申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

Object Storage

Oracle Cloud Infrastructure(OCI)のObject Storage により、お客様はあらゆる種類のデータをネイティブなフォーマットで安全に保存することができます。組込みの冗長性機能を持つOCI Object Storageは、スケーラビリティと柔軟性を必要とするモダン・アプリケーションを構築するのに最適であり、分析、バックアップ、またはアーカイブの目的で複数のデータ・ソースを統合するために使用できます。

Object Storage製品の特徴

エンタープライズ向けオブジェクト・ストレージ

ビジネス価値を活用

Object Storageはデータレイクとして利用されることが多くなってきています。企業が保有するデジタル資産をデータレイクに保存して、分析フレームワークやパイプラインで処理することで、ビジネス・インサイトを活用できます。

統合されたデータ保護

企業はデータとバックアップをOCI Object Storageに保存します。OCI Object Storageは冗長ハードウェア上で動作し、組み込みの耐久性を実現します。データの整合性をアクティブに監視し、破損したデータを検出すると、データのコピーを自動的に再作成して修復します。

エンドツーエンドの可視性

OCI Object Storageは、格納されているすべてのバケットとオブジェクトに対して、専用(非共有)のストレージ「ネームスペース」、すなわち各顧客に固有のコンテナを提供します。このカプセル化により、エンドツーエンドの可視性を実現し、バケットが公開されるリスクを軽減しています。

低コストの長期ストレージ

コンプライアンスや監査の義務、ログ・データなどの長期的なデータ保存のニーズに最適なOCI Archive Storageは、Object Storageと同じAPIを使用しており、セットアップと統合が簡単で、コストは10分の1です。データの整合性を監視し、自動修復して、保存時に暗号化します。

高い可用性と耐久性

複数のフォルト・ドメインにわたる冗長性

OCI Object Storageでは、格納されているオブジェクトは、複数のフォルト・ドメインまたは複数の可用性ドメインにわたって自動的にレプリケーションされます。お客様はレプリケーションとライフサイクル管理ポリシーを組み合わせて、オブジェクトが自動的に移入、アーカイブ、削除されるようにすることができます。

データ整合性の監視

OCI Object Storageは、チェックサムを使用してデータの整合性を自動的かつアクティブに監視します。破損したデータが検出された場合、人間の介入なしに修復対象のフラグが立てられます。

自動自己修復

データの整合性の問題が特定されると、破損したデータは冗長コピーから自動的に「修復」されます。データの冗長性が失われた場合は、データの新しいコピーを作成することで自動的に対処します。Object Storageでは、下位レベルのデータへのアクセスについて心配する必要はありません。Object Storageは常に、システムに書き込まれたデータの最新のコピーを提供します。

99.9%のSLAでサポート

お客様は、99.9%の可用性SLAでサポートされたObject Storageを信頼して利用しています。オラクルは、多くのクラウド・サービスで、他のクラウド・プラットフォーム・ベンダーでは実現できない管理性SLAとパフォーマンスSLAを実現しています。Oracle Cloudサービスの可用性SLA、管理性SLA、およびパフォーマンスSLAの完全なリストは、こちらからご覧いただけます。

強力なセキュリティと監視機能

デフォルトで暗号化

Object Storageのすべての保存データは、デフォルトで、256ビットのAES暗号化を使用して暗号化されます。デフォルトでは、Object Storageサービスが暗号化キーを管理します。または、お客様がOracle Cloud Infrastructure(OCI)Vaultを使用するか、データを個別に管理して、独自の暗号化キーを提供することもできます。

脅威の継続的な評価

Oracle Cloud Guardは、データを継続的に監視して、異常なイベントを検出し、疑わしいユーザーの行動を検出すると、自動的に介入します。たとえば、機械学習を利用したセキュリティ・サービスが、疑わしいパターンを検出すると、ユーザーのアクセス許可を取り消します。

詳細な制御でリスクを軽減

OCI Object Storageでは、管理制御によってテナンシの完全な制御が実現されており、データ漏洩につながる可能性のある一般的な脆弱性を防ぐことができます。

Oracle Cloud Infrastructure Identity and Access Management

OCI Identity and Access Managementは、ユーザーとリソースの論理グループによって編成された定義しやすいポリシーを使用して、OCIリソースにアクセスできるユーザーだけでなく、アクセスできるリソースとアクセス・タイプも制御します。お客様は、既存の組織階層と、Microsoft、Okta、およびその他のSAMLディレクトリ・プロバイダーなどのフェデレーション・ディレクトリ・サービスを活用して、IDを管理し、アクセス権を付与できます。

分離されたネットワーク仮想化

ネットワーク仮想化を分離して、お客様のテナンシへの攻撃を防ぎます。OCIのセキュリティファースト・アーキテクチャの基本要素であるカスタム設計のSmartNICは、ネットワークを分離して仮想化し、マルウェアを直ちに阻止します。

