申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

トランザクション処理および混合ワークロード向けのAutonomous Database(ATP)

トランザクション、分析、およびバッチ・ワークロードを同時に実行するために最適化された完全に自動化されたデータベース・サービス。パフォーマンスを高速化するために、行の形式、インデックス、およびデータ・キャッシュがデフォルト設定されているだけでなく、スケーラビリティ、可用性、透過的なセキュリティ、およびリアルタイムの運用分析を実装しています。アプリケーション開発者とデータベース管理者は、Autonomous Databaseによって、機能または不可分性、一貫性、独立性、永続性(ACID)プロパティを犠牲にせずに、アプリケーションを迅速で簡単にコスト効果の高い方法で開発および導入できます。Oracle DatabaseとOracle Exadataをベースに構築されたAutonomous Databaseは、共有または専用のOracle Cloud Infrastructureで利用できるほか、オンプレミスではExadata Cloud@CustomerとDedicated Region Cloud@Customerで利用可能です。

オンプレミスのOracle Database Standard EditionからOracle Autonomous Databaseに移行して、コストを削減し、パフォーマンスを向上

クラウド上のフルマネージドで高可用性のスケーラブルでセキュアなOracle Databaseサービスで開発とアプリケーション・パフォーマンスを加速します。

Critical Capabilities for Cloud Database Management Systems for Operational Use Cases(運用ユースケース向けのクラウド・データベース管理システムの重要な機能)

Oracle Autonomous Databaseは2021 Gartner Critical Capabilities for Cloud Database Management Systems for Operational Use Cases(運用ユースケース向けのクラウド・データベース管理システムの重要な機能)レポートのすべて(4つ)のユースケースで最高得点を獲得しています。

トランザクション処理および混合ワークロード向けのAutonomous Databaseの機能

自律型管理によるデータ管理の簡素化

自動プロビジョニング

フォールトトレラントで可用性の高いデータベースを数分で展開します。

自動スケーリング

コンピューティング・リソースを自動的にスケーリングし、ダウンタイムなしでパフォーマンスとスループットの要件を満たします。オンラインの動的スケーリングで真の従量制を実現します。

自動チューニング

データやスキーマが時間の経過とともに変化しても、データベースを自動的に構成および調整します。メモリ構成、データ形式、インデックス、およびアクセス構造は、パフォーマンスを向上させるために自動的に最適化されます。

自動バックアップ

オラクルのオブジェクト・ストレージにあるデータベースの毎週の完全バックアップと毎日の増分バックアップを実行し、それらを最大60日間保持して、任意の時点に復元および回復します。

自動修復

障害を継続的に監視および予測することにより、ハードウェアおよびソフトウェアの障害を修正します。リクエストは正常なデバイスにすぐにリダイレクトされ、データベースのパフォーマンスを維持します。

自動フェイルオーバー

本番データベースのリアルタイムリモートコピーを維持し、Autonomous Data Guardを使用してプライマリコピーからリモートコピーに自動的に切り替えることにより、サイトのダウンタイムを排除します。

自律型の機能による開発者の生産性の向上に関する技術詳細のWebキャストを見る


ローコード・ツールおよび機能によるアプリケーション開発の簡素化

リレーショナル・データ・モデルおよび非リレーショナル・データ・モデルのサポート

ドキュメント、グラフ、空間、JSON、XMLなどの複数のデータ形式をネイティブでサポートし、アプリケーション開発を高速化します。データの断片化を防ぎ、サイロ化されたデータ・ストアに起因する煩わしいデータ管理を軽減します。

最新のアプリケーション開発のREST APIサポート

データベース管理REST API、Webインターフェイス、およびRESTへのPL/SQLゲートウェイを提供し、すべてのデータを有効にしてより簡単で高速なアクセスを実現します。

ノーコード/ローコード開発

オラクルのローコード・アプリケーション開発プラットフォームであるAPEX App Devは、Oracle Autonomous Databaseに組み込まれており、ハンド・コーディングを98%排除できます。開発者はAPEX App Devで高度なアプリケーションを迅速に構築できます。

データベース内機械学習(ML)アルゴリズム

30を超えるMLアルゴリズム、自動化されたML関数、オープンソースのPython及びRとの統合を実現し、データベースからデータを移動することなくMLモデルと分析ダッシュボードを簡単に構築できるようにします。

API主導の開発のためのセルフサービスツール

組み込みのデータツールによって提供される、セルフサービスのデータ読み込み、データ変換、ビジネスのモデルにより、データの読み込み、複数のデータ形式にまたがる複雑なクエリの実行、高度な分析モデルの構築、情報の視覚化、インサイトの提供、データ駆動型アプリケーションの開発が容易になります。

