Oracle Cloud 顧客事例

クラウドで
「旅行者の声」を分析

北海道ではじまった地域活性化対策

 

食と豊かな自然で知られる日本有数の観光地、北海道。外国人旅行者などのインバウンドをさらに呼び込んで地域経済を活性化したい、というのが道内の企業・団体に共通する思いだ。札幌市の広告会社であるインサイトは、そうした思いに応えようとクラウドを使ったソーシャルリスニングを事業化。日英中の3カ国語でソーシャルメッセージを収集・分析する「INSIGHT PLUS」の提供を開始した。

急増するインバウンドへの対応を北海道経済の活性化に役立てる

北海道は海外からの観光客にも魅力的だ

 北海道経済部観光局調べによると、2004年度には42万人だった訪日外国人来道者数が、2014年度には154万人と約3.6倍になった。国内の他の地域と同様に、北海道においてもインバウンドによる消費は地域経済の大きな部分を占めるようになっている。そこで、海外からの観光客が求めているものを正確に把握し、地元企業がそれに応えられるようにすることが官民どちらにとっても急務となっている。

 このような状況にある北海道札幌市で広告業を営むインサイトは、広告ならではのリサーチ力を生かして、札幌市などの自治体が実施する事業にも度々参画。札幌市内約1万人のモニターによる独自のWebマーケティングリサーチシステム「INSEARCH(インサーチ)」を運用し、地域経済の活性化に貢献している。

 また、2014年には海外事業を専門とするグローバルビジネス室を設置。インバウンド対応やグローバル展開などの課題を抱える道内の企業・団体に対して、北海道にあるリソースとグローバルを結び付けるためのマーケティング支援を提供中だ。

 「北海道を訪れる外国人観光客は年間200万人を超すまでになりましたが、夏と冬の差が大きいため、ピーク時には宿泊施設や空港のキャパシティが不足しがちです」と語るのは、インサイトのグローバルビジネス室長 細川将宏氏だ。そうした基盤の整備に加えて、まだあまり知られていない観光資源に観光客を誘導・回遊させたり、より多くの観光施設や道内企業にインバウンド対応を促したりするために、自治体の側でも様々な助成の枠組みを用意していると説明する。

海外の声を知るための手段としてソーシャルリスニングに注目

 ただ、インサイトのグローバルビジネス室にとっても、インバウンド対応支援ビジネスには手探りの部分が多かった。

 もっとも急いだのは、マーケティングリサーチの仕組み作りである。「弊社にはINSEARCHがありましたが、モニターは札幌市に在住する人のみ。海外からの観光客のことを知るには、別のツールが必要でした」と語るのは、マーケティング・コミュニケーション室でマーケティングディレクターを務める相沢直人氏。海外リサーチ専門の会社に委託するという手もあったが、「国内リサーチに比べて1.5倍から2倍の費用がかかる」(細川氏)ことは問題だった。

 解決の糸口が見えてきたのは、2015年夏のことだった。インサイトがメンバーとして加わっている産官学連携組織「さっぽろ観光創造研究会」で知り合った日本オラクル北海道支社の営業担当者から、「ソーシャルリスニング」をクラウドでやってみたらどうかと勧められたのである。

 ソーシャルリスニングとは、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアに書き込まれるメッセージの中から人々の生の声を吸い上げるマーケティングリサーチ手法のこと。世界のあらゆる国・地域をモニターすることができ、費用もそれほどかからないことが他の手法との違いだ。

インバウンド対応施策の効果測定にオラクルのクラウドを活用

 「これは使えそう」(相沢氏)との感触を得たインサイトは、オラクルのソーシャルマーケティング・クラウド「Oracle Social Cloud」を試用した。しばらく試してみた相沢氏は、「利用者側でサーバーなどを準備しなくてよいのですぐに使える」「リサーチの設定がすべて画面でできて簡単に使える」といった印象を強くしたという。

 実案件での最初の適用としてインサイトが選んだのは、2015年9月に実施されたあるインバウンド対応マーケティング施策の効果測定だった。リサーチの目的を考えれば、札幌市内のモニターだけでなく、観光を終えて帰国した海外の人の声も収集・分析することが必要だったからである。

 そこで、2015年8月31日~2016年2月10日におけるTwitterでの「つぶやき」をリサーチの補完的ソースに位置付け、Oracle Social Cloudを使って日本語、英語、中国語の3カ国語で分析することにした。

