシームレスに統合されるため、製品ライフサイクルの非常に初期に新しい製品情報を提供できます。最新の要件およびテスト・ソリューションでは、充実した正確な製品情報をすべてのステークホルダーに提供できます。わずか1つの品質問題によって、製品ライン全体が機能しなくなる可能性があるため、高コストの設計変更指示、製品のスクラップ、または(最悪の場合)低品質の製品が市場に流入することを防止するには、データの検証と妥当性確認が不可欠です。

リーン・システム・エンジニアリングがハイテクに及ぼす影響

  • テストおよび妥当性確認できる要件を確立するための構造化プロセス
  • 製品設計、ニーズ、および要望に関する意思決定の改善
  • 開発サイクルの短縮
  • リーン設計プラクティスをサポートするための既存のデータの使用
  • 設計で分析および対応され、実装とテストに関連付けられる初期の要件からのトレーサビリティによるリスクの軽減。

工業生産向けの要件管理

この業界は、最先端の機能を維持するために、新しいインタラクション・モデル(クラウド、モバイル、IoT、ソーシャル・ネットワーク、分析など)に注目する最新の製品開発のI2Cフローを実現しています。工業生産のサプライチェーンは本質的に複雑であるため、イノベーション、製品開発、プロジェクト・マネジメント、および製品の商品化を最初から最後までシームレスに連携する必要があります。

リーン・システム・エンジニアリング(最新の要件およびテスト管理で実現)は、イノベーション、製品開発、リリース、および商品化によって、情報を同期して、工業生産プロセスを効率化します。最新の要件管理ソリューションでは、設計プロセスを統合および標準化できます。製品が製品ライフサイクル全体で成熟するにつれて、不適切なデータが下流の製造およびサプライチェーン業務に流れないように、クラウド内の適切なソリューションはデータのガバナンス、検証と妥当性確認、共有、およびエンリッチを確保します。

リーン・システム・エンジニアリングが工業生産に及ぼす影響

  • 患者の期待を監視するための構造化プロセス
  • 製品設計、ニーズ、および要望に関する意思決定の改善
  • 開発サイクルの短縮
  • 機器開発設計文書の品質向上
  • プラットフォーム戦略をサポートするために活用される既存のデータ
  • 検証と妥当性確認のフレームワークを提供して、トレーサビリティを効率化

一般消費材(CPG)向けの要件管理

この業界は、他のどの業界よりも、生産する製品の大量のオプションとバリエーションに対処する必要があります。規制と品質管理チェックが厳しくなっているため、企業には、厳格な変更管理とガバナンスを実現し、顧客満足を向上する体系的な要件およびテスト管理ソリューションが必要です。また、CPG業界は、労力を無駄にしないように、以前の要件とテストを効率的に再利用できる必要があります。

クラウド内のリーン・システム・エンジニアリング/要件管理アプリケーションでは、要件とテストのすべての側面を集中管理するだけでなく、一貫性のある正確なデータをチャネル固有の形式で配信できます。CPG企業(特に、変化の激しい企業)は、最新のリーン・システム・エンジニアリング・ソリューションによって、市場ニーズ、包装、および製品要件を満たすように、柔軟でダイナミックな環境で製品要件を定義しています。この業界は市場投入までの期間の短縮を念頭に置いています。要件/テスト・データがクラウドにあるため、企業は、このようなデータにどこからでもアクセスできます。また、市場投入までの期間を短縮し、エラーとオーバーヘッドの増加につながる可能性がある手動プロセスとデータ入力を削減できます。この重要なデータを再利用すると、市場投入までの期間をさらに短縮し、スクラップ/廃棄物の量を最小限に抑制できます。

リーン・システム・エンジニアリングが一般消費材に及ぼす影響

  • 柔軟でダイナミックな要件確立プロセス
  • 製品設計、ニーズ、および要望に関する意思決定の改善
  • 開発サイクルの短縮
  • リーン設計プラクティスをサポートするために活用される既存のデータ
  • 製品データの継続的な監視によるコスト管理
  • 設計で分析および対応され、本番稼働に関連付けられる初期の要件からのトレーサビリティによるコンプライアンス・リスクの軽減。

航空宇宙および防衛向けの要件管理

この業界は、最先端の機能を維持するために、新しいインタラクション・モデル(モデルベースのエンタープライズ、IoT、デジタルツインなど)に注目する設計プラクティスを一貫して推進しています。航空宇宙および防衛企業は、ますます複雑化する電気機械製品に直面しており、簡単には修理できない環境で性能を発揮する必要があります。設計中の完全なシステムには、設計および開発プロセスで理解する必要がある連結する相互依存の多くの部分があります。このため、適切な製品を市場投入するには、要件を明確に定義、管理、分析、追跡、およびテストする必要があります。

リーン・システム・エンジニアリングのクラウド・プラットフォームでは、システムレベルの設計からサブシステムの定義、実装、およびテストまで、複数の分野(機械、電気、ソフトウェア、およびシステム/テスト)のステークホルダーがコラボレーションできます。オラクルのプラットフォームは、PLMの部品表からシステム・エンジニアリング・プロセスおよびプラクティスまで、独自のトレーサビリティを実装しています。システム・エンジニアリングのベストプラクティスをサポートするには、初期段階の要件とそのインスタンス化までのリンクとトレーサビリティをPLMで管理する機能が重要です。オラクルのクラウド・プラットフォームは、要件を下流プロセスに結び付けて、設計サイクル時間を短縮し、コストを削減し、品質を向上できます。

リーン・システム・エンジニアリングが航空宇宙と防衛に及ぼす影響

  • 標準化および確立された要件作成
  • 要件範囲を追跡するための製品準備の完全な可視化による品質の向上
  • リーン設計プラクティスとIPの再利用をサポートするために活用される既存のデータ
  • 設計で分析および対応され、実装とテストに関連付けられる初期の要件からのトレーサビリティによるリスクの軽減。
  • 必要な成果物に対する要件変更の影響を分析する機能

Oracle Cloud PLMを使い始める

高品質の製品とサービスの開発を支援する効率的なソリューションによって、要件管理のプラクティスを簡素化および最新化します。プロジェクトの成功率を向上し、顧客と市場の期待に応える最新の要件管理アプローチによって、ITインフラストラクチャとサプライチェーンの複雑化を回避できます。Oracle Cloud PLMは、アイデアからコンセプト、製品開発、テスト、品質、調達、およびサプライチェーン製品の商品化までのシステム・エンジニアリング・プロセス全体で要件管理を独自に統合しています。組み込みの最新のテクノロジーでは、社内外の要件開発チームと調整およびコラボレーションできます。設計のトレードオフを最適化し、影響分析を行い、戦略的価値を測定するために、複数の分野で可視性を向上できます。

Oracle Cloud PLMで実現すること:

  • 要件の定義、管理、および検証と妥当性確認を効率化して、市場投入までの期間を短縮します。
  • 再設計の削減、新製品開発の効率、機動力、およびプロジェクト実行の改善、故障を迅速に特定する能力によって、製品開発コストを削減します。
  • すべてのステークホルダー間の引き継ぎを明確にし、全員が最新のスコープを把握して、製品コストとコンプライアンス違反リスクを削減します。
  • エンドツーエンドの要件プロセスを管理するための連携された1つのソリューションによって、コラボレーションと生産性を向上します。
  • 適切な製品を適切なタイミングで提供すると、製品発売の失敗、ブランド・ダメージ、および市場予測の誤りを回避できます。