申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

在庫管理とは

在庫管理とは、商品の注文、保管、生産、販売、および補充という一連のサイクルで社内の商品の流れを調整するプロセスです。通常、在庫管理は、集約の在庫管理、および仕入れ場所と商品レベルの在庫管理という2つのレベルで行われます。企業は、在庫戦略を決定する場合、在庫に縛られている現金額を最小限に抑制するか、カスタマー・サービスまたは生産効率を最大限に向上するために、在庫を増加するかというトレードオフを行っています。

在庫戦略では、安全在庫(後述)などのポリシーによる品目レベルの在庫管理、および消費額、ロット・サイズ、注文リードタイムなど、品目レベルの属性を考慮する補充率を優先するABC分類などのポリシーによる在庫管理が行われます。

在庫は、原材料/部品、仕掛品、および完成品という3つのカテゴリに大きく分類できます。メーカーは、原材料または部品を購入し、生産の準備ができるまで保管し、完成品に作り変えます。卸売業者、小売業者などの非メーカーは、最終消費者に販売するために、完成品を仕入れます。

すべての企業は、在庫によって、現金を消費し、維持費を負担するため、在庫水準と需要のバランスを取る必要があります。ビジネスの種類にかかわらず、企業は、現金を節約するために、在庫を常に厳しく管理する一方、生産スケジュールまたは顧客の需要予測、および実際の注文を満たすために、十分な在庫を確保する必要があります。

在庫管理の利点

在庫管理は、複雑であり、業界、社内の役割、および管理する品目の種類によって異なります。在庫の計画および管理方法の決定はトレードオフ、リスク、および報酬に満ちたコラボレーションです。

同じ会社は二つとありません。企業はビジネス・モデルによって異なるさまざまな方法で在庫を管理しています。在庫は企業のコストになりますが、在庫切れを回避するための優れたサービス・レベルを維持し、業務効率を最大限に向上するには、安全在庫を増加する必要が生じる可能性があります。高コストの機械と人を使用するメーカーは、在庫不足による操業停止を回避するために、過剰在庫を抱える場合もあります。この結果、企業のコストは増加します。

ほとんどの企業は、需給の予期せぬ変化に対応するために、安全在庫を維持しています。このように、在庫は、不測の事態に対する備え、および生産停止に対するバッファとして機能します。安全在庫は、サービス率または充填率(企業が在庫からすぐに出荷できる顧客注文の割合)とさらに多くの在庫を注文および保管するための追加コストのバランスを表しています。十分な在庫がない結果、在庫切れが発生します。特に、迅速な受注が求められるeコマースベースのビジネスなど、顧客に代替手段がある場合は、ビジネスが悪影響を受ける可能性があります。在庫切れは、収益の損失であり、カスタマー・ロイヤルティに悪影響を及ぼす可能性があります。

通常、メーカーは最小と最大の在庫水準、再発注点などの在庫管理をERPシステム内で確立します。流通業者は再発注点を分散的に設定するため、それぞれの流通センターはローカルな要因または需要主導の方法に基づいて、在庫水準を決定できます。ローカルな要因には、SKUレベルの需要、リードタイム、または季節的なパターンがあります。需要主導の方法には、小売顧客からのPOSデータがあります。多くの調達部門は、購買戦略で価格割引を考慮し、有利な価格帯を獲得するために、必要以上の供給品を購入する可能性があります。

在庫管理: 財務上の影響

在庫管理は収益、コスト、およびリスクの間のトレードオフを行うものです。貸借対照表で流動資産に分類される在庫では、企業の現金が消費されます。原材料(メーカー)または商品(卸売業者または小売業者)を購入してから、完成品を最終的に販売し、顧客から代金を受け取るまでの期間であるキャッシュ・コンバージョン・サイクルの長さに細心の注意を払う必要があります。