 「オラクルが提供しているOracle Social Cloudの利用料にはTwitterなどからデータを吸い上げるための権利も含まれているので、データを別途購入する必要はありませんでした。使い方も簡単で、ソースにTwitterを指定し、言語から英語や中国語を選び、『xxがおいしかった』などのキーワードを指定するだけで、すぐに分析結果を画面で見られました」(相沢氏)

様々な業態・業種で使えるINSIGHT PLUSとして提供を開始



Oracle Social Cloudを活用した分析結果の例(さっぽろ雪まつり)

 クラウド型ソーシャルリスニングの威力を確認したインサイトは、このクラウドサービスを核にした「INSIGHT PLUS」をインバウンド対応のためのマーケティングリサーチツールとして完成させた。クライアントの企業・団体に提供されるのは、キーワード出現頻度分析、多次元尺度構成図、共起ネットワーク図など。すべて、日本語、英語、中国語(簡体/繁体)の3カ国語対応になっている。

 INSIGHT PLUSには、北海道経済を活性化するための道具としての期待もかかっている。「宿泊施設や観光業に限らず、様々な業態・業種のお客様に使っていただけます」と、細川氏。道内企業・団体のインバウンド対応が進むことによって「北海道により多くの外貨が落ちる」(細川氏)ためだ。道内農産物の輸出を模索する企業・団体にも、テストマーケティングのツールとして使ってもらえる可能性が高い。

 北海道にあるリソースとグローバルを結び付けて、道内の企業・団体を元気にしていきたい。インサイトは、Oracle Social Cloudを活用して地域との関わりをさらに深めていく意向だ。なお、このINSIGHT PLUSは、日本オラクルが開催した第1回POCOコンテスト(2015年12月10日発表)において「上手く使ったで賞」も受賞している。

【関連情報】
>> オラクルのソーシャルマーケティング・クラウド(Oracle Social Cloud)
>> デジタル・マーケティングの複雑性を解消

※本記事は、nikkei BPnet特番サイト「Digital Transformation」に掲載された記事です。

その他事例

  • 有名温泉地「箱根」の2つの旅館を支えるデジタルツール

    この事例を読む
  • はなまるうどん、積極出店で負担増となった予算管理業務をクラウドで軽減

    この事例を読む
  • 富山テレビ放送、危機感をもつ地方テレビ局がクラウドで仕掛けるビジネス革新

  • 地方創生: 町民8900人の徳島県那賀町がオラクルのクラウドを活用して町おこしに挑戦

    この事例を読む
  • ナノ・ユニバース、アパレル業界の常識を超えEC化率50%も視野に

    この事例を読む
  • 伊勢半、江戸時代から続く化粧品メーカーが予算管理クラウドでビジネスを見える化

    この事例を読む
  • インソース、営業活動支援ツールとOracle Marketing Cloudの連携で、営業活動が劇的に改善

    この事例を読む
  • サッポロビール、Oracle Social Cloud/Marketing Cloudで、真のファンを育成

    この事例を読む
  • NEC、Oracle Marketing Cloudの導入により、デジタル・マーケティングに対する考え方そのものが大きく変わり、より洗練化

    この事例を読む
  • インサイト、外国人旅行者のインバウンドに備え、Oracle Social Cloudのソーシャルリスニングを活用

    この事例を読む
  • 多慶屋、インバウンドにも国内顧客にも対応する豊富な品揃えでも、Oracle PBCSで複雑な管理会計を解消

    この事例を読む
  • 常陽銀行、WEBサイトにおける顧客にとっての利便性を高めるOracle Service Cloud

    この事例を読む
  • 浜松ホトニクス、Oracle Marketing Cloudで潜在的ニーズを察知、自社製品とのマッチングで新規ビジネスを創出

    この事例を読む
  • 三井住友海上火災保険、Oracle Service Cloudの導入でFAQサイトを刷新、ヘルプデスクも損保業界最高ランクの水準に

    この事例を読む
  • 米八、Oracle ERP Cloudを活用し、リアルタイムの数字の見える化と経営のスピードアップを実現

    この事例を読む
  • 認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン、Oracle Service Cloudで緊急の救助要請や支援ニーズを分析

    この事例を読む
  • ヤマハミュージックジャパン、Oracle Service Cloudで顧客の“声なき声”を拾うことに成功

    この事例を読む
  • 萩原電気、Hagiwara IoT One Solutionのクラウド基盤のデータベースとしてOracle Database Cloud Serviceを採用

    この事例を読む
  • AI アメリアとOracle Service Cloudを連携させた新たなサービスを開始

    この事例を読む
  • 地方創生: 宮城県丸森町、オラクルのクラウドを活用し人口減少に立ち向かう

    この事例を読む