申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

製品ライフサイクル管理(PLM)とは

最も基本的なレベルでは、製品ライフサイクル管理(PLM)とは、最初のアイデアから開発、サービス、および廃棄までの製品ライフサイクル全体を管理する戦略的なプロセスです。つまり、PLMとは、製品に関わるすべてを「ゆりかごから墓場まで」管理することです。

PLMソフトウェアとは

PLMソフトウェアはグローバル化したサプライチェーンにわたる製品またはサービス・ライフサイクルのすべての段階で情報とプロセスのすべてを管理するソリューションです。これには、品目、部品、製品、文書、要件、エンジニアリング変更指示、品質ワークフローなどのデータが含まれます。

現在、サプライチェーンは、さらにグローバルになっており、企業は、その運用モデルを変更しています。たとえば、多くの企業は、新しい製品またはサービスを販売するために、Product as a Service(PaaS)など、組み込みのソフトウェア・サービスを使用しています。この結果、このような企業は適応性と応答性に優れたクラウドベースのPLMソフトウェアが必要であることに気づいています。

最新のPLMソフトウェアは、製品開発とサプライチェーンの包括的な戦略向けのデジタル基盤とエンタープライズ製品レコードを提供するため、急速にビジネス変革の主軸になっています。ビジネス・プロセスを1つのプラットフォーム上の現在のPLMソフトウェアと連携すると、イノベーションをさらに加速し、製品の設計、製造、保守、および点検方法を改善できるように、ビジネス・プランニングとサプライチェーンの統合的な実行によって、製品バリュー・チェーンを統合できます。

PLMの歴史

CADからPLM 4.0へ

ライフサイクル全体で製品を管理することは新しいコンセプトではありません。このプロセスは古くからあります。このコンセプトは、製品が初めて販売されたときから、あります。しかし、現在のPLMは、初期の製品開発ソリューションとコンピュータ支援設計(CAD)ソフトウェアの作成から始まりました。このような初期の製品開発ソリューションは有用でしたが、大きなCADファイルの管理、配布、検索、および再利用方法という大きな問題が生じました。当時、コンピューターは、このような大きなファイルを保存するようにも、まして共有するようにも、設計されていませんでした。この問題に対処するために導入されたものが製品データ管理(PDM)です。1990年以前のPDM(PLM1.0)ソリューションは、CAD中心であり、CADファイルまたはドキュメント管理にほぼ集中していました。また、部品表(BOM)と技術変更指示(ECO)の管理にすぐに拡大しましたが、製品開発のみに引き続き集中していました。

1990年代、企業は、グローバリゼーション、アウトソーシング、および市場投入までの期間のプレッシャーによって、PDM導入の拡大を余儀なくされました。初期のPLMソフトウェア(PLM2.0)はセキュリティおよびコラボレーション機能を実装していました。また、品質計画、製造、製品コンプライアンス、製品原価計算など、製品ライフサイクル全体で多くの機能をサポートして、コア製品開発以外の課題に対処しました。PDMは依然としてPLMソリューションの中核ですが、レガシー・ツールは、完全でもユーザー・フレンドリーでもなく、高コストの大規模なカスタマイズが必要でした。

2000年以降、新世代のPLMソフトウェアであるPLM3.0が出現しました。この新しい進化は、製品発売に集中しており、イノベーション、要件管理などのライフサイクル全体でさらに多くの機能を組み込んでいました。また、下流の製造、サプライチェーン・プロセス、および商品化プロセスとの連携を強化していました。多くの場合、このような機能は、買収され、レガシー・ツールと統合されました。企業は、この新しい機能を活用できましたが、このレガシー・アプローチは、複雑であり、大規模なカスタマイズが依然として必要でした。

一方、PDMと初期のPLMソリューションの開発の推進要因になったプレッシャーは増大しました。ビジネスでは、製品およびプロセス革新要件だけでなく、デジタル・トランスフォーメーション/ビジネス変革とインダストリー4.0への最新の取り組みに対応するソリューションが求められていました。現在、最新のPLMソフトウェアであるPLM 4.0はサプライチェーンおよび顧客中心です。Software as a Service(SaaS)モデルで構築されているため、企業はIT部門全体を雇用して管理する必要はなくなっています。企業は、PLM 4.0によって、機械(モノのインターネット)、製品(デジタルツインなど)、工場、および顧客(ソーシャル・モニタリング経由)の多くの声を全社でつなぐデジタルスレッドを確立および監視できます。この情報にいつでもどこからでもクラウドで双方向にアクセスできると、これまでバラバラだったビジネス・プロセスを密接に結び付け、データ・サイロの壁を取り払い、サプライ・ネットワークでデータを収集する複雑性を解消できます。この結果、イノベーションの加速、意思決定の改善、市場投入までの期間の短縮、コストの削減、および品質の向上が実現します。

