申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

オラクルのセキュリティ、アイデンティティ、コンプライアンス

オラクルのセキュリティ第一のアプローチで、クラウドとオンプレミスで最も貴重なデータを保護します。オラクルにはデータとアプリケーションの保護に関する数十年にもわたる経験があります。Oracle Cloud Infrastructureは、よりセキュアなクラウドをお客様に提供し、信頼を高め、お客様の最も貴重なデータを保護します。

データ・セキュリティの概要動画を見る(1:41)

クラウド・セキュリティ入門

Oracle Cloudによって企業がインフラ、アプリ、データをサイバー攻撃から保護し、EUの一般データ保護規則(GDPR)やカリフォルニア州消費者プライバシ法(CCPA)などのコンプライアンス義務に準拠することをどのように支援できるかをご覧ください。

クラウド中心のCISOのミッション

クラウド・コンピューティングがサイバーセキュリティ・リーダーシップのための新しいモデルを推進する理由をご覧ください。

Oracle Cloud Infrastructureによるゼロ・トラスト・セキュリティへのアプローチ

組織がゼロ・トラスト・セキュリティ・モデルを採用するのに、Oracle Cloud Infrastructureがどのように役立つかを理解します。

セキュリティ第一のアプローチ

リスク削減

組み込みのセキュリティ・コントロールの提供を中心としたセキュリティ第一の設計原則によって、セキュリティ・ポスチャを強化し、リスクを軽減します。これには、Oracle Cloud Infrastructureでの分離されたネットワーク仮想化と、Oracle Databaseでの厳密な職務分離が含まれます。

Oracle Cloud Infrastructureのセキュリティの詳細(PDF)

自動化

Autonomous Databaseの自動パッチ適用と、CASB Cloud ServiceおよびIdentity Cloud ServiceによるOracle Cloud Infrastructureへの脅威の軽減によって、セキュリティを自動化して複雑性を軽減し、人為ミスを防ぎ、コストを削減します。

IDCの技術概要を読む(PDF)

継続的な保護

Autonomous DatabaseとOracle Cloud Infrastructureで常時オンの暗号化とユーザー行動の継続的な監視を使用してビジネスを保護し、CASB Cloud ServiceとIdentity Cloud Serviceを使用してリスクをさらに軽減します。

オラクルの自動化された、常時稼働のアーキテクチャイン・セキュリティについてご紹介します。

オラクルがITチームの可視性とモニタリングをどのように強化しているかをご覧ください

2022年の最新クラウド・セキュリティ・トレンドの詳細

Oracle Security

お客様のワークロードを保護するための、セキュリティ第一のアプローチ

Oracle Cloud Infrastructureは、コンピューティング、ネットワーク、ストレージからハードウェアに至るまで、セキュリティ第一のアプローチでお客様のワークロードを全面的に保護するように設計されています。また、この取り組みは、ビジネスクリティカルなワークロードの保護に必要なセキュリティ・レベルを提供するために不可欠なセキュリティ・サービスで補完されます。

製品と機能
  • Cloud Guard、Security Zones、Vulnerability ScanningおよびCloud Guard Threat Detectorによる監視と緩和
  • Oracle Cloud Infrastructure Identity and Access Management
  • ネットワークのファイアウォール
  • Key Management
  • Web Application Firewall
  • 脅威インテリジェンス
  • Bastion
  • 証明書
  • 分離されたネットワーク仮想化
  • 信頼のルート
  • Autonomous Linux
  • コンプライアンス
  • 多くのリージョンにまたがったグローバル・フットプリント
  • Cloud for Government

最も貴重な資産であるデータを保護

暗号化、キー管理、データ・マスキング、特権ユーザー・アクセス制御、アクティビティの監視、監査を含む、Autonomous DatabaseとOracle Databaseのセキュリティ・ソリューションによって、オンプレミスとクラウドの両方において、データ侵害のリスクを軽減し、コンプライアンスを簡素化します。

製品
  • Oracle Advanced Security
  • Oracle Audit Vault and Database Firewall
  • オラクルのデータのマスキングとサブセット化
  • Oracle Data Safe
  • Oracleデータベース・セキュリティ評価ツール
  • Oracle Database Vault
  • Oracle Key Vault
  • Oracle Label Security

セキュリティとリスク軽減機能を拡張

オラクルおよびオラクル以外のサービスで組織のビジネスクリティカルなデータを保護するには、重要なアプリケーションを不正や悪用から守ることが不可欠です。きめ細かなアクセス制御、セキュリティ違反や脅威の可視化と監視は、今日の多層防御におけるアプリケーション・セキュリティの重要なコンポーネントです。

