該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
Oracle Recovery Manager (RMAN)

Oracle Recovery Manager (RMAN)

RAC One Node provides higher availability by eliminating the database server as a single point of failure.

アーキテクチャ
 

概要

Oracle Recovery Managerは、あらゆるOracleデータ形式で、パフォーマンス、管理しやすいバックアップ、リカバリに関して極めて厳しい要求を満たします。

高可用性やディザスタ・リカバリに対する完全な戦略を実現するには、信頼できるデータのバックアップ、リストア、およびリカバリの手順が必要です。Oracle Recovery Manager(Oracle RMAN)は、Oracleデータベースを効率的にバックアップおよびリカバリするための包括的な基盤を提供します。Recovery Managerは、サーバーと緊密に連携するよう設計されており、バックアップおよびリストア中のブロックレベルの破損を検出する機能を提供します。Recovery Managerは、ファイルの多重化とバックアップ・セットの圧縮により、バックアップ中のパフォーマンスと領域使用を最適化します。また、Oracle Secure Backupやテープ・バックアップを行うサード・パーティのメディア管理製品と統合できます。

Recovery Managerによって、バックアップやリストアの前後での基盤データベースの処理がすべて実行されるため、OSやSQL*Plusスクリプトへの依存から解放されます。また、コマンドラインおよびOracle Enterprise Managerを通じて、各種のホスト・オペレーティング・システムでのバックアップ作業に共通のインタフェースが提供され、バックアップ/リストア・データ・ストリームのパラレル化、バックアップ・ファイルの保存方針、全バックアップの詳細な履歴など、ユーザー管理の方法では得られない機能が提供されます。

Recovery Managerを使用すると、オンプレミスの移行やOracle Cloudへの移行も促進されます。 Recovery Managerを使用したOracle Cloudへの移行について詳しくは、Oracle Cloud Infrastructureドキュメントのデータベースのクラウドへの移行を参照してください。

Recovery Managerの機能は、Oracleデータベースのリリースごとに強化されています。強化された機能の最新情報については、バックアップおよびリカバリ・リファレンスを参照してください。

Oracle Database 19cをクラウドで試す