サプライチェーンの混乱を減らす9つの方法

Mark Jackley | コンテンツ・ストラテジスト | 2023年7月13日

パンデミック以前は、消費者はサプライチェーンが何であるかをほとんど知らず、ましてやその混乱が製品不足や価格上昇を引き起こしていることに不満を抱いていませんでした。しかし、新型コロナウイルスの発生から3年以上が経過し、サプライチェーンは日常用語の一部となり、混乱は緩和されたとはいえ、その影響は依然として最大の懸念事項となっています。サプライチェーンの混乱は、メーカー、原材料や部品のサプライヤー、出荷業者、輸送業者、卸売業者、小売業者、そして消費者といった、グローバルな商品やサービスの流通経路に関わるすべての人々に影響を及ぼします。

たとえば、貨物やコンテナの輸送価格は着実に低下しているなど、サプライチェーンが正常な状態に戻りつつある兆しはあるものの、ビジネスは依然として神経をとがらせています。最近の調査では、サプライチェーンのリーダーの80%以上が、2023年中の大半は直面する課題が悪化するか、変わらないだろうと回答しています。また、回答者のほとんどが、2022年に少なくとも1回はサプライチェーンの混乱を経験したと報告しています。

幸いなことに、このような混乱を予測し、その影響を和らげる方法が実証済みです。最初のステップは、そのさまざまな原因を理解し、影響を最小限に抑える計画を策定することです。

サプライチェーンの混乱とは

サプライチェーンの混乱とは、メーカー、サプライヤー、荷送人、輸送業者(鉄道会社、トラック会社)、卸売業者、小売業者のグローバル・チェーンに大きな障害が発生し、商品や資材が通常通りに流通しなくなることです。メーカーにとって、こうした問題は出荷の遅れ、納入時間の長期化、倉庫や店頭の在庫の過不足、コスト増、顧客への価格転嫁などにつながります。年末年始の需要で売れ筋アイテムの在庫が枯渇する場合など、予測可能な混乱もあります。また、世界的な大流行、大規模な気象災害、情報セキュリティの侵害、突然の労働争議など、突発的に発生する原因もあります。

混乱は、材料のサプライヤー、メーカー、ディストリビューター、卸売業者、小売業者、消費者など、グローバルな商品やサービスの流通チェーンに関わるすべての人に影響を及ぼします。

混乱は、材料のサプライヤー、メーカー、ディストリビューター、卸売業者、小売業者、消費者など、グローバルな商品やサービスの流通チェーンに関わるすべての人に影響を及ぼします。

サプライチェーンの効率とリスク低減

サプライチェーンは、そこに関わる人々のリスク削減戦略により、混乱を最小限に抑えた効率的なものであることが求められます。そういうと聞こえは良いのですが、効率性とリスク削減とは何を意味するのでしょうか。

サプライチェーンの効率化とは、通常、重複するルートや施設、安全在庫とも呼ばれる予備在庫を制限しながら、最小限のコストと在庫水準で運用することです。リスク削減には、サプライチェーンのリスクを特定し、リスクを低減するためのステップを踏み、リスクが混乱を引き起こした場合の対応計画を立てることが含まれます。

メーカーは効率性とリスク削減のバランスをとり、低コストでの運用方法を見出す一方で、ビジネスが確実にサプライチェーンのショックに耐えられるようにする必要があります。

サプライチェーンのリスクには大きく分けて2つのタイプがあります。

内部リスクには、非効率なサプライチェーン・マネジメント(SCM)プロセス、時代遅れのSCMテクノロジー、ヒューマンエラー(注文書に誤った情報を入力するなど)など、さまざまな要因があります。SCMの生産性の向上により、メーカーは需給をより巧みにマッチングさせ、製品を適切な場所に、適切なタイミングで、最も低コストで供給することができます。たとえば、サプライチェーンの自動化は効率を向上させ、より迅速で正確なデータによって需要計画がより正確になり、長期的にはコスト削減につながります。

メーカーがコントロールできない外的リスクには、大規模な天候不順(ハリケーンによる主要サプライヤーの操業停止など)、トラック運転手のストライキ、戦争やそれに関連する貿易封鎖などの重大な地政学的事象などがありますメーカーは天候を変えることはできず、その他の外的要因もほとんどコントロールできないものの、サプライヤーや輸送ルートの多様化など、リスクを軽減する手段を講じることは可能です。.しかし、そのようなリスク軽減のステップはコスト増につながる可能性があります。ここでの目指すものは安定性であり、必ずしも効率性ではありません。とえば、海外のサプライヤーを国内の調達先で補強すればリスクは低減されることがあるものの、国内での製造は価格が高くなる可能性があります。これは長期間にわたりサプライチェーンを安定させるためのトレードオフです。

