Database In-Memory

Oracle Database In-Memoryは、Oracle Databaseにカラム機能を追加し、分析クエリを透過的に桁違いに高速化します。Oracle Database In-Memoryは、リアルタイム・データに基づく意思決定を可能にし、コストの削減、生産性の向上、競争力の強化を実現します。

Oracle Database In-Memoryでデータベース・レポートを100倍向上(6:46)

Oracle Database In-Memoryでアプリケーションを高速化

Database In-Memoryの機能

インメモリ列形式

Oracle Database In-Memoryは、リアルタイム・データに基づく意思決定を可能にし、コストの削減、生産性の向上、競争力の強化を実現します。これらの最適化とSIMDベクトル処理により、Oracle Database In-Memoryでは、各CPUコアに対して毎秒数十億行のクエリを実行できます。これまで実行に数時間以上かかっていた分析が数秒で完了するようになり、リアルタイムでビジネス上の意思決定を行うことができます。

デュアル形式アーキテクチャ

Oracle Database In-Memory のデュアル形式アーキテクチャは、従来の行形式と新しいインメモリ列形式を同時に使用してテーブルを表現します。これにより、同じデータベース内の同じデータに対してトランザクション・データ処理と分析データ処理を実行できます。

スケールアウト

Oracle Database In-Memoryは、Oracle Real Application Clusters(RAC)全体にわたり、透過的なインメモリのスケールアウトを可能にします。Oracle Database In-Memoryは、単一ノードのメモリに制限されることなく、クラスタ内のあらゆるノードにわたり透過的にメモリにアクセスできるため、単一ノードよりも大きな列ストアを作成する機能を提供します。

高可用性

アクティブ・データ・ガード構成では、スタンバイ・データベース上にインメモリ列ストアを作成、入力、維持することができます。これにより、分析ワークロードのためにスタンバイ・データベースのCPUおよびメモリ・リソースをフルに活用できるとともに、プライマリ・データベースとその関連スタンバイ・データベース全体にわたり、インメモリ列ストアをフレキシブルに配置することができます。

インメモリ・フォルト・トレランス

Oracle Database In-Memoryは、Oracle Exadataクラスタのノード全体にわたりインメモリ・データを分散および複製するため、ノードの障害による速度低下を排除します。ノードに障害が発生した場合、クエリは生き残ったノード上のデータの複製を透過的に使用できます。

互換性

Oracle Database互換のアプリケーションにOracle Database In-Memoryを導入する場合、アプリケーションの変更は必要ありません。オラクルの広範な機能、データ型、APIはすべて透過的に機能し続けます。

自動インメモリ

インメモリ列ストアの内容を使用状況に応じて自動的に管理し、手作業を必要とせずにデータベース・メモリを最大限に活用します。

複数のデータ・ソースにわたるリアルタイムのレポート

外部データ・ソースの直接投入を可能にし、ユーザーがOracle Databaseの内部および外部のすべてのデータ・ソースに対して分析クエリを実行できるようにします。

お客様事例

Die Mobiliar

Die Mobiliarは、複雑なレポート作成におけるセットアップのシンプルさとパフォーマンスのメリット、またはOracle Database In-Memoryについて語ります。

Lufthansa

Lupthansaは、Oracle Database In-Memory によるセットアップのシンプルさ、パフォーマンスの向上、ストレージの節約というメリットを得ています。

Database In-Memoryのメリット

  • リアルタイム分析

    トランザクション処理に影響を与えることなく、運用データの分析レポートをリアルタイムで直接実行します。

    STEFの成功事例を見る(22:19)

  • 間接費の削減

    Database In-Memoryは、分析レポートのインデックスを省略できるようにすることで、トランザクション処理を高速化します。

    RMankind Pharmaの成功事例を読む

  • レポートのパフォーマンス向上

    ビジネスにとって重要なレポートで最大10倍のパフォーマンス向上を実現します。

    myToysの成功事例を読む(PDF)

2022年3月18日

Oracle Database 21cインメモリ・ハイブリッド・スキャン

Oracle Database In-Memoryシニア・プリンシパル・プロダクト・マネージャ、Andy Rivenes

インメモリ・ハイブリッド・スキャンは、Oracle 21cの新機能です。インメモリ・ハイブリッド・スキャンを使用することで、あるテーブルの列の入力を除外しても、クエリはインメモリ(IM)列ストア内のそのテーブルにアクセスすることができます。

全文を読む

関連製品とテクノロジー

Oracle Real Application Clusters

Oracle Databaseの高可用性とスケーラビリティ

Active Data Guard

エンタープライズ・データの災害復旧とデータ保護

Exadata

可用性、パフォーマンスの改善と最大40%のコスト削減を実現

パーティショニング

大規模データベースの管理性、パフォーマンス、可用性を向上

Oracle Database In-Memoryを使い始める


チュートリアル

Oracle Database In-Memoryの主要な概念をご紹介します。


お問い合わせ

Oracle Database In-Memoryがお客様を支援できる方法をご覧ください。