メール・マーケティングとは

メールマーケティングにおけるOracle Responsysの詳細を見る

メール・マーケティングとはどのように結果を出しますか?

メール・マーケティングは、メッセージを送信し、反応を追跡し、登録解除者を把握することが重要です。マーケティング戦略がメールに依存している場合は、メール・マーケティングが引き続き健在であることは喜ばしいでしょう。調査会社であるEconsultancyによると、メールは引き続きマーケティング・ミックスの重要な要素であり、ほとんどの企業(72%)はメールのROIを「良好」または「優秀」と評価しています。

メールを効果的に活用するためには、メール・デザインのベスト・プラクティスを熟知し、メール配信率を見極め、特定のオーディエンスをターゲットにした魅力的なコンテンツを開発する才能が必要です。

メール・マーケティングを始める

常に進化し続けるマーケティングやメール・マーケティングの世界において、マーケティング担当者は、どこにエネルギーと時間を費やすと、最高の結果を得ることができるかを知ることが難しい場合があります。マーケティング組織がメール・マーケティングに取り組む際の優先順位付けを行うため、500人以上のデジタル・マーケティング・エキスパートを対象に、幅広いメール・マーケティングの技術や戦術の評価、および2020年に予測されるビジネス・インパクトに関する調査を実施しました。

このマーケティング・アンケートが、メールの送信から返信の確認、登録解除者の管理、エンゲージメントの監視、結果の追跡まで、メール・マーケティング・キャンペーンの実施に活用できるプラットフォームやテクノロジーを決定するための一助となることを願っています。

自動化されたメール・マーケティング・キャンペーンを構築するには、まず、メール・サービス・プロバイダー(ESP)またはCRMソリューション・プロバイダーを選択する必要があります。ご予算、機能要件、販売プロセス、マーケティング組織、データベースのコンタクト数などによって、お選びいただけます。

メール・マーケティング・リストの作り方

家を建てる場合、最初に作るものは基礎です。この考え方は、メール・マーケティング・プログラムを構築する際にも当てはまります。どのように、どこで、いつ、リストを作成するかは、メール・プログラムの成功のために、他のどのようなものより重要な要素です。配信率の向上には、関連性のある熱心なオーディエンスが重要であり、適切なメーリング・リストを持つことは良いスタートとなります。

メッセージの送信と返信の管理を行うプラットフォーム/ソリューションを選択したら、次はメール・リストの作成に集中しましょう。明らかに、メール・マーケティングはスパムではありません。実際は、Webサイト閲覧者が自発的にオプトインして、市場性のある名前のデータベースに追加されるところから始まるのが一般的です。オーディエンスは、メールを求めており、受信することを期待しているはずです。また、ニュースレターまたはウェビナーに登録しているか、サイトのフォームに入力しているか、ソーシャル・メディアでフォローしている可能性があります。メール・リストを購入するのでも、メール・アドレスを他から調達するのでもなく、意見を聞きたいと考えている人でメール・リストを作成する方が適切です。

こうすると、メールをさらに確実に受信者が求めるものにすることができます。たとえ受信者の関心やビジネスに関連するものであっても、無作為にメールを送ることは、コールド・コールと同じです。オーディエンスは、連絡を求めておらず、受け入れない可能性があります。メール・マーケティング・リスト構築のベスト・プラクティスは、以下をご参照ください。

メール・ベスト・プラクティス - 強力なウェルカム・プログラムの作成

最初に登録者がリストに追加されたら、登録者をプログラムに歓迎する一連のメールを登録者に送信することを推奨します。このようなメールでは、オプトイン/パーミッションのポリシーを明確に伝え、今後のメールに期待するものを設定する必要があります。また、この機会にメール配信の頻度や、必要に応じてオプトダウンや設定変更の方法も伝えておくとよいでしょう。シンプルなウェルカム・キャンペーンは、新しい登録者との良好な関係を築くのに大いに役立ちます。

