新しい5Gコア向けのセキュアなクラウド・ネイティブ・シグナリング・ソリューション

Oracle 5G Service Communication Proxy(SCP)は、ルーティング制御、回復性、およびコアネットワークの可観測性を提供し、事業者が5Gネットワークを効率的に保護および管理するのに役立ちます。オラクルのSCPでは、ITサービスメッシュ(ISTIO)を利用し、重要な機能を追加して5G対応を実現します。これにより、5Gコアで新しいサービスベース・アーキテクチャ(SBA)がもたらす多くの課題に対処できます。

Oracle 5G Service Communication Proxy(SCP)
ビジネス上の主なメリット:

SCPのビジネス上のメリット

  • 5Gコアネットワーク機能インスタンス間の効果的なロードバランシングを実現して、ネットワーク効率を向上
  • 5Gコアネットワークを可視化
  • 新しいサービスや機能の導入および拡張を簡素化
  • ネットワークの複雑さの軽減とメンテナンスコストの削減を支援
  • 通信サービスプロバイダ(CSP)が相互運用性の問題を解決し、より優れたサービスを顧客に提供できように支援

5Gシグナリングリソース

ウェビナー

ウェビナー:5Gにおけるシグナリングの重要な役割

5G市場で成功するために堅牢なシグナリング・インフラストラクチャが不可欠である理由についてのインサイト

ブログ

ブログ:5Gネットワークの頭脳としてのシグナリング

シグナリング・インフラストラクチャで5Gネットワーク・アーキテクチャの堅牢性を判断する方法をご確認ください。

研究論文

ABIアナリストレポート:5Gにおけるシグナリングの重要性

スケーラブルで柔軟なシグナリング・インフラストラクチャは、5Gの取り組みを成功に導く鍵です。


活用方法を見る

SCPの主な特徴

オラクルがカテゴリを提案

  • オラクルが3GPPでSCPの標準化を主導しました
  • SCPでは、世界で最も要求の厳しいキャリア・ネットワークに導入されている、安全で信頼性が高く、堅牢な3Gおよび4Gネットワーク・シグナリング・ソリューションのエンジニアリングとサポートに関する10年以上にわたる専門知識が活用されています

5G対応

  • CSPが、特にトラフィック・ルーティング、優先順位付け、オーバーロード制御、ロードバランシング、およびインタワーキングに関連して、新しい5GコアSBAで発生する課題を克服するのに役立ちます

セキュリティ

  • 非常にセキュアなクラウドネイティブ環境を使用して設計されており、ベアメタルおよびVMインフラストラクチャに柔軟にデプロイできます
  • オラクルは、セキュアなソリューションの提供に取り組んでいると同時に、お客様がオラクルのテクノロジを使用してセキュリティおよびコンプライアンスの要件を満たすことができるよう支援します。詳細を見る(PDF)

より効率的な5Gネットワーク

  • 5G対応のロードバランシングを実現
  • 5G代替ルーティングの負荷を軽減
  • 5Gベースのトラフィック優先順位付けを実現
  • プロデューサの検出と選択の負荷を軽減
  • 5Gメディエーションをサポート
  • カナリアテストをサポート
  • ハイブリッドデプロイメントに対応
  • 5G加入者ロケーション機能(SLF)に対応
  • 標準を上回り、NRFとの相乗効果を実現

信頼性

  • 最新の3GPPリリースに準拠
  • Tier 1事業者からの信頼
  • コンテナおよびVMベースのNFをサポート

Oracle Communicationsをフォローする