申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

マネージド・データベースとは?

適切なマネージド・データベース・サービスを利用することで、自社のクラウド・データベース・リソースを管理する負担から解放され、もっと多くの自由度と時間をビジネスにとって重要なことに集中させることができるようになります。サービスプロバイダの評価方法、必要な機能、ニーズに合ったマネージド・サービス・プロバイダを選択することで得られるメリットについてご紹介します。

マネージド・データベースの定義

マネージド・データベースとは、組織のITスタッフではなく、サードパーティ・プロバイダによって管理および維持される、ストレージ、データおよびコンピュート・サービスを含むデータベースと定義されます。

単なるマネージドか、それとも完全なマネージドか、どのようにOracle Autonomous Databaseによってほぼすべての手作業が排除されるかをご覧ください。

マネージド・データベースのメリット

セルフマネージド・データベースでは、オペレーティング・システムやデータベースを自社で維持する必要があります。そのため、エンドツーエンド・セキュリティからスケーリングまでのありとあらゆる分野について一定レベルの専門知識とスキルセットを組織が所有している必要があります。セルフマネージド・システムを維持することによって制御が可能になるかもしれませんが、それには欠点が伴うことがあります。たとえば、時間の経過に伴ってコストが増加することがあります。また、技術革新や製品設計というよりは、スキーマ設計、パッチ、セキュリティ、アクセスの管理といったタスクに時間とスタッフを費やす必要があります。

一方、ホストされたデータベースでは、運営、管理、およびメンテナンスをサービスプロバイダに移譲することができます。プロバイダは、設定、管理、セキュリティおよびスケーリングを担当します。代わりに、組織のITスタッフや開発者は、新しいアプリケーションの開発や技術革新を通じてビジネス価値を高めるという本来の業務に戻ることができます。手間のかかるメンテナンスやサポートをマネージド・データベース・サービス・プロバイダに担当してもらうことができます。

マネージド・データベース・プロバイダには、いくつかの利点があります。

  • メンテナンスと運営の軽減:自動運転データベースでは、メンテナンスとサポートをサービスプロバイダに移譲することができます。ITスタッフは、トラブルシューティングにかかる時間を大幅に短縮できます。それによって空いた時間を製品の設計やアプリケーション開発の価値を高めることに用いることができます。
  • セキュリティの向上:データベース・セキュリティは、なかなか正解が出ない複雑なタスクです。その証拠に違反による被害が毎日のようにニュースになっています。最良のマネージド・データベース・サービス・プロバイダとは、オンサイトのサイバーセキュリティの専門家に設定および管理させていることに加えて、セキュリティに対して重層的なエンドツーエンド・アプローチを取っている、次のことを監督できるプロバイダです。
    • アクセス制御システム
    • アプリケーション・セキュリティ
    • 継続的な脅威のモニタリング
    • 継続的な検証
    • データの冗長性
    • 転送中および保管時のデータの暗号化
    • 一括ファイル削除保護
    • ネットワーク保護
    • 疑わしいログインおよびアクティビティのモニタリング
  • 高可用性:データベース管理システムは、信頼性の高い可用性を必要とするアプリケーションを実行するのに最適です。マネージド・データベース(特にクラウドに展開されたもの)は、適切なアーキテクチャおよびツールを介して優れた可用性を提供できます。ただし、プロバイダは慎重に選択してください。適切に管理されていないクラウドデータベースは、オンプレミス・データベースよりも可用性が低いことがあります。
  • 運用コストの削減:インフラストラクチャの維持、保護、およびサポートにかかるコストは、データベース管理システムを扱っているクラウド・サービス・プロバイダの管轄になります。データセンターをアップグレードおよび追加したり、新しいインフラストラクチャを管理するためにスペシャリストを雇う必要が生じたりするたびに、予算が問題となることはありません。マネージド・データベース・サービスを使用すると、選択したサービスプロバイダとの月額サブスクリプションに含まれている経常コストを削減できます。

マネージド・データベースを持つ理由

  • ITの複雑さの軽減
    マネージド・データベースは、サードパーティによって管理される、スケーラビリティ、可用性、ワークロードに関する現在および将来のニーズに対応できる1つのプラットフォームに、ITインフラストラクチャを一元化するのに役立ちます。

