該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracleストレージ

Oracleのストレージ製品は、重要なオンプレミスの顧客データをサイバー攻撃や障害から保護しながら、高いアプリケーション・パフォーマンスを実現します。Oracle Cloud Infrastructureへのスナップショット・レプリケーションなど、Oracle Databaseで設計された独自の機能により、データベースのパフォーマンスが向上し、顧客データの保護を強化します。さまざまな組織がOracleストレージ製品を使用して、きめ細かい暗号化とオフライン・ストレージ・オプションを活用し、長期データ保持のコンプライアンス要件を満たしています。

Oracleストレージ
リカバリの自動化によりビジネス価値を向上

ダウンタイムが発生するとそのコストは高額になります。Wikibonによると、Oracle Databaseのバックアップとリカバリを自動化することで、これらのコストを最大41%削減できることが明らかになりました。

従来のネットワーク接続ストレージに代わる強力な製品

Oracle ZFS Storage Applianceで本番のOracle Databaseおよびバックアップ・ワークロードのパフォーマンスと効率がどのように向上するかご紹介します。

Oracleストレージの他にはない特長

最適化された設計による高性能

Oracleストレージ製品は、低レイテンシと高スループットでお客様の多様なワークロードを高速化します。Oracle Database保護を自動化することで、DBAはビジネスクリティカルなデータベースを従来のバックアップ・アプライアンスよりも最大50倍高速にバックアップでき、任意の時点に迅速にリカバリできます。

プライベート・クラウド・ストレージのビジネス概要を読む(PDF)
優れたパフォーマンス

Oracle Database独自の機能

Oracleストレージ製品はOracle Databaseを使用して開発されており、お客様に必要となるストレージの量、管理作業の負荷、コストを削減します。Oracle DatabaseはOracleストレージ製品と連携して情報を共有し、DBAの作業負荷を簡素化しながら、顧客データベースのパフォーマンスと効率を自動的に最適化します。Oracle Database Hybrid Columnar CompressionをサポートしているのはOracleストレージ製品だけです。この機能により、一般的なデータ・ウェアハウスとデータベース・アーカイブの場合、ストレージ要件を12分の1に削減でき (PDF)、データベースを考慮しない手法と比較して4倍優れます。

Oracle Intelligent Storage Protocolの概要を読む(PDF)
独自のOracle Database最適化

リカバリ重視のデータ保護

Oracleストレージ製品は、組織のデータセンターのほぼすべてのシステムに保存されているデータのバックアップとリカバリを高速化します。最大60 TB/時の汎用データ保護スループットで企業全体のデータ保護を自動化し、ストレージ管理者がOracle Cloud Infrastructureにデータのコピーを簡単に作成できるようにします。Oracle Zero Data Loss Recovery Applianceを使用すると、DBAは1秒未満のデータ損失で重要なOracle Databaseインスタンスを保護し、他のソリューションと比べて最大8倍高速にインスタンスをリカバリできます。

ESGによるGDPRの分析を読む(PDF)
リカバリ重視のデータ保護

ITの複雑さとコストを軽減

Oracleストレージ製品は、ITの複雑さとストレージ管理の負荷を軽減することにより、企業のインフラストラクチャ・コストを削減します。高性能で大容量なので、VM、アプリケーション、データベース用のストレージ・システムで最大 8:1の統合が可能になり、使用するストレージ・システムが少なくなるためコストを削減できます。Oracle Intelligent Storage Protocolなどの独自の機能により、Oracle Databaseストレージのセットアップとチューニングのタスクの最大70%を自動化でき、ストレージの使用率とパフォーマンスに関する詳細なインサイトを取得できるため、管理者が問題をすばやく特定して解決できます。

ZFSソリューション概要(PDF)を読む
コストの削減と価値の向上

Oracleストレージ

Oracle Databaseの保護とリカバリの自動化

Oracle Zero Data Loss Recovery Applianceは、企業のビジネスクリティカルなOracle Databaseを継続的に保護し、任意の時点へのリカバリを高速化します。バックアップとリカバリ、リモート・レプリケーション、Oracle Cloudアーカイブを統合して自動化することにより、ランサムウェア、機器の障害、人的エラーから顧客のOracle Databaseを保護します。Recovery Applianceによる総合的な自動化により、IT部門はOracle Databaseデータ保護のベスト・プラクティスを簡単に実装でき、Wikibonの分析で示されているように、ダウンタイム・コストを最大47%削減できます。

特長
  • 継続的な保護によって、データベースの変更が発生した時点ですぐに保護し、潜在的なデータ損失を1秒未満に削減
  • 常時稼働増分バックアップにより、Oracle Databaseの保護を最大50倍高速化
  • Oracle Databaseの仮想フル・バックアップを使用すると、リカバリが最大で 8倍高速化
  • RMANの統合により、ほぼすべてのプラットフォームで実行されているOracle Databaseを保護
  • 自動リカバリによって手動のITタスクを最大75%削減
  • 95 TBの非圧縮容量から10.5 PBを超える容量まで、110倍の容量スケーリングによってOracle Database Protection as a Serviceを全社規模で実現
  • バックアップの検証によってデータベース・サーバーの負荷が軽減し、バックアップの確実なリカバリを実現
  • リアルタイムの監視と自動レポート機能では、保護されているすべてのOracle Databaseのリカバリ可能性について最新のステータスを提供することで、コンプライアンスを簡素化

