該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Zero Data Loss Recovery Appliance X8M

オラクルのZero Data Loss Recovery Appliance X8Mは、企業全体でOracle Databaseのデータ損失の危険性を排除する構築済みのデータ保護ソリューションです。Recovery Applianceは、発生したすべての変更をログに記録および検証して回復可能性を確保することで、顧客データベースを継続的に保護します。このアプローチではフル・バックアップが不要になるため、バックアップ時間が短縮され、データベース・サーバーのリソースが解放されて運用作業に集中的に投入されます。

製品の特徴

Oracle Databaseの統合

リアルタイムのREDO転送により継続的なデータ保護が可能

Oracle Databaseの変更は、データベース・サーバーのメモリからRecovery Applianceに送信され、そこでリアルタイムで記録されるため、1秒未満のリカバリ・ポイント目標における顧客のデータベース保護を達成できます。

増分永久バックアップにより保護を促進

Exelonのビデオで示されているように、自動化された永久増分バックアップは、従来の方法よりも最大50倍高速に顧客データベースを保護します。

バックアップの検証により回復可能性が向上

Recovery Applianceは、内部のOracle Database形式に関する知識に基づいてバックアップをその作成中に検証し、顧客データベースが常に回復可能であることを保証します。

仮想フル・バックアップにより、リカバリを高速化

Energy Transferのビデオで示されているように、Recovery Applianceは、リカバリ・プロセスの開始時に仮想フル・バックアップを自動的に生成し、従来のアプローチと比較して最大8倍高速なリカバリを可能にします。

クラウドへのコピーにより障害時リカバリが向上

データベース管理者(DBA)は、組み込みの機能を使用してオフサイトの場所にある重要なデータベースを簡単に保護し、それらをOracle Cloud Infrastructureにコピーしてから、リモートのRecovery Applianceシステムに複製できます。

詳細を見る

高可用性とパフォーマンス

冗長設計により可用性が向上

障害からの回復力に優れた単一障害点なしのスケーラブルな設計により、ITチームはコンポーネント、サーバー、およびストレージの障害全体から顧客データベースを保護および回復できます。

事前対応型の障害管理により可用性が向上

組み込みの自動化により、ストレージデバイスの事前テストで潜在的な障害が検出され、ストレージデバイスが修復または無効化されるため、顧客データベースの継続的な可用性を確保できます。メンテナンス・リクエストの自動記録により、システム管理者の負荷が軽減され、修復が加速されます。

スケーラビリティにより、サービスとしてのデータ保護が可能

Recovery Applianceでは、仮想フル・バックアップ容量を1.5PBから最大170PBまで簡単かつ柔軟に拡張できるため、企業全体のデータベースを保護できます。

高スループットにより社内データベースを保護

Recovery Applianceは、ラックごとに最大24TB/時のデータ保護性能を維持するため、データベース管理者(DBA)は顧客データベースを迅速にバックアップおよび回復できます。各システムは18倍に拡張でき、432TB/時のスループットで顧客の企業全体の要件を満たすことができます。

検証のオフロードにより、データベースのパフォーマンスが向上

Recovery Applianceへのバックアップの検証のオフロードを含む、Oracle Databaseによる最適化ではデータベース・サーバーのオーバーヘッドが最大25%削減されます(PDF)。そのため、顧客の本番データベースは、バックアップ中に可能な限り最高のパフォーマンスで実行されます。

詳細を見る

管理の統合

自動化された運用で手動タスクを排除

Wikibonの分析で示されているように(PDF)、Recovery Applianceの自動化により、データベース管理者(DBA)の負担が軽減され、データベースのバックアップとリカバリに必要な手動タスクが最大80%削減されます。

組み込みの統合によるコストの削減

組み込みのフルスタック統合により、顧客のハードウェア要件と管理の負担が軽減され、従来の専用バックアップ・アプライアンスと比較して総所有コスト(TCO)が30%以上削減されます。

ポリシーベースの保護により回復可能性が向上

データベース管理者(DBA)は、データ保護ポリシーの複数の層を定義し、それらを企業全体のさまざまなクラスのデータベースに適用して、コストを管理しながら回復可能性を最適化できます。

統合されたクラウド管理によりデータベース管理を簡素化

Oracle Enterprise Manager Cloud Controlはデータ保護ライフサイクルの完全なエンドツーエンドのビューを提供します。そのため、データベース管理者(DBA)はデータベースのステータスをすばやく理解し、問題を特定して修正措置を講じることができます。

