申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

ビジネス・インテリジェンス (BI) とは

ビジネス・インテリジェンスの定義

ビジネス・インテリジェンス(BI)とは、組織がより良い意思決定、情報に基づいた対応、より効率的な業務プロセスの実現できる機能のことを指します。

BIの機能により、以下のことが可能になります。

  • 組織の最新のデータを収集する
  • データを分かりやすい形式(表やグラフなど)で表示する
  • 組織内の従業員にタイムリーにデータを提供する

BIによって組織の動向を常に把握し、成功できるかどうかは、市場の「誰が、何を、どこで、いつ、なぜ、どのように」知るかに大きく依存します。お客様の製品やサービスは消費者にどのくらい人気がありますか?競合他社は何をしていますか?なぜ消費者はあるブランドを別のブランドよりも選ぶのですか?市場はどのように、そしていつ変化するのでしょうか?今後のトレンドは?

ガートナー社の資料にあるように、BIソリューションは、こうした質問に対する企業の解を見つけることを支援するものです。

ビジネス・インテリジェンス・ソフトウェア

インターネットで調べると、BIソフトウェアの定義は、実にさまざまです。一般に、BIソリューションは、内部および外部ソースからデータを収集、分析、および解釈するための戦略とテクノロジーの組み合わせであり、調査対象の過去、現在、および将来の状態に関する情報、分析を提供する最終結果が得られます。

ビジネス・インテリジェンスビジネス・アナリティクスという用語は多くの場合、同じ意味で使用されます。しかしビジネス・アナリティクスの場合は、データの調査によって、トレンドやインサイトを見出す、より具体的なプロセスを指します。「BIとビジネス・アナリティクス」を併せて活用することで、データの収集、分析、および解釈のあらゆる側面が含まれ、より広義な意味を持ちます。私たちの目的においては、用語は同じになります。

現在のBI/ビジネス・アナリティクス・ソリューションは、プロセスのあらゆる段階で実用的な情報を得るのに役立つアプリケーションを提供しています。これには、データの準備、分析、データの可視化、レポート作成、コラボレーションなどのアプリケーションが含まれます。そして、オンプレミス、デスクトップ、クラウド、そしてモバイルの機能によってオフィスから離れた場所でも使用することができます。

ビジネス・インテリジェンスのメリット

データ。それは膨大であり、急激に成長し続けています。より多くの人が、より多くのデータを生み出しています。データは一般的に、デバイスから生み出され、それはますます多様化し、非構造化も進んでいます。データはより多様になり、より非構造的になっています。5年ほど前、世界のデータの90パーセントは過去2年間に生成されたものだと誰かが言いましたが、これは驚くべきことです。

データと、そのデータからインサイトを得る力は、ビジネスを維持し、成長させる上で最も貴重な資源なのです。

BIに最高クラスのアプローチを用いることで、新しいデータの取得や統合、共有、レビュー、対応に必要な時間と労力を削減し、組織の競争優位性をもたらします。

組織は、データ処理が優れているほど、BIからより多くのメリットを享受することができます。データ処理におけるリーディング企業は、タイムリーなデータの持つ価値を認識できていないすべての競合他社にとって、大きな脅威です。後発企業は、競合他社や新規参入企業と互角に戦うために、アナリティクスへの取り組みの加速を余儀なくされています。

BIはデータドリブンな企業の心臓部であり、変革の中核となるものです。新しいBIツールの導入は、組織の影響力を高め、より効率的にすることが最終的な目標です。そして適切なBIテクノロジーを使用することで、さらなるメリットを得ることができます。

  1. データ精度の向上
  2. より良くスピーディーな意思決定
  3. ミッションクリティカルな成果の向上
  4. 複数の部門間でのデータ共有
  5. 財務および業務情報の可視性の向上
  6. 効率性の低い業務の特定と削減
  7. 無駄・不正・悪用の排除
  8. 生産性と従業員のモラルの向上
  9. 総所有コストの削減と投資収益率の向上
  10. あらゆるレベルでの透明性とサービスの向上