高性能の統合ストレージでITの複雑さを軽減

Oracle ZFS Storage Applianceは、アプリケーション、データベース、データ保護のワークロードを高速化することでお客様のコストを削減する統合ストレージ・システムです。各ZFS Storage Applianceは、最大18 GB/秒でデータをストリーミングし、数千台のVMサポートできるため、必要なストレージ・システムの数が少なくなります。Oracle Databaseストレージ管理に組み込まれた自動化機能により、ストレージ管理者に一般的に求められる手動タスクの最大70%を排除します。

特長
  • ファイル、ブロック、オブジェクトの統合ストレージ・プロトコルをサポートしているため、さまざまな環境でストレージへのアクティブなアクセスが可能に
  • 最大18 GB/秒のスループットで、データウェアハウスの読み込み時間を短縮
  • データ保護スループットは最大60 TB/時なので、バックアップ・ウィンドウが短縮され、リカバリが高速化
  • Oracle Database IOを優先順位付けすることで、データベースとそのバックアップを高速化
  • Oracle Cloudへのスナップショット・レプリケーションによって、データをオフサイトで保護
  • 完全な冗長化により、顧客データの可用性が向上
  • 組み込みのREST API、ユーザー・インタフェース、Oracle Enterprise Manager統合によって、ストレージ管理を簡素化
  • 最大8 PBのオールフラッシュまたは16 PBのディスク容量で低レイテンシの大容量ストレージを実現

オフラインでのデータ保護とアーカイブ

Oracle StorageTekテープ・ライブラリは、顧客データを保護するための不変のオフライン・ストレージを提供するとともに、コンプライアンス、ガバナンス、および履歴保存の目的でデータに簡単かつ自動でアクセスできるようにします。さまざまな組織がStorageTekテープ・ライブラリを使用して、データをサイバー攻撃から保護し、ディスクのみの代替製品よりも少ない電力消費量とコストで長年にわたってデータをアーカイブ保存しています。

特長
  • テープ・ライブラリを自動化することで、管理作業を軽減
  • オフライン・ストレージで重要な顧客データをランサムウェアやサイバー攻撃から保護
  • 100 PBを超える非圧縮容量を備えたスケーラブルな設計により、長期間のアーカイブが可能
  • 安全な暗号化キー管理により、重要な顧客データを不正アクセスから保護
  • 単一障害点のない設計であるため、コンポーネントの障害にかかわらずデータの可用性が向上
  • 使用していないときは電力を消費しない、効率的なオフライン・ストレージ
  • 広範なアーカイブ・ソフトウェアとの相互運用性により、データセンターの統合が容易に
  • 最大148 TB/時のスループットでアーカイブの作成とアクセスを高速化

Oracleストレージの成功事例

Oracleストレージは、世界中の何千社ものお客様にご利用いただいており、アプリケーションのパフォーマンス向上、重要なデータの保護、インフラストラクチャの統合、コストの削減を実現しています。

Dialog Semiconductorのロゴ
Energy Transferのロゴ
UK Met Officeのロゴ
Reveraのロゴ
Secure-24のロゴ
Swisscomのロゴ
東洋エンジニアリングのロゴ
Tractor Supplyのロゴ
Reveraのロゴ

Revera、Oracle ZFS Storage Applianceでクライアント・アプリケーションを高速化し、多様なマルチソース・データを保護

Oracleストレージのユース・ケース

  • Data Protection as a Serviceを利用してOracle Databaseを保護

    Oracle Recovery Applianceを使用してOracle Cloud Infrastructureでの長期保存を簡素化しながら、全社規模でOracle Databaseのバックアップとリカバリを改善できます。

    Swisscomの事例を見る(1:18)

  • データ集約型アプリケーションを高速化

    ペタバイト規模のデータ分析と高性能コンピューティング・アプリケーションを最高速度で実行することにより、ビジネス・インサイトを取得できます。

    東洋エンジニアリングの事例を読む

  • 安全なマルチテナント・ストレージでVM環境を拡張

    きめ細かなマルチテナント暗号化で保護されたペタバイト級の高性能ストレージを活用して、複数のクライアントや組織の事業部門向けにストレージ・システムあたり数千台のVMを効率的にサポートしています。

    Secure-24の事例を読む

  • 開発用とテスト用のストレージのプロビジョニングを簡素化

    高速で効率的なストレージ・スナップショットとクローンを使用して、オーバーヘッドのないデータコピーを即座に作成することで、アプリ開発サイクルを高速化できます。

    Oracle ITのユース・ケースを見る(PDF)

  • 重要なデータのオンプレミス・アーカイブを作成

    人間が介入することなく、技術、文化、コンプライアンスに関する数百ペタバイトのデータを保護するとともに、データには数分でアクセスできるようになりました。

    Brookhavenの事例を読む

Oracleストレージのユース・ケース
2020年6月18日

Zero Data Loss Recovery Applianceによるデータベースのサイバー攻撃からの保護

オラクル、製品管理担当シニア・ディレクター、Tim Chien

“データベース保護用のプレミアOracleエンジニアド・システムであるZero Data Loss Recovery Applianceは、本番データベースの障害から分離されるため、データベースがサイバー攻撃にあっても、危険にさらされることはありません。”

全文を読む

ここから始めよう


Oracle Expertに問い合わせる

Oracleのストレージ製品がビジネス・ニーズを満たすのにどのように役立つかをご覧ください。