継続的な監視によりコンプライアンスを簡素化

組み込みのアラートとレポート生成に基づいたデータベースの回復可能性の継続的な監視により、企業はコンプライアンス要件を簡単に満たすことができます。

詳細を見る

コア機能

あらゆるプラットフォームでOracle Databaseを保護

Recovery Applianceは、Oracleエンジニアド・システム、およびサーバーとプラットフォーム・システムのほぼすべての組み合わせで実行されるデータベースをバックアップ、リカバリ、アーカイブし、顧客データセンターでのOracle Databaseの保護を簡素化します。

一元管理によりセキュリティが向上

データ保護ポリシーを一元的に適用することで、ローカル・データベース管理者(DBA)がバックアップを誤ってまたは悪意を持って削除できなくなるとともに、バックアップへの不正アクセスを役割ベースの管理で制限できるようになります。

自動化により人的エラーを削減

Wikibonの分析で述べられているように(PDF)、データベース保護、検証、および顧客データベースの回復の自動化により、多くの人的エラーが排除され、データベース管理者(DBA)が手動で回復しなければならない確率が98%減少します。

Oracle Recovery Manager(RMAN)の統合により再トレーニングが不要に

データベース管理者(DBA)は、使い慣れたRMAN手法を使用してデータベースを保護および回復し、企業全体におけるサービスとしてのデータ保護の実装を簡素化できます。

アーカイブの統合により保持目標を強化

リカバリの目標はデータベースごとに適用されるため、顧客はリモートのRecovery ApplianceへのレプリケーションとOracle Cloud Infrastructureまたはテープ・システムへのアーカイブをカスタマイズできます。

詳細を見る

低コスト

計画外のダウンタイムの排除により収益が増加

Wikibonの分析で述べられているように(PDF)、Oracleのデータベースの最適化されたリカバリにより、顧客は計画外の停止を短縮でき、収益への影響を最大47%削減できます(PDF)。

統合により企業全体のコストを削減

企業全体のデータベース保護を統合することで、非効率的なスタンドアロン・ソリューションを排除して、顧客の資本と運用コストを削減できます。

増分永久バックアップによりネットワーク・コストを削減

データベースの変更をサーバー側で効率的に認識することで、バックアップ・ネットワーク・トラフィックが大幅に削減され、顧客の運用コストが削減されます。

データ削減によりストレージ・コストを低減

Swisscomのビデオで述べられているように、データベース対応の圧縮と重複排除により、ストレージ要件を最大40%削減し、顧客の総所有コストを減らすことができます。

自動化による管理コストの削減

Wikibonの分析で述べられているように(PDF)、Recovery Applianceの自動化により、データベース管理者(DBA)の生産性が向上し、バックアップとリカバリの通常のステップ数が80%以上減るため、コストを削減できます。

詳細を見る

Zero Data Loss Recovery Applianceのお客様成功事例

世界中の顧客はオラクルのZero Data Loss Recovery Applianceを使用して、重要なオラクルのデータベースの保護やデータ保護インフラストラクチャの統合を実施し、コストを削減しています。

Dialog Semiconductorのロゴ
Energy Transferのロゴ
Metronomのロゴ
Swisscomのロゴ
Exelonのロゴ

Exelonは1ペタバイトのスマートメーター・データ・ウェアハウスにおいて潜在的なデータ損失とダウンタイムを削減しています

Zero Data Loss Recovery Applianceのユース・ケース

  • サイバー攻撃の影響を制限

    安全なシステムでOracle Databaseを継続的に保護し、任意の時点への迅速なデータベース・リカバリによりサイバー攻撃の影響を軽減します。

    概要を読む(PDF)

  • ダウンタイム・コストを半分に削減

    従来のバックアップやリカバリ・アプライアンスよりも時間のかからない自動リカバリにより、計画外のダウンタイムの期間と経済的影響を軽減します。

    分析を読む(PDF)

その他の関心分野

Wikibon

データ保護の複雑さを軽減

ESG

安心してリカバリーを実行

オラクル

データベースのデータ損失の排除

オラクル

ビジネスにおけるデータ保護のメリット
2020年3月12日

Zero Data Loss Recovery Applianceでサイバー攻撃からデータベースを保護

オラクル、製品管理担当シニアディレクター、Tim Chien

Zero Data Loss Recovery Applianceはデータベース保護において最高水準のOracleエンジニアド・システムであり、本番データベースから障害分離されているため、データベースがサイバー攻撃に見舞われた場合でもアプライアンスへの侵害を防ぐことができます。

全文を読む

始める


ドキュメンテーション

Recovery Applianceの詳細をご覧ください。


お問い合わせ

オラクルのZero Data Loss Recovery ApplianceについてはOracle Expertにお問い合わせください。