申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

データレイクハウス

データレイクハウスは、すべてのデータを保存、理解、および分析できる最新のオープン・アーキテクチャです。データウェアハウスのパワーおよびリッチ度を現在最もよく使われているオープンソース・データ・テクノロジーの幅および柔軟性と組み合わせたものです。データレイクハウスは、最新のAIフレームワークおよびオラクルの言語サービスなど、デフォルトのAIサービスと連携するように、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)上に一から構築できます。

請求書、フォーム、テキスト、オーディオ、ビデオなど、すべてのデータを簡単にまとめ、分析し、新しい分析情報を見いだすことができます。

データレイクハウスの未来を発見

OCI上のデータレイクハウスが、データ・ウェアハウス、データレイク、またはアプリケーション出力内のすべてのデータを統合し、データから最大限の価値を引き出すことができるように、分析機能と機械学習を追加する効率的、統合的、および自動的なプラットフォームをどのように提供するかをご紹介します。

データレイクハウスの一般的なパターンとプラクティス

Oracle Cloud Infrastructureにレイクハウスを導入するためのパターン、ベストプラクティス、およびアーキテクチャについて説明します。

OCI上のデータレイクハウスへの移行を支援

最も成功しているお客様は、最初からクラウドのスペシャリストを活用しています。クラウド・エンジニアはクラウド移行の計画、設計、プロトタイピング、および管理に関するガイダンスを提供するため、お客様は、さらに迅速で確実に移行できます。

統合的なデータレイクハウスに簡単に変換

オラクルは、スキルを使用し、すでに行った投資を活用して、お客様と分析チームをレイクハウス・ソリューション・チームに簡単に変革できます。データ・ウェアハウスとデータレイクをデータレイクハウスに簡単に拡張することも、オンプレミスに構築したデータレイクを移行および最新化することも、Oracle SaaSデータから開始することもできます。


新しいデータレイクの構築と既存のデータレイクの最新化

お客様は、Oracle Big Data ServiceやOracle Data Flowなどのフルマネージド・サービスによって、既存のオープンソース・データレイクの移行、または新しいオープンソース・データレイクの構築を簡単に行うことができます。Spark、HIVE、Hbaseなど、多くのサービスをOCI上で簡単に導入およびスケーリングできます。

Data FlowはサーバーレスのSparkサービスであり、お客様は、インフラストラクチャの概念なしで、Sparkワークロードに注力できます。

すべてのデータウェアハウスがレイクハウスになる

Oracle Autonomous Data Warehouseはオブジェクト・ストア内のすべてのデータに高速でスケーラブルなクエリを直接実行できます。1つのクエリでAutonomous Data Warehouseおよびデータレイク内のデータを結合できます。

データ・ウェアハウスを現在ご使用のお客様にとって、これは、ウェアハウスをデータレイクハウスに変革するための最も迅速で簡単な方法であり、すでにお持ちのアプリケーション、ツール、およびスキルを使用しながら、すべてのデータを保存および分析できます。

SaaSアプリケーションから最大限の価値を引き出す

オラクルのお客様はOracle SaaSデータまたはすべてのSaaSデータ上に機械学習ベースの高度な分析を構築したいと考えています。Oracle SaaS向けの使いやすいデータ統合コネクターは、すべてのデータを分析するためのレイクハウスをSaaSデータで簡単に作成し、ソリューションにかかる時間を短縮できます。


データレイクハウス・サービスのすべては、大規模な低コストのOCI Object Storage上に構築されており、OCI Data Catalogを統合的なデータ定義に使用しています。また、強力なAIと簡単に統合されており、Oracle Data Integrationをレイクハウス内のスケーラブルなデータ取り込みおよび移動に使用しています。

OCI上のデータレイクハウスの主要なテクノロジー

管理されたデータレイクを簡単に構築

Oracle Big Data Serviceは、大量の生の顧客データを保存および分析するために使用されるHadoopベースのデータレイクです。マネージド・サービスとして、Big Data Serviceには、オープン・ソース・ツールとオラクルの付加価値ツールの両方を含む、IT運用を簡素化する完全に統合されたツール・スタックが付属しています。Big Data Serviceを使用すると、企業全体のデータの管理、構造化、価値の抽出が容易になります。