その間、現金は縛られたままであり、企業は、現金をビジネスに還元するために、在庫をタイムリーに販売(在庫回転率)できる必要があります。動きの遅い在庫では、保管費用とリスクが発生し、企業のキャッシュ・フローが悪影響を受けます。このため、企業は、在庫投資の水準が顧客需要の期待される水準と一致するように、統制されたプロセスを必要としています。

また、在庫管理には、社内の経営報告と法定財務報告の両方をサポートするために、厳密な原価計算が必要です。生産で使用される在庫コストは直接と間接の両方の人件費と間接費を生産ラインで形作られる製品に割り当てるための吸収原価計算方法に従う必要があります。また、完成品(商品在庫)には、販売準備に関連するすべてのコストを配賦する必要があります。

このようなコストには、輸送費、人件費、および取扱費があります。全社のすべての在庫の合計である総計は、貸借対照表の在庫項目と損益計算書の売上原価を決定するために、使用されます。

在庫管理システムの種類とは

企業は、業務、複雑性、またはニーズに応じて、さまざまな在庫管理システムを採用しています。主要な在庫管理システムの例には、手動、定期、および継続の3つがあります。継続システムは最も高度で正確な在庫管理システムであり、手動システムは在庫業務を監督するための最も高度ではないシステムです。

手動棚卸システム: この在庫管理方法では、商品を実際に数えて、紙またはスプレッドシートに詳細を記録します。このプロセスは在庫管理ソフトウェア・ソリューションに移行していない中小企業で広く使用されています。

定期棚卸システム: この在庫管理システムでは、販売と購入のたびではなく、会計期間の終わりに在庫を数えます。また、比較的シンプルなシステムであり、商品の少ない中小企業に適しています。

継続棚卸システム: このシステムは、最も高度であり、自動化されたソフトウェア・ソリューションを活用して、リアルタイムの分析情報を提供します。在庫が、施設に入り、移動、販売、使用、または廃棄されるとすぐに、棚卸システムは品目バーコードまたはRFIDタグをスキャンするハンドヘルド・デバイスで残高を更新します。

無線自動識別(RFID)システムと在庫管理システム

RFIDは在庫管理システムをサポートするテクノロジー追跡システムです。RFIDシステムは、専用のタグをすべての商品に添付して、その位置を追跡します。RFIDは、新入荷の貨物をモバイル・スキャナーでシステムに取り込むか、出庫して、在庫管理を簡素化します。RFIDタグには、信号を継続的に発信するアクティブ型、および物理的な読み取り装置で商品を追跡するパッシブ型があります。RFIDタグは、在庫の場所に関するリアルタイムのデータと分析情報を常に提供するために最適です。

在庫管理と循環棚卸

循環棚卸は実地棚卸が企業の在庫記録と一致していることを確認するためのチェックアンドバランスの方法です。1年中、個別の品目を定期的に数えて、在庫数量および価値の正確性を確保します。

手持ちの在庫量を正確に追跡するシステムは需給の管理、高いカスタマー・サービス・レベルの維持、および生産計画に不可欠です。

在庫管理システムを活用するのではなく、循環棚卸を行うと、完全な実地棚卸を行うことができます。また、企業は、在庫の数量と価値を確認するために、両方の手法を並行して使用できます。在庫管理はシリアル化された循環棚卸をサポートしています。

在庫管理の例 - 業界のユースケース

在庫管理は、ほとんどの業界では一般的ですが、独自の要件がある特定の業界では特殊なシステムが必要です。有名な例は外食(レストラン)と小売です。

小売の在庫管理

現在、小売業者は、さまざまなチャネルで提供される商品について、非常に柔軟な購入オプションを顧客に提供する必要があります。小売業者は、大規模なeコマース・ベンダーとの激しい競争、および顧客の厳しい要求によって、実店舗とオンラインの購入体験を組み合わせたオムニチャネル・リテールと呼ばれる混合ビジネス・モデルの運営を余儀なくされています。

購入者は、オムニチャネルによって、店内注文、自宅配送、オンライン購入、店内返品、流通業者から店舗への配送による受け取りなどを柔軟に選択できます。目標は成功するか廃業するかの分かれ目になる可能性がある優れたエンドツーエンドのカスタマー・エクスペリエンスを提供することです。