主なポイント

  • エキスパートは、今後数年間は大きな混乱が続くと考えています。
  • サプライチェーンの混乱は、通常非効率なプロセスなどの内部リスク要因と、戦争や自然災害などの外部要因の両方から生じます。
  • サプライチェーンの混乱を減らし、その影響を軽減するには、あらゆるタイプのリスクに対処する包括的なアプローチがカギとなります。

サプライチェーン混乱についての説明

サプライチェーンは複雑です。サプライチェーンは世界中に広がり、あらゆる地域や国のパートナーとつながっています。どのようなチェーンでも言えることですが、サプライチェーンは最も弱い部分ほど強いものです。

たとえば、新型コロナウィルスが蔓延し始めたとき、トラック運送会社はすでに不足していたドライバーの採用に苦労しました。手に入るようになった希少アイテムの価格は高騰しました。入手可能になった稀少アイテムの価格は高騰しました。1つの混乱が次の混乱を招き、迅速な解決策はありませんでした。2023年、トラックドライバーは依然として不足しており、運送会社は18歳という若いドライバーの雇用を始めました。運送会社はまた、高額の契約ボーナスを提供しています。

サプライチェーン・マネジメント、および製造、調達のためのインテリジェント・アプリケーションは、サプライチェーン・パートナーが市場環境の変化や混乱に備え、それに適応できるよう支援することができます。このようなアプリケーションには、シナリオをモデル化し、天候による混乱など特定の事象が発生する確率を判断するプラニング・ツールが含まれます。また、さまざまな混乱に着目し、取るべき行動を推奨するデフォルトのユースケースも含まれている場合があります。

しかし、新型コロナウィルスのような大きな災害が発生した場合、その混乱は非常に強力で、相互につながっているサプライチェーンは圧倒されます。より平穏な時でさえ、世界的な出来事は波及する可能性があります。たとえば、カリフォルニア州で干ばつが発生すると、米国の小売業者はアボカドを輸入するようになり、その出荷コストをワカモレ愛好家が負担することになる可能性があります。

サプライチェーンに混乱をもたらす原因

サプライチェーンの混乱は、企業が軽減して管理できる内部リスクと、管理できない外部リスクという2種類のリスクから生じます。今日の広大なサプライチェーンでは、企業はそれぞれ異なる方法でその両方に対処しています。


内部リスク

主にサプライチェーンの非効率性やデータエラーなどの内部リスクは、商品のフローに遅れをもたらす可能性があります。

  • 計画および予測リスク
    一般的に需要計画の不正確さは、データが古いことに起因しており、メーカーにおける過小生産または過剰生産を引き起こします。たとえば、高度な需要予測アプリケーションを使わず、手作業で需要予測を行う計画担当者は、需要を過大評価し、その結果、大量の売れ残り在庫、製品マークダウン、利益率の低下を招く可能性があります。
  • 社内ビジネスの変化
    企業が再編成されたり、重要な人材が退社した場合には、制度上のナレッジが失われます。このような混乱や離職によるサプライチェーンの混乱を最小限に抑えるために、企業はSCMプロセスを標準化し、可能な限り自動化する必要があります。
  • コンティンジェンシー・プランの欠如
    サプライチェーンを活用しているすべての企業は、最悪のシナリオを想定した計画が必要です。.たとえば、企業はサプライヤーの財務実績をモニターすることで、倒産リスクの高いサプライヤーを見極め、そのサプライヤーへの依存度を下げることができます。同様に、企業は政治的に不安定な国のサプライヤーへの依存を減らすことができます。
  • 製造エラー
    工場からの注文が間違っていたり、サプライヤーが出荷するアイテムが多すぎたり少なすぎたりする場合、その原因は手作業に起因するヒューマンエラーによるメーカーにある可能性があります。自動化を組み込んだ新しいテクノロジーアップグレードすることで、このようなミスとその結果生じるコストを削減することができます。
  • 出荷注文のエラー
    ヒューマンエラーもまた、出荷の遅れやコスト増につながる可能性があります。たとえば、倉庫マネージャーが出荷貨物の寸法重量を誤って計算した場合、出荷業者はエラーを修正する時間を失うことになります。このようなミスが繰り返されると、財政上の影響も大きくなります。

