申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

Oracle Maintenance

Oracle Fusion Cloud Maintenanceは、接続されたスマートなメンテナンス管理ソリューションです。高度なテクノロジーを搭載しているため、予測メンテナンスが可能になり、全体的なコストを削減しながら、信頼性と稼働時間を向上できます。

Oracle Cloud Maintenanceの詳細

クラウド対応、モノのインターネット(IoT)対応の統合されたインテリジェントなエンタープライズ資産管理システムで、メンテナンス・プロセスをどのように変革できるのかをご覧ください。

統合資産管理ソフトフェアの詳細

人工知能や機械学習を活用した統合資産ライフサイクル管理ソフトウェアにより、効率的なメンテナンス業務を実現しましょう。

予測メンテナンスの価値を知る

Oracle Cloud Maintenanceでは、Industry 4.0の能力を活用して、予測分析を使用して資産障害を予測し、信頼性の高い存続期間を見積もり、リアルタイムでアクショナブル・インサイトを生成します。

Oracle Cloud Maintenanceの詳細

継続的なモニタリングにより、メンテナンスの必要性を予測し、それに対応する状態監視ベースのメンテナンスにより、企業の資産管理戦略を最適化します。予備部品と人材リソース確保のためのインテリジェントな統合メンテナンス・ソリューションで効率の向上を図ります。クラウド向けに設計・最適化されたメンテナンス・ソフトウェアでインフラストラクチャのコストを管理します。

資産管理

完全なライフサイクル・サポート

物理的な資産のライフサイクル全体を管理して、メンテナンス業務における包括的な可視性を実現します。企業と顧客のどちらが所有しているかに関係なく、いつでもどこでも資産を追跡し、迅速なROIを達成します。

資産へのインサイトを獲得

資産、メーター、資産階層の360度ビューにアクセスし、デジタル・ツインを使用して操作をインテリジェントにシミュレートします。

処理の合理化

資産情報の作成と更新のプロセスを自動化して、最新かつ正確な情報を常に入手できるようにします.

エンドツーエンドのプロセスを推進

事前に統合されたOracle Fusion Cloud ERPおよびOracle Fusion Cloud SCMアプリケーションで機能を拡張します。


スマート・マシン統合

資産をIoTに接続

Oracle Internet of Things Asset Monitoring Cloud Serviceと事前に統合されていることで、資産の継続的な自動モニタリングとルールベースのアラート警告が可能になります。

資産の追跡

資産をリアルタイムで追跡および特定し、組み込みの構成可能なKPIを使用して、資産の健全性、使用率、および可用性を確認します。

サービスのモニター

資産をモニターしてリモート診断と効果的なメンテナンスを実行することにより、顧客満足度を向上させます。

デジタル・ツインの活用

資産をデジタル・ツインに変換し、IoTを使用して、資産の状態、場所、使用率をモニターします。


資産の可用性を判断

組み込みの資産信頼性アルゴリズムを使用して資産障害の初期兆候を検出し、資産を積極的に保守して可用性を向上させます。

予測メンテナンスの推進

通知、資産の障害に関する予測的インサイト、および機械学習アルゴリズムで障害を防ぐための推奨事項を取得します。

品質の確保

生産機械をリアルタイムでモニターして品質の問題を検出し、予測メンテナンスを可能にします。

貴重なデータをキャプチャ

技術者のメモ、チャット、ログ・ファイル、メーター、センサーの読み取り値、カウンターなど、資産の寿命、故障率、メンテナンス・コストを予測するために必要なデータを収集します。


運用戦略

事後対応的なメンテナンス

対策を講じましょう。最新のユーザー・エクスペリエンスを活用し、障害発生時における迅速な対応を実現します。作業指示の管理におけるユーザーの生産性を向上させるために、時間を節約するテンプレートを提供します。

予防保全のプログラム

予防保全のフォーキャスト入力として、暦上のパターンや日数間隔、資産状態、資産メーターを考慮した動的な作業要件を定義します。1つの作業要件に対して複数の作業定義を作成し、周期的および非周期的な間隔の両方をサポートします。