高速クローニング

データベース全体またはメタデータのみの高速クローンを作成して、新しいプロジェクトをすばやく開始します。実行中のデータベース・インスタンスやバックアップ・データベースからクローンを作成します。

Microsoft Azureとの相互運用性

Microsoft Azureへの高速相互接続を備えたフルサポートのマルチクラウド・ソリューションを提供します。

技術概要を読んで、フルマネージド、マルチモデル、およびコンバージド・データベースをクラウドで使用することがアプリケーションのほとんどに非常に適切な選択であることをご覧ください。(PDF)


データベース・セキュリティによるリスクの軽減

常時暗号化

データベース全体と、作成して制御する暗号化キーを使用したバックアップの自動暗号化を実現します。これにより、保存時および移動中のデータが常に安全になります。

自動パッチ適用

セキュリティの脆弱性に対するパッチの適用やアップグレードをダウンタイムなしでデータベースに実行します。パッチ適用中にもアプリケーションは引き続き実行されます。

データのプライバシー

データベース管理者は顧客データを見ることなくすべての管理タスクを実行できます。OSや管理者権限へのアクセスをブロックしてフィッシング攻撃を防ぎます。

機密データのセキュリティ

Oracle Data Safeは、トランザクション処理および混合ワークロード向けのOracle Autonomous Databaseに付属しており、機密データの検出、セキュリティ・リスクの評価、機密データのマスキング、およびセキュリティ管理の導入と監視を簡単に行うことができます。

高度な監査

パフォーマンスへの影響を最小限に抑えながら、すべてのイベントをログに記録します。分析、フォレンジック、コンプライアンスの監査をいつでも監視できます。


一貫性のある高いパフォーマンスの確保

高性能

データベースに最適化されたハードウェア、自動チューニング、およびインデックス作成を利用することで、他のクラウド・プロバイダよりも80%低いレイテンシと5倍以上のスループットを実現します。

常時オンライン

オラクルのGen 2 Cloud Infrastructure、Oracle RAC、Autonomous Data Guard、および毎日の自動バックアップの組み合わせを使用することで、99.95%を超える可用性を実現します。

人的ミスからの保護

Oracle Flashbackは、トランザクション処理および混合ワークロード向けのOracle Autonomous Databaseに付属しており、アプリケーション・スキーマの過失による変更をすぐに元に戻し、ユーザーをヒューマン・エラーから保護できます。行、トランザクション、テーブルなど、すべてのレベルでデータベース全体のリカバリをサポートします。


主要な業界アナリストによるオラクルに関する見解

KuppingerCole: Oracle Autonomous Databaseがクラウド・データベースとビッグデータ・セキュリティで総合1位を獲得

KuppingerCole: Oracle Autonomous Databaseがクラウド・データベースとビッグデータ・セキュリティで総合1位を獲得

レポートを読む(PDF)
Constellation Research

Wikibon: オラクルはAutonomous Databaseで最強のクラウド・データベース・プラットフォームを持っている

レポートを読む(PDF)
dbInsightによると、オラクルはクラウドとオンプレミスの両方で自律運転データベースを提供する最初の企業

dbInsightによると、オラクルはクラウドとオンプレミスの両方で自律運転データベースを提供する最初の企業

レポートを見る(PDF)

Autonomous Databaseの最新情報を見る

お客様事例をすべて見る

トランザクション処理および混合ワークロード向けのOracle Autonomous Databaseのお客様事例

お客様がOracle Autonomous Databaseを使用してトランザクション処理を高速化し、ビジネスを変革する方法について学ぶ。

CERN Openlabのロゴ
Grupo DPSP logo
Mestec logo
Siemens logo
Strandsのロゴ
Surdell and Partnersのロゴ
Consis Internationalのロゴ
BBVAのロゴ
JASCIのロゴ

「JASCIは、Oracle Autonomous Databaseによって、お客様が、拡大し続ける製品ラインの注文をさらに迅速に提供し、翌日出荷の時代に成功できるように、ロジスティクスに革命を起こしています。」

- JASCI Software、CEO、Craig Wilensky氏

トランザクション処理および混合ワークロード向けのOracle Autonomous Databaseのユースケース

トランザクション処理および混合ワークロード向けのOracle Autonomous Databaseの価格

共有インフラストラクチャ上のトランザクション処理および混合ワークロード向けのOracle Autonomous Database

製品
比較価格
(/vCPU)*
単価
単位
Oracle Autonomous Transaction Processing


1時間あたりのOCPU
Oracle Autonomous Transaction Processing - Exadataストレージ

1カ月あたりのテラバイト・ストレージ容量

専用インフラストラクチャ上のトランザクション処理および混合ワークロード向けのOracle Autonomous Database

製品
比較価格
(/vCPU)*
単価
単位
Oracle Autonomous Transaction Processing - 専用


1時間あたりのOCPU
Exadata Cloud Infrastructure - クォータ・ラック - X9M


1時間あたりのホスト環境
Exadata Cloud Infrastructure - データベース・サーバー - X9M


1時間あたりのホスト環境
Exadata Cloud Infrastructure - ストレージ・サーバー


1時間あたりのホスト環境
Oracle Cloud Infrastructure - Oracle Database Exadata Infrastructure - データベースサーバー - X8M