Apache Sparkでビッグデータ・アプリケーションの配信を簡素化

Oracle Cloud Infrastructure Data Flowは、お客様のITチームが導入したり管理したりするインフラストラクチャのない、フルマネージドApache Sparkサービスです。Data Flowを使用すると、開発者は操作に煩わされることなくアプリケーション開発に集中できるため、アプリケーションをより迅速に提供できます。


Autonomous Data Warehouseによるセルフサービスのデータウェアハウスの構築

Autonomous Data Warehouseは、データウェアハウスとデータウェアハウス・センターの運用、データの保護、データ駆動型アプリケーションの開発といった複雑さを解消するクラウド・データウェアハウス・サービスです。オラクルは、機械学習を使用して、すべての日常的なデータウェアハウス・タスクを完全に自動化し、さらに高いパフォーマンス、信頼性、セキュリティ、および運用効率を保証します。

特徴
  • データウェアハウス管理の簡素化
  • 一貫性のある高いパフォーマンス
  • データベース・セキュリティによるリスクの軽減
  • セルフサービスのデータ管理ツール
  • Oracle Autonomous Data Warehouseでの機械学習モデルの構築と導入
  • グラフ分析
  • 空間分析

インメモリのMySQLクエリ・アクセラレータ

MySQL HeatWaveはデータベース管理者とアプリケーション開発者がMySQLデータベースから直接OLTPおよびOLAPワークロードを実行できる唯一のサービスです。このため、複雑で時間のかかる高コストのデータ移動、および別の分析データベースとの統合が不要になります。

セルフサービスのデータ検出とガバナンスを実現

Oracle Cloud Infrastructure Data Catalogは、組織のデータ専門家が企業全体のデータ資産のインベントリを使用してデータを検索、調査、管理するのに役立ちます。組織のデータ・ストア全体でメタデータを自動的に収集し、データレイクに共通のメタストアを提供します。Data Catalogは、ビジネス用語の定義と、Oracle Cloud Infrastructureやその他の場所にあるデータ資産に関する厳選された情報を簡素化するため、データ利用者は必要なデータを簡単に見つけることができます。


Oracle Cloudへのネイティブなデータ移行

コーディング不要なOracleの最新のデータ・フロー・デザイナーを使用して、データ・サイエンスや分析用のデータレイクおよびデータ・ウェアハウスに対する複雑なデータ抽出、変換、ロード(ETL/E-LT)を簡素化します。

特徴
  • モダンで使いやすいグラフィック・ユーザー・インターフェイス
  • ロード前にデータ・フローを視覚的にプレビュー
  • スキーマ・ドリフトの自動保護
  • 再利用可能なテンプレートとデータ・フロー
  • データ・フローの検証
  • ETLまたはE-LTメソッドの自動選択
  • プッシュダウンE-LTによって、データソースのパフォーマンス低下を軽減
  • Oracle Cloud Infrastructureによるネイティブ統合
  • 従量課金制

より高速なデータ移動のための強力なETL

抽出、変換、およびロード向けの高度なデータ移行。Oracle Data Integratorは、Oracle Autonomous DatabaseやOracle Database Exadata Cloud ServiceなどのOracleデータベースだけでなく、オンプレミス・データベース向けにも最適化されています。異種のソースとターゲットに対するクラス最高レベルのサポートが含まれます。

特徴
  • 強力で包括的なデータのロードと変換
  • 数多くの異種データベースや異種テクノロジー用のコネクタ
  • 複雑なディメンションおよびキューブ・ロードのサポート
  • Oracle GoldenGateおよびOracle Enterprise Managerとの統合
  • プッシュダウン技術によって、ソースへのパフォーマンスの影響を軽減
  • 統一された運営と管理

リアルタイムのデータ統合と複製

Oracle GoldenGateは、高可用性を実現し、リアルタイムのデータ統合、変更データのキャプチャ、データの複製、変換、運用および分析エンタープライズ・システム間の検証を実現します。

