申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

Oracle ZFS Storage Appliance ZS9-2

Oracle ZFS Storage Applianceは、オラクルのワークロードとクラウド統合用に最適化された、高パフォーマンスのエンタープライズ・ストレージ・システムです。統合ストレージシステムとして、単一プラットフォーム上でファイル、ブロック、オブジェクト・ストレージの統合を実現します。Oracle ZFSは、オールフラッシュの高いパフォーマンスとペタバイトのストレージ容量を組み合わせることで、すべてのワークロードを最高速度で実行できます。データベースIOの自動優先順位付け機能を含む、組み込みのOracle Database統合機能により、IT部門はワークロードのパフォーマンスを最適化し、管理を削減して、総所有コスト(TCO)を低く抑えることができます。

製品の特徴

Oracleの統合

自動化により、管理者の作業負荷を軽減

DSCの分析(PDF)の説明にあるように、ZFS Storage Applianceは、Oracle Intelligent Storage Protocol(OISP)を使用してデータベース固有の情報に基づいてストレージのセットアップとチューニングを自動化し、ストレージ管理者のワークロードを最大70%削減します。

Database IO優先順位付けにより待ち時間を短縮

ZFS Storage ApplianceはOISPを使用してOracle DatabaseのIOに優先順位を付け、顧客ワークロードを加速させます。

キャッシュ管理でデータベースのバックアップを高速化

ZFS Storage Applianceは、OISPが提供する情報を使用したストレージキャッシュの自動管理により、顧客データベースのバックアップ・ウィンドウを削減します。

データベースの圧縮により、容量とスループットが向上

Oracleテクニカル分析(PDF)で示されているように、Oracle Database Hybrid Columnar Compression(HCC)は、一般的な顧客データウェアハウスと比較して、ストレージ容量とロード時間を90%以上削減します。

Oracle Cloud Infrastructureのオブジェクトストレージによりデータ転送が簡素化

ZFS Storage Applianceは、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)と同じオブジェクトストレージ形式を統合し、ストレージ管理者がクラウドにスナップショットを簡単に作成できるようにして、ストレージの複雑さを軽減しデータ移行を簡素化します。


高いパフォーマンス

効率的なキャッシュによりアプリケーションのパフォーマンスが向上

Oracle ITのケーススタディ(PDF)で説明されているように、大規模なDRAMとフラッシュキャッシュを備えたスケーラブルな設計により、ZFS Storage Applianceは1秒当たりのIO(IOPS)レートを高く維持できるため、ITチームが最大8:1のストレージ統合を行う間も、顧客アプリケーションは最高速度で実行されます。

DRAM中心のアーキテクチャでより多くのVMをサポート

オラクル技術概要(PDF)で説明されているように、高スループットCPUと4TBのDRAMキャッシュを組み合わせ、ストレージシステムごとに数千台の仮想マシンをサポートすることで、データセンターの複雑さと管理コストを削減できます。

高並列設計によりスループットが向上

Oracleストレージ開発(PDF)でのテストのとおり、高速ネットワーキングを備え高並列化したハードウェアおよびソフトウェア・アーキテクチャにより、データ集約型アプリケーションにおいて18GB/秒を超えるスループットを維持できます。

組み込みの最適化によりバックアップと復元を高速化

オラクル技術概要(PDF)で説明されているように、組み込みの最適化により、データ保護のワークロードが認識され、データ移動が減少するため、ITチームは最大30 TB/時のバックアップと37 TB/時の復元スループットでデータ保護を高速化することができます。

オールフラッシュ・ストレージで一貫したパフォーマンスを提供

最大8.8 PBの高性能オールフラッシュ・ストレージを備えた構成により、顧客アプリケーションを常に可能な限り最高の速度で実行できます。


管理の統合

使いやすいインターフェースにより生産性が向上

ポイントアンドクリック管理により、ストレージ管理者はストレージシステムのプロビジョニング、管理、およびトラブルシューティングを迅速に行うことができます。

組み込みの監視により管理を促進

統合されたリアルタイム監視と視覚化により、管理者はストレージの問題を迅速に解決できるようになり、顧客アプリケーションの最高パフォーマンスを実現できます。

効率的なレプリケーションにより運用効率が向上

ZFS Storage ApplianceまたはOracle Cloud Infrastructureへのデータのレプリケーションは柔軟かつ安全で自動化されているため、ストレージ管理者は顧客データの保護や、離れた場所でのプロビジョニングを容易に行うことができます。

APIで統合を簡素化

Oracle Enterprise Managerおよび業界標準のRepresentational State Transfer(REST)APIをサポートしているため、ITチームはZFS Storage Appliance管理を既存のデータセンター管理フレームワークと簡単に統合できます。

問題報告を自動化する保守性によりタイムリーな問題解決を実現

問題が発生した場合のOracle Serviceのアラートなどの自動化された監視とサービス通知により、組織のストレージ・ダウンタイムを最小限に抑えながら、ストレージ管理者のワークロードを簡素化します。


コア機能

DRAMキャッシュでストレージIOを排除

ZFS Storage Applianceアーキテクチャの概要(PDF)で説明されているように、最大4 TBの高性能DRAMキャッシュにより、永続ストレージからの読み取り要求の最大90%を排除できるため、顧客アプリケーションを迅速に実行できます。

