該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

最先端の源

Oracle Data Cloudはよりよい成果の源です。ではOracle Data Cloudの源は何でしょうか?Oracle Data Cloudは、オラクルが買収した企業6社のテクノロジーから構築されたもので、その6社はいずれも各分野のリーダーやパイオニアでした。これらの企業とその実績についてもう少し詳しく説明しましょう。

Bluekai DMP:この分野の草分け

Bluekai DMP:この分野の草分け、2014年

BlueKaiは、マーケティング担当者が複数のチャネルに渡ってデータを取得、一元化、解釈、アクティブ化できる史上初のDMPを開発しました。これにより、カスタマー・エクスペリエンスを強化して、マーケティング関連支出に対する効果を最大化させることが可能になりました。オラクルがデジタル・マーケティングを根底から変える方向に踏み出したとき、データ管理のマーケット・リーダーであったBlueKaiは、Oracle Data Cloudを支えるのに最適なテクノロジーを提供していたのです。

Datalogix:オフライン・データ利用の最高峰

Datalogix:オフライン・データ利用の最高峰、2014年

Datalogixは、オフラインの購入シグナルをデジタル・メディアに結び付けた最初の企業で、米国のマーケティング担当者がデジタル、モバイル、オフライン、テレビを網羅した包括的な消費者プロファイルを作成できるよう支援しています。強固なデータ・サイエンスに裏打ちされたDatalogixのオーディエンス作成と測定により、マーケティング担当者は正確な情報を得られるようになりました。オラクルには特にこの点が魅力的であったため、Oracle Data Cloudの基盤を構築する上で、Datalogixが次の重要なステップとなりました。

AddThis:グローバル・リーチのリーダー

AddThis:グローバル・リーチのリーダー、2016年

AddThisはオーディエンス・インサイトのリーダーです。そのサイト共有ツールとアクティブ化ツールは、1500万のWebサイトを強化し、比類のないグローバルなオーディエンス・セグメントの品質、規模、インサイトを実現しています。オラクルは、品質データの可用性のギャップを世界規模で埋めるため、この先見の明のある企業を買収しました。Oracle Data CloudにAddThisが加わったことで、このギャップを埋めるのに最適なツールが手に入りました。

Crosswise:デバイス間の接続を強化するエキスパート

Crosswise:デバイス間の接続を強化するエキスパート、2016年

デジタル世界のマーケティングで頂点に立つには、理にかなった方法で消費者とつながるだけでなく、多くのタッチポイントのすべてで本当に結び付いたオムニチャネル・エクスペリエンスを実現する必要があります。Crosswiseの革新的なテクノロジーは、何十億ものユニーク・デバイスから収集された1PB以上のユーザー・アクティビティ・データやデバイス・アクティビティ・データを処理するというもので、マーケティング担当者は、複数のデバイスを1人のユーザーに関連付けることが可能になりました。正確でスケーラブル、かつ質の高い方法でデバイスを個々のユーザーに一致させることは、Oracle Data CloudがOracle ID Graphをサポートする上での中核であるため、オラクルはCrosswiseを迎え入れました。

Moat:アテンション測定のマーケット・リーダー

Moat:アテンション測定のマーケット・リーダー、2017年

オラクルは、Moatを迎え入れることでマーケティング・パフォーマンスを根本的に向上させる機会を得ました。業界をリードするアテンション・アナリティクスおよびインテリジェンス・プラットフォームであるMoatは、ビューアビリティ、ブランド・セーフティ、ノンヒューマン・トラフィック、広告クリエイティブに関する実践的なインサイトで、事実上あらゆるタイプのデジタル広告キャンペーンの成果を改善しています。この強力なテクノロジーにより、マーケティング担当者は、人が自社の広告を閲覧し、広告にエンゲージして、マーケティング担当者の意図する行動を起こしたことを証明できます。不正とビューアビリティの問題で広告費が無駄になり続ける多事多難なデジタル環境において、MoatはOracle Data Cloudを強力に補完します。

Grapeshot:Cookieのないオーディエンス・リーチのパイオニア

Grapeshot:Cookieのないオーディエンス・リーチのパイオニア、2018年

オラクルは、ブランドに適した環境を識別することの重要性を理解した上で、コンテキストが広告における次のフロンティアであると判断しました。その堅牢なテクノロジー製品群を完成させるために、オラクルは2018年にGrapeshotを迎え入れました。Grapeshotのコンテクスチュアル・インテリジェンス・プラットフォームにより、高度にカスタマイズされたセグメントが迅速に作成されるので、マーケティング担当者は、(ブランドの安全を脅かすコンテンツ・カテゴリを避けることで)自社ブランドをリスクから効果的に保護すると同時に、最新ニュースやトレンド・テーマを含む適切な環境でキャンペーンを最適化することができます。

Oracle Data Cloud:よりよい成果の源

Oracle Data Cloud:よりよい成果の源

これらの企業がもたらした革新的なテクノロジーが一体となり、今日知られているOracle Data Cloudを形づくっています。最高のテクノロジーとデータを結び付けてきた実績を基盤に、Oracle Data Cloudは、代理店やブランド、メディア・プラットフォーム、パブリッシャーがデータをより効果的に使用し、よりよいビジネス成果を生み出せるようにするソリューション群を提供しています。

デジタル広告の将来は未開拓の広大な可能性を秘めています。オラクルはすべての人々がそうした可能性を獲得できるよう支援していきます。

始めよう