ビジネス・インテリジェンス・ソリューションを駆使した最大限のデータ利活用

BIソリューションは、意思決定と戦略開発に不可欠なツールになる可能性があります。結果の情報は、マーケティングや販売、サプライチェーンや財務に至るまで、組織全体で次のようなタスクに使用できます

  • マーケティングキャンペーンの結果の測定
  • キャッシュフロー、粗利益、および営業費用を可視化
  • 人事プロセスと採用を最適化するため、従業員と見込み客に関するインサイトを収集
  • 部品と材料の傾向とサプライヤーのパフォーマンスの追跡
  • 収益とトランザクションの予測
  • コールセンターとデポの人員配置レベルの最適化
  • 企業間の見解を入手
  • 新しい収益機会とパターンの発見

BIは、組織内のすべての人に役立ちます。しかし、それを行うには、特別な種類のソリューションである必要があります。

平均的なエンタープライズソリューションでは、IT部門が環境をセットアップし、多くの場合、内部データソースと外部データソースを接続する必要があります。これまで、こうしたBIの担当はIT部門が担っていました。SQLの深い知識やデータ準備のための広範なスクリプトなど、深い専門知識が必要だったためです。

ビジネス・インテリジェンス・ソリューションで探すべきもの

BIを事業部門や、または技術的知識を比較的浅い人々にとっても効果的なソリューションにするには、ソリューションは、組織全体のすべてのレベルの従業員にとって可能な限りユーザーフレンドリーでアクセス可能である必要があります。

単一のBIプラットフォーム

アプリケーションの単一の統合プラットフォームを提供するソリューションを検討してください。多くの組織には、レポート、検出、分析、およびその他の機能のための複数のソリューションを備えたレガシービジネス・インテリジェンス・エコシステムがあります。これらすべてのソリューションを使用するには、費用がかかり、広範な技術的知識が必要になる場合があります。複数のソリューションも互換性の問題を引き起こす可能性があります。

単一プラットフォームのアプローチであれば、データの収集・分析・解釈を含むエンドツーエンドのソリューションが提供されるため、すべて互換性があり、連携して動作します。すべてが1か所にあるので、ツールを探す必要はありません。データモデルとメトリックを一元化して、マルチソリューションのエコシステムでは実現が難しい場合もビジネスを包括的に表現できます。

サービスとしてのBI(BIaaS)

BIソリューションは、オフィスや遠隔地、外出先など、企業内のあらゆるユーザーが簡単にアクセスできる必要があります。クラウドソリューションは、アクセシビリティと可用性の可能性を最大限に高めます。必要なときに必要な場所でアクセスしたり、個人で使用したり、同僚と共有したりできます。

クラウド・ソリューションは、ほぼすべての規模の組織に合わせて簡単に拡張でき、成長するビジネスの需要を満たすのに十分な柔軟性を備えています。

コネクテッドBI

ほとんどのBIソリューションに、複数のデータソースに接続する機能があります。事前に構築された接続を提供するソリューションを検討してください。このタイプのソリューションを使用すると、さまざまなソースからのデータを簡単にロードして統合できます。事前に構築された接続により、接続を確立するために必要な時間がなくなり、ソリューションの複雑さが軽減されるため、IT担当者は他のタスクに集中できます。

拡張分析

BIを簡単にすることができるスマートなソリューションが必要で、これは組み込みの機械学習を採用した拡張分析を備えたものです。この種のソリューションは、ユーザーが情報を収集、分析、解釈、および伝達するのに役立ち、タスクを簡素化および自動化します。

データの準備や、複数のソースからの情報の収集と統合を自動化し、プロセスをスピーディーにして、エラーの発生を低減できるソリューションでなければなりません。正確な結果のためにレビューに含める新しいデータ・セットを推奨することによって分析を補強する機能も必要です。

必要なことをすばやく簡単に検索でき、データに直接アクセスでき、コードではなく人間の言葉で質問して回答を得られるようなスマートなソリューションが必要です。

一部のソリューションは、ユーザーが一般的なビジネス用語を介してデータにアクセスし、要求とデータセットパラメーターを変更できるようにするセマンティック層を提供します。

