ハイパフォーマンスJava

JavaはOracle Cloud Infrastructure (OCI)上で最高のパフォーマンスを発揮します。オラクルは、クラウド向けのイノベーションの一環として、最新のマイクロサービス・ベースのアプリケーション・パフォーマンスを加速するために、GraalVMハイパフォーマンスJDKを提供しています。これにより、より少ないリソースでより高速に起動する、効率的なコードを生成できます。Oracle GraalVMに付属する特許取得済みの最適化機能により、追加費用なしで、パフォーマンスをさらに向上させることができます。

OCIにJavaを導入するメリット

運用コストの削減

より少ないコンピュート・リソースで同じワークロードを実行することで、コストを削減します。オラクルのGraalVMは、Javaアプリケーションのパフォーマンスを劇的に向上させることで、起動時間の短縮とメモリ消費量の低減を実現します。OCIプラットフォーム上でJavaを実行することで、AWSベースと比較してコンピュートのコスト・パフォーマンスが3倍以上向上し、半分の価格で20倍優れたIOPSが得られます。

ハイパフォーマンスJavaをOCI上で追加コストなしで利用可能

OCI上でJavaおよびJVMベースのアプリケーションを実行する場合、Oracle GraalVMは無料で提供されます。Javaは、クラウドネイティブ・アプリケーションの開発においてもっとも人気のある言語です。パフォーマンスを損なうことなく、多言語の相互運用性をサポートしてます。

既存のJavaアプリケーションの最新化、または新規アプリケーションの構築

ほぼ瞬時に起動する、新しい、ハイパフォーマンスのJavaマイクロサービスを構築することができます。ネイティブの実行ファイルは、メモリフットプリントが小さく、Kubernetesを使用したコンテナでの実行に最適です。ツールのエコシステムにより、Oracle GraalVMは、Spring Boot、Micronaut、Helidon、またはQuarkusで構築するのに適した方法です。Javaの専門家の指導のもと、OCI上で稼働する既存のJavaアプリケーションを最適化し、より良いパフォーマンス、安定性、およびサポートを実現することができます。

OCIは、Javaを実行するための最適なプラットフォームです

アプリケーションの最新化には、より優れた効率性、パフォーマンス、およびコスト削減を大規模に実現するための適切なツールと実行環境が必要です。OCIのお客様は、追加費用なしで、Oracle GraalVM、Java Management Service、Oracle Java SE Subscription Enterprise Performance Pack、およびOracle Supportなどのソリューションを活用できます。

Oracle GraalVM

ほぼ即座に起動する効率的なコードを構築したり、既存のJavaアプリケーションのパフォーマンスを加速させることができます。

Oracle GraalVM Native Image

アプリケーションをネイティブの実行ファイルとして高速に実行することで、より少ないメモリを使用し、ホスティング・コストを削減します。

My Oracle Support

お客様は、Javaへの投資を保護するためにOracle Supportを選択しています。

  • GraalVMのライセンスサポートは、Oracle Cloud Infrastructureに含まれています。Javaの専門家が支える、Oracle Supportの24時間体制のサポートを受けることができます。
  • サードパーティのライブラリやランタイムを含む、Javaポートフォリオ全体に対するJava SE製品のトリアージ・サポートが得られます。
  • ログインして、Javaの問題を迅速かつ効率的に解決できます。
  • 解決までの時間を短縮し、Javaのサポート・コストを最小限に抑えることができます。
  • さまざまなバージョンのセキュリティ・アップデートを受け取ることができます。

Oracle Java SE Subscription Enterprise Performance Pack(EPP)

Java 8以降にJavaに追加された大幅なパフォーマンス向上により、レイテンシとスケーラビリティを改善できます。

ブログを読む

Oracle Java Management Service(JMS)

平均的な組織では、デスクトップ、サーバー、クラウドに、数十種類の異なるバージョンのJavaプラットフォームがインストールされています。古いバージョンのJavaを環境に残しておくと、セキュリティ上のリスクをもたらす可能性があります。JMSは、無料のOCIサービスで、クラウドやお客様の拠点で稼働しているJavaデプロイメントを監視することができます。

  • 企業全体のJavaを監視および管理することができます。
  • 企業全体にインストールされているJavaのバージョンを特定することができます。
  • どのJavaバージョンがどのアプリケーションで使用されているか、どのJavaのインストールに更新が必要かを特定することができます。

ブログを読む

ここから始めよう

詳細

即座に起動するSpring Bootネイティブ・アプリケーションの構築

セルフサービス・ラボ

Oracle GraalVMでOCI上のJavaパフォーマンスを高速化


Oracle Cloud Free Tier

Oracle Cloud Free Tierでクラウド・ジャーニーを開始しましょう。


営業へのお問い合わせ

Oracle Cloud Infrastructureの詳細にご関心をお持ちの場合は、当社のエキスパートにお問い合わせください。