該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle Cloud Infrastructure Streaming

継続的な大容量のデータストリームを取り込んで保存し、リアルタイムで処理します。

偏在モバイルデバイスから産業オートメーションのIoTデバイスまで、接続されたデバイスの急増により、ビジネスアプリケーションは、大量のデータの継続的なフローに対処するという独特の課題に直面し、その場の意思決定をサポートする必要があります。Oracle Cloud Infrastructure Streamingは、これらのアプリケーションが複数のソースから大量の連続データを取り込み、そのデータをすぐに処理できるようにするフルマネージドソリューションです。

フルマネージド

フルマネージド

優れたアプリの構築に集中できるように、データストリームの実行から複雑さと運用の負担を取り除きます。

大規模な運用

大規模な運用

容易なスケーラビリティと安心感を備えた運用環境のストリーミングアプリケーションを実行します。

耐久性

耐久性

すべての受信データストリームを永続化するため、いつでも読み取りを再生できます。

製品の特長

すべて開く すべて閉じる

柔軟な価格設定

  • ストリーミングの価格設定は、直感的でシンプルかつ柔軟です。使用した分だけ料金を支払うことができるため、スパイクが大きいワークロードには魅力的です。

使用事例

  • ストリーミングはメッセージに使用でき、アプリケーションログデータ、運用テレメトリデータ、Webクリックストリームデータ、またはパブリッシュサブスクライブメッセージモデルで継続的かつ連続的にデータが生成および処理されるその他のユースケースなどの大量のデータを取り込みます。

メッセージ

  • ストリーミングをバックプレーンとして使用して、大規模システムのコンポーネントを分離します。
  • キースコープの順序付けと低レイテンシ、ストリーミングの耐久性保証により、高スループットの可能性がそのようなシステムを適切にスケーリングしながら、さまざまなメッセージパターンを実行するのに信頼性の高いプリミティブが提供されます。

ウェブ/モバイルアクティビティのデータの取り込み

  • Webサイトまたはモバイルアプリからの使用データの統合パイプラインとして、ストリーミングを使用します(ページビュー、検索、またはユーザーが行う可能性のあるその他のアクションなど)。
  • ストリーミングのコンシューマモデルを使用すると、複数のリアルタイムモニタリングおよび分析システム、またはオフライン処理やレポートのためのデータウェアハウスに情報を簡単にフィードできます。

メトリックとログの取り込み

  • 従来のログおよびメトリック集計アプローチの代わりにストリーミングを使用して、重要な運用データを、インデックス作成、分析、視覚化に迅速に利用できるようにします。

インフラストラクチャとアプリケーションのイベント処理

  • クラウドコンポーネントの統合エントリポイントとしてストリーミングを使用し、監査、会計、および関連アクティビティのライフサイクルイベントのレポート作成をします。

使いやすい

  • フルマネージドで、基盤となるインフラストラクチャからプロビジョニング、デプロイ、メンテナンス、セキュリティパッチ、レプリケーション、コンシューマグループに至るまで管理されているため、アプリ開発が容易になります。
  • ストリーミングは、アクセス制御からタグ付け、アカウントライフサイクル、コスト追跡などに至るまで、Oracle Cloudのすべてのプラットフォームサービスと完全に統合されています。
  • ストリーミングは、負荷分散、調整、オフセット管理をオフロードすることで、アプリ開発を簡素化するコンシューマーグループ管理を提供します。
  • ストリーミング料金は、直感的でシンプルかつ柔軟で、お客様は使用した分だけを支払うため、スパイクが大きいワークロードには魅力的です。アプリケーションのスパイクを処理するようにプロビジョニングされたリソースにそれ以上支払う必要はありません。

セキュリティ

  • ストリーミングサービス内のデータはすべて、移動中および保存時に暗号化されます。
  • ストリーミングサービスはIdentity and Access Managementと統合されており、アクセス制御ポリシーを介してきめ細かなセキュリティルールを適用できます。

高い信頼性

  • ストリーミングサービスへの各受信メッセージは、確認メールが送信される前に、リージョン内の地理的に分散した3つの可用性ドメインに複製されます。
  • ストリーミングは高可用性であり、可用性ドメイン障害の場合、可用性とパフォーマンスが保証されるようにします。

使用事例

ストリーミングはメッセージに使用でき、アプリケーションログデータ、運用テレメトリデータ、Webクリックストリームデータ、またはパブリッシュサブスクライブメッセージモデルで継続的かつ連続的にデータが生成および処理されるその他のユースケースなどの大量のデータを取り込みます。

 

メッセージ

ストリーミングをバックプレーンとして使用して、大規模システムのコンポーネントを分離します。キースコープの順序付けと低レイテンシ、ストリーミングの耐久性保証により、高スループットの可能性がそのようなシステムを適切にスケーリングしながら、さまざまなメッセージパターンを実行するのに信頼性の高いプリミティブが提供されます。

 

ウェブ/モバイルアクティビティのデータの取り込み

Webサイトまたはモバイルアプリからの使用データの統合パイプラインとして、ストリーミングを使用します(ページビュー、検索、またはユーザーが行う可能性のあるその他のアクションなど)。ストリーミングのコンシューマモデルを使用すると、複数のリアルタイムモニタリングおよび分析システム、またはオフライン処理やレポートのためのデータウェアハウスに情報を簡単にフィードできます。

 

メトリックとログの取り込み

従来のログおよびメトリック集計アプローチの代わりにストリーミングを使用して、重要な運用データを、インデックス作成、分析、視覚化に迅速に利用できるようにします。

 

インフラストラクチャとアプリケーションのイベント処理

クラウドコンポーネントの統合エントリポイントとしてストリーミングを使用し、監査、会計、および関連アクティビティのライフサイクルイベントのレポート作成をします。

トレンド

インフラストラクチャストリーミングの新機能