申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

エンタープライズ・リスク管理(ERM)とは

エンタープライズ・リスク管理(ERM)は、組織のリスクを管理するためのフレームワークです。組織リスクは広範な期間にあります。従業員の安全の確保、機密データの保護から、法的規制の順守、金融詐欺の防止まで、さまざまな問題に対応できます。リスクには、機器の誤動作などの内部的なもの、または自然災害などの外部的なものがあります。リスクとみなされる事項は、エンティティによって異なります。

従来、リスクの管理は企業が自社、従業員、株主、顧客、およびコミュニティ向けに生み出す価値への損害を最小限に抑制すると見なされています。すべての企業は、組織に対するリスクとして認識するものを決定し、ある種のリスク評価を実行します。ERMフレームワークは、組織が目的を無事に達成できるように、想定リスクを管理する一連の原則と手順です。

つまり、リスク管理ソリューションでは、企業を危険から保護し、ビジネス・パフォーマンスを向上するチャンスを生み出します。

リスクを適切に管理して、ビジネス継続性を実現できます。ビジネス継続性管理(BCM)はERMに関連しています。BCMは、潜在的な脅威を検出し、脅威が現実化した場合に備えて計画するために、企業が使用する管理プロセスです。企業は、BCMによって、顧客、サプライヤ、および従業員への義務を果たすことができます。

エンタープライズ・リスク管理の最新のビューは、潜在的な問題のリストをコンパイルするだけでなく、組織目標を達成する可能性を高めるために役立つということです。

オラクルはリスク管理ソフトウェアが資産の保護だけではないというアプローチを採用しています。リスクを意識した文化を醸成して、従業員が最も十分な情報に基づいて意思決定できるようにします。オラクルの使命は、常時稼働、統合、調整、ビジネスと連携するリスク管理ソリューションを実現することです。

ビジネスの成功を支えるリスク管理にERMツールが不可欠な理由

ビジネス目標が何であろうと、企業リスク管理は達成を支援できます。すべての企業が何らかの方法でリスク管理を行っていますが、正式なERMプロセスでは、方法とプラクティスが導入されるため、成功の可能性を体系的に高めることができます。リスク管理がない場合、企業は、不適切な意思決定を行う可能性が高くなり、準備を十分に行うことができず、ビジネス目標の一貫性のある達成に苦慮します。

この2年間で顕著になったことは、企業は想定外の事態に備えるしかない、ということです。企業は、従業員への支援体制が不十分であったり、サプライチェーンの課題、予測不可能な財務面など、さまざまな問題によって厳しい試練にさらされてきました。こうした中で、アジャイルかつ柔軟でデータ・ドリブンなERMが必要であることは明らかでしょう。

たとえば、セキュリティは常に懸念すべき対応事項として取り上げられます。しかし、企業が在宅勤務を義務化したことで、新たな緊急性を帯び、再び注目されるようになりました。急激な動きによって、多くの企業はオフサイト・プロトコルに合わせてオンサイト・プロトコルを変更しました。内部関係者による脅威、金融詐欺など、さまざまな問題から企業とその従業員を引き続き保護するだけでなく、データ・プライバシー、IP保護、現金保持、および法的規制の順守に対処することもできます。

多くの企業はイノベーションと成長に重点を置いています。しかし、長期的に成功を収めるのはレジリエンスの高い企業のみです。なぜならば、彼らのビジネス戦略はリスクとその対策にも取り組んでいるからです。最良のビジネス・プランとは、進化する市場やビジネス・モデル、規制への対応に迅速に対処することができるものです。たとえば、監査の自動化やセキュリティ監視を含む最新のリスク管理システムを導入している企業は、国境を越えてもこれらの業務をリモートで引き続き行うことができます。これにより、出張制限を受けながらも円滑な業務遂行が可能となり、危機が収束した後も効率性とコスト削減のメリットを享受することができるのです。

適切なエンタープライズ・リスク管理フレームワークの構築

ERMは、特定のステップ、マイルストンおよび利害関係者を持つビジネス・プロセスです。信頼性が高く効果的なERMフレームワークは、コミットされた利害関係者の関与に基づいており、実質的で実用的なデータおよび堅牢なインテリジェンスによってサポートされます。