新規メール・アドレスの獲得は、マーケティング担当者にとって金のなる木ですが、エキスパートはその危険性を指摘しています。新規登録者は、開封もクリックもしない新規登録者に何度もメールを送信することはハイリスクな賭けであるため、Spamhausに登録されるリスクがあります。この新しく取得したメール・アドレスは、スパム・トラップである可能性が高く、メールを繰り返し送信すると、メールがブロックされる可能性があります。

次のレビュー・プロセスがあります。

新しいメーリングのレビュー・プロセスに合意します。レビュー・プロセスを持つことで、適切なステークホルダーを巻き込み、質の高いコミュニケーションを実現します。

すべてのチームとのコミュニケーション:

他の部門がコミュニケーション活動を意識していることを確認します。このため、顧客担当の従業員は、キャンペーンに関する顧客からの問い合わせに対応するために必要な情報をすべて把握できます。

メッセージの一貫性の維持:

コンテンツを整理および維持します。コンテンツが適切に整理されていると、コミュニケーションに一貫性が生まれ、新しいメッセージを効率的に作成できます。

レポート・ツールの使用:

メーリングの成功を追跡するために、適切なレポート・ツールがあることを確認します。

その他のメール・ベスト・プラクティス - 継続的なメール・リスト管理

メール登録者基盤の増加:

顧客からメーリング・リストにオプトインしてもらうことで、登録者基盤を有機的に増やすことができます。顧客の許可を得てコミュニケーションをとることで、信頼、ブランド・ロイヤルティ、レスポンス率を高めることができます。

メール・オファー - 登録者への付加価値の提供:

特典、優先ケアなどの割引を提供して、オプトイン率を高め、時間の経過とともに顧客が登録解除(オプトアウト)する可能性を低くできます。

迷惑メールを送信することも、メール・リストを購入することも、しないでください。

エキスパートによると、新規登録者にメールを送る場合、新しいメール・アドレスの性質が証明されていないため、常にスパム・フィルターを作動させるリスクが高くなるとのことです。このため、常に最新のウェルカム・キャンペーンを行うことが非常に重要です。新規のメール登録が滞ると、スパム・フィルターに引っかかるリスクも高まります。

次の追記、レンタル、および購入済みリストには、手を出さないでください。

このような戦術は、ブランドを損ない、配信率に大きな問題を生じさせます。アドレス・セグメントは、開封率とクリック率が非常に低く、レスポンスが悪いという特徴があります。また、このようなユーザーは、送信者からメールを受信することを予期していなかったため、リストには多くのスパム・トラップがヒットし、バウンス、登録解除、苦情が多く発生する可能性があります。このため、送信者の配信率に関するレピュテーションが危険にさらされ、復旧に多大な労力を必要とします。

メール登録者基盤の定期的なクリーンアップ:

高品質の登録者基盤は、メッセージを受け取りたい顧客だけにメッセージを届けることを実現します。これは、メールがスパムとして分類される可能性を低下するだけでなく、米国の法律で義務付けられています。

次のオプトイン確認メールを送信して、期待感を持たせます。

このメールを送信すると、受信者がメールの受信を希望しており、メールが指定されたアカウントに配信されることを確認できます。

メール・ターゲティング - オーディエンスを知る

マーケティング担当者は、データベースを構築し、オプトイン登録者のリストを増やした後、送信するメッセージがターゲットとなる受信者に適切であることを確認するために、通信量とコンテンツを監視する必要があります。

マーケティング・コンテンツのテスト、最適化、および監視によって、エンゲージメントを高め、開封率を上げ、オプトアウトを減少させる機会を得ることができます。結論: オプトアウトが増加し、開封率またはクリック率が減少すると、売上が増加していないことは確実です。

ターゲティングの工夫は、エンゲージメントを向上するために役立つ方法の一つです。マーケティング担当者は、リンク・ターゲティングによって、メールボックスをさらにパーソナライズできます。また、キャンペーンやジャーニーの各ステップにおいて、よりターゲットを絞ったメッセージで、より多くのメールを活用できます。より多くのメールではなく、より的を絞ったメッセージを送信します。