製品
  • Oracle Cloud Guard Fusion Applications Detector
  • Oracle Fusion Applications向けOCI Web Application Firewall
  • OCI Identity and Access Management
  • Oracle Risk Management Cloud Service

データとアプリケーションへのユーザー・アクセスを保護

Oracle Identity and Access Managementは、業界をリードする機能を備えたスケーラビリティを提供します。運用コストを削減し、規制要件への迅速なコンプライアンスを実現します。機密性の高いアプリケーションとデータをクラウドでホストされているかオンプレミスでホストされているかに関係なく保護します。

製品
  • Oracle Cloud Infrastructure Identity and Access Management
  • Identity Governance
  • Access Management
  • Directory Services

強力なセキュリティ・プラクティスとセキュリティ原則による組み込みの保護

オラクルは、使用されているクラウド製品に関係なく、クラウドでホストされているデータとシステムの機密性、整合性、および可用性を保護します。

リソース
  • コーポレート・セキュリティ・プラクティス
  • Oracle Software Security Assurance
  • Oracle Cloudのセキュリティ・プラクティス
  • コンプライアンスおよびプライバシー・プログラム
  • グローバル・カスタマー・サポート

専門知識に基づいた、統合および管理されたセキュリティ・サービス

クラウド環境やマルチクラウド環境に移行する場合、セキュリティ・チームは、攻撃対象の拡大、大量のアラート、サイバーセキュリティ・スキルの不足といった問題に直面します。

Advanced Customer Servicesを選択する理由
  • プロアクティブな脅威の監視
  • 脆弱性の可視性向上
  • データ・セキュリティ制御の強化
  • アイデンティティとアクセスの統合管理
  • コンプライアンス要件への対応における効率の向上

複雑化する規制環境の課題への対応

オラクルは、クラウドのお客様がクラウド戦略を社として正式に分析することを推奨します。自社における法律および規制の遵守義務に照らして、該当するオラクル・クラウド・サービスの使用の適合性をご判断ください。オラクルは、オラクルの事業部門が1つ以上のサービスについて第三者による認証または認定を取得したフレームワークに関する情報を、認証の形で提供しています。


Oracle Securityのお客様事例

オラクルが最高レベルのセキュリティによって、インフラストラクチャ、アプリケーション、ユーザー全体でお客様のデータを保護する方法をご確認ください。

CAREのロゴ
Covantaのロゴ
Doosanのロゴ
Epsilon logo
Marlette Fundingのロゴ
MESTECのロゴ
楽天証券のロゴ
TIDEXAのロゴ
Epsilon logo

Epsilon、Oracle Advanced Securityで顧客の機密データを保護

2022年10月18日

クラウド・セキュリティで新しいスタンダードを取り入れる

オラクル、セキュリティおよび開発者プラットフォーム担当シニア・バイス・プレジデント、Mahesh Thiagarajan

お客様と話をしていると、クラウド・リソースやアプリケーションを保護するには不断の努力が必要だと感じているという話をよく伺います。また、リソースが足りないために優先順位を常に調整してやり繰りしているように感じているという声を耳にすることもあります。こうしたお客様の声は、業界データから見えてくる課題とも一致しています。オラクルは、セキュリティ基盤を構築してOracle Cloud Infrastructure(OCI)に組み込むことで、データ・セキュリティおよび地域主権の要件と法律に関連する規制コンプライアンスへの対応を支援し、セキュリティ上の脅威と懸念の常時把握、セキュリティ関連の機能停止の防止を支援します。

注目のセキュリティ・ブログ

すべて表示する

リソース

community

AskTOM Database Security Office Hours

毎月の無料ヒントとトレーニング!Office Hoursからのリマインダーなどを購読しましょう。


オラクルのプレミア・オンライン・クラウド・コミュニティに参加する

学習ライブラリ

データベース・セキュリティのスキルを磨く

Oracle Universityは、組織の成功を保証するために信頼できるトレーニングと認定資格を提供します。すべて選択方式でご利用いただけます。

Oracle Securityを始める


Oracle Cloud Free Tierを試す

Oracle Cloudでアプリケーションを無料で構築、テスト、デプロイしましょう。


ブログ

Cloud Security Perspectives and Insightsブログで詳しい情報をご確認ください。


営業へのお問い合わせ

Oracle Securityについてチーム・メンバーにご相談ください。