使いやすく、高い費用対効果

自動階層化オプション
自動階層化により、お客様のアクセス・パターンに基づいてオブジェクトを階層間で自動的に移行します。これにより、運用のオーバーヘッドをなくし、自動的にコストを削減できます。

柔軟なアクセス・オプション

OCI Object Storageには、コマンド・ライン・インタフェース(CLI)、コンソール、Java SDK、またはREST APIを介してアクセスできます。コンソール内では、新しいCloud Shellが、OCIコンソールで常に直接利用できるLinuxシェルへのアクセスを提供します。

APIの互換性

OCI Object Storageは、Oracle CloudのAmazon S3互換APIを通じて、OpenStack Swift APIおよびAmazon S3とのAPI互換性を実現しています。これにより、お客様は既存のAmazon S3ツール(SDKクライアントなど)を引き続き使用できるため、アプリケーションに変更を加える必要性が最小限に抑えられます。お客様はオラクルのHDFSコネクタを使用して、OCI Object Storageサービスのデータに対してHadoopジョブまたはSparkジョブを簡単に実行できます。

Cloud Storage Gateway

Oracle Cloud Infrastructure(OCI)Storage Gatewayを使用すると、オンプレミス・アプリケーションをOCIに接続できます。ネットワーク・ファイル・サービス(NFS)ターゲットにデータを書き込むことができるアプリケーションは、OCI Object Storageにもデータを書き込むことができます。Oracle Linux 7.xで実行されているNFSv4サーバーで動作することが保証されているLinux/UNIX NFSクライアントは、すべて互換性があります。

低価格の均一なグローバル料金

お客様が支払うオラクル・データ・ストレージの料金は透明性が高く、予測可能です。OCI Object StorageおよびArchive Storageの一貫性のあるグローバルな料金設定により、一部の地域では競合他社と比較して30%以上の経費削減になります。

Omnisのロゴ

OmnisはOracle Cloudのコンピュートとオブジェクト・ストレージを採用

Omnisは、優れた信頼性、パフォーマンス、柔軟性、費用対効果を理由に、Oracle Cloud Object Storageとその他のOracle製品を採用しました。インフラストラクチャ・リソースのコストを削減すると同時に、Oracle Cloudでソフトウェア開発効率を高めたことで、従業員が開発に専念できる時間が増えました。

TechCrunch

オラクルのストレージに対する最新のアプローチにより、これまで以上に柔軟かつ低コストのクラウドが実現します。

Oracle Object Storageのお客様事例

  • Oracle DatabaseをOCI Object Storageにバックアップ

    Oracle Recovery Manager(RMAN)は、Oracle Databaseのバックアップとリカバリを実行するOracle Databaseクライアントです。オラクルのバックアップ戦略の管理を自動化し、データベース・ファイルのバックアップ、リストア、およびリカバリを大幅に簡素化します。RMANは、SQL*Plusがデータベースに接続するのと同じ方法で、データベースに接続して認証します。

    Object Storageへのバックアップの詳細

  • Storage Gatewayファイル管理操作の使用

    OCI Storage Gatewayを使用すると、オンプレミス・アプリケーションをOCIに接続できます。データをNFSターゲットに書き込むことができるアプリケーションは、Oracle Cloud Infrastructureにもデータを書き込むことができます。REST APIを取り込むためにアプリケーションを変更する必要はありません。

    Storage Gatewayの使用の詳細

  • InfosysによるOracleデータレイク

    世界中で1日に生成されるデータの量は250京バイトに上ると推定されています。Infosysは、この増え続けるデータの山に対して分析をするための戦略と、データから価値を引き出すのに役立つようにデータを保存することの重要性を明らかにしました。

2021年6月11日

Object Storageの自動階層化の概要

オラクル、ソリューション・アーキテクト、Jacky Liang

OCI Object Storageチームは最近、まったく新しいストレージ層である、Infrequent Accessをリリースしました。Infrequent Accessは、アクセス頻度は低いものの、必要なときにはすぐに利用できなくてはいけないデータを保存できる、費用対効果の高いストレージ層です。

全文を読む

Object Storageを使い始める


Oracle Cloud Free Tier

Oracle Cloudでアプリケーションを無料で構築、テスト、デプロイしましょう。サインアップすると、2つの無料オファーにアクセスできます。


クラウド・トレーニング - Oracle Cloud Infrastructure

Oracle Cloud Infrastructureのトレーニング・ビデオ、マイペースで学習できるラボ、オンボーディング、および認定資格をご紹介します。


Oracle Cloud Infrastructureの詳細

Oracle Cloud Infrastructureは、パブリック・クラウドの弾力性と利便性、オンプレミス・インフラストラクチャのきめ細かな制御、セキュリティ、予測可能性を兼ね備えています。