1時間あたりのホスト環境
Oracle Cloud Infrastructure - Oracle Database Exadata Infrastructure - ストレージサーバー - X8M


1時間あたりのホスト環境

  • 専用インフラストラクチャ上のトランザクション処理および混合ワークロード向けのOracle Autonomous Database向け:
  • –Database Exadataインフラストラクチャのサブスクリプションの最小期間は48時間です。

トランザクション処理および混合ワークロード向けのOracle Autonomous DatabaseのBring Your Own License(BYOL)

製品
比較価格
(/vCPU)*
単価
単位
Oracle Autonomous Transaction Processing


1時間あたりのOCPU
Oracle Autonomous Transaction Processing - 専用


1時間あたりのOCPU

*複数のクラウド・サービス・プロバイダの価格をさらに簡単に比較できるように、オラクルのWebページには、価格がコンピューティングベースの製品向けのvCPU(仮想CPU)とOCPU(Oracle CPU)の両方の価格が表示されます。製品自体、ポータル内のプロビジョニング、請求などでは、OCPU(Oracle CPU)ユニットを引き続き使用します。OCPUは物理CPUコアを表します。ほとんどのCPUアーキテクチャ(x86を含む)は、物理コアごとに2つのスレッドを実行するため、1つのOCPUはx86ベースのコンピューティングの2つのvCPUsと同等です。お客様にはOCPUごとに2つのvCPUのコンピューティング能力が提供されるため、お客様に請求される1時間あたりのOCPU料金は、先行インスタンスなどのサブコア・インスタンスである場合を除き、vCPU料金の2倍です。OCPUとvCPUの違いの詳細については、こちらを参照してください。

2022年1月7日

コストを最小限に抑制し、利点を最大限に享受: Oracle Database Standard EditionをOracle Autonomous Databaseに移行

オラクル、プロダクト・マーケティング・ディレクター、Youko Watari

OLTP、分析、または混合ワークロード向けにOracle Database Standard Editionをオンプレミスで運用している多くの企業は、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)内のフルマネージドのOracle Autonomous Databaseへの移行、またはデータセンター内のAutonomous Database on Exadata Cloud@Customerによる多くのデータベースの統合を検討できます。この移行シナリオのビジネスおよびテクノロジー上の利点をご覧ください。

投稿全文を読む

リソース

ドキュメント

トランザクション処理および混合ワークロード向けのOracle Autonomous Databaseのドキュメント

共有インフラストラクチャと専用インフラストラクチャにトランザクション処理および混合ワークロード向けのOracle Autonomous Databaseサービスを導入するための製品ドキュメントとHelp Centerをご覧ください。

クラウド学習

お客様の声

ガートナーのロゴ

エンタープライズ・ピアからのレビュー - ガートナーが検証

TrustRadiusのロゴ

検証済みのユーザーからの詳細なレビューに基づいた上位クラスのソフトウェアおよびサービス。

G2のロゴ

ユーザー評価とソーシャル・データに基づいたビジネス・ソフトウェアおよびサービス。

トランザクション処理および混合ワークロード向けのOracle Autonomous Databaseを使い始める


トランザクション処理および混合ワークロード向けのOracle Autonomous Databaseを無料で試す

300ドルの無料クレジットとAlways Freeインスタンスでトランザクション処理および混合ワークロード向けのOracle Autonomous Databaseをご覧ください。


仮想ワークショップに参加する

当社の製品エキスパートが毎週開催しているライブ・ハンズオン・ワークショップにご参加ください。


Oracle認定を取得する

オンライン監督テストにより、いつでもどこでも認定を受けられます。


お問い合わせ

詳細を知りたいですか?業界をリードする当社のエキスパートにご相談ください。

1 GARTNER PEER INSIGHTSロゴは、Gartner Inc.およびその関連会社の商標およびサービス・マークであり、ここでは許可を得て使用されています。All rights reserved.Gartner Peer Insightsレビューは個別のエンドユーザー・レビュー、評価、および文書化された方法に適用されるデータの主観を構成するものです。また、ガートナーとその関連会社の見解を表明するものでも、承認を構成するものでもありません。