オールフラッシュ構成でパフォーマンスを最適化

DRAMキャッシュで最大8 PBの高性能フラッシュストレージが高速化され、高スループットで遅延の影響を受けやすい顧客アプリケーションを常に最高速度で実行できます。

ディスクベースの構成でコストを削減

現在、最大4 TBのDRAMキャッシュと1.4 PBのフラッシュキャッシュを備えた最大21 PBの大容量ディスクストレージを提供する18 TBドライブにより、フラッシュのようなパフォーマンスをはるかに低いコストで実現しています。

高性能CPUによりワークロードを高速化

最大128個のIntel Xeon プロセッサ・コアを使用して、ZFS Storage Applianceで数千の同時IO要求をサポートすることで、多種多様な要件を持つ顧客ワークロードを最高速度で実行できます。

スケーラブルなソフトウェアがIOのボトルネックを排除

ZFS Storage Applianceは、高並列化したオペレーティング・システムを使用することでより多くのIO要求を同時に処理し、顧客アプリケーションのIOボトルネックを排除します。


接続性

ネットワーク接続ストレージにより展開を簡素化

NFS、SMB、FTPなどのネットワークファイル・プロトコル一式を備え、さまざまなアプリケーションが同じストレージを使用できるようにすることで、顧客のデータセンターの複雑さを排除します。

ユニバーサル・オブジェクト・ストレージにより移行が容易に

Swift、S3、およびOCIオブジェクト・ストレージ・サービスにより、ITチームはオンプレミスとクラウドのオブジェクトストレージ間でデータを簡単に移行できます。

高性能ブロックストレージでワークロードを高速化

ISCSI、ファイバーチャネル、およびRDMA over InfiniBandをサポートしているため、顧客アプリケーションは高性能ブロックストレージにアクセスすることができます。

緊密な統合でバックアップの複雑さを軽減

NDMP v3/v4およびZFS NDMPバックアップ・プロトコルが統合されたことにより、ストレージ管理者はバックアップデバイス上の顧客データを簡単に保護できます。

組み込みのディレクトリサービスにより接続が簡素化

NIS、LDAP、Active Directoryなどの統合ネットワーク・ディレクトリ・サービスにより、ITチームは共有ストレージへの接続を簡単に保護できます。

統合によりMicrosoft©サーバーへの接続を簡素化

Oracle ZFS Storage Applianceにより、Active Directory(AD)、Microsoft Exchange Server、Microsoft SQL Serverのバックアップなどの完全な統合セットを使用して、Microsoft環境を簡単にサポートできます。

高速ネットワークによりアプリケーションのパフォーマンスが向上

100Gb Ethernet接続をサポートしているため、Oracle Exadata、サーバー、およびバックアップデバイスを使用してデータに迅速にアクセスできます。


お客様事例

世界中のお客様がOracle ZFS Storage Applianceを使用して、低遅延、高スループット、管理の自動化により、ビジネスクリティカルなワークロードのストレージニーズを満たしています。

MedImpactのロゴ
Reveraのロゴ
東洋エンジニアリング
Tractor Supplyのロゴ
Weta Digitalのロゴ

世界的な特殊効果分野のリーダーであるWeta Digitalは、ZFS Storage Applianceを使用して、レンダリング・ワークロードを加速し、アーティストの創造性のための時間を増やしています。

Oracle ZFS Storage Applianceのユースケース

  • データ集約型のワークロードの実行を高速化

    競合ソリューションと比較して、データ集約型のワークロードを最大で13倍高速化し、コストを20%削減します。

    東洋エンジニアリングの事例を読む/ 日本語

  • 安全なクラウドのためのサポートを簡素化

    Oracle Database、Oracle Private Cloud Applianceと精密な暗号化の統合型サポートにより、安全なクラウド環境で数千台の仮想マシンをサポートします。

    Secure24の事例を見る(1:39)

  • データ保護を加速

    Oracle Exadataで実行されているオラクルのデータベースを含む、あらゆるタイプの顧客データの保護に必要な時間を短縮し、バックアップと復元の高パフォーマンスを実現します。

    Tractor Supplyのビデオを見る(1:34)

2021年10月4日

Oracle ZFS Storage ZS9-2の紹介

Cindy Swearingen

“オラクルが次世代ZFSプラットフォームについてお知らせします。新しいZS9-2は、コア数が33%増加し、比類のないNASパフォーマンスを実現するよう設計されています。さらに、ZS9は全体の帯域幅が64%増加し、新たに18 TB HDDが搭載されることで、このプラットフォームの最大ストレージ容量は21 PBにまで押し上げています。”

全文を読む

技術資料

関連製品

Oracle Exadata

Oracle Databaseを実行するための最も高速でスケーラブルなマシン

Oracle Private Cloud Appliance

プライベートクラウド向けの導入しやすいソリューション

Oracle Database Appliance

データベースとアプリケーション向けの低コストの統合型ソリューション

Exadata Database Cloud Service

OCIでの高速で柔軟なExadataデータベースサービス

ここから始めよう


シミュレータをダウンロードする

仮想マシンでZFS Storage Applianceソフトウェアをお試しください。


詳細を見る

Oracle ZFS Storage Applianceについては、Oracle Expertにお問い合わせください。