Database with PostgreSQL

オラクルの革新的なマネージドPostgreSQLサービスであるOCI Database with PostgreSQLは、最先端のオープンソース・テクノロジーと、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)の堅牢性および速度が組み合わさっています。オラクルは両方の強みを生かすことで、OCI Database Optimized Storageで高いパフォーマンスを実現しています。

OCI Database with PostgreSQLのご紹介(5:09)

OCI Database with PostgreSQLを推奨する理由

60%

PostgreSQLを使用した場合のコスト削減率

3倍

自己管理クラスタよりも高速1

99.99%

可用性SLA


1. 同じ構成を持つOCI Database with PostgreSQLと、OCI上の管理対象外の標準のPostgreSQLのパフォーマンスを比較した結果を示しています。アーキテクチャは、6ノード(16 OCPU、256 GB RAM、VM.Standard.E4.Flexシェイプ、PostgreSQLバージョン14.9)を使用するプライマリの混合ワークロードに基づいています。



OCI Database with PostgreSQLの仕組み

OCI Database with PostgreSQLは、パッチ適用やバックアップなどのルーチン・タスクからチームを解放してくれるトップクラスのマネージド・サービスです。その特筆すべき機能は、システム・レジリエンスとパフォーマンスを向上できるOCI Database Optimized Storageです。さらに、このアーキテクチャでは、コンピュートとストレージを個別に拡張できます。OCI Database with PostgreSQLは、エンドツーエンドの暗号化による高度なデータ・セキュリティも提供します。

OCI Database with PostgreSQLの仕組みを示したダイアグラム(下に説明文)

この画像は、ユーザーから、アプリケーション、バックエンドへのワークフローを示したインフォグラフィックです。ユーザーは、コンテナまたは仮想マシンで実行されているアプリケーションに接続しているAPIサービスを操作します。次に、アプリケーションは、バックエンド(具体的にはOLTP、Spatial、OLAP、Vectorのワークロードに適したOCI Database with PostgreSQL)とインタフェース接続します。取り上げられている主なメリットとしては、フルマネージド・サービス、高可用性のための即時フェイルオーバー、簡単な移行や即時使用を可能にするPostgreSQLとの完全な互換性などが挙げられます。

  1. 1.「ユーザー」セクション:
    • 2つのアイコンがあります。1つは「ユーザー」のラベルが付いた人物のアイコン、もう1つは「APIサービス」のラベルが付いた相互接続ブロックのようなアイコンです。
    • その下には「エンド・ユーザーはアプリケーション・インタフェースを介してデータのリクエストを開始します」というキャプションがあります。
  2. 2.「アプリケーション」セクション:
    • ボックスの中に小さいボックスがいっぱい入った「コンテナ」のラベルが付いたアイコン、シンプルなボックスにコンピュータ画面の特徴を模した「仮想マシン」のラベルが付いたアイコン、「アプリケーション」のラベルが付いた歯車アイコンの3つのアイコンがあります。
    • その下には「アプリケーションは受信リクエストを処理し、ユーザーとバックエンド間のデータのフローを円滑にします」というキャプションがあります。
  3. 3.「バックエンド」セクション:
    • 「OCI Database with PostgreSQL」のラベルが付いたデータベース・アイコンが示されています。
    • その下に「次に最適」のタイトルが付いた点線のボックスがあり、「OLTP」、「Spatial」、「OLAP」、「Vector」を表す4つのアイコンが含まれています。
  4. 4. 画像右側にある3つの要点:
    • フルマネージド: テキストには「PostgreSQL とインフラストラクチャの管理にかかる時間を短縮させることで、最新のアプリケーションの開発と実行に時間をかけられるようになります」と示されています。
    • 即時フェイルオーバー: コンピュートから分離され、ほぼ瞬時のフェイルオーバー機能が備わったアーキテクチャについて説明しています。
    • PostgreSQLとの完全な互換性: 100%互換性があるため、簡単な移行とサービスの即時使用が可能になることを強調しています。

これはユーザーがアプリケーションを操作し、バックエンドのOCI Database with PostgreSQLにデータが流れる様子をまとめて視覚的に表現した画像です。

Database Optimized StorageによるOCI独自の分離ストレージ・アーキテクチャ

  • 最適化されたワークロード: コンピュート・ノードが、クエリ処理や最適化などのデータベース・タスクを担います。また、ストレージ・ノードも低レベルの最適化に対応しているため、待機時間を短縮しながらトランザクション・レートを大幅に高められます。
  • 信頼性の向上: コンピュート・ノードまたはストレージ・ノードの障害を独立させることで、データの安全性を確保できます。コンピュート・マシンに障害が発生しても、ストレージ・クラスタ内のデータはセキュアに保たれます。
  • 迅速なリカバリ: マルチノード・データベース・システムでは、プライマリ・ノードにアクセスできなくなった場合、別のノードがプライマリ・ノードとして昇格され、既存のストレージに接続されるため、データ損失が発生しません。
  • スケーラビリティ: コンピュートとストレージを分離することで、さまざまな需要と成長に対応して、個別にスケーリングを行うことができます。
2023年11月14日

OCI Database with PostgreSQLのご紹介: あらゆるニーズに対応するクラウド・データベース・スイートの完成

Oracle Modern Data Platform、プロダクト・マーケティング・ディレクター、Julien Lehmann
プリンシパル・プロダクト・マネージャー、George Csaba

35年以上の歴史を持つPostgreSQLは、オープンソース・コミュニティにおいて強力な支持者を獲得し、さまざまなアプリケーションに使用されています。OCIが成長を続けるなか、お客様からPostgreSQLのサポートを求める声が上がっています。そこで、Oracle Cloud Infrastructure(OCI) Database with PostgreSQL version 14.9を一般提供する運びとなりました。この追加により、OCI上のオープンソース製品の既存のラインナップが補完され、Redisを使用したOCIキャッシュ、OCI Search with OpenSearch、MySQL HeatWaveなどの他のサービスが加わることとなりました。

Database with PostgreSQLスタート・ガイド

20以上のAlways Freeクラウド・サービスを30日間の試用版で試す

オラクルは、Autonomous Database、Arm Compute、Storageなどの一部のサービスについて時間制限のない無償枠を設けています。また、その他のクラウド・サービスをお試しいただくために300米ドル分の無償クレジットもご用意しています。詳細をご確認のうえ、今すぐ無料アカウントにご登録ください。

  • Oracle Cloud Free Tierの内容

    • 2つのAutonomous Database、それぞれ20GB
    • AMDおよびArm Compute VM
    • 200GBの合計ブロック・ストレージ
    • 10GBのオブジェクト・ストレージ
    • 10TBのアウトバウンド・データ転送/月
    • 10以上のAlways Freeサービス
    • 300ドルの無料クレジットが30日間提供

営業へのお問い合わせ

Oracle Cloud Infrastructureの詳細にご関心をお持ちの場合は、当社のエキスパートにお問い合わせください。

  • 次のような質問に回答します。

    • OCIで最適に動作するワークロードは何ですか?
    • オラクルへの投資全体を最大限に活用するには、どうすればよいですか?
    • OCIは、他のクラウド・コンピューティング・プロバイダーと比較して、どうですか?
    • OCIはIaaSPaaSの目標をどのようにサポートできますか?