予知保全のプログラム

IoTクラウドを使用して、物理的な世界から情報を監視および収集し、資産の状態や場所、利用状況に関する履歴をデジタル上で作成します。高度な分析と可視化により、異常検知と故障予測を実現します。

処方的保全のプログラム

機械学習を利用して、資産や部品の故障時期を予測し、メンテナンス間隔を最適化します。例えば、故障しそうな資産に対して自動的に作業指示を作成したり、信頼性の低い部品の交換頻度を短くするよう運用計画担当者に推奨事項を送信するなど、処方的アクションを使用してワークフローをトリガーすることができます。


運用計画と実行

統合プロセス

統合されたソリューションでは、メンテナンス、サプライチェーンおよび財務アプリケーションが接続されてプロセスが合理化されます。

予防保全の計画とスケジュール

予測メンテナンス作業を予測して自動スケジュールすることにより、資産の稼働時間を最適化します。

作業の準備と実行

ステータスを素早く表示し、外出先でアクションを実行し、作業指示や例外処理を効果的に管理します。人材リソースと部品の調達を考慮し、実行可能なワークスケジュールを作成します。


作業指示のスケジューリング

熟練した人材が作業指示を計画することで、人材リソースの活用を促します。メンテナンスに関して熟練したスキルをもつ技術者を割り当ててスケジュールすることで、作業が時間どおり正確に行われるようにします。メンテナンス作業指示の効果的なスケジューリングにより、ダウンタイムを短縮し、全体的な生産性を向上させることができます。

作業指示の発送と完了

使用した材料とかかった工数を入力し、部品の取り付け、取り外し、検査と作業指示を簡単に完了することができます。

契約保守

内部および外部のリソースの両方を使用してメンテナンスを実行します。契約社員の労働契約を交渉し、作業指示書から直接メンテナンス・サービスを簡単にリクエストすることで、メンテナンスにかかる修理コストを削減します。

運用コストの管理

作業指示コストの監視

作業指示のライフサイクル全体を通して、原材料費と人件費、その他コストを監視します。

タイムリーな原価計算

作業指示原価計算の統合により、原価計算の分散がタイムリーに保証されます。

インサイトで意思決定を推進

資産、作業指示、または作業の種類ごとにコストを分析し、材料とリソースのコストを管理するために必要なインサイトを取得します。作業指示書の料金と資産全体のコストを分析し、修理か交換かの戦略を決定します。任意の粒度(シリアル、ロットなど)で部品コストを追跡し、荷揚原価計算を使用して実際のコストを追跡します。


部品の在庫管理

部品計画と補充の自動化

予備部品の自動補充により、充填率と顧客満足度を損なうことなく、在庫保管費を削減します。部品の調達状況を把握し、作業指示書から部品やサービスを購入することで、より迅速な作業指示を計画することができます。

在庫原価の最適化

作業指示に基づいて需要を促進し、在庫ストック・レベルを最適化し、在庫コストを削減します。

品目マスターデータの管理

組織階層とプロセス標準に必要なマスター・データをすばやく定義します。

シリアル化された在庫品目を追跡

ロットおよびシリアル管理された在庫/資産品目(消耗品を含む)を管理し、包括的な資産ライフサイクルをサポートします。

調達効率の最大化

サプライヤーとの購買契約と数量を最適化し、ポリシーを適用し、サプライヤーのリスクを管理します。

戦略的調達

入札および調達プロセスの自動化と管理により、交渉活動を簡素化します。

セルフサービスのショッピングを実現

一貫性のあるユーザーフレンドリーな購入エクスペリエンスを提供するセルフサービス調達モデルにより効率性が向上します。

インサイトで調達の意思決定を推進

サプライヤーへの最高のインサイトを得て、品質、納期厳守、価格に基づいてサプライヤーを選択してください。

プロジェクト固有のメンテナンス

複数のプロジェクトにサービスを提供

サプライチェーン業務をセグメント化して、プラント内の共通のリソース・セットから複数のプロジェクトにサービスを提供します。

プロジェクトごとの実行

プロジェクトごとに調達、材料、保守、サービスを管理します。

プロジェクト別のコスト

適切な材料、リソース、およびコストが適切なプロジェクトに割り当てられていることを確認します。プロジェクトごとに作業指示と在庫を評価します。

プロジェクト支出

Oracle Project Portfolio Managementでプロジェクトの支出を収集し、プロジェクトの契約ルールに基づいて資産計上します。

 