ERMフレームワークの目的は、主要なビジネス・リスクを識別、評価、および分析し、そのリスクが経過した場合にマイナスのビジネス・インパクトを最小限に抑えるために役立ちます。ERMフレームワークはコンテキスト主導型であり、すべての事業部門にわたってモデル化する必要があります。異なる機能は異なるタイプのリスクとさまざまなレベルで脆弱であるためです。最後に、ERMでは内部リスクと外部リスクの両方を考慮し、このようなリスクで機会を作成する方法を検討する必要があります。

たとえば、新規市場に参入したり、新規会社を買収している場合、リスク・モデリングを適用して、すべてのビジネス・ユニットおよび機能の潜在的な影響を理解する必要があります。堅牢なデータ分析、AIおよび機械学習(ML)では、シナリオおよびモデルの作成によって、危害の可能性だけでなくビジネスの成長の可能性をピンポイントできます。

クラウド・テクノロジーと分析が変える、企業のリスク管理

ERMアリーナでは、他の多くの企業プロセスと同様にテクノロジーが革新的です。テクノロジーが企業のリスク管理を強化する3つの重要なポイント

1.プロセスが、さらにデータドリブンになります。歴史的に、リスク対策は非常にトップダウンなものでした。企業のリーダーが企業リスクを特定し、彼らの言った通りに実行してきました。テクノロジーは、既存のリスクを分類し、信頼性の高い情報に基づいて新しいリスクを特定するためのデータに基づくボトムアップの機能を提供します。この機能によって、状況は変化しました。また、ERMを既存のプロセスに統合し、このようなプロセスに関するデータを収集すると、リスク管理がさらに強力になるでしょう。

2.プロセスが、さらに簡単でデジタルになります。クラウド・テクノロジーによって、複数の事業部門、場所、および部署で業務を統合および調整するわかりやすくセキュアなワークフローが実現します。多くの企業がリスク管理プロセスをスプレッドシート、Webサイト、およびメールに依存しています。セキュアなリスク・ガバナンス・プロセスがない場合、企業は、リスクを検出することも、リスクに備えることもできないため、データ漏洩の可能性が生じます。一方、クラウド・リスク管理などのデジタル・プラットフォームへの移行によって、ERMの有効性が大幅に向上し、組織全体の評価が簡単になり、これは成功に不可欠です。

3.サイバーセキュリティは全社の関心事であり、経営層の最優先事項となっています。テクノロジーによってデータが爆発的に増加し、従業員の働き方がますますリモート化したことで、サイバー攻撃の深刻さと頻度が増しています。また企業は、デジタル基盤のセキュリティ確保において、金融規制当局からより厳しい要求を突きつけられています。多くの企業にとって、ユーザーのアクセスや行動を継続的に監視するプロアクティブなリスク管理戦略は、サイバーセキュリティの取り組みの次なるステップとなるでしょう。

ERMソリューションで探すもの

組織のリスクとコンプライアンスの取組みにおいて、テクノロジーを導入する準備が整ったら、以下の機能を備えた、専用のERMソリューションを探してみましょう。

  • シンプルさ:まず第一と第一に、すべての利害関係者が使用するERMソリューションが簡単である必要があります。効果的なマルチステークホルダー・エンゲージメントが必要なため、これは非常に重要です。ERMはスタンドアローン・プロセスではありません。既存のシステムに深く統合する必要があるため、組織内のすべての意思決定者に簡単にアクセスでき、継続的な入力を簡単に提供できます。
  • 統合:ERMプログラムとテクノロジーの導入は、組織の他の部分から独立したり、切り離したりすることはできません。多くの場合、サイロ化されたリスク管理ソフトウェアは他のステークホルダーに影響を及ぼしません。この状況では、ERMはコラボレーション、影響、および体系的な導入のない手順であり、このようなすべては成功に不可欠です。かわりに、組織全体でリスク認識の文化を築くことを目的としています。
  • エンゲージメント:リスク管理ソリューションを検討する際には、そのソリューションが組織内のすべての利害関係者を巻き込む可能性があるかどうかを評価しましょう。また、主要な決定要因です。従業員が使用できるように、直感的で使いやすいソリューションを選択します。デジタル・リスク管理はテクノロジーに基づいていますが、本当の成功は、フロントラインと組織の両方のリーダーと関わることで、誰もが日々の責任と意思決定に携わり、小規模で大規模になるからです。
  • 標準とベストプラクティス:すべてのERMソリューションでISO規格とベストプラクティスを遵守し、開始のための標準分析セットを含める必要があります。

