該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Container Engine for Kubernetes

Container Engine for Kubernetes (OKE) is an Oracle-managed container orchestration service that can reduce the time and cost to build modern cloud native applications. Unlike most other vendors, Oracle Cloud Infrastructure provides Container Engine for Kubernetes as a free service that runs on higher-performance, lower-cost compute shapes. DevOps engineers can use unmodified, open source Kubernetes for application workload portability and to simplify operations with automatic updates and patching.

Watch the cloud native video (1:14)

OKEによるArmのサポート

Armは、モバイルアプリケーションを実行するための主要なプロセッサ・アーキテクチャになり、その傾向は現在サーバー側に移っています。Oracle Cloud Infrastructure(OCI)でAmpere A1 Computeプラットフォームを使用して、Armベースのアプリケーションを構築および実行できます。

OKEによるGPUのサポート

Oracle Container Engine for Kubernetes(OKE)でのグラフィックス・プロセッシング・ユニット(GPU)シェイプのサポートの一般提供を発表しました。GPUインスタンスを使用してKubernetesクラスターを構成し、GPUハードウェア支援処理に依存するアプリケーションを実行できるようになりました。

OKEの詳細

開発者向け機能

ワンクリックによるクラスター作成

基盤となる仮想クラウド・ネットワーク、インターネット・ゲートウェイ、NATゲートウェイなどで構成するKubernetesクラスターを1回のクリックで導入します。

完全なREST APIおよびコマンドライン・インターフェイス(CLI)のサポート

Kubernetesクラスターの作成、スケーリング、運用などのあらゆるアクションで、WebベースのREST APIとCLIを使用してKubernetesの運用を自動化します。

GPUおよびArmベースのインスタンスのサポート

OKEを使用してKubernetes環境でGPUおよびArmベースのアプリケーションを管理します。Oracle Container Image Registry(OCIR)を使用してマルチアーキテクチャ・イメージをサポートします。

クラスター管理料金が不要

Amazon Elastic Kubernetes Service(EKS)やGoogle Kubernetes Engine(GKE)とは異なり、Oracle Container Engine for Kubernetesではクラスターの管理料金が発生しません。


DevOpsの自動化

自動スケーリングを備えた高可用性のKubernetes

あらゆる市販リージョンやOracle Dedicated Region Cloud@ Customerで複数の可用性ドメイン(データ・センター)にわたって機能するクラスターを使用して、アプリケーションの可用性を引き上げます。ポッドの水平および垂直スケーリングを行うと同時にクラスターのスケーリングも行います。

Kubernetesクラスターの開発と運用の合理化

Oracle Visual Builder Studioまたはサードパーティのツールを使用して、クラウド・ネイティブ・アプリケーションの導入を自動化します。Oracle Cloud Infrastructure、DatadogAqua Securityをはじめとするパートナー各社のツールを使用して、これらのアプリケーションを監視し、保護します。

Kubernetesの自動アップグレード

ダウンタイムを発生することなく、コンテナ・クラスターを短時間で容易にアップグレードして、安定した最新バージョンのKubernetesで常に最新の状態に維持します。

自己回復型のクラスター・ノード

ノードの障害を検出したContainer Engine for Kubernetesでは、新たなワーカー・ノードを自動的にプロビジョニングしてクラスターの可用性を維持します。

ワーカーノード管理の容易化

セキュア・シェル(SSH)を介したフルアクセスにより、実績のあるDockerベースのコンテナ・ランタイムをワーカー・ノードに使用します。


移植性と柔軟性

オンプレミスと他のクラウドで機能するアプリの構築

OKEでは、アプリケーションの移植性に関する標準であるCloud Native Computing Foundation(CNCF)Open Container Initiative(OCI)に準拠した未変更のオープン・ソースであるKubernetesを使用しています。

あらゆるツールでクラスターを管理できる柔軟性

セキュリティ、フェデレーション、可観測性、ビルド自動化に、お客様独自のツールを使用できるほか、Oracleのパートナーを活用することもできます。

包括的で多彩な計算オプション

ベア・メタル、高性能コンピューティング(HPC)、仮想マシンの多彩なオプションから最適なコンピュート・シェイプを選択することにより、コストとパフォーマンスの双方を最適化します。

エンドツーエンドのコンテナ・ライフサイクル管理

コンテナのライフサイクルを、その最初から最後まで管理します。Visual Builder Studioでイメージを構築してテストし、Registryから導入してAutonomous Databaseに統合します。


