エンジニアド・ストレージ

 

処理の高速化、保護機能の改善、TCOの低減

常時接続が当たり前となった今日の世界において、データはほぼすべてのビジネス・プロセスに不可欠です。レガシー・ストレージによって処理速度を落としたり、組織をリスクにさらすことは避けなければなりません。

必要とされるのは、アプリケーションやデータベースを高速化し、重要なデータを障害や攻撃から保護し、将来的な要件への柔軟な対応性も確保しながら、全体的なコストもて低減できるストレージ・ソリューションです。

統合

従来型ストレージを超えて

エンタープライズ・データベースやアプリケーションが組織のもっとも重要なIT資産であるとすれば、それらをストレージ環境と密接に統合することは間違いなく重要です。

ストレージ・インフラは、周囲のスタックと統合することでその利便性と価値が大きく向上します。そしてそれを実現するものが、オラクルのエンジニアド・ストレージです。オラクルのストレージ・ソリューションは、システム・レベルだけでなく、ハイパーバイザー・レベルやデータベース・レベルでも緊密に統合され、パブリック・クラウドやプライベート・クラウドとも統合されています。また、シンプルなデータ管理機能によって重要なIT資産のデータ保護を改善できるうえ、総保有コストも低減できます。

保護機能

ミッションクリティカルなデータのために

GE Aviationでは、データ消失の防止、ミッションクリティカル・データの迅速な回復、パフォーマンスの向上、および管理機能の強化のために、オラクルのZero Loss Data Applianceを使用しています。

 

選択する理由

Oracleエンジニアド・ストレージとは

Oracleエンジニアド・ストレージ・ソリューションは、従来のストレージ・ソリューションの限界を超えて、アプリケーションやデータベースの実行速度を高速化します。このソリューションでは、自動化されたストレージ管理機能によって運用業務を簡素化し、保護機能の信頼性を高め、データ損失ゼロの保護機能によってミッションクリティカルなOracle Databaseを回復できます。Oracleエンジニアド・ストレージ・ソリューションは、オラクルのテクノロジー・スタック全体との統合性を考慮して構築、テスト、および最適化されているため、お客様自身が統合作業を行う必要がありません。

  •  

    統合性

    独自の機能を活用。

    ストレージ・リソースをOracle Databaseと完全に統合し、比類のない効率性と、任意の時点への復元性、および管理の自動化を実現できるのは、オラクルだけです。

  •  

    パフォーマンス

    クリティカル・ワークロードを高速化。

    Oracle Databaseの最適化機能を組み込んだ高スループットなアーキテクチャにより、動的なマルチアプリケーション・ワークロードに対する究極のパフォーマンスとセキュリティが提供されます。

  •  

    保護機能

    あらゆるデータを復元。

    オラクルのZero Data Loss Recovery Applianceは、データを継続的に保護・検証し、復元性ステータスをレポートし、停電時には任意の時点のデータを自動的に復元する、Oracle Databaseの拡張機能として開発されました。

  •  

    価値

    TCOを低減。

    Oracleエンジニアド・ストレージを使用すれば、データベース・ストレージ容量の要件を最大50パーセント低減し、4:1のストレージ統合を実現し、日常の設定タスクや調整タスクを最大90パーセント自動化できます。

Background image for Case Study
WETA Digital、高パフォーマンスを実現

Oracle ZFS Storage Applianceは、当社がこれまで導入したなかでもっとも高パフォーマンスなストレージの1つです。

WETA Digital CIO Kathy Gruzas氏

その他の資料

Data Protection Resource Center
データ保護のリソースセンター

従来型のデータベース・バックアップ・ソリューションをオラクルのベスト・オブ・ブリード・ソリューションと比較した場合の欠点についてご確認ください。

Bringing Cloud to the Private Data Center
プライベート・データセンターのクラウド対応化

プライベート・クラウド向けのOracle ZFS Storage Applianceが提供する独自の機能について、Constellation Researchが分析しています。

Wikibon Report
Wikibonレポート

オラクルのZero Data Loss Applianceによってダウンタイム・コストが半分に削減される仕組みをご確認ください。

エンジニアド・ストレージ製品

Zero Data Loss Recovery Appliance

データベースのデータ保護拡張機能としてOracle Databaseチームが設計

オラクルのZero Data Loss Recovery Applianceは、データ消失を防止し、復元可能なバックアップを確保し、復元可能性をレポートし、Oracle Databaseを任意の時点に高速復元する目的で設計された、唯一のデータ保護ソリューションです。

Oracle ZFS Storage Appliance

アプリケーション、データベース、データ保護のニーズに対応した高パフォーマンスな統合型ストレージ

Oracle ZFS Storage Applianceは、きわめて高度なオールフラッシュのパフォーマンスとペタバイト・クラスの容量、そしてOracle Databaseと連携した独自の機能を提供するとともに、プライベート・クラウド用のストレージを統合するための必要なスループットを提供します。

StorageTekテープ・オートメーション

クラウドとの統合を容易するべく設計された、手頃な価格のアーカイブ/データ保護ソリューション

オラクルのStorageTekテープ・オートメーション・ソリューションは、オープンシステムやメインフレームのデータ保護とアーカイブを実現するために必要なパフォーマンス、拡張性、およびバリューを、ディスクのみのソリューションよりも最大90パーセント安価な価格で提供します。

お問い合わせ

お問い合わせ

エキスパートがお手伝いいたします

サポートについてのお問い合わせ

トピック別にサインアップ