該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

Oracle Events Serviceの一般提供を開始

FunctionsNotificationsStreamingを使用してクラウド・リソースの変更を追跡し、変更に対応できます。

フルマネージドのアイコン

フルマネージド

Oracle Events Serviceは、FunctionsNotificationsStreamingにより、クラウド・リソース全体に渡って手動で変更を追跡し、ほぼリアルタイムに変更に対応する作業の複雑さを解消します。

緊密な統合のアイコン

緊密な統合

Oracle Events ServiceはすべてのOracle Cloud Infrastructureサービスと統合されているため、すべてのクラウド・リソースで発生したイベントを追跡できます。

オープンのアイコン

オープン

Oracle Events ServiceはCloud Native Computing Foundation(CNCF)のCloudEventsに準拠しており、クラウド・ネイティブ・エコシステムとのシームレスな相互運用性を確保できます。

Oracle Eventsの配信メカニズム

配信メカニズム

製品の特徴

すべて開く すべて閉じる

大規模なインテリジェント配信

Oracle Events Serviceは、1回以上のメッセージ配信をサポートしており、エンドポイントが停止した場合には複数回リトライします。エンドポイントの停止とレイテンシを処理する組込みの複合ロジックにより、Events Serviceはあらゆる規模に対応できる設計になっています。

組込みのセキュリティ

Oracle Identity and Access Managementと統合されているため、ルールを作成し管理する際のきめ細かなユーザー権限を定義できます。

無償

Oracle Events Serviceの使用料はかかりません。Events Serviceに対してイベントをパブリッシュするサービス、またはEvents Serviceからイベントを受信するサービスを使用した分のみお支払いいただきます。