どれほどターゲットを絞ったメッセージも、メール配信率は成功に不可欠です。スパム・フォルダにメールが滞留しないようにしましょう。それを避けるには、メールをデザインする際に、メール・ベスト・プラクティスを利用することが最適です。ベスト・プラクティスの導入に時間をかけることで、メール・キャンペーンの全体的な成果を高めることができます。また、ESP、メール・マーケティング・ソフトウェア、マーケティング・オートメーション・ベンダーの配信率評価も慎重に検討する必要があります。

メール・マーケティングの多用途性 - ペルソナを知る

プライベートでも仕事でも、ほとんどすべての人がメールを利用しています。携帯電話、モバイル・デバイス、およびパソコンで常にチェックしているため、メールで簡単に連絡できます。このため、メールは人とつながり、関わりを持つための簡単で費用対効果の高い方法です。また、メールは、ストーリーを伝える、ニュースを共有する、製品とサービスの情報を提供する、クーポンなどの特典で販売を促進するなど、クリエイティブな戦略に応じたさまざまな方法で使用できます。数え上げればきりがないほどです。

デジタルマーケティング担当者の多くが、包括的なマーケティング戦略の一環としてメールが重要な役割を担っていることを認識していたのは、かなり前のことです。メールは、見込顧客を育成し、顧客にコンバージョンするために、非常に効果的であることが証明されています。既存の顧客基盤がアドオンなどの製品とサービスを購入したいと考えている場合、メールは連絡を取るための優れたチャネルです。既存の顧客との関係を維持して、顧客とブランドとの結びつきが強まり、ビジネスを他の人に紹介するアドボケイトになる可能性があります。

メールには、他のコミュニケーション・チャネルと比較して、どのような利点があるでしょうか?

メールは、人々の生活の中に常に存在し、マーケティングやコミュニケーションの一形態として受け入れられています。しかし、毎日多くのメールがメールボックスにあふれる中、どうすれば目立つことができるでしょうか?メールを確実に読んでもらい、削除されないようにするには、どうすればよいでしょうか?

この2つを忘れないでください。

メールは関連性のあるものである必要があります。 見込顧客が気にかけていること、関心を持ちそうなことである必要があります。よりパーソナライズされたものであればあるほど、見込顧客がそれを読み、行動を起こす可能性が高くなります。
見込顧客の関心を引く必要があります。 件名は、見込顧客がメールを開封したくなるような内容になっていますか?そのコピーは、「もっと欲しい」と思わせるものですか?提供した情報またはニュースは有益ですか?受信者がメールを開封し、さらにアクションを起こすような動機付けが必要です。

メール分析 - 調整

ほとんどのメール・マーケティング・システムに搭載されている分析機能を使用すると、新しいメール・キャンペーンをテストし、結果を分析し、調整できます。マーケティング担当者が最もよく見る指標は、開封率、クリック率、登録解除率、および直帰率です。

開封率 送信したメールを開封した人の数。
クリック率 メールを開封し、その中のリンクをクリックしてアクションを起こした人の数。また、サイトにアクセスするか、ニュースレターまたはウェビナーに登録する可能性があります。
登録解除率 リストからの登録解除を希望する人の数。
直帰率 受信者のメール・サーバーから返送されたためにメールを受け取れなかったリスト上のメール・アドレスの数。ハード・バウンスは、メール・アドレスが無効である場合、発生します。ソフト・バウンスは、メールボックスがいっぱいである、送信者名が不明であるなど、別の理由でメールが返送される場合、発生します。

コンテンツ・マーケティングとメール・マーケティング

メール・マーケティングは、最も忠実な顧客や関心のある見込顧客を含む、より多くの人々にメッセージを届けるための主要なチャネルの一つです。ここ数年で、よりダイナミックなコンテンツのテスト・ドライブやメッセージのパーソナライズを実現するさまざまなツールやテクノロジーに広がっています。コンテンツ・マーケティングとメール・マーケティングのパートナーシップは、かつてないほど強固になっています。

オーディエンスの注目を集めるためには、多くの競合が存在することを忘れないでください。人々には仕事や家庭があり、その他にもオンラインの気分転換が何百万もあります(他のメールも含めて)。相手の注意をすぐに引き、素早く本題に入る必要があります。

