申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

持続可能なサプライチェーン

環境に配慮した製品の設計、責任を持った材料調達、そして持続可能な形で製品の製造と輸送を実現しましょう。Oracle Fusion Cloud Supply Chain Managementは、コストを削減し、より高いレベルのサービスを提供しながら、環境への影響を低減することができます。

Tetra Pakの持続可能性とロジスティクスのジャーニーを見る (2:02)

持続可能なサプライチェーンのオペレーションの構築方法をご覧ください。

持続可能なサプライチェーンの事業運営への組み込み

より持続可能なサプライチェーンで、循環型経済の戦略を採用しましょう。

再利用とリサイクル

環境に配慮した設計

製品のデザインやパッケージ、製造において、リサイクル素材を使用できる機会を見つけましょう。

循環型プロセスの企画と支援

シミュレーションの実行とシナリオ・プランニングの活用により、需要や供給の変化を容易に把握し、製造や使用終了のシナリオが環境に与える影響を理解しましょう。

サプライチェーンの効率化

需要の正確性を向上させ、廃棄在庫の削減しましょう。

透明性とトレーサビリティ

責任ある調達

サプライヤー・ネットワーク全体の可視性を向上させ、サプライヤーとパートナーの持続可能なエコシステムを維持することで、公正な取引のコンプライアンスを確保しましょう。

スマートな製造による効率の向上

工場の効率性の監視、生産性の分析を行うことで、計画外のダウンタイムや停電を減らしましょう。

トレーサビリティと持続可能なベスト・プラクティスの確保

製品および原材料の調達や生産、出荷、流通を含む、エンド・ツー・エンドのサプライチェーンの可視性を維持しましょう。

廃棄の最小化

未来の工場を創る

低炭素での製造や、遊休資産の発見、再生可能な資源の利用により、測定可能なサステナビリティの成果を推進しましょう。

パッケージの見直し

廃棄物を最小限に抑え、輸送効率を最大化するパッケージ・デザインにしましょう。

貨物の状態の追跡

輸送中の製品および貨物の状態を可視化することで、ダメージを最小限に抑え、製品を完全な状態で到着させましょう。

カーボン・フットプリントの削減

排出量の多い輸送の削減

出荷能力とルートを最適化し、空のトラックの配備を最小限に抑えることで、二酸化炭素排出量を削減しましょう。

パフォーマンスの向上

計画から実行まで、サプライチェーン全体のエネルギー消費量を測定することで、気候変動に対処しましょう。

スペース使用率の最大化

工場のフロアや配送センター、輸送手段などのスペースと場所の効率化を推進し、エネルギーを節約しましょう。

ESGとAIに関するレポート

ESGとAI: 68%の人が、企業のサステナビリティ活動において人よりもテクノロジーが貢献できる領域があると回答

Unilever、オラクルの導入により輸送コストと排出量の削減を実現

持続可能なサプライチェーン管理を実現したお客様事例

お客様事例をさらに見る

業種や規模を問わず、あらゆるお客様がOracle Cloud Supply Chain Management and Manufacturingの利用によるメリットを実感しています。

サプライチェーン・ソリューションの持続可能性

Oracle Cloud SCMソリューションは、以下を実現することで、企業の持続可能な事業運営をサポートしています。

Oracle Product Lifecycle Managementによる持続可能な製品設計とパッケージングの標準の確立

Oracle Procurementによる倫理的なサプライヤとのコラボレーションと責任ある調達の実現

Oracle Supply Chain Planningによる廃棄や過剰な支出の排除

Smart Manufacturingによる高い生産性とリソース利用率の確保

Oracle Logisticsによる排出量の削減、コンプライアンスの遵守、ルートおよび倉庫スペースの効率化

Oracle IoT Intelligent Applicationsによる輸送中の出荷の監視と製品品質の維持

Oracle Intelligent Track and Traceによる透明性と多層的な可視性の確保

サステナビリティがすべての人の課題である理由

Jon Chorley、SCM製品戦略担当CSOおよびGVP、Oracle

オラクルでは、お客様、お客様相談室、そして製品開発に携わる人々との対話の中で、持続可能性を単なる副産物ではなく、常に本質的なものとして捉えることを目標としています。持続可能性は、各製品分野の卓越性を構成する、重要な要素であるべきだと私たちは考えています。

投稿全体を読む

特集ブログ

すべて表示する

オラクルのその他のサステナビリティの取り組みについて