外部リスク

戦争や自然災害などの外部リスクは、サプライチェーンに深刻な混乱をもたらす可能性があります。その他の外部リスクには次のようなものがあります。

  • 外部ビジネスの変化
    異なるビジネス・プロセスを持つ別の企業がサプライヤーを買収した場合、またはサプライヤーがさまざまな要因によって突然従業員不足に直面した場合、サプライヤーの製造顧客はサプライチェーンの混乱に見舞われる可能性があります。メーカーは、サプライヤー・プールを多様化し、代替ソースを追加することで、このような混乱に備える計画を立てます。
  • 情報セキュリティの脅威
    ランサムウェアやその他のサイバー攻撃を阻止することは非常に難しく、メーカーの運用を頓挫させる可能性があります。攻撃者はかつてないほど高度な技術を持ち、不意打ちを仕掛けてきます。そのリスク管理を目的とした実績ある情報セキュリティ・ソリューションとエキスパートへの投資は、メーカーにとって極めて重要です。また、企業はサプライチェーン・シス テムをターゲットとしたものも含め、サイバー攻撃へのエクスポージャーを軽減するために保険に加入しています。
  • 価格変動
    原材料不足、突発的な需要の急増、自然災害などは、サプライヤーに値上げを強いる無数の要因となり、それらの要因が収まると値下がりする場合があります。価格の上昇は、人件費や輸送費の上昇を反映することもあります。ほとんどの場合、メーカーはこのような要因を制御することはできませんが、これらを回避する計画を立てることは可能です。
  • 輸送の遅れ
    悪天候、労働ストライキ、通商封鎖、輸送機関の故障など、さまざまな理由で、出荷業者と輸送業者が物資を時間通りに、あるいはまったく配達できないことがあります。2022年末までに、海港が渋滞し、トラック運送企業のドライバー不足が続いていた前年に比べ、輸送問題は大幅に緩和されました。しかし、輸送の遅れは依然として一般的であり、メーカーやその他のビジネス顧客は、ほぼなすすべがありません。たとえば、メーカーが海上貨物から航空貨物に切り替えるのは法外なコストがかかりますし、そうした場合でも、倉庫や店舗への商品の移動で鉄道やトラック輸送の遅れに直面する可能性があります。
  • 経済的、政治的、環境的要因
    ウクライナでの戦争は、供給に影響を与える世界的な出来事の一例です。先進7カ国(G7)による経済制裁を受け、ロシアはEUへのガス輸出を減らし、供給不足と価格上昇を引き起こしました。一方、米重工メーカーはロシア産プラチナと銑鉄の供給減と価格上昇への対応を余儀なくされています。 ビジネスは、国内のものを含め、サプライヤーを多様化することで、そのような課題を予測および対応し、リスク管理とシナリオ・プランニングのアプリケーションにより指示されたその他のステップを実行することができます。

サプライチェーンの混乱を管理する9つの戦略

サプライチェーンの混乱に備え、管理するために、賢明なメーカーは、自社で管理できるものは管理し、管理できない要因やイベントのリスクを軽減することで、内部リスクと外部リスクの両方に対応する対策を講じます。以下に挙げる9つのベストプラクティスをご覧ください。

1. リスク管理計画の作成

サプライチェーンリスクを低減するための一般的な計画モデルの1つは、予防、準備、対応、復旧(PPRR)です。このモデルを用いると、メーカーは、管理可能なサプライチェーンのリスクを回避するためのステップを踏み、管理できない混乱や 突如発生する混乱に対処するためのコンティンジェンシー・プランを作成し、デフォルトの計画を実行して混乱の影響を 軽減することで対応し、サプライチェーンをできるだけ早く通常の状態に戻します。

サプライチェーンのリスク管理計画では、地政学的紛争、天候不順、労働力不足などの外部リスクに重点を置くことがあります。しかし、そのような計画では、内部リスク、例えば、製造チームが再編された場合の手続き上の混乱なども特定し、そのようなリスクを排除または低減するための対策を推奨する必要があります。

2. サプライヤーの多様化

特定の部品、原料、その他の材料を単一のサプライヤーの供給のみに依存しているメーカーは、サプライヤーが注文に応じられないような事態が発生した場合、大きな混乱が生じるリスクがあります。サプライヤーを多様化することは有益ですが、必ずしも簡単ではありません。たとえば、1社ではなく3社のサプライヤーを利用することにしたメーカーは、重要な関係を損なうリスクがあります。最初のサプライヤーは、注文量の減少を相殺するために価格を引き上げる可能性があります。また、新たなサプライヤーが、単なる一時しのぎではなく、真のパートナーと見なされていることを、ビジネスの拡大という形で保証することを求める場合もあります。