特徴
  • 高パフォーマンスのデータ複製
  • オラクルのオンプレミス環境とクラウド環境に最適化
  • 異種のソースとターゲットのサポート
  • オラクルの簡素化されたアクティブ-アクティブ実装
  • 距離制限のない双方向の複製
  • ビッグデータ統合の高度なサポート

Apache Kafkaと互換性のあるイベント・ストリーミング・サービス

Streamingサービスは、開発者やデータサイエンティスト向けの、Apache Kafkaと互換性のあるリアルタイム・サーバーレスのイベント・ストリーミング・プラットフォームです。Streamingは、Oracle Cloud InfrastructureOracle DatabaseOracle GoldenGateおよびOracle Integration and Migrationと緊密に統合されています。またこのサービスは、DevOps、データベース、ビッグデータ、SaaSアプリケーションなどのカテゴリーにまたがる数百ものサードパーティ製品との統合をすぐに行うことができます。

特徴
  • サーバーレス・インフラストラクチャによって、管理を自動化
  • オープン規格がベース
  • コンソール、REST API、Apache Kafka APIによるアクセスが可能
  • Object StorageMonitoringFunctionsAutonomous Databaseと統合
  • セキュリティ: デフォルトの暗号化とプライバシー機能
  • 費用対効果: スループットとストレージの使用料のみ
  • Oracle Cloud Free Tierで利用可能

柔軟に拡張可能なオブジェクト・ストレージ

Object Storageでは、すべてのタイプのデータをネイティブ形式で保存できます。分析、バックアップ、アーカイブ向けに複数のデータソースの統合に使用できるため、拡張性と柔軟性を必要とする最新アプリケーションの構築に最適です。

特徴
  • 自動的な階層化
  • 耐久性の高い分散オブジェクト・ストレージ
  • 優れた可用性と拡張性
  • API、HDFSプラグイン、SDK、コンソール、またはCLIによるアクセス
  • 頻度の低いアクセス・ストレージ・オプション
  • アーカイブ・ストレージ・オプション
  • 保存時の暗号化はデフォルトでAES 256を使用
  • 自動監視
  • 自己修復

データレイクハウスのお客様事例

Experian、OCI上のデータレイクハウスで金融包摂を加速

Experianは、重要なデータ・ワークロードを他のクラウドからOCI上のデータレイクハウスに移行して、パフォーマンスを40%向上し、コストを60%削減しました。この結果、データ処理と製品イノベーションを加速しただけでなく、信用機会を世界中に拡大できました。

データレイクハウスのパートナー・エコシステム

オラクルのパートナー・ソリューションはOCI上のデータレイクハウスを活用および強化します。

BIASのロゴ
Capgeminiのロゴ
h2o.aiのロゴ
qubixのロゴ
Reply Technologyのロゴ
Sesame Software logo
wandiscoのロゴ

Accenture、顧客向けの迅速で革新的なソリューションを実現するための重要な手段としてOCI上のデータレイクハウスを使用

OCI上のデータレイクハウスを使い始める


ビッグデータ・クラスタを使い始める

ノード・シェイプとストレージ・サイズをオプションで選択すると、ビッグデータ・クラスタを作成できます。このワークショップでは、非HAクラスタを作成し、小さなシェイプをノードに割り当てます。このクラスタはアプリケーションのテストに最適です。


OCI Data Flowを使い始める

Spark開発者とデータ・サイエンティストが、クラスタ、運用チーム、およびSparkの高度な専門知識を必要とせずに、すべての規模のSparkジョブを作成、編集、および実行する方法をご紹介します。


OCI Data Catalogを使い始める

ユーザー、アクセス、およびポリシーを作成して、新しいカタログを構築し、オブジェクト・ストレージ、データベース、およびオンプレミスのデータソースからデータを収集する方法をご紹介します。


Oracle Data Integrationを使い始める

データ統合の設定、データソースへの接続、データの取り込みと変換、およびオブジェクト・ストアとOracle Databaseへのデータの読み込みを行う方法をご紹介します。