小売業者は、オムニチャネルで最高のカスタマー・エクスペリエンスを提供するために、顧客の購入体験が注文につながるように、手持ちの在庫をリアルタイムに可視化する必要があります。在庫切れでは、特定の注文に応じることができないだけでなく、不満を抱いた顧客が競合他社の店舗またはWebサイトで類似の商品を探す可能性が非常に高くなります。ロイヤルティは一時的であり、ブランドの切り替えは一般的です。失われた顧客は、二度と戻らず、将来の売上に影響を及ぼす可能性があります。

この結果、小売業者は、顧客注文を満たすために十分な在庫を持つこととキャッシュ・フローを圧迫し、買い付けシーズンの終わりに売れ残るリスクを抱える過剰な在庫を持たないことの微妙なバランスを取るために、在庫を非常に注意深く管理する必要があります。小売業者は、小売の在庫管理ソフトウェア(注文管理システムとの組み合わせ)によって、購買行動の変化に迅速に対応し、チャネル戦略と在庫水準を調整できます。

レストランの在庫管理

多くの食材が、新鮮で賞味期限が短く、消費まで注意深く追跡されるため、レストランの在庫管理は食材をリアルタイムに監視する必要があるという点で独特です。また、このシステムは、在庫水準を注意深く監視し、注文の補充をトリガーし、新しい入荷を記録し、メニュー・コストを管理できる必要があります。

新鮮な食材の管理には、腐敗を防止するために、賞味期限を細かく管理するという固有の課題があります。腐敗は金銭の無駄につながります。最悪の場合は、食中毒を引き起こし、保健所からの指導を受ける可能性があります。

レストランは、在庫管理ソフトウェアによって、独自の課題を管理できます。レストランは、売上を在庫水準と自動的に連携して、注文と消費を完全に可視化し、食材の在庫を分析し、腐敗を回避し、マージンを管理できます。また、在庫管理ソフトウェアは、賞味期限切れの可能性がある商品について管理者にアラートを送信し、商品が腐敗期限を超過した場合、または設定した補充量を下回った場合、再注文を自動化して、管理タスクに費やす時間を短縮します。

在庫管理ソフトウェア

最新のクラウドベースの在庫管理システムは、包括的な資材管理機能を提供し、お客様およびそのグローバル・サプライ・ネットワーク上の商品の流れを効果的に管理します。倉庫管理システムと組み合わせると、在庫水準、補充計画、および注文充足率を正確でタイムリーに可視化し、顧客満足をもたらすことができます。サプライチェーン・プランニング・システムと組み合わせると、在庫水準の最適化、注文の充填率の増加、スケジュールどおりの生産の確保、および運転資本の活用の改善によって、需要を供給と一致させて、在庫管理から推測を排除できます。

在庫管理とサプライチェーン・マネジメント

在庫管理はサプライチェーン・マネジメントの重要な要素です。サプライチェーンの存在理由は、原材料とサブコンポーネントをメーカーに届けるか、消費者からの完成品の受注を処理するという商品の移動であるためです。企業は、両方によって、コストを削減し、キャッシュ・フローを改善し、利益率を向上できます。

在庫の可視化

最新のクラウド在庫管理ソリューションの主要な利点は、生産施設、サプライヤー、輸送中の商品、流通センターなど、サプライチェーンの複数のノードで在庫をリアルタイムに可視化できることです。このため、意思決定者は、顧客満足を維持するために、必要な分析情報を獲得できます。特に、サプライ・ネットワークの拡大、需要の変動、および競争の激化に直面している企業にとって不可欠です。

在庫水準とその場所をリアルタイムに可視化すると、生産スケジュールと顧客注文処理をさらに適切に管理できます。たとえば、輸送の問題で配送が滞った場合、マネージャーは、ある流通センターから、さらに高い需要レベルにさらに多くの在庫が必要な別の流通センターに在庫を移動して、一時的な不足を補うことができます。