メールのコピーは、簡潔でシャープである必要があります。無駄な言葉を使わないでください。件名は関心を引くもの、見出しは可能なかぎり少ない文字数にする必要があります。メッセージの本文、つまりメールのコピーそのものは、簡潔であることが必要です。受信者は、メールを開封したら、上下にスクロールせずに、メール全体を見ることができる必要があります。見込顧客の注意を引いたら、それを無駄にしないようにしましょう。長すぎるメールは誰も読みたくないものです。

文章をわかりやすくする努力をしてください。ミステリアスである必要はありません。必要だと思うことをすべて伝えればいいのです。ブランドのプロモーション、製品の販売、情報の共有など、どのような場合でも、相手にストーリーを伝えましょう。ストーリーテリングは依然として最適なコミュニケーション手段です。しかし、簡潔にしてください。

メール・デザイン - メールのデザイン方法

次に、メール・デザインに対応します。メールの画像やデザインは、目に優しく、強い印象を与えるものにする必要があります。また、コピー、および伝えようとしているメッセージと一致する必要があります。また、ブランドの声とトーンを反映したものにする必要があります。

メールは、読みやすく、わかりやすい必要があります。このために、コピーとデザインが連動しています。ビジュアル(インフォグラフィック、地図、グラフ)は、数行のコピーより簡潔で強力に製品の利点を伝えることができる場合が多いです。

人々がパソコン、携帯電話などのモバイル・デバイスでメールを読んでいることに留意してください。モバイルとパソコンの両方でメール・デザインがどのように見えるかを検討します。モバイルとWebの両方に最適化したメールを作成するマーケティング担当者もいると、それぞれ別のバージョンを作成することを好むマーケティング担当者もいます。

メール・テストの価値

メール・マーケティングでは、テストしていないということは推測しているだけということです。メール・マーケティングの成果を上げるには、テストすることが最適です。どの件名が最も効果的ですか?どの行動喚起がより良いパフォーマンスを示しましたか?このような要素のすべては、簡単にテストできます。たとえば、A/Bテストでは、メールの2つ以上のバージョンをテストし、パフォーマンスを比較できます。

テストを実行し、指標を見て、メール・マーケティングの微調整と改善を学ぶことができます。見込顧客の反応を見ながら、マーケティング戦略を微調整し、最高の結果を得ることができます。

1. 小さな変化を起こす - 大きな変化を目撃する

ブランドは、件名、プレヘッダー、行動喚起など、メールの個別の側面をテストして、さまざまな顧客層に応じて、メール・コンテンツを可能なかぎり関心を引くものにする方法を理解できます。たとえば、衣料品小売業者では、個々のドレスの画像、ドレスを着たモデル、ドレスに合うお勧めのアイテムの画像を含むメールを顧客に送り、どのフォームが最も顧客のクリックを促すかを確認できます。

2. ブランディングの限界に挑戦する

メールの視覚的なインパクトは、それを開封する消費者にとって非常に重要です。ブランドは、色調やヒーロー画像の配置(メール内の売れ筋商品の配置)、さらには文章のトーンやスタイルを変えることで、限界を超えることを恐れず、顧客を興奮させる革新的な方法を発見する必要があります。

3. 決して思い込まない

ブランドは、異なるオーディエンスがどのようにメールに反応するかを予測することはできません。ある顧客は、関連の推奨製品など、ソフトで教育的なメッセージを好む一方で、「今すぐ買いましょう」と促すような販売促進バージョンに夢中になる顧客もいます。

4. 結果を受け入れる

テストとは、既存の前提を確認することではなく、メール・マーケティング・キャンペーンを形成する新しい動向と消費者行動を探すことです。顧客はモバイル・デバイスでメールを読んでいますか?また、推奨製品とエディトリアル・コンテンツを好みますか?あるいは、営業と販促の情報の方に関心があるのでしょうか?このような分析情報は、顧客の関心に合ったキャンペーンを行う上で欠かせないものです。覚悟してください。期待どおりの結果を得ることができるとはかぎりません。しかし、顧客の好みに耳を傾け、それに応えることが、大きな販売成果を上げるための最適な方法です。