建設業向けインテリジェント・プラットフォームとは

建設業では、あらゆる決断が変化をもたらすこうした意思決定を自信を持って行うために、オーナーやデリバリー・チームは、プロジェクトや資産のライフサイクル全体にわたって、よりスマートで連携性の高い方法で作業を支援する建設ソフトウェアにますます注目しています。新しいタイプの建設テクノロジーであるインテリジェント・プラットフォームは、業界が新しいレベルの生産性を実現し、プロジェクトとビジネスの成果の向上に寄与しています。

期待を上回る

インテリジェントな建設プラットフォームが機能を統合し、プロジェクトおよびポートフォリオのパフォーマンスを向上させる方法をご覧ください。

建設技術の簡単な歴史

ポイント・ソリューション

過去20年間、ポイント・ソリューションは、効率の基本的な向上を実現し、特定の個人と部門の特定のワークフローを標準化しました。しかし、このようなソリューションは本質的に連携されていないため、情報がサイロ化し、チーム間および建設段階間でコミュニケーションの問題が生じます。

第一世代の建設プラットフォーム

クラウド対応のプラットフォームは、ポイント・ソリューションを統合して、指定されたワークフローでチームとアプリケーションを連携します。しかし、データは特定のアプリケーション、独自の形式、およびプロジェクト・サイロに引き続き閉じ込められているため、プロジェクト、プロセス、またはポートフォリオでパフォーマンスを完全に把握することは困難になっています。第一世代のプラットフォームは、コラボレーションの向上、意思決定の迅速化、およびエラーの減少を促進していますが、建設プロセスの真の自動化には至っておらず、各ステップでは依然として大幅な手作業が必要です。

インテリジェントな建設プラットフォーム

現在、インテリジェントな建設プラットフォームでは、データが解放され、人工知能と機械学習が活用されて、前進するためのすべての意思決定が強化されます。企業は、過去から学んで、未来を継続的に改善します。インテリジェントなプラットフォームは建設プロセスのすべてのステップを自動的に同期します。進捗が現場で把握され、意思決定が行われ、変化が生じると、下流の活動、チーム、およびサプライチェーンが自動的に調整されます。

次世代を担う

新世代のインテリジェントなプラットフォームは、結果を予測し、プロセスを最適化し、プロジェクトの構築および管理方法を継続的に改善して、パフォーマンスを加速します。インテリジェントな建設プラットフォームは、3つの原則に重点を置くことでこれを実現します。

連携し、コラボレーションを実現

簡単に情報を共有し、全員が同じ認識を持つことで、遅延や手戻りを回避することができます。ワークフローを設定して効率を高め、プロジェクトのコントロールと効果的な変更管理により、利益を確保します。各プロジェクトに関する、包括的で改ざん不可能なレコードを取得します。

設計者、請負業者、市、許認可機関など、30以上の組織が、それぞれ固有のデータを所有しながら、シームレスにコラボレーションできました。

- Parsons、ソリューション・アーキテクト、Ashish Sharma氏

すべての意思決定を通知

独自のフォーマットやアプリケーションからデータを取り出し、プロジェクトやポートフォリオ全体を把握することができます。問題を予測し、意思決定を強化するツールで、作業を中断させる可能性のあるリスクを軽減します。過去のプロジェクトやポートフォリオのパフォーマンスを測定し、問題点に対処し、継続的な改善を実現します。

現在は、会議に出席し、質問を受けるのではなく、回答を持って、会議に出席しています。

- Ameren、フィールド・サポートおよび分析担当マネージャー、Matt Pasley氏

同期の維持

品質、時間、コストの目標を達成するために、効率的にプロジェクトを実施します。プロジェクト計画と現場のタスク管理を一元化し、無駄な時間とリソースを最小限に抑えます。サプライチェーン全体にわたって、進捗状況の追跡、リスクの特定と軽減、変更の効率的な管理を行います。

現在は、適切な人が必要なときに常に現れます。

- Landmark Properties、シニア・スケジューリング・マネージャー、Jeff Milo氏

未来のプラットフォームの構築

インテリジェントな建設プラットフォームは、業界をリードするアプリケーションを世界クラスのクラウド・インフラストラクチャに統合します。卓越した建設技術の評価を最もセキュアでコンプライアンスの高いスケーラブルなテクノロジーと組み合わせた場合のイメージをご覧ください。