該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

ソフトウェア・セキュリティ保証の重要性

概要

クラウドとオンプレミスにおけるコンピューティング環境とデータを保護するために、世界中の組織がソフトウェア制御への依存度を高めている中、ソフトウェア・セキュリティ保証も重要性を増しています。セキュリティ・インシデントに関連して発生する恐れのある莫大なコスト、さらに複雑化する新たな規制の存在、セキュリティ・パッチを最新の状態に維持することで絶えず発生する運用コストを思えば、組織はソフトウェア・セキュリティへの対処方法を慎重に考え、テクノロジー・サプライヤのセキュリティ保証慣行を評価する必要があります。

Oracle Software Security Assurance

製品開発ライフサイクルのあらゆるフェーズをカバーするOracle Software Security Assurance(OSSA)は、製品の設計、構築、テスト、保守にセキュリティを組み込むオラクルの手法です。製品がお客様によってオンプレミスで使用されているのか、Oracle Cloudを通じて提供されているのかは関係ありません。オラクルの目標は、オラクルの製品がお客様のセキュリティ要件を満たしつつ、もっとも費用対効果の高い所有者体験を提供することです。

Oracle Software Security Assuranceは、以下を実現する業界最高の標準、テクノロジー、プラクティスのセットです。

セキュリティ・イノベーションの促進。オラクルには、セキュリティ・イノベーションの長い伝統があります。今日、この伝統は、データベース・セキュリティとアイデンティティ管理、セキュリティ・モニタリングとアナリティクスからなるハイブリッド・クラウド・データ・センター全体で一貫したセキュリティ・ポリシーの実装と管理を可能にするソリューションに継承されています。

すべてのオラクル製品におけるセキュリティ脆弱性の発生率の低減。Oracle Software Security Assuranceの主要プログラムには、オラクルのセキュア・コーディング基準、開発向けセキュリティ必修トレーニング、開発グループ内のセキュリティ・リーダー養成、自動化された分析ツールとテスト・ツールの利用などがあります。

リリースされた製品のセキュリティ脆弱性がお客様に及ぼす影響の軽減。オラクルは、透過的なセキュリティ脆弱性の開示ポリシーと修正ポリシーを採用しています。オラクルは、すべてのお客様に平等に対処し、Critical Patch UpdateプログラムとSecurity Alertプログラムによって可能なかぎり最善のセキュリティ・パッチ適用を実現しています。