申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

サプライチェーン・マネジメントと人事向けのひとつのクラウドで、サプライチェーンの混乱に打ち勝つ

SCMと人事の統合ソリューションは、フロントラインとオペレーションの、従業員のエクスペリエンスと定着率を向上させ、需給計画、物流オペレーション、採用、人材管理における可視性とインサイトを提供します。その結果、サプライチェーンのパフォーマンスと顧客満足度を向上させることができます。

分析のスクリーンショット
従業員に関するインサイトを得るためのデモをご覧ください(4:39)
オラクルによる、将来を見据えたサプライチェーン構築の支援

オラクルは、企業がサプライチェーンの混乱を最小限に抑え、従業員の定着率を高められるよう、支援を提供しています。最新のeBookでは、人工知能(AI)と機械学習(ML)の技術を組み込み、SCMと人事のプロセスを単一のクラウドで接続することのメリットを紹介しています。このようなメリットとして、オペレーションと従業員全体を見渡せること、パーソナライズされたエクスペリエンスで従業員を魅了できること、供給およびワークフォース・プランニングの精度を向上できることなどが挙げられます。

サプライチェーンと人事のコラボレーションの事例: サプライチェーンの最も弱いリンクである「従業員」

SCMのフロントラインの労働力不足がグローバルなサプライチェーンの混乱を激化させる中、顧客の期待に応えることはますます困難になっています。著名なアナリストであるBob Ferrari氏は、新しいレポートの中で、なぜSCMと人事チームのパートナーシップが従業員の離職率低下に貢献するのかについて説明しています。

Bob Ferrari氏は、サプライチェーンの従業員不足が、管理職、スタッフ、技術職に与える影響について述べています。調査では、従業員の定着率を高めるためには、SCMと人事のリーダーが共に人事プラクティスを革新する必要があることが明らかになりました。

ウェビナー: 輸送のトレンドと人材輸送

トラック運送業における人材の強化方法をご紹介します。

Oracle Cloud Applicationsでサプライチェーンと人事を統合する理由

共通のデータ・プラットフォーム

Oracle Cloudは、SCMとHCMを共通のデータ・モデルで1つのクラウド・プラットフォームに統合します。サプライチェーンと人事にまたがる単一の従業員レコードを保有することで、プロセスを効率化し、重複を排除し、従業員キャパシティ計画を改善するとともに、ワークフォース・プランニング、勤怠管理、需給計画、調達、物流などにおけるエラーを削減します。

1つの分析ソリューション

接続された部門横断的な分析ビューにより、Oracle Fusion Cloud SCM、ERP、およびHCM全体で、分析用の単一の拡張可能なデータ・モデルを使用して、データのサイロを排除します。MLを活用した事前構築済みのKPIにより、異なる部門間の業績を監視することが容易になります。その他のオラクルおよびオラクル以外のデータソースにアクセスするための、50以上のネイティブなセルフサービス・コネクタを使用して、分析をさらに充実させることができます。

コネクテッドなエンタープライズ・プランニング

財務、オペレーション、ワークフォース・プランニングの各アプリケーションを一元的に管理することで、プランニングの精度が向上し、企業のアジリティが高まります。AI、ML、予測分析を使用することで、財務、SCMプランニング、人事チームがリアルタイムのデータを活用して迅速な意思決定を行えるようになります。グローバルな変化に対応できるサプライチェーンを構築することで、ビジネスの回復力を高め、成功に向けた計画を立てることができます。

サプライチェーンにおける人材に関する課題を容易に特定し、対処する

バックオフィス全体でAIを活用した分析を行うことで、従業員と業務データを結びつけて、重要度が高く、かつパフォーマンスが低下している労働分野を特定し、課題を検出して解決し、ビジネスの成果を予測することができます。部門横断的な分析ビューにより、COOとCHROの相乗的なパートナーシップを促進し、意思決定の改善、より正確な予測、よりインテリジェントな計画、そしてコストの削減を実現することができます。

クラス最高の企業は

2倍

複数のシステムにまたがるエンドツーエンドのSCMアプリケーションを持ち、全体像を把握している1

51%

の組織が戦略的なワークフォース・プランニングのアプローチを採用し、必要なスキル、能力、コスト2を精査している。

分析をリードする企業は

8倍

予測分析を少なくとも中程度以上使用している可能性が高い3

ワークフォース・インテリジェンスがサプライチェーンの意思決定を促進する

ブログのサムネイル オペレーションの実行力と柔軟性の向上

部門横断的な分析からデータドリブンなインサイトを得て、オペレーションと労働力のボトルネックを特定し、労働力不足を緩和し、生産および物流ネットワークを再調整する方法をご覧ください。

人事分析サーベイ 人事分析の現状

本レポートでは、人事データと業務データの融合による包括的な従業員インサイトや、他組織のベストプラクティスとの比較など、2021年の人事分析の事例をいくつか検証しています。

クラウド移行に関するお客様事例

水上の高架線を走るTTX車両
鉄道車両プロバイダー、サプライチェーンと人事システムをOracle Cloudに移行

サプライチェーンと人事システムをSAPからOracle Cloud ERP、SCM、HCMに移行したことで、TTX社は北米のサプライチェーンにおける重要なリンクを最新化することに成功しました。

「オラクルのソリューションは、共通のプラットフォーム上にある最も包括的で最新のエンタープライズ・アプリケーションのスイートであることが実証されています。このソリューションのおかげで、ビジネスをサポートするテクノロジーにではなく、ビジネス自体に集中できるようになりました。そしてこれこそが、当社が求めていたことでした。」
—TTX社、CIO兼VP、Bruce Schinelli氏

サプライチェーンと人事に関するその他のトピックを見る

レポート: 共同エンタープライズ・プランニング

MIT Technology Review Insightsは、オラクルの協力のもと、860人以上の経営者を対象に、世界の企業がどのように戦略的エンタープライズ・プランニングを行っているかを調査・インタビューしました。


レポートを読む

ブログ: IoTがもたらす、より安全な職場環境とは

コネクテッド・デバイスやウェアラブルのセンサー・データを活用することで、職場の安全をプロアクティブに管理し、サプライチェーンの作業員による重大なミスを防止します。


ブログを読む

Oracle Dynamic Skills

複数の人材プロセスや組織全体のスキルデータを統合し、従業員の成長機会に結びつけることで、スキルのパワーを発揮できます。


Dynamic Skillsについての詳細

適材適所の人材を採用する方法

機械学習を活用した強力な分析を使用して、採用、維持および満足度を最大化します。


インフォグラフィックを見る(PDF)

Oracle Internet of Things Intelligent Applicationsは職場の安全を接続・監視します。

職場環境へのリアルタイムの可視性により、企業コンプライアンスの遵守を保証し、インシデントの原因を特定します。

ソース:

1、3 Aberdeen Strategy & Researchのレポート「小売オムニ・インテリジェンス: 分析を活用してCXインサイトとサプライチェーンのオペレーションを組み合わせ、満足度とパフォーマンスを向上させる」

2 MIT Technology Review Insightsの「不確実な世界でのコラボレーション・プランニング」レポート