また、ユーザーは、コーディングを知らなくても、予測分析と予測に簡単にアクセスしてパターンを確認し、将来の結果と傾向を予測できる必要があります。機械学習が組み込まれたスマートソリューションは、そういった利点を提供できます。

データの視覚化

多くのスマートソリューションには、データを円グラフ、グラフ、またはその他の種類の視覚的表現に自動的に変換する機能を提供するデータ可視化が付帯されています。ユーザーは、パターンや関係を短時間で簡単に把握し、数値のままの表やスプレッドシートでは見すごしてしまうかもしれない傾向を把握することができます。

データの視覚化により、ユーザーは豊富なデータマッシュアップを作成することで、新しくユニークなインサイトを得ることができます。また、専門的なトレーニングを必要としない、インパクトのある視覚情報を使って、ビジネスに関するストーリーを作成することもできます。

このようなスマートなシステムを活用して、社内外のソースからデータを引き出すことができます。その後、データの表示に最適なグラフィックを、多数の選択肢の中から決めることができます。もしくは、データの結果に基づいて、アプリケーションが自動的に推奨することもできます。

セルフサービス型ビジネス・インテリジェンス

真のビジネスツールであるためには、BIソリューションは、ビジネスマンが自分で使用できるように設計する必要があり、セルフサービスのソリューションです。

BIソリューションは、ポイントアンドクリックまたはドラッグアンドドロップ機能で簡単にナビゲートできる必要があります。情報への直感的でインタラクティブなアクセスを備え、カスタマイズが不要になるように、ガイド付きのステップバイステップのナビゲーションと組み込み機能を提供する、ある種のダッシュボードが必要です。ユーザーは、自分でタスクを実行するか、自動化を使用してタスクを処理するかを選択できます。

ユーザーは、データをロードしてあらゆる角度から分析し、問題や新しい機会を発見する上で、完全な制御を備えていることも必要です。彼らは、より深いインサイトを得るために、内部データと外部データをマッシュアップおよびブレンドできる必要があります。学んだことを共有する場合、ユーザーは独自のレポートを作成できる必要があります。

ユーザーは、ITからの応答を待たずに、最も差し迫ったビジネス上の質問に対する回答を見つけて、その結果を企業全体の同僚や管理チームに伝えることができる必要があります。

モバイル型ビジネス・インテリジェンス

今日の加速する世界において、ビジネスマンはどこにいていつでも、インテリジェンスにアクセスする必要があります。だからこそ、モバイル機能を備えたBIソリューションを検討してください。

モバイルBIソリューションは、音声対応のアクセスとリアルタイムのアラートを使用して利用できます。検索主導のアプローチを使って、データと通信できます。クラウドまたはオンプレミスのデータを表示、分析、および操作できます。コードを1行も記述せずに、リッチでインタラクティブな視覚化を備えたモバイル分析アプリを作成できます。アプリを一度作成すれば、スマートフォンやタブレットからどこにでも配信できます。

AIと機械学習を組み込んだソリューションは、必要なものや必要なときに必要な場所を理解するパーソナライズされたアシスタントを提供します。たとえば、ニューヨークでビジネス会議があるとします。パソナライズされたアシスタントは、ニューヨークで開かれる業務会議には、どんな業務レポートやグラフィックが必要か判定してくれます。音声をテキストに翻訳し、分析できる新しいデータが利用可能になったときに警告を発することができます。

情報を分析するために、デスクに縛られている必要はありません。モバイルデバイスとクラウドベースのBIソリューションを使用すると、どこにいても分析を行うことができます。

賢い選択をする

どの組織にもBIは欠かせません。しかし組織の誰もが必要なときに必要な場所でデータにアクセスできるようにするには、スマートで使いやすく、豊富な機能を備えたBIソリューションを採用し、データを最大限に活用し、常に最新の情報を入手できるようにする必要があります。