該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle Identity Governance

オンプレミスとクラウドの両方の幅広いサービスにわたって、完全なユーザー・ライフサイクル管理と豊富なアクセス資格制御を提供します。Oracle Identity Governanceは、ユーザーのプロビジョニングとプロビジョニング解除を管理し、リスクの高いユーザー資格の迅速な修復を可能にする実用的なIDインテリジェンスを提供します。

Oracle Identity Governanceの機能

クラウドおよびオンプレミスでのID管理

提案型のアクセスリクエストとロールと資格に基づくプロビジョニングを提供する、ユーザー向けの使いやすいアクセスカタログによって、コストと複雑さを軽減します。ユーザーはセルフサービス機能により、REST APIや多様なコネクタセットを利用して、オンプレミスおよびクラウドのいずれについてもアプリケーションのオンボーディングを開始できます。


アクセスリクエストに対応する効率と柔軟性に優れたワークフロー

企業全体にわたるアクセスポリシーのオーサリングに向けたセルフサービスポータルを使用することにより、ユーザーやオペレーターには、ユーザーやアプリケーションの迅速なオンボーディングおよびオフボーディングに対応する非常に柔軟でカスタマイズ性に優れたワークフローが利用できるようになります。Oracle Identity Governanceにより、既存のIDや関連する資格やロールを柔軟に収集できるため、効率的なオンボーディングが可能になります。


資格をきめ細かく管理してコンプライアンスの目的に対応

時間、イベント、組織の基準に応じた認定によりコンプライアンス・プロセスを加速します。リスクの高い資格やコンプライアンス主体の目標(たとえばSOX、GDPRなど)に特化した評価が可能になります。ビジネスを継続的にスキャンして、職務分担に影響のあるポリシーを特定、修正します。


オンプレミスまたはクラウドに向けたIDガバナンス

Open Application Model(OAM)とDocker/Kubernetesイメージを組み合わせることにより拡大縮小が容易にできるため、Oracle Identity Governanceのインスタンスをオンプレミスまたはクラウドに迅速に導入することができます。高可用性、フェイルオーバー、および広範なグローバル・データセンターのサポートを利用して、組織はIDガバナンス・ソリューションの回復力に全面的に依存できるため、より幅広い組織のニーズに集中的に対応できるようになります。


Oracle Identity Governance顧客の成功

多岐にわたる業界の顧客が、完全なユーザーライフサイクルの管理とプロビジョニングのためにOracle Identity Governanceを利用しています。

Babcock International
China Minsheng Bank
Ferrovial
PGNiG
SPAR Österreich-Gruppe
コロラド大学
PGNiGのロゴ

PGNiGがOracle Enterprise Identity Servicesに移行して能力とサポートを強化

2020年6月8日

Oracle Identity and Access Management 12C PS4を迅速に導入、評価する方法

Oracle Security、ソリューション・エンジニア、Paul Toal

Oracle Cloud Infrastructure(OCI)で使用するOracle Identity GovernanceおよびAccess Managementの迅速な導入モデルをいくつかPaulが紹介します。データセンターに伴う複雑な課題を緩和して、迅速なインスタンス・プロビジョニング、およびユーザーやポリシーのオンボーディングがいかに可能になったかを説明します。

全文を読む

注目のブログ

すべて表示する

使ってみる


ダウンロードする

Oracle Identity Governance 12cの最新バージョンをダウンロードします。


イベント

ライブまたは仮想イベントでOracle Identityソリューションについて詳しく説明します。


お問い合わせ

詳細については、Oracleの担当者にお問い合わせください。