また別のシナリオでは、米国のメーカーが海外のサプライヤーを国内のサプライヤーで補強することもあります。このやり方は、貿易や出荷などに関わるリスクの低減を支援しますが、メーカーのコストを増加させる可能性があります。ときとして、重要なものを提供する独自の機能を持つ、単一のサプライヤーが唯一の選択肢となることもあります。一部のエキスパートが「継続的な調達」と呼ぶものを実現するためには、メーカーは創造力と外交力を駆使する必要があります。それがビジネスを行うためのコストです。

3. サプライヤーとのコミュニケーションと関係の改善

メーカーはサプライヤーとコミュニケーションをとり、管理を改善することで混乱を減らすことができます。ほとんどのメーカーは、サプライヤーとの関係を管理する担当者やチームを置いています。状況にもよりますが、四半期ごと、月ごと、またはそれ以上の頻度で電話をすることで、問題について話し合い、解決策をブレーンストーミングする機会になります。

自動化されたシステムは、サプライヤーとの関係を改善することができます。たとえば、サプライヤーが注文の遅延を自動的に通知するシステムにより、メーカー顧客はスケジュールを調整する時間をより多く得ることができます。

メーカーがサプライヤーに期待することを契約で明確に定め、定期的にその内容を確認することが重要です。多くのメーカーは、取引パートナーとの話し合いが最新の正確なデータに基づいて行われるよう、供給と在庫の追跡方法を改善するシステムに投資しています。

4. テクノロジーと自動化の活用

新たなテクノロジーにより、サプライチェーンの混乱への耐障害性が高まっています。一例でば:メーカーが従来の製造よりコストが低いことが多い3Dプリント機能を身近な工場に設置することで、海外からの調達への依存を減らすことができます。別の例では: 新たなロジスティクスアプリケーションは、メーカーが手作業で行うよりも迅速かつ正確に、積載量と輸送容量を照合することを支援します。

ゴルフ用品メーカーのTaylorMadeは、サプライチェーン・システム全体でデータを統合し、計画および販売管理を強化するソフトウェアを利用しています。新型コロナウィルスが蔓延し、ゴルフが数少ない安全な社会活動となった2020年夏、クラブ、ボール、その他のギアの需要急増時、同社は準備を整えていました。「より堅牢なシステムを持つことで、在庫の流れを改善することを支援しました」と、TaylorMadeのグローバル運用担当シニア・バイスプレジデントであるDave Brownie氏は述べています。「ゴルフ再開後、在庫を大幅に減らしながら、すぐに記録的な需要に応じた出荷を行いました。」

5. サプライチェーンの可視化を強化

サプライチェーン全体の重要な情報へのアクセスが欠如していると、メーカーはサプライチェーンの混乱による影響を受けやすくなります。サプライチェーンの可視化により、サプライヤーや出荷業者から移動するコンポーネント、サブアセンブリ、完成品を追跡することができます。統合的なシステムは、サプライチェーンの主要なポイント間でデータを収集・共有することで、可視性を向上させ、調達、製品、出荷、その他の活動を簡単に確認できるようにします。

たとえば、サプライヤーのプロセスを可視化することで、メーカーは、どの注文が生産中で、どの注文が輸送中であるかを把握することができ、見込みを管理し、不測の事態を回避することができます。サプライヤーのサステナブルな取り組みを明確に把握することで、メーカーはそのサプライヤーを利用することが法的リスク、風評リスク、財務リスクにつながるかを判断することができます。内部プロセスの可視化も重要です。たとえば、在庫のリアルタイム可視化により、メーカーは在庫を容易に補充し、予測される需要に対応することができます。

6. バックアップ在庫への投資

バックアップ在庫とは、バッファ在庫や安全在庫とも呼ばれ、メーカーおよびその他のサプライチェーン参加者が、供給の遅れや需給の急増に備えて手持ち在庫として確保しておく製品のことです。もちろん、余分な在庫は倉庫のスペースを取り、コスト増につながりますが、そのおかげで企業は急激な値上げや値下げをすることなく需要に対応することができます。バックアップ在庫は、食品、医薬品、その他の重要なアイテムの不足防止も支援します。必要な予備在庫の量を計算する際、メーカーは製品の注文にかかる時間、在庫の傾向、年間の需要サイクルを考慮します。