計画担当者は、サプライチェーン・プランニング・ソフトウェアと組み合わせると、注文量に関するリアルタイム・データがあるため、実際の需要、需要予測、および生産レベルを満たすために、特定の品目をどの程度必要としているか、どこに配置するか、およびどの程度の頻度で補充する必要があるかを判断できます。

統合的なサプライチェーン・プランニング

複雑なサプライチェーンでは、供給を需要と連携し、在庫水準をさらに正確に決定することが求められています。高度な需要計画ソリューションでは、品目と場所の組み合わせ、在庫ポリシーなど、複数のシナリオを組み込んで、最適な需要計画を作成する高度なアルゴリズムを活用できます。仮定シナリオは、計画された在庫水準が顧客需要を満たすために十分であることを確認し、在庫切れを回避し、回復力を確保する上で重要な役割を果たします。

在庫管理を最適化するためのサプライヤーの管理

適切なサプライヤーの選択は調達部門の責任です。サプライヤーは在庫に大きな影響を及ぼす可能性があります。たとえば、ジャストインタイム生産方式を実現するには、特定の納期を守ることができる信頼性の高い優良なサプライヤーを確保する必要があります。出荷予定日に間に合わなかった場合は、生産と顧客注文が遅れます。この結果、顧客満足が低下する可能性があります。

供給計画で需要計画に組み込まれた正味所要量計画は、生産のための原材料と部品の在庫要件を決定するために、グローバル・サプライチェーンの複雑性をサポートできる必要があります。最後に、プランニング・システムでは、安全在庫水準(需給の不確実性に対するバッファとして使用される過剰在庫)を設定するための在庫ポリシーを決定できます。このため、在庫判断、およびキャッシュ・フローに及ぼす可能性がある悪影響から推測を基本的に排除できます。

統合的なビジネス・プランニングは、統計的な予測を実際の需要シグナルと組み合わせて、希望または目標のカスタマー・サービス・レベルを満たす最新の予測と在庫水準を提供します。需要とサプライヤーのリードタイムの不確実性を管理できます。補充注文は、在庫位置が最低閾値を下回るたびに、発生します。このような注文は適切な在庫水準を確保するための推定のリードタイムを含んでいます。指定された在庫ポリシーに基づく補充注文は、固定発注量、または最大閾値と在庫位置の差として計算された計算量であり、最小発注量に調整できます。

クラウド在庫管理 - お客様は移行のどの段階にいますか?

最新の在庫管理の詳細については、まず、次の質問をしてください。

  • 需要計画と供給計画に応じて、在庫を最適化していますか?
  • 在庫コストを最小限に抑制し、カスタマー・サービスを最大限に向上するために、適切な在庫ポリシーを使用していますか?
  • 在庫の断片化によって、実行能力が阻害されていますか?
  • 安全在庫をどのように管理していますか?
  • 運転資本のうち、在庫に縛られている金額は、いくらですか?
  • 在庫回転率を向上するには、どうすればよいですか?
  • 在庫状況は顧客満足の目標をどのように支えていますか?

多くの企業は在庫管理の一部またはすべての側面にスプレッドシートまたは柔軟性のないレガシー・システムを依然として使用しています。このアプローチは適切であると思われるかもしれませんが、以前のテクノロジーは最適なビジネス成果につながらないかもしれません。現在の複雑なサプライチェーンで競争し、避けられない混乱に適切に対処するには、計画、生産、および在庫の統合的なビューをさらに連携するために、情報をリアルタイムに共有する最新のクラウド・ソリューションが必要です。

企業は、クラウドベースの統合的なサプライチェーン・マネジメント(SCM)スイートによって、計画と在庫管理だけでなく、調達、製造、ロジスティクス、注文管理など、他の重要なサプライチェーン機能にわたる相乗効果を実現できます。この結果、効率、カスタマー・サービス、および利益率が向上します。

統合的な在庫管理へ移行するために、オラクルがサポートします。