該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

 

急上昇中の質問

Oracle Cloud Infrastructure Streaming

連続した大量のデータ・ストリームを取り込んで格納し、リアルタイムに処理します。

ユビキタスなモバイル・デバイスから、産業オートメーションのIoTデバイスまで、常時接続デバイスが増えてきたため、ビジネス・アプリケーションは絶えざる大量のデータ・フローに対処するという課題に直面しており、一瞬の判断のサポートを求められるようになりました。Oracle Cloud Infrastructure Streamingサービスは、こうしたアプリケーションで継続的な大量データを複数のソースから取り込み、すぐに処理できるようデータを公開できるフルマネージド型のソリューションです。

フルマネージド

フルマネージド

データ・ストリームの実行に伴う複雑さと運用の負担がなくなり、優れたアプリケーションの開発に専念できます。

スケーラブルな運用

スケーラブルな運用

容易なスケーラビリティで本番スケールのストリーミング・アプリケーションを実行し、安心して過ごせます。

耐久性

耐久性

着信するデータ・ストリームはすべて永続するので、読み取った内容は必要なときにいつでもリレーできます。

製品の特徴

すべて開く すべて閉じる

柔軟な価格設定

  • ストリーミングの価格設定は直感的でシンプル、かつ柔軟です。お客様のお支払いは使用した分だけなので、スパイクの大きいワークロードにも理想的です。

ユースケース

  • ストリーミングは、メッセージング、アプリケーション・ログ、運用テレメトリ・データ、Webクリックストリーム・データ、あるいはパブリッシュ/サブスクライブ・メッセージング・モデルでデータが継続的かつ連続的に生成および処理される他のユースケースなど、大量のデータ・ストリームを取り込んで処理します。

メッセージング

  • ストリーミングをバックプレーン使用して、大規模なシステムのコンポーネントを分離します。
  • 注文の範囲が限定され、レイテンシが低くなってストリーミングの耐久性が保証されるので、さまざまなメッセージング・パターンを実装する信頼性の高いプリミティブを提供する一方、潜在的に高いスループットでシステムのスケールも万全です。

Web/モバイルのアクティビティ・データの取込み

  • ストリーミングを使用データ取り込みのパイプラインとして使用して、Webサイトやモバイル・アプリからアクティビティを取得します(ページ・ビュー、検索数、その他ユーザーのおこなったアクション)。
  • ストリーミングのコンシューマ・モデルを利用すると、情報を複数のリアルタイム監視および分析システムに容易にフィードでき、オフライン処理とレポートのためにデータ・ウェアハウス・システムにも利用できます。

メトリックおよびログの取込み

  • 従来のログおよびメトリック集約方式の代わりにストリーミングを使用すると、クリティカルな運用データで索引付け、分析、ビジュアライゼーションが迅速におこなえます。

インフラストラクチャおよびアプリケーションのイベント処理

  • クラウド・コンポーネントの統一的なエントリ・ポイントとしてストリーミングを使用してそのライフサイクル・イベントをレポートし、換算、アカウンティング、関連アクティビティに利用できます。

使いやすい

  • 基底のインフラストラクチャからプロビジョニング、デプロイメント、メンテナンス、セキュリティ・パッチ、レプリケーションおよび消費者グループまで、フルマネージドで、アプリケーション開発が容易になります。
  • ストリーミングは、アクセス制御からタグ付け、アカウントのライフサイクルおよびコストの追跡などまで、Oracle Cloudのプラットフォーム・サービスすべてと統合されます。
  • ストリーミングではコンシューマ・グループを管理でき、ロード・バランシング、コーディネーション、オフセット管理をオフロードしてアプリケーション開発を簡素化できます。
  • ストリーミングの価格設定は直感的でシンプル、かつ柔軟です。お客様のお支払いは使用した分だけなので、スパイクの大きいワークロードにも理想的です。アプリケーションのスパイクに対処するために、プロビジョニングしたリソースの費用を払う必要はもうありません。

セキュリティ

  • ストリーミング・サービスにおけるデータはすべて、移動中の保管中も暗号化されています。
  • ストリーミング・サービスは、アイデンティティおよびアクセス管理と統合されるので、アクセス制御ポリシーを介して粒度の高いセキュリティ・ルールを適用できます。

高い信頼性

  • ストリーミング・サービスに着信する各メッセージは、1リージョン内で地域的に分散した3つの可用性ドメインにレプリケートされ、そのうえで受信確認が送信されます。
  • ストリーミングは高可用性なので、可用性ドメインに障害が発生した場合でも、可用性とパフォーマンスは保証されます。

ユースケース

ストリーミングは、メッセージング、アプリケーション・ログ、運用テレメトリ・データ、Webクリックストリーム・データ、あるいはパブリッシュ/サブスクライブ・メッセージング・モデルでデータが継続的かつ連続的に生成および処理される他のユースケースなど、大量のデータ・ストリームを取り込んで処理します。

 

メッセージング

ストリーミングをバックプレーン使用して、大規模なシステムのコンポーネントを分離します。注文の範囲が限定され、レイテンシが低くなってストリーミングの耐久性が保証されるので、さまざまなメッセージング・パターンを実装する信頼性の高いプリミティブを提供する一方、潜在的に高いスループットでシステムのスケールも万全です。

 

Web/モバイルのアクティビティ・データの取込み

ストリーミングを使用データ取り込みのパイプラインとして使用して、Webサイトやモバイル・アプリからアクティビティを取得します(ページ・ビュー、検索数、その他ユーザーのおこなったアクション)。ストリーミングのコンシューマ・モデルを利用すると、情報を複数のリアルタイム監視および分析システムに容易にフィードでき、オフライン処理とレポートのためにデータ・ウェアハウス・システムにも利用できます。

 

メトリックおよびログの取込み

従来のログおよびメトリック集約方式の代わりにストリーミングを使用すると、クリティカルな運用データで索引付け、分析、ビジュアライゼーションが迅速におこなえます。

 

インフラストラクチャおよびアプリケーションのイベント処理

クラウド・コンポーネントの統一的なエントリ・ポイントとしてストリーミングを使用してそのライフサイクル・イベントをレポートし、換算、アカウンティング、関連アクティビティに利用できます。

トレンド

Infrastructure Streamingの最新情報