該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

WSDLを使用したJava Webサービスの作成

Webサービスは、独立した再利用可能なソフトウェア・コンポーネントです。インターネット上でプログラムを使用してこのサービスにアクセスすると、レスポンスが返されます。 Webサービス記述言語(WSDL)ドキュメントには、Webサービス、およびWebサービスの一連の定義によって公開される操作が記述されています。 Oracle JDeveloperのIDEでWSDLドキュメントを迅速に定義し、WSDLからJava Webサービスを作成できます。

新規アプリケーションの作成:Create Applicationウィザードを使用して、汎用アプリケーションを作成します。

WSDLドキュメントの作成:WSDLエディタを使用して、1つの操作(メソッド)をサポートするサービスのWSDL定義を作成します。

WSDLを使用したJava Webサービスの作成:Create Java Web Service from WSDLウィザードを使用して、サービス・クラスを生成して公開します。そしてWebサービス操作としてメソッドを公開します。

サービス実装コードの追加:Javaソース・エディタを使用して、生成されたサービス実装クラスにコードを追加します。

HTTP Analyzerを使用したWebサービスのテスト:JDeveloperに統合されているサーバーでWebサービスを実行して、HTTP Analyzerウィンドウでテストします。

新規アプリケーションとプロジェクトの作成

tell me more icon新規アプリケーションとプロジェクトの作成

JDeveloperアプリケーションは、組織構造の最上位レベルです。 アプリケーションの作成中に、ユーザーが操作しているオブジェクトの情報が格納されます。 開発中には、プロジェクトと環境設定が追跡されます。 [ 詳細はこちら]

  1. Create Applicationウィザードを開きます(「 File」→「 New」→「 General」→「 Applications」)。
  2. このキュー・カードの例に合わせるため、アプリケーション名 ServiceFromWsdlを入力します。
  3. Applica tion Template リストから「 Generic Application 」を選択し、「 Finish 」をクリックします。
    tell me more iconアプリケーション・テンプレート

    アプリケーション・テンプレートを使用すると、適切なテクノロジーの組合せが事前に指定されているため、標準アプリケーションのプロジェクト構造を素早く作成できます。 テンプレートから作成された新規アプリケーションがアプリケーション・ナビゲータに表示される際、各プロジェクトには関連するテクノロジー・スコープが設定され、プロジェクト階層に分割されます。 [ 詳細はこちら]

    tell me more iconIDE内

    新しいアプリケーションを作成すると、Application Overviewウィンドウがデフォルトでエディタ・ウィンドウ領域に開きます。 このウィンドウには、Oracle JDeveloper内で作成されるすべてのオブジェクトがオブジェクト・タイプごとに配置されて表示されます。 新しいオブジェクトを作成したり、まだ作成していない新しいタイプのオブジェクトを参照したり、オブジェクトのコンテキスト・メニューからアクションを起動したりできます。 [ 詳細はこちら]

WSDLドキュメントの作成

tell me more iconWSDLドキュメントの作成

Webサービス記述言語(WSDL)ドキュメントには、Webサービス、およびWebサービスの一連の定義によって公開される操作(メソッド)が記述されています。 [ 詳細はこちら]

  1. アプリケーション・ナビゲータで、作成したプロジェクトを選択し、Create WSDL Documentダイアログを開きます(「 File」→「 New」→「 Business Tier」→「 Web Services」→「 WSDL Document」)。 このキュー・カードの例に合わせるため、WSDL名として CreditRatingと入力します。「 OK 」をクリックします。
    tell me more iconWSDLドキュメントの例

    ここで紹介する例に合わせるため、このステップおよびキュー・カード全体を通じて指示どおりの値を入力してください。 そうすることで、記載されているとおりにキュー・カードの手順を実行できます。 [ 詳細はこちら]

  2. アプリケーション・ナビゲータで、プロジェクトを再度選択し、Create XML Schemaダイアログを開きます(「 File」→「 New」→「 General」→「 XML」→「 XML Schema」)。 ファイル名に CreditRatingDetails.xsdと入力します。
  3. Directory フィールドの横の「 rowse 」をクリックし、Choose Directoryダイアログを開きます。 「 public_html 」フォルダをクリックし、「 Select 」をクリックして、 public_htmlディレクトリにスキーマ・ファイルを格納します。 「 OK 」をクリックします。
  4. XSDビジュアル・エディタで、ウィンドウの下部にある「 Source 」をクリックすると、XMLソース・エディタに切り替わります。 表示されたXMLスキーマのサンプル・コードをコピーして張りつけます。
    code sample icon サンプル・コードを使用してください
  5. 「 filesave icon」 Saveをクリックしてファイルを保存します。 エディタ・ウィンドウで、「 Design」タブをクリックして、ビジュアル・エディタに戻ります。
  6. エディタ・ウィンドウで、「 xmlschema icon」 CreditRatingDetails.xsdドキュメント・タブを選択したまま、下方向にドラッグします。ウィンドウの下部に広がる紫色のボックスが見えたら、そこにドロップします。
    tell me more iconXMLスキーマのインポート