Oracle Cloud Maintenanceのお客様事例

世界中の資産集約型業界のお客様は、Oracle Cloud Maintenanceを活用して、全体的なコストを削減しながら、信頼性と稼働時間を向上しています。

Noble Plastics社、OracleのIoTを活用し、顧客サービスを改善

Noble Plastics、Oracle Cloudで予測性を向上

Oracle Cloud Maintenanceの利点

AIによるメンテナンス・スケジューリングの最適化

AIによって、自動的に推奨事項を生成して、メンテナンスのスケジューリングを最適化し、マシンの稼働時間を最大化します。

データシートを読む(PDF)

予測メンテナンスによる新しいレベルの効率の実現

資産の障害と信頼性の高い存続期間を予測し、リアルタイムで実用的なインサイトを生成して、機器の全体的な効率を向上します。

動画を見る(2:54)
予測メンテナンスの詳細(PDF)

メンテナンスコストを削減しながら、信頼性と稼働時間を向上

最先端のテクノロジを活用してビジネス・プロセスを最適化し、データドリブンのインテリジェントな意思決定をリアルタイムで行うことができます。

新しいテクノロジがWonderful Companyのカギである理由を探す(1:17)

クラウド・メンテナンス・ソフトウェアで高度なビジネス上の利点を享受

アセット集約型の企業は、独自の貴重な新機能を提供するクラウド・ソリューションに移行しています。

クラウドでPrecision Groupが効率を改善する方法をご紹介します(1:59)

インテリジェンスによって、競合他社より業績を伸ばす

予測分析インサイトを規範的な分析アクションに変える方法を学ぶことで、競争上の優位性が得られます。

規範的なメンテナンスに予測分析を使用する方法

リソース

クラウドの準備

SCMの最新リリースの新機能を確認

クラウド・アップデートの準備資料を見てCloud SCMサービスの新機能を確認し、四半期ごとの更新に備えましょう。

ドキュメント

ドキュメント・ライブラリにアクセスする

オラクル・ヘルプ・センターでは、対象のソリューション、スタート・ガイド、最新のユース・ケースのコンテンツを含め、当社の製品とサービスに関する詳細情報を提供しています。

顧客コミュニティ

仲間が集まるコミュニティに参加する

Cloud Customer Connectはオラクルの主要なオンライン・クラウド・コミュニティです。20万人以上のメンバーで、ピアツーピアでのコラボレーションや、ベストプラクティス、製品の最新情報、フィードバックの共有を促進することを目的としています。

クラウドについて学習する

Cloud SCM のスキルを高める

Oracle Universityは、クラウドスキルの構築、専門知識の検証、導入の促進に役立つ学習ソリューションを提供します。Oracle Learning Explorerプログラムを使用して、無料の基本トレーニングと認定にアクセスしてください。

関連製品

IoTインテリジェント・アプリケーション

コネクテッド・アセットからのリアルタイムのインサイト

調達

従業員を支援し、調達を合理化する

財務

より的確な意思決定を行うための明確な財務状況を把握

製造

緊密に統合されたソリューションを活用して製造する

Oracle Cloud Maintenanceを使い始める


デモのリクエスト

オラクルのエキスパートによるウォークスルーをご体験ください。


Maintenance製品のツアーを見る

製品のツアーをご覧いただけます。


営業へのお問い合わせ

Oracle Cloud Maintenanceについて当社チームの担当者がご案内します。