デジタルスレッドとは

PLMによるデジタルスレッドの実装方法

新しいビジネス・モデル、ビジネス変革、およびインダストリー4.0が実現した理由は、企業が、テクノロジーの進歩によって、変化に迅速に対応できるようになったためです。現在のPLMソフトウェアはモノのインターネット(IoT)人工知能(AI)機械学習(ML)などのテクノロジーからのリアルタイム・データで作成された「ゆりかごから墓場まで」の重要な製品ライフサイクル・プロセスの基盤と共通部分を実装しています。グローバル企業は、デジタルスレッドと呼ばれるものを活用して、製品の設計、製造、およびサービスのあり方を変えています。

デジタルスレッドは次世代PLMソフトウェアのみが提供できるコラボレーション可能な1つのデータ・プラットフォームであると定義できます。このプラットフォームは、企業のすべての要素とそのデータを結び付けて、製品ライフサイクル全体で物理およびデジタル・データの全体像を把握できます。デジタルスレッドは、製造、サプライチェーン、およびサービスでアイデアと設計の最も初期の段階から始まり、ビジネス・システム、プロセス、パートナー、およびエコシステムの間で管理されたデータのシームレスなフローを提供するものです。

デジタルスレッドが必要な理由

デジタルスレッドでは、ビジネス価値を加速し、かつてはサイロ化された異なるシステム間の壁を取り払うことができます。サプライ・ネットワークで情報を収集し、初期の製品設計、運用、製造、サービス、ライフサイクル終了など、製品バリュー・チェーンのすべての段階で情報を共有する必要がありましたが、その遅延と複雑性を軽減できます。デジタルス・スレッドをリアルタイムのトランザクション分析と組み合わせると、十分な情報に基づく先行的で迅速な意思決定を行うために必要な分析情報を得ることができます。現在のPLMソフトウェアは、適切な情報を適切な人に適切な場所とタイミングで提供するデジタルスレッドを実装しているため、組織の壁を取り払って、最高の品質を確保しながら、迅速性と機動力を実現します。

デジタルツインとは

PLMによるデジタルツインのサポート方法

簡単に言うと、デジタルツインは物理的な資産のデジタル表現です。デジタルツインでは、製品の現在と過去のデータ、および代表的なデータを集約して、実際の使用を反映します。物理オブジェクトのデータが使用可能になると、同じオブジェクトのデジタル表現(デジタルツイン)をコンピュータでシミュレーションして、設計、構築、保守、または操作時のオブジェクトの動作をモデリングできます。このため、製品ライフサイクルのすべての段階でオブジェクトの仮想プロファイルを作成できます。

デジタルツインが最大の影響を及ぼすには、最新のPLMソフトウェアであるPLM 4.0で実現したデジタルスレッドで同じ情報を参照する相互接続システムによって、デジタルツインをサポートする必要があります。このように、デジタルツインのすべての変更は、迅速、正確、およびリアルタイムに行うことができます。また、デジタルツインにアクセスする誰もが、最新の情報に基づいて、意思決定していると確信できます。

デジタルツインは静的ではありません。また、進化します。顧客、工場、IoTセンサー、人工知能、機械学習、PLM、およびオペレーションからのデータが製品ライフサイクル全体で引き続き収集されると、このようなデータは、デジタルスレッドに組み込まれ、デジタルツインは、さらに正確になります。受信データがリアルタイムに分析されると、製品を実際に製造せずに、さらに高品質の製品を製造し、最適なパフォーマンスを確保し、仮想の仮定シナリオを実行し、製品修正のコスト/利点を予測できるように、デジタルツインを使用できます。製品をプロトタイピングせずに、変更したいですか?デジタルツインでシミュレーションします。工場の機械でボール・ベアリングを交換すると、生産のダウンタイムを短縮できるかどうかを確認したいと考えていますか?デジタルツインでシミュレーションします。

デジタルツインが必要な理由

相互接続するデジタルスレッドに基づくデジタルツインのモデリング機能は最新のPLMソフトウェアのみに実装されています。デジタルツイン・テクノロジーは、企業が、資産または生産ラインの問題を特定および分析し、迅速に解決できる貴重なリアルタイムの更新を提供します。デジタルツインを導入している企業は、計画外のダウンタイムをなくして、コストを削減し、品質とカスタマー・エクスペリエンスを向上するなど、大きな競争力も獲得しました。