    XMLスキーマ・ドキュメントを作成すると、エディタ・ウィンドウは次のように表示されます。 [ 詳細はこちら]

  7. XSDビジュアル・エディタで、「 CreditRatingDetailsElement」をドラッグし、WSDLビジュアル・エディタの Port Typesペインにドロップします。
  8. Create Port Typeダイアログで、 Port Type Name フィールドに RatingServiceと入力し、「 OK 」をクリックします。
    tell me more iconWSDLドキュメントの構造

    Webサービス記述言語(WSDL)ドキュメントは、XML形式のドキュメントで、Webサービス、およびWebサービスの一連の定義によって公開される操作(またはメソッド)が記述されています。 統合ツールを使用してWSDLドキュメントを作成するとき、JDeveloperによってXMLコードが生成され、XMLソース・エディタを使用してコードを確認できます。 [ 詳細はこちら]

  9. WSDLエディタで、 Port Typesペインの「 interface icon」 RatingServiceを展開します。 次に、「 web method icon」 CreditRatingDetailsElementOperationを選択します。 Property Inspectorで、 Nameの値を processRatingに変更し、[Enter]を押します。
    tell me more iconWSDLエディタ

    WSDLエディタのデフォルト・ビューはDesignページで、WSDLドキュメントに要素を追加する方法を視覚的に表示します。 このビジュアル・エディタには、 Messages、 Port Types、 Bindings/Partner Link Types、および Servicesの4つのペインが表示されます。 ペイン名の先頭にある grey small plus sign iconあるいは grey small minus sign iconをクリックして、ペインを開いたり閉じたりできます。 [ 詳細はこちら]

  10. WSDLエディタで、「 interface icon」 RatingServiceをドラッグして、 Bindings/Partner Link Typesペインにドロップします。 Create Bindingダイアログで、「 SOAP 11 」のチェック・ボックスの選択を解除します。 次に、「 OAP 12 」のチェック・ボックスを選択します。 Message Encodingのドロップダウン・リストで Document/Literalが選択されていることを確認します。 「 OK 」をクリックします。
    tell me more iconバインディング、ポート・タイプ、およびメッセージ

    デフォルトでは、Bindings/Partner Link Typesペインにポート・タイプをドラッグ・アンド・ドロップすると、JDeveloperにはCreate Bindingダイアログが表示されます。 パートナー・リンク・タイプを作成したい場合は、 green add iconアイコンの横にある「 dropdown icon」をクリックし、ドロップダウン・メニューから「 partnerLinkType」を選択します。 [ 詳細はこちら]

  11. WSDLエディタで、「 soap server icon」 RatingServiceSOAP12Bindingをドラッグして Servicesペインにドロップします。
    tell me more iconサービス

    サービスはポートの集まりです。 ポートは、バインディングに使用する特定のネットワーク・アドレスを定義します。バインディングは、1つのポート・タイプの各操作に含まれるそれぞれのメッセージに使用される特定の通信プロトコルです。 [ 詳細はこちら]

  12. 「 the save all icon」 Save Allをクリックして作業内容を保存します。
  13. アプリケーション・ナビゲータで、「 wsdl definition icon」 CreditRating.wsdlを右クリックし、「 Validate WSDL 」を選択します。
    tell me more iconIDE内

    WSDLドキュメントの作成ステップが完了すると、WSDLビジュアル・エディタは次のように表示されます。 [ 詳細はこちら]

WSDLを使用したJava Webサービスの作成

tell me more iconWSDLを使用したJava Webサービスの作成

JDeveloperではウィザードが提供されており、WSDLドキュメントを使用したWebサービスを簡単に作成できます。 [ 詳細はこちら]

  1. アプリケーション・ナビゲータで、プロジェクトを選択し、Create Java Web Service from WSDLウィザードを開きます(「 File」→「 New」→「 Business Tier」→「 Web Services」→「 Java Web Service from WSDL」)。 ウィザードの初期画面が開いたら、「 Next 」をクリックします。
  2. ウィザードのステップ2、Select Deployment Platformページで、「 Java EE 1.5, with support for JAX-WS Annotations 」を選択します。 「 Next 」をクリックします。
    tell me more iconデプロイメント・プラットフォームの選択