7. 予測サプライチェーン分析の活用

メーカーは予測データ分析ソフトウェアを使用して、将来起こる可能性の高いシナリオを特定するシミュレーションを実行し、サプライチェーンの実務に必要な修正を指摘できるシナリオ・モデリングを行います。こうした分析は、徹底した正確なデータ収集に基づきます。たとえば、メーカーは、サプライチェーンの混乱を予測し、その影響をモニターするために、労働争議、火災、洪水、企業の倒産に関するソーシャルメディア・データとともに、履歴データと在庫傾向のデータを使用することがあります。

8. アジャイルなサプライチェーン・マネジメントの実施

効率的なグローバルサプライチェーンは、長期的な予測と計画によって決まります。たとえば、工場では数ヶ月前から生産スケジュールを立てることがよくあります。そのような体系的なプランニングが重要である一方で、メーカーには、供給の制限、品質問題、機械のシャットダウンなどによる混乱に直面しても、すぐに方向転換できる態勢が求められます。多くのメーカーは、より頻繁に、場合によっては毎日または毎週、計画を調整します。そうしたメーカーは、リアルタイムでデータを収集し、迅速に分析するクラウドベースのアプリケーションを活用することで、計画やスケジュールの作成プロセスを簡素化しています。こうしたプロセスの改善も重要ですが、たとえばサプライチェーン・マネージャーがその場で意思決定できるようにするなど、人の能力向上も重要です。ロジスティクス・マネージャーが、荷送業者が労働争議を開始する見込みであることを知った場合、他のサプライヤーを使用するよう迅速に意思決定すれば、遅延を回避できます。

9. サプライヤー・パフォーマンスのモニター

信頼性の低いサプライヤーは、混乱の元です。サプライヤーのパフォーマンスをモニターすることで、メーカーは、問題が発生した時と場所の特定、問題の深刻度の評価、サプライヤーへの十分な情報に基づくフィードバック提供、解決策に関するコラボレーション、パフォーマンス問題がパートナーシップを終了する理由となるかの判断を行うことができます。

メーカーは、契約遵守、運用実績(作業品質、リード・タイム、定時搬送、納期遵守)、ビジネス・プロセス(欠陥防止、検査、規制コンプライアンス)、財務の健全性(倒産リスク、流動性、収益性)など、さまざまな方法でサプライヤーのパフォーマンスを測定します。多くのメーカーは、たとえば定時搬送率のような主要業績評価指標のスコアカードを使用しています。標準的な指標を用いることで、企業はサプライヤーを同列に比較することができます。パフォーマンス・モニタリングは、企業が従業員のパフォーマンスを日常的にモニターしていることと同様に、定期的な分析とサプライヤーのチェックインにより、継続的に実施すると最も効果的です。

サプライチェーンの混乱に対する備えには、リスク管理、可視化の強化、混乱の予測、影響の軽減などが含まれます。

サプライチェーンの混乱に対する備えには、リスク管理、可視化の強化、混乱の予測、影響の軽減などが含まれます。

オラクルのSCMソリューションの概要

Oracle Fusion Cloudサプライチェーン・マネジメント(SCM),を使用することで、企業はサプライチェーンの変化に迅速に対応できます。プランニング・ソリューションは、パートナーとの協力的なコラボレーションを強化しながら、需要を予測し、供給を管理します。在庫管理ソリューションは、組織やサプライ・ネットワーク全体にわたり商品の流れを管理します。継続的に更新されるプラットフォームは、製造(およびスマート・マニュファクチャリング)システムや人事システムに連携し、サプライチェーンで最も弱点となることが多い従業員のスキルやナレッジを強化します。このプラットフォームはサプライチェーンの司令塔をサポートし、デフォルトのユースケースと推奨アクションを提供することで、サプライチェーンの混乱が発生した際の意思決定を加速します。

サプライチェーンの混乱に関するFAQ

サプライチェーンのリスク管理と混乱回避が重要である理由を教えてください。
サプライチェーンのリスクを管理し、混乱を回避することで、コスト削減、収益の最大化、評判の保護、顧客の満足度向上を実現します。

サプライチェーンの混乱を防止する方法を教えてください。
サプライチェーンの混乱は、サイロ化した情報による可視化の制限などの内部リスクを軽減し、気候変動、輸送のボトルネック、サプライヤーの容量低下などの外部リスクを軽減することで防ぐことができます。

サプライチェーンの危機に対する解決策を教えてください。
単一の解決策はありません。エキスパートは、リスクを軽減し、起こりうる混乱に備えるために、サプライヤーの多様化や少なくとも一部のメーカー機能のリショアリングなど、さまざまな戦略を組み合わせることを推奨しています。

「SCMのデモのリクエスト」のスクリーンショット

オラクルがメーカーによる耐障害性の高いサプライチェーンの構築を支援する方法をご覧ください