パフォーマンスとセキュリティ

他のプロバイダーよりも優れたコスト・パフォーマンス

AWSと比較して、Oracle Cloudでは、半分の経費で3倍以上優れたコスト・パフォーマンスと20倍のIOPSを実現できます。

インフラストラクチャ、Autonomous Database、およびOracle WebLogic Serverとの緊密な統合

Container Engine for KubernetesはOracle Cloud Infrastructureと容易に統合できます。また、Service Brokerを使用してAutonomous Databaseと、WebLogic Operatorを使用してWebLogic Serverと、それぞれ容易に統合できます。

暗号化とコンプライアンス

Key Managementサービスを使用してKubernetesの機密情報を確実に暗号化でき、HIPAA、PCI、SOC 2とのコンプライアンスを維持できます。

プライベートKubernetesクラスターとセキュリティ

プライベートKubernetesクラスターを活用します。ネイティブのIdentity and Access ManagementIdentity Cloud Service、およびKubernetesのロールベースのアクセス制御(RBAC)を使用してアクセスと権限を制御します。


すべてのお客様成功事例を表示

Oracle Container Engine for Kubernetesのお客様成功事例

独立系ソフトウェアベンダーや研究機関をはじめとする各種の組織は、Container Engineを使用して開発効率の向上を図っています。

AgroScout社のロゴ
Beeline社のロゴ
Booster Fuels社のロゴ
Snap Tech社のロゴ
SPS de Mexico社のロゴ
Synacor社のロゴ
Zimbra社のロゴ
CERNのロゴ

CERN openlab社は、Kubernetes、Autonomous Database、およびWebLogic Serverによって100%のアップタイムを実現しています

Container Engine for Kubernetesのユース・ケース

  • 新しいコンテナベースのアプリケーションの作成

    Dockerコンテナで実行され、共通のAPIを通信で使用するマイクロサービスを管理します。

    サンプル・アプリの導入

  • Kubernetes上でのWebLogic Serverの実行

    リファクタリングせずに、Dockerfileでアプリとサーバーを定義します。CI/CDツールを使用して、それらをKubernetesに導入します。

    アーキテクチャの表示

  • クラウド・ネイティブ・アーキテクチャの設計と構築

    Oracle Cloud Infrastructureアーキテクチャ・センターで、多彩な品揃えのアーキテクチャとソリューションのハンドブックをご覧ください。クラウド・ネイティブ、Kubernetes、マイクロサービスなどを取り上げています。

    アーキテクチャの詳細を見る

料金設定

Container Engine for Kubernetesを使用したクラスター管理には追加料金が発生しません。お客様が支払う料金は、ワーカーノード(コンピューティング)などのコンテナ化したワークロード、ストレージ、およびその他の利用したリソースで使用したインフラストラクチャの利用料金のみです。オラクルは、マルチ可用性ドメインの親ノードを管理し、無償でお客様に提供します。

2021年3月16日

プライベートKubernetesクラスターの発表

オラクル、シニア・プリンシパル・プロダクト・マネージャー、Greg Verstraeten

Oracle Cloud Infrastructure (OCI) OKEは、エンタープライズグレードのKubernetesクラスターのセットアップと管理で発生する運用上の負担を軽減します。Kubernetesとそのエコシステムは複雑であることが知られているので、次の設計原則を念頭に置いてOKEを構築しています・・・

全文を読む

注目のブログ

すべて表示する

リソース

関連製品

Registry

コンテナ・イメージを扱うための安全で標準ベースのサービス

Functions

イベントとAPIによって駆動されるサーバーレス・プラットフォーム

Visual Builder Studio

アジャイル開発やCI/CDなどに向けた統合プラットフォーム

Resource Manager

Terraformベースのクラウド・インフラストラクチャを自動化

ここから始めよう


Oracle Cloud Free Tier

CI/CDツール、マネージドTerraform、テレメトリなどに30日間アクセスできます。


Oracle Cloud Nativeサービス

Kubernetes、Docker、サーバーレス、APIなどでアプリ開発を支援します。


ハンズオン・ラボ

Oracle CloudのKatacodaベースのインタラクティブなシナリオを試してください。


お問い合わせ

販売、サポート、その他の質問については、アソシエイトにご連絡ください。