次に例を示します。このスマート・タブレット・メーカーは無線の新しいソフトウェア・アップデートをリリースしようとしています。このようなアップデートでは、バッテリーの寿命が短くなるなど、製品関連の問題が生じる可能性があります。メーカーは、デジタルツインによって、この更新のシミュレーションを行って、このような問題を自動検出し、品質管理とエンジニアリングに伝達してから、更新を行うことができます。是正/予防措置を取り、別のソフトウェア・アップデートを作成して、解決できます。このため、ブランドの評判を落とす可能性がある不適切なカスタマー・エクスペリエンスを防止できます。

製品ライフサイクル管理(PLM)のユースケース

製品のバリューチェーンをつなげる

アイデアの獲得から製品とサービスの商品化までのプロセスを統合して、さらに迅速な意思決定を実現します。

次世代PLMについて読む(PDF)

シームレスな統合

既存のERPおよびサプライチェーン・システムのデータとプロセスを統合して、包括的な製品開発戦略の基盤を獲得できます。最初のアイデアから生産と商品化までのすべてのプロセスを効率化します。

サプライチェーン・ネットワークを統合的なアプリケーションに接続する方法

イノベーションの立ち上げを加速する

価値が高いアイデアをきちんと出せるようにして、よりスマートなイノベーションのパイプラインを構築を加速します。新製品の導入とエンジニアリング変更の要件を効率的に設計、開発、管理します。

製品設計レポートの変革を見る(PDF)

製品データを調和する

すべてのアプリケーションを網羅する1つのエンタープライズ製品レコードを活用して、現在の複雑なビジネス変革をサポートするために必要な速度と回復力を提供します。

アナリストの見解を読む: デジタルスレッドの作成

品質コストを削減する

クローズドループの品質管理を駆使し、リアルタイムの透過性とトレース可能な情報によって、高速な意思決定を首尾よく行います。

品質コストを削減する方法を知る

製品コンプライアンスを実施する

製品のコンプライアンスを実施し、製品のライフサイクル全体で先行的に変更を追跡して、変化する国際基準に迅速に対応し、エンジニアリング・ドキュメントを効率的に管理し、準拠した完成品を設計できます。

要件管理デジブックを読む

最新のテクノロジーを活用する

デジタルツインを作成し、データを分析情報に変えるために連携する組み込みの予測分析、人工知能、機械学習、IoT、およびデジタル・アシスタントから、すぐに価値を得ることができます。

PLMとIoTを組み合わせて、デジタルツインを作成し、デジタルスレッドを結び付ける

Oracle Cloud PLMを使い始める

ご使用中の製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアは、新製品の迅速な設計と発売に役立っていますか。

PLMソフトウェアは、大きなCADファイルを転送し、ドキュメントを管理する方法として始まったかもしれませんが、現在の企業にとって必須のものに進化しています。競争力を維持するには、製品ポートフォリオと新製品の導入プロセスを戦略的なサステナビリティおよび成長目標と連携する必要があります。しかし、多くの企業は連携されていないレガシー・システムを依然として使用しています。スプレッドシートを使用しているため、ダイナミックなビジネス課題にまったく対処できない企業もあります。

Oracle Cloud PLMはSoftware as a Service(SaaS)モデルで構築されたクラウドベースのPLM 4.0ソリューションです。つまり、最新の特徴、機能、およびベストプラクティスを常に実装しているということです。Cloud PLMでは、更新が定期的に導入されるため、最新のイノベーションを継続的に活用できます。このような新機能にアクセスすると、データを予防的、予測的、先行的、および規範的な分析情報に変えるデジタルツインを作成するために連携する組み込みの予測分析、人工知能(AI)機械学習(ML)、IoT、およびデジタル・アシスタントから、すぐに価値を得ることができます。Oracle Cloud PLMは、ビジネス変革をサポートするための基盤を提供するために、設計、計画、製造、およびサービス・プロセスを連携する真のデジタルスレッドを実装しています。また、PLMがERP、サプライチェーン・マネジメント(SCM)、サプライチェーン・プランニング製造保守IoT、およびカスタマー・エクスペリエンスにわたる共通プラットフォーム上で統合されている場合は、製品発売全体でさらに迅速で高品質のイノベーションを推進し、市場で回復力を維持できます。