  • 敏捷性の向上
    適切なマネージド・データベースは、変化する状況に迅速に対応するための能力および機能を備えているため、組織の敏捷性を向上させるのに役立ちます。これには、需要に応じて自動的にスケールアップし、必要に応じてスケールダウンする機能が含まれます。

  • 開発者向けの新しい環境の醸成
    デジタル・トランスフォーメーションは、イノベーションや新しいアプリケーションを計画することから始まります。一部の開発者は、手動タスクを解決することに、または忙しいITチームにそれらを解決してもらうのを待つことに余計な時間をかけています。自動サービスを提供しているフルマネージド・データベース・プロバイダを選択すれば、それらの手動タスクを排除できます。組織は、開発者が得意とする作業(開発)に戻れるようにすることで、新しい製品をより迅速に市場に投入することができます。

  • パフォーマンスの最適化
    組織が競争優位性を得るには、データベースが理想的なパフォーマンス(24時間稼働)を提供している必要があります。サードパーティのサービスプロバイダが提供するマネージド・データベースを使用することで、可用性、信頼性、およびスケーラビリティを自動的に(自律型サービスを備えたフルマネージド・データベースである場合は数時間ではなく一瞬で)最適化およびチューニングできます。ただし、これらを提供していると主張するマネージド・データベース・プロバイダには注意し、必ず細則に目を通してください。

  • コスト効率の向上
    必要に応じてスケーリングおよびプロビジョニングできるデータベースをIT部門が提供できるので、組織はコストを削減できます。自律型サービスを備えたフルマネージド・データベースでは、組織は必要に応じてピーク時のワークロード・スケーラビリティのほんの一部を支払うだけで済むので、コストを最適化できます。

フルマネージドとセルフマネージド

フルマネージド・データベースはプロバイダによって完全に管理されていますが、すべてのプロバイダがフルマネージド・サービスを提供しているわけではありません。真のフルマネージド・データベース・サービス・プロバイダと提携しているお客様は、セルフマネージド・データ・センターでしているように自社のデータベースを監視、管理、維持する必要はありません。すべてのトラブルシューティングおよびセキュリティに加えて、セルフマネージド環境においては手動で介入する必要があったパッチ適用やチューニングもサービスプロバイダによって処理されます。

マネージド・データベース・サービス・プロバイダの選定

マネージド・データベースのクラウド・サービス・プロバイダの選定は、結局のところ、予算、データ型、目標によって決まります。さらに重要なことは、次の分野についてのマネージド・データベース・プロバイダの評判を考慮することです。

  • 機能および目標
    マネージド・データベース・プロバイダは、現在の設定に基づく組織のニーズをよく理解している必要があります。想定外のことがあってはなりません。プロバイダの機能がマネージド・データベースに移行しようとしているデータ型、組織のアクセシビリティ、および現在のオンプレミス環境に対応している必要があります。

  • お客様の成功事例
    特定の業界で経験のあるプロバイダを検討します。たとえば、ヘルスケアサービスや財務サービスを提供している組織は、それらの業界の他の組織と仕事をしたことがあるマネージド・データベース・サービス・プロバイダを探す必要があります。業界知識は重要な成功要因であり、経験でしか得ることができません。

  • 管理性
    マネージド・データベースの柔軟性と構成可能性は、組織がサードパーティ・サービス・プロバイダを選択する際の主要な理由です。このメリットを得るには、サービスが常に管理可能でなければなりません。リソースを管理、監視、および変更できることを保証する管理性SLAをプロバイダが提供していることを確認する必要があります。

  • パフォーマンス
    マネージド・データベースにアクセスできるだけでは不十分です。マネージド・データベースが常に想定されたパフォーマンスを発揮する必要があります。ワークロードのボリュームやタイプが異なる場合でも、パフォーマンスを保証または維持できるサービス・プロバイダを検討します。理想的なマネージド・データベースでは、継続的かつ自律的なパフォーマンス・チューニングを実現できますが、最適化されていないマネージド・データベースでは、依然としてお客様の専門知識やチューニングが必要になります。

  • セキュリティ・ファーストのアプローチ
    データベースシステムの処理にリスクは許されません。プロバイダーが、System and Organization Controls(SOC)2 Type II、欧州連合の一般データ保護規則(GDPR)、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)の規制、23 New York Codes, Rules and Regulations(NYCRR)500などの標準に準拠していることを確認してください。評価しているすべてのプロバイダがこれらの厳しい標準に準拠している必要があります。

