該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
すべてのトランザクションの継続的な保護

エンタープライズ・アプリケーションは24時間365日稼動しています。エンタープライズ・データの保護もそうあるべきではないでしょうか。ほとんどのデータ保護システムは、エンタープライズ・データに対して一般的なファイル・レベルのバックアップを提供しています。オラクル独自のZero Data Loss Recovery Applianceは、実質的にデータ損失をなくし、クリティカル・データの迅速かつ簡単なリカバリを実現することを目的とした製品です。

  • データベース・リカバリのためにOracle Databaseチームによって開発された画期的なデータ保護アーキテクチャ
  • エンタープライズ向けのDVRに似た機能を提供することで、データ損失のリスクを実質的になくし、保護されたデータベースを1秒未満の正確さで任意の時点にリカバリすることを可能に
  • 手動ステップの最大75%をなくすか自動化することで、データベース・リカバリを高速化
  • コンプライアンス要件への適合に役立つデータベースのリカバリ可能性レポートおよびアラートを自動化
  • シングル・システムとして設計、テスト、管理およびサポートされているため、マルチベンダーによる統合の複雑さ、リスクおよびコストが解消

 

  • 最大6倍高速なデータベース・リカバリ
  • データベース・バックアップの100%の自動検証
  • データベース・サーバーのオーバーヘッドを最大25%削減
  • 実証済のOracle Exadataシステム・アーキテクチャに基づくベースラック、フルラックおよびマルチラック構成
  • Oracle Real Application Clusters(RAC)と14TBのディスク・ドライブを備えたAutomatic Storage Manager(ASM)を使用して、高可用性と大容量を確保
  • 組込みのストレージ圧縮を使用した効率的なデルタ・ストア設計により、LANバックアップ・トラフィックおよびアプライアンス・ベースのストレージ要件を削減
  • アプライアンスとテープに存在するデータ用に統合されたOracle Recovery Manager(RMAN)カタログ管理
  • Oracle Databaseブロックのエンドツーエンドの検証と定期的な再検証およびエラー修正
  • 統合された変更ブロックのレプリケーションにより、WANネットワークの使用量を最小化
  • 時間のかかるバックアップ検証、削除およびメンテナンスの操作を本番データベース・サーバーからオフロードすることにより、リソースを解放し、コストを削減

     

  • 単一障害点が排除された、可用性が高くスケーラブルなアーキテクチャ
  • 1.5PBから170PBの使用可能なフル・バックアップ容量
  • 24TB/時間のシングルラック・バックアップおよびリストア・パフォーマンスを提供し、432TB/時間まで拡張可能

製品の特徴

すべて開く すべて閉じる

ポリシーベースのデータ保護管理

複数のユーザー定義クラスに分類されたリカバリ目標が、アプライアンスのデータベース単位で、リモートのZero Data Loss Recovery Applianceに対する自律型テープ・アーカイブおよびレプリケーションの統合サポートを通じて適用されます。

リアルタイムのOracle REDOトランスポート

Oracle Databasesのトランザクション・レベルのデータが、データベース・サーバーのメモリからZero Data Loss Recovery Applianceに直接送信されてログに記録され、1秒未満のリカバリ可能性を実現します。

常時稼動増分バックアップ

常時稼動増分バックアップとデータベースを認識した重複排除により、バックアップ時間が数時間から数分に短縮され、データ・ストレージ要件が最大65%削減されるため、バックアップをより低いコストでより長い期間保持できます。

迅速なデータベース・リカバリ

アプライアンスに作成される仮想フル・バックアップにより、リカバリ中に増分リストアおよび適用を複数回繰り返す必要がなくなるため、パフォーマンスが向上し、人的エラーの発生が抑制されます。

設計に組み込まれたセキュリティ

透過的データベース暗号化で保護されたデータが暗号化されていない状態になることはなく、管理職務の分掌により、他の組織が格納したデータへのアクセスは阻止されます。

一元化された管理

Oracle Enterprise Manager Cloud Controlにより、データ保護ライフサイクルを完全にエンドツーエンドで把握できるほか、Zero Data Loss Recovery Applianceの自動化機能を完全にコントロールできます。

Exelon、1ペタバイトのデータ・ウェアハウスのデータ損失を解消

 

「Recovery Applianceの大きな利点の1つは、フルバックアップを実行する必要がなくなることです。これらのバックアップは、以前よりも約50倍高速であるため、サーバーにその負荷がかかりません。」

Exelon Corporation、Lead Database Administrator、Finn Jorgenson氏

その他の資料

Oracleエンジニアド・システムはGDPRへの準拠にどのように役立つか

Oracleエンジニアド・システムはGDPRへの準拠にどのように役立つか

企業がGDPR要件を満たすのに役立つ機能を、Oracleエンジニアド・システムとOracle Databaseが連携して提供する10の方法をご紹介します。

金融業界のデータ保護の向上

金融業界のデータ保護の向上

Banco de Chileが、Oracleエンジニアド・システムとZero Data Loss Recovery Applianceを組み合わせて、顧客サービスの向上、事業運営の合理化、クリティカル・データの保護の向上をどのように実現しているかを解説します。

隠れたコストの解消

隠れたコストの解消

オラクルのRecovery Applianceが、従来のデータ保護システムのTCOを増大させる隠れたコストをなくすことで、時間とコストの両方をどのように節約できるかをご覧ください。

サイバー攻撃を受けたときのリスクの低減

サイバー攻撃を受けたときのリスクの低減

オラクルのZero Data Loss Recovery ApplianceがどのようにOracle Databaseの継続的な保護を提供して、サイバー攻撃やランサムウェアからの迅速なリカバリを支援するかをご紹介します。

サイバー攻撃を受けたときのリスクの低減

停止時間のコストを半分に削減

ビジネスクリティカルなシステムが停止すると、その組織は何もせずにただ待っている状態になります。オラクルのRecovery Applianceは停止時間のコストを削減し、1年に何百万ドルも節約できる可能性があるとWikibonが述べている理由を理解してください。

Zero Data Loss Recovery Applianceの技術リソース

Zero Data Loss Recovery Applianceの技術リソース

オラクルのZero Data Loss Recovery Applianceに関する技術情報をご紹介します。Oracle OpenWorldでの最近のプレゼンテーション、オフィス・アワーの録音、ドキュメントなどがあります。

Zero Data Loss Recovery Applianceの主な利点

Zero Data Loss Recovery Applianceの主な利点

オラクルのZero Data Loss Recovery ApplianceによってエンタープライズのOracle Databaseデータ保護戦略をどのように強化できるかをすぐにご理解いただけます。