該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

オラクルで自分らしく働く

Oracleでは、違いに敬意を払うだけでなく、むしろ歓迎します。当社では、イノベーションはインクルージョンから始まると信じており、また未来を創造するためには、多様な背景、視点、能力を持った人々が必要だとも信じています。それゆえに、あらゆる人が最高の仕事ができる職場づくりに取り組んでいます。みんなの声に耳が傾けられ、その内容が評価されるときに、以前に行われたことを超える活力が得られます。

リーダーは前進の道を擁護する

Safra Catz

“「Oracleの優れたアイデアはすべて従業員から生まれました。ダイバーシティのあるインクルーシブなチームを構築することで、お互いの強みや考え方を生かすことができます。それが、良いアイデアを優れたアイデアに変えるのです」”

Oraclele CEO、サフラ・キャッツ

従業員のスポットライト

皆のためのチーム

Midori

Midori

「ダイバーシティを理解することがこれからの世代の鍵だと思います」

川向緑のマイノリティとしての留学経験と、現在の日本でのコーポレート・シチズンシップを通じて教育やキャリア開発へのアクセスを促進する仕事は、強力な支持者になる道を進むように影響を与えました。

緑が日本でOracle Pride従業員ネットワーク(OPEN)の創設メンバーに加わるきっかけとなった元の同僚との関係をご覧ください。

Kevin

Kevin

「どのような熱意をお持ちの方でも、その熱意をボランティア活動に注ぐことができます」

日本に拠点を置くアメリカ人駐在員であるKevinは、グローバル・ロジスティクスを専門とする商業およびコンプライアンス・マネージャーとして働いています。その役割は、世界規模で考える多くの方法の1つにすぎません。熱心なサーファーであるKevinは、Oracle Volunteerとして時間を使い、海を守り、浜をきれいにして、環境問題を強調しています。

「どのような熱意をお持ちの方でも、その熱意をボランティア活動に注ぐことができます」というのがKevinのアドバイスです。「Oracleは、ボランティアのプロジェクトリーダーが成功するための素晴らしいサポートとリソースを提供しています。やらなければならないことが多すぎると思うかもしれませんが、変化をもたらすことができます。本当にできるのです。Oracleがサポートする組織は無数にあります。自分の同僚は本当に心が広く、フードドライブから、子供たちへのコーディングの指導、浜の掃除まで、積極的に参加していることがわかりました」

Mari

Mari

「私は、辛い時期を経験している他の人々を励ましているときにインスピレーションを得ます」

真理は、子供の頃、水泳のジュニアオリンピックで日本代表にまでなりましたが、睡眠中に脳梗塞を起こし、左腕と脚が機能しなくなったため、突然人生が変わりました。この挫折で、真理は残りの人生をどのように生きるかを考え直さなければなりませんでした。

その頃、フライフィッシングとセーリングが大好きになりました。長期にわたる集中的な練習と準備により、真理は、国内パラリンピックのセーリングチームと女性カテゴリーの世界フライフィッシング選手権で銀メダルを獲得するという偉業を成し遂げました。「競技をしているとき、目を閉じて、自分がメダルを獲得できたら友人や家族がどのように反応するかを思い描きました。そのようにして、継続する力を得ました。

現在、真理は経験を活かして、困難な状況にある人たちに励ましを与えています。Oracle開発コンサルタントとして、従業員のメンタルトレーニング、強みの発見、ポジティブ心理学、および回復力を支援しています。

皆さんへの当社のコミットメント

当社は、各従業員と採用希望者を公正かつ尊厳を持って扱うことが正当だと信じています。当社では、人種、肌の色、出身国、性別、婚姻状況、性的指向、性同一性、年齢、宗教、障がい、保護された退役軍人の地位、または連邦、州、または地方の法律を考慮せず、真価、経験、可能性に基づいて採用を決定します。

機会均等に関するポリシー

当社の雇用機会均等方針は、当社の従業員と採用希望者が公平に扱われなければならないという哲学に基づいています。当社は、個人的な指向や身体的特徴に基づいて差別することはありません。これまでの経験から、すべての方に平等な機会を与えること、そしてそれを強力にコミットすることがビジネスにも重要なことがわかっています。このポリシーに対する当社の取り組みは雇用関係のあらゆる段階に適用されます。当社はこのポリシーを遵守するようにあらゆる努力を行います。

何らかの形で公平な扱いを受けていないと思われる場合は、Oracle Human Resourcesに連絡するか、オラクル・インテグリティ・ヘルプライン(800-679-7417)に電話して支援を求めることをお勧めします。私たちはそのような問題を非常に真剣に受け止めています。皆さんの主張を社内で報告すれば、皆さんと協力して問題を調査し、解決に向けて努力することができます。

当社は、インクルーシブな人材と職場環境の構築を目指しています。私たちが住む社会やコミュニティを反映した多様な人材を受け入れ、投資し、育成するためにあらゆる努力をしています。あらゆる人種、民族、文化、宗教の人々を歓迎し、支援し、従業員間のチームワークと効果的なパートナーシップの育成を目指しています。オラクルは、個々のニーズ、現場のリアリティ、連邦法および州法、また各国の法律や条例に従って、障害を持つ従業員に公平な待遇と合理的配慮を提供します。これらの配慮には、職業再訓練、作業スケジュールの調整、特別な設備または交通手段、医療休暇、またはパフォーマンスを最適化するための業務の変更が含まれます。

差別撤廃のための資料
受賞歴

働きたいと思う場所

当社は、ダイバーシティとインクルージョンを優先する組織であることを誇りに思っています。当社は皆さんの言うことに注意深く耳を傾けます。それが当社を選ばれる雇用者にしている理由だと考えています。

Apply

What are you waiting for? Start your future at Oracle today.

Connect

Stay up to date with the latest from Careers at Oracle.