Oracle Cloud 顧客事例

人口8900人の町を変える
クラウドの力
徳島県那賀町の挑戦

 

四国第2の高峰・剣山をはじめとする豊かな自然に恵まれた徳島県那賀町は、町内の自然あふれる観光スポットを広く知ってもらおうと動画コンテストを企画。簡単に動画投稿ができる「ファイルの共有/保管」、町のファンを見つけ出す「ソーシャル分析」、そして「Webサイトの構築」の3つの領域でクラウドを活用することにした。

町の魅力を「映像」と「音」で表現する動画コンテストを企画

Focus on Oracle Cloud Platform

町の魅力を語る那賀町観光協会会長、川人氏(左)
今回の取り組みについて説明する那賀町役場にぎわい推進課係長、藤長氏(右)

 「地方活性化」の大号令がかかる中、全国の多くの自治体が地域の観光スポットをたくさんの人に訪れてもらおうと、様々なキャンペーンを展開している。観光振興を図ろうとする自治体担当者の悩みは効果的な集客手段をなかなか見いだせないことだ。そうした中で、クラウドサービスを活用して、地域の観光スポットをアピールしようと取り組みをスタートさせたのが徳島県の南部に位置する那賀町だ。

 那賀町は、2005年に鷲敷町、相生町、上那賀町、木沢村、木頭村の5つが合併して発足した町だ。人口はわずか8900人あまりだが、面積は徳島県の約6分の1、森林が95%を占める。「剣山に連なる木頭・木沢地区には、徳島県有数の景勝地として知られる高の瀬峡や、春の新緑・秋の紅葉狩りで多くの観光客が訪れる剣山スーパー林道、大小100以上の滝などがあり、自然の魅力あふれる町です」と那賀町観光協会会長の川人建介氏はPRする。木頭、木沢、上那賀、相生、鷲敷の各地区を貫いて流れる那賀川は、アユやアメゴ、ウナギなどが豊富に棲む自然深い川として知られ、集落が川沿いに点在している。

Focus on Oracle Cloud Platform

自然豊かな那賀町。秋は見事な紅葉が見られる

 2016年春、那賀町では観光PR活動の一環として、旅行代理店関係者を第21番札所太龍寺と麓を結ぶ太龍寺ロープウェイに案内した。その時に、町ではバス内のモニターテレビで町の魅力を伝えようと考えて、町内の観光スポットのプロモーションビデオを作ったものだが、使用した素材のほとんどが写真で、物足りなさが残った。「那賀町の自然の魅力を伝えるには動画は必須。観光スポットの動画を何とか集めるために、那賀町を訪れる観光客や住民の人たちに動画を撮ってもらい、それを活用する動画コンテストを考えついたのです」と那賀町役場にぎわい推進課係長の藤長歩氏は振り返る。

 滝や川の流れ、町内に残されている農村舞台で演じられる人形浄瑠璃芝居の表情などは、動画で見ると非常に分かりやすく、写真よりも那賀町をPRするのに適している。

 「私は木沢地区の出身ですが、地区の若者は全員が参加して夏に剣山の登山道を整備します。その際、滝のある場所で休憩するのですが、滝が流れ落ちる情景だけでなく、滝つぼの音やせみの鳴き声を背景に風がそよぐ音などが重なり合って、何ともいえない魅力があります。写真ではいくらきれいに撮れてもそれらが感じられないので、ぜひ動画を活用したいと考えたのです」(藤長氏)。

 ただし、その動画コンテストの実施には「応募方法」「告知方法」という課題があった。

動画コンテスト開催のために誰でも簡単に使えるクラウドサービスを採用

 那賀町で全国の自治体で動画コンテストを開催している例を調べたところ、応募方法はYouTubeに専門チャンネルを設けて投稿したり、DVDに焼き付けて郵送したりするのが多かった。那賀町に観光で来るのは、小さい頃過ごした田舎の風景が残っていることに魅力を感じて来る年輩の人が多い。そういう人たちに応募してもらうには、ハードルを下げてITの知識がない人でも手軽に応募できるようにする必要がある。「私は、携帯電話はガラケーを使っていますし、ITに関する知識がないので、YouTubeにアップして応募することなどとても不可能です。同じレベルの人ができるやり方がないかと探していたのです」(藤長氏)。その時にちょうど、隣の部署のまち・ひと・しごと戦略課を訪ねてきていた日本オラクルの社員を紹介されたという。

 那賀町の要望を聞いた日本オラクルは、応募者が簡単にしかもセキュリティに厳しい自治体の基準にも合致して安全に動画を投稿・保管できるファイル共有/保管クラウド「Oracle Documents Cloud」、動画を投稿してくれそうな人や影響力がある人を効率的に調べられるソーシャル分析クラウド「Oracle Social Cloud」、そして、職員でも簡単にホームページを作成・更新し公開できるWebサイト構築クラウド「Oracle Sites Cloud」の3つを提案した。

 「以前ゆず料理コンテストをやった時に、苦労したのがコンテストを知らせるための宣伝方法でした」と藤長氏は語る。ビラ配りは大変な上、実際に何人来てくれるかまったくつかめない。そこでゆず料理コンテストのときはブログが普及し始めた頃だったので、検索で料理ブログを見つけて、メールで400通ほど案内を出した。その結果、100件以上の応募があったという。「人の力だけでやるのは限りがあります。今回はSNSも普及していますし、もう少し効果的に拡散できる方法がないかと考えていました。Oracle Social Cloudは、まさにベストなものでした」(藤長氏)。