    ウィザードを使用して、プロジェクトで最初にJava Webサービスを作成するときは、Select Deployment Platformページで、J2EEまたはJava EEバージョンを選択する必要があります。このページは次のように表示されます。 [ 詳細はこちら]

  3. ステップ3、Select Web Service Descriptionページで、 WSD L Document URL ドロップダウン・リストボックスの「 CreditRating.wsdl 」を選択します。 Service Typeで Java が選択されていることを確認します。 「 Copy WSDL Locally 」チェック・ボックスの選択を解除します。 「 Next 」をクリックします。
    tell me more iconWebサービス記述の選択

    WSD L Document URL ドロップダウン・リストボックスには、現在のアプリケーションにすでに存在するWSDLドキュメントの一覧が表示されます。 この例では、プロジェクトのWSDLドキュメントがすでに存在するので「 Copy WSDL Locally 」チェック・ボックスの選択を解除し、先ほど作成したWSDLドキュメントを選択します。 [ 詳細はこちら]

  4. ステップ4、Specify Default Mapping Optionsページで、パッケージ名として project1、ルート・パッケージ名として project1.typesと入力します。 Map Headers To Parameters が選択されていることを確認します。 次に、「 Finish 」をクリックします。
  5. 「 the save all icon」 Save Allをクリックして作業内容を保存します。
    tell me more iconIDE内

    ウィザードで、WSDLを使用してJava Webサービスを作成するステップが完了すると、JDeveloperのWeb Services - Logウィンドウに、生成が完了したことを示すメッセージが表示されます。 [ 詳細はこちら]

サービス実装コードの追加

tell me more iconサービス実装コードの追加

この例では、 RatingServiceImpl.javaファイルにサービス実装コードを追加します。このファイルは、ウィザードでWSDLを使用してJava Webサービスを作成したときに、JDeveloperによって生成されたものです。 [ 詳細はこちら]

  1. アプリケーション・ナビゲータで、「 webservice icon」 RatingServiceImpl.javaをダブルクリックして、Javaソース・エディタでこのファイルを開きます。
    tell me more iconJavaソース・エディタ機能の使用

    エディタの挿入や置換えモードは、キーボードの[Insert]キーで制御されています。 デフォルトは挿入モードです。 挿入モードと置換えモードは、[Insert]キーを押して切り替えます。 [ 詳細はこちら]

  2. processRating()メソッドで、操作用のサービス実装コードを追加します。 code sample icon サンプル・コードを使用してください
  3. 「 the save all icon」 Save Allをクリックして作業内容を保存します。
  4. アプリケーション・ナビゲータで、「 webservice icon」 RatingServiceを右クリックし、「 Test Web Service 」を選択して、サービスを実行します。
    tell me more icon統合されたOracle WebLogic ServerでのWebサービスのテスト

    Webサービスを作成したあと、通常、テストを実施し、期待する結果が得られることを確認します。 Oracle JDeveloperのIDEを使用して、統合されたOracle WebLogic Server(Oracle WLS)のサーバー・インスタンスにWebサービスをデプロイして、テストできます。 [ 詳細はこちら]

  5. HTTP AnalyzerのRequestペインで、パラメータ・フィールドに 987654321と入力します。 次に、「 the send request icon」 Send Requestをクリックします。 Responseペインに rating 0が表示されます。
    tell me more icon HTTP Analyzer

    HTTP Analyzerを使用すると、HTTPリクエストおよびレスポンスのパケットを調べて監視できます。 「 Test Web Service」を選択すると、Oracle JDeveloperによって、DefaultServerのサーバー・インスタンスにサービスがデプロイされます。また、エディタ・ウィンドウの下部に小さなHTTP Analyzerモニター・ウィンドウとHTTP Analyzer Instancesモニター・ウィンドウが表示されます。 しばらくすると、HTTP Analyzerのメイン・ウィンドウにRequestペインとResponseペインが左右に並んで表示されます。 [ 詳細はこちら]

  6. サービスを停止するには、JDeveloperのツールバーで、「 red square icon」 Terminateをクリックし、ドロップダウン・メニューからサーバー・インスタンスにバインドされているアプリケーションを選択します。
    tell me more iconIDE内

    Webサービスをテストすると、IDE内のHTTP Analyzerのメイン・ウィンドウは次のように表示されます。 [ 詳細はこちら]