該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle Cloudの料金 — 低料金で予測可能

Oracle Cloud Infrastructureは、すべてのリージョンとサービスにわたって予測可能な低料金を提供します。概念実証から完全な本番環境に向けて導入規模が拡大しても、驚くほどのコストをかけずに、増大した価値を享受できます。

低料金かつ高パフォーマンスの利点

エンタープライズ・ユーザーとテクノロジー・ベンダーはどちらも、予算を立てて事業を運営するためにコストの予測可能性を求めています。クラウドでアプリケーション、データベース、大規模なワークロードを実行するためのコストを予測することは極めて難しく、予期しない費用につながる可能性があります。しかし、Oracle Cloudにはこれは当てはまりません。オラクルの料金体系はシンプルで、データ出力やストレージ性能といった使用量を推測しにくい要素に関して驚くようなコストが発生することはありません。また、どのリージョンでも料金は同じであり、Oracle Cloudでグローバルに展開しても隠れたコスト差異は生じません。そのため、オラクルのクラウドは、業界をリードする価格性能と大きなビジネス価値をもたらします。

 

「当社は、柔軟性と選択肢を提供することで、企業がクラウドを購入して使用する方法を完全に変えようとしています。今日では、低料金と高いパフォーマンス、充実した自動化を組み合わせて、お客様の総所有コストの削減に貢献しています」。

—Larry Ellison、オラクルの会長兼最高技術責任者

Oracle Cloud — 簡単に始められる

オラクルの料金モデルはシンプルで、クラウドをすぐに稼働させてより多くの価値を引き出せるように作られています。すでにOracleソフトウェアに投資しているお客様は、オラクルのライセンス持ち込み(BYOL)料金をご利用いただけます。

クラウドアイコン

シンプルな単価料金

基本単価が低く、料金は使用した分だけしか発生しないため、サービスを手軽にプロビジョニングできます。Oracle IaaSおよびPaaSサービスの使用は1時間ごとに計測され、消費されたリソースに対してのみ課金されます。サービス、リージョン、データ・センターは柔軟に切り替えることができ、その都度オラクルに知らせる必要はありません。

利点

  • クラウド・リソースの迅速なプロビジョニングとスケーリング
  • 24か所のグローバルなデータ・センターを利用可能
  • すべてのサービスを毎日低料金で使用できる
クラウドアイコン

ライセンス持ち込み

ライセンス持ち込み(BYOL)を使用すると、現在のオンプレミスのOracleソフトウェア・ライセンスをクラウド上の高度に自動化された同等のOracle PaaSおよびIaaSサービスに適用できます。現在のライセンスを対応するOracleサービスに対して使用でき、ワークロードの互換性はOracle CloudまたはOracle Cloud@Customerにおいて100%維持されます。

利点

  • 既存のオンプレミス・ライセンスを利用して、より低コストでOracle Cloudに移行する
  • オンプレミスのメンテナンスに必要な管理と運用のコストをさらに削減する
  • 既存のオンプレミス・サポート契約を通じてサポートを受けられる

Oracle Cloudコスト試算ツール

Oracle Cloudの料金モデルは、幅広いテクノロジー・ユースケースをサポートするシンプルな単価構造に基づいています。使用料金がどれだけ安価になるかを試算するため、コスト試算ツールでオラクルの各種サービスをニーズに合わせて構成してください。

コスト試算ツールのサムネイル

Oracle Cloud Free Tier

オラクルは、Autonomous Database、Compute、Storageなどの一部のサービスについて時間制限のない無料枠を設けています。また、その他のクラウド・サービスをお試しいただくために300ドル分の無料クレジットもご用意しています。詳細を確認し、今すぐ無料アカウントにご登録ください。