ERMがすべてのシステムのファブリックの一部になると

ERMソリューションが財務、人事およびサプライチェーン・システムに完全に統合されている場合、ビジネス全体でさまざまな問題、イベントおよび可能性をモデル化して、潜在的な影響および機会を得ることができます。これにより、ビジネス全体の監視やリスクの特定、リスク軽減に向けた計画を作成することができます。プロアクティブなリスク管理戦略を持たない組織は、混乱が生じたときに受動的になりやすく、危機的な状態に陥ってしまいます。

自社を守る強力なリスク管理のフレームワーク

エンタープライズ・リスク管理ソリューションの利点とは

クラウドで提供される標準の特性と利点はERMソリューションに適しています。また、迅速に導入でき、はるかにセキュアであり、常に有効です。ERMイベント(システム・ダウンタイム、内部または外部の力による業務の中断など)の状況では、ビジネスを保護し、常に運営するために、常時使用可能なインフラストラクチャが不可欠です。

また、効果的なERM導入にはコラボレーションが不可欠です。クラウド内のコラボレーションは非クラウド環境よりはるかに簡単です。

また、クラウドでは、効果的なリスク管理ソリューションを生み出すことは、多年的なプロジェクトではなく、膨大なリソースと時間を投資する必要があります。その点、クラウドのリスク管理ソリューションは、短期間(多くは数日以内)に導入することが可能です。つまり、迅速に移行し、すぐに利点を享受できます。

エンタープライズ・リスク管理の未来とは

今日の多くの企業にとって、ERMは分離され、分離された活動のセットであり、最新のテクノロジーを活用して、リスク関連の重要な意思決定を支援できません。このような結果を招いてはいけません。デジタル化されたテクノロジーとクラウドの組み合わせによって、統合された流動的なプラットフォームを提供して、誰もが簡単に、組織の大きな利点を享受できます。

今後は、ERMの普及とデータドリブンがはるかに高まって、すべての意思決定とプロセスの不可欠な要素となります。堅牢なデータ、AI、MLを使用してERMを推進して、リスクを明確化するだけでなく、組織全体の活動の一部でもリスク管理を図ることができます。この反復では、ERMはすべての人が行う操作のファブリックになります。

AIおよびMLをERMクラウド・ソリューションに組み込んだことで、コア・ビジネス・プロセスで疑わしい活動を継続的に監視し、内部の脅威をなくし、準備と応答を調整できます。ソリューションでは、ステークホルダー向けに特に設計されたダッシュボードによって、情報が表面化するため、分析結果に簡単にアクセスできます。どのようなリスクが発生してもミッションクリティカルなオペレーションを継続できるよう、アセスメントからリカバリに至るまで、総合的なアプローチをとる必要があります。

ERMは、リスクにもかかわらず、組織がさらに広い目標を達成し、成功のチャンスを拡大するために役立つ、害を最小限に抑えるだけではありません。

クラウドERPとリスク管理の組み合わせが有効な理由

ビジネス・リーダーは、不確実性と混乱というのは常に存在するものだと理解しています。次の社会的、環境的要因、破壊的な新しいビジネスモデル、新興の競合他社を常に予測することはできません。しかし、こうしたことへの対応を管理し、迅速に行動することはできます。このように、ERPに対する最新のアプローチとリスク管理によって、企業の存続と確信を持った大胆な意思決定を可能にするのです。リスク管理ソリューションを重要なERPの業務プロセスに完全に組み込むことで、成長やコンプライアンス、セキュリティを維持する適切なフレームワークを得ることができます。さらに、高度な統制と自動化が組み込まれているため、以下のことが可能になります。

  • ユーザーアクセスの監視と制御を自動化する
  • AIでユーザーの行動を継続的に監視する
  • 財務報告およびコンプライアンスの簡素化