  • サービスレベル契約(SLA)
    組織は、マネージド・データベースに対して可用性以上のことを求めています。ワークロード需要には、一貫したパフォーマンスと、クラウドで実行されているリソースをいつでも管理、監視、および変更できる機能が必要になります。サービスのパフォーマンス、可用性、管理性をカバーするエンドツーエンドのSLAを提供しているプロバイダを探します。

  • 実績
    調査および質問します。データ漏洩についてプロバイダにはどのような実績がありますか?プロバイダの可用性とアップタイムについてはどうですか?プロバイダはどれほど素早く問題を特定できますか?アップロードやファイル転送からアクセスまでのあらゆる問題の解決についてのプロバイダの標準はどのようなものですか?

マネージド・データベース・サービス・プロバイダを評価する際、決定する前に尋ねることができる簡単な質問が1つあります。それは「実際のところ、何が管理されていますか?」という質問です。どのような妥協をする必要があり、それぞれの作業が必要かどうかを確認します。各プロバイダに対して、必ず自動化のレベルとそれが組織のIT管理と運営に与える影響について質問してください。次の点を考慮します。

  • 更新とパッチは自動化されているかもしれませんが、IT部門がデータベースを一時停止する必要はありますか。その場合、時間、専門知識、計画などが必要になります。
  • クラウドベースのマネージド・データベースはスケールアップできますが、ワークロードが制限されていたり、読取りのみがサポートされており、書込みがサポートされていなかったりすることがあります。
  • パフォーマンスのチューニングにはかなりの時間と専門知識が必要ですが、多くのクラウドベースのマネージド・データベース・プロバイダは、プロバイダではなく、ユーザーが環境のチューニングをすることを期待しています。

すべてのマネージド・データベース・サービス・プロバイダが同じ機能を提供しているわけではないので、プロバイダが管理するものと組織が社内で行わなければならないことを慎重に確認してください。

データベース管理および開発者:コンバージド・ソリューション

現在、開発は有意義な仕方でビジネスの成長に貢献しており、それには分散アプリケーションの開発が関わっていることがあります。これは、個別のチームが、独自のペースで、独自のツール、言語、データモデル、異なっている可能性がある多数のデータベースを使用して、さまざまなサービスを処理していることを意味しているかもしれません。開発者は、独自のツールやデータを使用して、目的の作業を好きなツールで素早く達成することを好みます。

組織全体にとっては、これにより問題が生じる可能性があります。データを別々のサイロに置くことで、全体にわたって不整合が発生し、実用的なインサイトを得ることが難しくなります。開発者が独自のプロジェクトやタイムラインで運用している場合、開発者は自分の作業を固めるのに役立つデータにアクセスできないかもしれません。データベースで処理できないデータ型やアクセスの不整合などが原因である可能性があります。

コンバージドシステム機能(各開発チームが希望しているデータモデルやアクセス方法がサポートされているマルチモデル、マルチテナント、マルチワークロード・データベース)を提供しているマネージド・データベースは、開発者とその組織の両方にとって役立ちます。また、運用コストの削減にも役立ちます。たとえば、JSONを使用している開発者は、データ型に基づいて、自分以外の他のデータベースにアクセスできます。ユーザーは自分のデータにアクセスする方法を1つに制限されません。開発者および他のユーザーは、SQLを使用してJSONデータを問い合せたりグラフクエリを使用して関係を調べてデータの関連性を発見したりできます。開発者がデータモデルを変更する必要がある場合は、同じデータベースをコンバージドモデル内に保持できます。インサイトを獲得しやすいため、組織全体で意思決定を迅速に行えるようになります。

自律型データベースを検討すべき理由

Oracle Autonomous Databaseには、前述の利点があるだけでなく、企業が事業運営を改善し、コストを削減するのにも役立ちます。自動運転サービスは、可用性の高いデータベースをプロビジョニングし、特定のワークロード向けに構成およびチューニングを行い、機密データを保護し、必要に応じて計算リソースを自動的にスケーリングします。Oracle Autonomous Databaseでは、マルチモデル・コンバージド・データベースと機械学習に基づくライフサイクル全体の管理の自動化により、運用コストを90%削減することができます。

Oracle Autonomous Databaseによってどのように完全に管理し、運用コストを削減できるかご覧ください。

Oracle Autonomous Databaseの概要をご覧ください