政府情報システムのためのセキュリティ評価制度 (ISMAP)

概要

政府情報システムのためのセキュリティ評価制度 (ISMAP)は、日本政府のクラウドサービスに対するセキュリティ・アセスメント・プログラムです。クラウドサービスを事前に評価・登録することにより、政府がクラウドサービス調達におけるセキュリティ水準を確保し、クラウドサービスを円滑に導入することを目的としており、今後、各政府機関のクラウドサービス調達は本制度において登録されたサービスから行われることが原則であるとされています。

 

オラクルのクラウドサービスOracle Cloud Infrastructure(OCI)においてもISMAPへの登録、更新を行っていく方針であり、後述する範囲のサービスの登録を完了しています。これは、クラウドサービスにおいてOCIが政府の求めるセキュリティ水準を満たすことを示すものとなります。この登録の結果、ソフトウェアベンダーやシステムインテグレーターのお客様は、OCI上にソフトウェアやシステムを構築することで、各政府機関の調達条件を満たした安全・安心なクラウド型のサービスを広く提供することが可能になります。

登録サービスについて

対象となるサービスとリージョンの詳細については、以下クラウドサービスリスト詳細の言明の対象範囲をご参照ください。

 

Oracle Cloud Infrastructureについて

OCIは、可用性の高いホスト環境で幅広いアプリケーションおよびサービスを構築および実行できる補完的なクラウドサービスのセットです。OCIは、お客様のオンプレミス・ネットワークからセキュアにアクセスすることができる柔軟なオーバーレイ仮想ネットワークで、物理ハードウェアまたは仮想インスタンスとして高パフォーマンスのコンピュート機能およびストレージ・キャパシティを提供します。

オラクルクラウドはハイブリッドクラウド戦略を最大限サポートします。Dedicated Regionにおけるお客様のデータセンターで実行されるOCIサービスの提供、お客様のデータセンターにデータを常駐させながら、ハイパフォーマンスなExadata DatabaseおよびOracle Autonomous Databaseサービスを利用することができるExadata Cloud @ Customerなど革新的なクラウド・アプリケーションの構築において必要な、包括的なサービスを提供しています。

リンク集