観光客の声をソーシャル分析して対象者へ確実に情報を届ける

Focus on Oracle Cloud Platform

那賀町はオラクルの3つのクラウドサービスを効果的に活用している

 日本オラクルでは、毎年8月に徳島県那賀町で開催され今年27回目を迎えた野外フェス「エキサイティング・サマー・イン・ワジキ」のソーシャル分析を行い、イベント来場者の感想や反応をサンプル抽出した。それを見て那賀町では、ソーシャル分析が動画コンテストの募集だけにとどまらず、那賀町の観光全体に対する効果も大きいと評価した。「いろいろなイベントでパンフレットを作ったり、メディアに広告に載せたりしますが、どれだけの人が参加してくれるか、費用対効果が見えにくいのが実情です。その点、対象者をしっかり見極めることが出来るソーシャル分析は大きな意味があると感じました」(川人氏)。

 動画コンテストは、2016年10月15日から11月23日まで開催される紅葉イベント「第6回ナカまつり」に合わせて、10月15日から「イイ!naka動画コンテスト」として開始、2017年1月12日まで行われる。そこでは、自然や観光スポット、温泉、料理名など那賀町の魅力を撮影した動画を募り、受賞作品は動画共有サイト内に専門チャンネルを設け、那賀町の魅力を広く発信すると共に、町の広報用動画としても活用する。

 また、徳島大と徳島文理大の留学生にiPadを持って町内を回って動画を撮影してもらい、外国人が見た田舎の魅力をという視点でコンテストに参加してもらったり、動画撮影の入門バツアーを企画したり、「イイ!naka動画コンテスト」を盛り上げる企画をいろいろ予定している。そうした取り組みと併せて、那賀町を訪れた人をOracle Social Cloudで分析し、「動画を撮ってみませんか」などと直接メールで呼びかける予定だ。さらに、Oracle Sites Cloudでは、コンテストに応募した人のコミュニティの場となるようなサイトを作成し、全国・全世界からいつでも気軽にアクセスできる場づくりを進める予定だという。

 このようにして、那賀町では、クラウドサービスを積極的に活用し、町の観光振興の足がかりにしていく考えだ。小さな町の挑戦は、クラウドという大きな武器を手にして今始まったばかりである。

【関連情報】
>> オラクルのクラウド

※本記事は、nikkei BPnet特番サイト「Digital Transformation」に掲載された記事です。

その他事例

  • 有名温泉地「箱根」の2つの旅館を支えるデジタルツール

    この事例を読む
  • はなまるうどん、積極出店で負担増となった予算管理業務をクラウドで軽減

    この事例を読む
  • 富山テレビ放送、危機感をもつ地方テレビ局がクラウドで仕掛けるビジネス革新

  • 地方創生: 町民8900人の徳島県那賀町がオラクルのクラウドを活用して町おこしに挑戦

    この事例を読む
  • ナノ・ユニバース、アパレル業界の常識を超えEC化率50%も視野に

    この事例を読む
  • 伊勢半、江戸時代から続く化粧品メーカーが予算管理クラウドでビジネスを見える化

    この事例を読む
  • インソース、営業活動支援ツールとOracle Marketing Cloudの連携で、営業活動が劇的に改善

    この事例を読む
  • サッポロビール、Oracle Social Cloud/Marketing Cloudで、真のファンを育成

    この事例を読む
  • NEC、Oracle Marketing Cloudの導入により、デジタル・マーケティングに対する考え方そのものが大きく変わり、より洗練化

    この事例を読む
  • インサイト、外国人旅行者のインバウンドに備え、Oracle Social Cloudのソーシャルリスニングを活用

    この事例を読む
  • 多慶屋、インバウンドにも国内顧客にも対応する豊富な品揃えでも、Oracle PBCSで複雑な管理会計を解消

    この事例を読む
  • 常陽銀行、WEBサイトにおける顧客にとっての利便性を高めるOracle Service Cloud

    この事例を読む
  • 浜松ホトニクス、Oracle Marketing Cloudで潜在的ニーズを察知、自社製品とのマッチングで新規ビジネスを創出

    この事例を読む
  • 三井住友海上火災保険、Oracle Service Cloudの導入でFAQサイトを刷新、ヘルプデスクも損保業界最高ランクの水準に

    この事例を読む
  • 米八、Oracle ERP Cloudを活用し、リアルタイムの数字の見える化と経営のスピードアップを実現

    この事例を読む
  • 認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン、Oracle Service Cloudで緊急の救助要請や支援ニーズを分析

    この事例を読む
  • ヤマハミュージックジャパン、Oracle Service Cloudで顧客の“声なき声”を拾うことに成功

    この事例を読む
  • 萩原電気、Hagiwara IoT One Solutionのクラウド基盤のデータベースとしてOracle Database Cloud Serviceを採用

    この事例を読む
  • AI アメリアとOracle Service Cloudを連携させた新たなサービスを開始

    この事例を読む
  • 地方創生: 宮城県丸森町、オラクルのクラウドを活用し人口減少に立ち向かう

    この事例を読む