該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

グローバル・レポーティング・イニシアチブ(GRI)スタンダード:GRI対照表

GRI対照表は、グローバル・レポーティング・イニシアチブ(GRI)スタンダード:GRI対照表の中核オプションに準拠して作成されています。コーポレート・シチズンシップ・レポート以外で公表された項目には、すべて横にアスタリスク(*)が付けられています。

一般標準開示項目

GRIスタンダード 開示事項 セクション/URL 省略/説明
GRI 102:組織のプロフィール 102-1:組織名、102-2:活動ブランド、製品、サービス  
102-3:本社の所在地、102-4:事業所の所在地、102-5:所有形態および法人格、102-6:参入市場、102-7:組織の規模  
102-8:従業員およびその他の労働者に関する情報  
102-9:サプライ・チェーン  
102-10:組織とそのサプライ・チェーンの重要な変化  
102-11:予防原則または予防的アプローチ  
102-12:外部のイニシアチブ  
102-13:団体の会員資格  
GRI 102:戦略 102-14:上級意思決定者からの声明  
102-15:重要な影響、リスク、および機会  
GRI 102:倫理と誠実性 102-16:価値観、原則、標準、行動規範  
102-17:倫理に関する助言と懸念のメカニズム  
102-18:ガバナンス構造  
102-19:権限の委任
102-20:経済、環境、社会のトピックに対するエグゼクティブレベルの責任
 
102-21:経済、環境、社会のトピックに関するステークホルダーへのコンサルティング  
102-22:最高ガバナンス機関とその委員会の構成、102-23:最高ガバナンス機関の議長、102-26:目的、価値観、戦略の設定における最高ガバナンス機関の役割、102-27:最高ガバナンス機関の集合知  
102-29:経済、環境、社会の影響の特定と管理、102-30:リスク管理プロセスの有効性、102-31:経済、環境、社会のトピックのレビュー、102-32:サステナビリティ・レポートにおける最高ガバナンス機関の役割  
GRI 102:ステークホルダーのエンゲージメント 102-40:ステークホルダー・グループのリスト オラクルは、私たちと私たちが事業を展開する地域社会にとって最も重要な分野に基づいて、ステークホルダー・グループと幅広く連携しています。当社の主要なステークホルダーには、お客様、サプライヤー、従業員、パートナー企業、投資家、業界団体、政府機関、非営利団体が含まれます。
102-41:団体交渉協定   守秘義務による制約事項:オラクルはこのデータを公開していません。
102-42:ステークホルダーの特定と選定、102-43:ステークホルダー・エンゲージメントへのアプローチ  
102-44:提起された重要なトピックと懸念  
GRI 102:レポート体制 102-45:連結財務諸表に含まれる事業体  
102-46:レポートの内容とトピックの範囲の定義  
102-47:レポートの内容を定義するプロセスにおいて特定されたすべてのマテリアルな側面  
102-48:情報の訂正   以前のレポートからの情報は修正されていません。
102-49:レポートにおける変更   重要な変更はありません。
102-50:レポート期間、102-51:最新レポートの日付、102-52:レポートサイクル、102-53:レポートに関する質問の連絡先、102-54:GRIスタンダードに準拠したレポートである主張  
102-55:GRI対照表  
102-56:外部保証   サステナビリティ・セクションで報告されているエネルギーと排出量のデータなど、レポートの一部は外部で検証されています。

マテリアルな項目

最高水準の倫理的な事業活動の維持

GRIスタンダード 開示事項 セクション/URL 省略/説明
GRI 103:マネジメント手法 103-1:マテリアルな項目とその該当範囲の説明  
103-2:マネジメント手法とその要素  
103-3:マネジメント手法の評価  
GRI 204:調達慣行 204-1:地元サプライヤーへの支出の割合  
GRI 205:腐敗防止 205-2:腐敗防止のポリシーと手順に関するコミュニケーションとトレーニング  
GRI 408:児童労働 408-1:児童労働事件の重大なリスクにさらされている事業とサプライヤー  
GRI 409:強制労働 409-1:強制労働事件の重大なリスクにさらされている事業およびサプライヤー  
GRI 412:人権に関する評価 412-1:人権のレビューまたは影響評価の対象となった業務  
412-2:人権に関する従業員のトレーニングのポリシーまたは手続き  
412-3:人権条項を含む、または人権審査を受けた重要な投資協定および契約 オラクルのハードウェア・サプライヤーは、責任ある企業同盟(RBA)における行動規範、ならびにオラクルサプライヤーの行動規範を遵守する必要があります。RBAにおける行動規範はオラクルのサプライヤー契約の不可欠な要素であり、当社のサプライヤーはRBAに準拠しているかどうかを四半期ごとに評価されます。

管理するデータのプライバシーとセキュリティの保護

GRIスタンダード 開示事項 セクション/URL 省略/説明
GRI 103:マネジメント手法 103-1:マテリアルな項目とその該当範囲の説明  
103-2:マネジメント手法とその要素  
103-3:マネジメント手法の評価  
GRI 418:顧客のプライバシー 418-1:顧客プライバシーの侵害および顧客データの紛失に関して実証された不服申立 お客様の個人情報を保護することは、私たちにとって最優先事項です。オラクルは、保有する個人情報を保護するように設計された企業ポリシーおよび慣行を実施します。

ダイバーシティ&インクルージョンおよび安全性の高い職場の提供

GRIスタンダード 開示事項 セクション/URL 省略/説明
GRI 103:マネジメント手法 103-1:マテリアルな項目とその該当範囲の説明  
103-2:マネジメント手法とその要素  
103-3:マネジメント手法の評価  
GRI 403:労働衛生と安全性 403-1:正式な労使合同安全衛生委員会への労働者代表の参加  
403-2:負傷の種類と負傷率、職業病、休業日、欠勤、および労働災害による死亡者数  
GRI 404:トレーニングと教育 404-1:従業員1人あたりの年間平均トレーニング時間 オラクルは、Oracle Universityの正式なトレーニングを含む、従業員がアクセスするさまざまなキャリアおよびスキル開発プログラムの質、量、時間を追跡し、継続した人材育成を目指しています。
404-2:従業員スキル向上プログラムおよび移行支援プログラム  
404-3:業績とキャリア開発の定期的なレビューを受けている従業員の割合 このデータは公開していませんが、キャリア開発プログラムと提供内容に関する詳細情報を人材セクションとOracle CareersのWebサイトで提供しています。
GRI 405:ダイバーシティ&インクルージョン 405-1:ガバナンス機関と従業員のダイバーシティ  
405-2:基本給と報酬の男女比   守秘義務による制約事項:オラクルはこのデータを公開していません。
GRI 406:非差別 406-1:差別事例と実施した救済措置   守秘義務による制約事項:オラクルはこのデータを公開していません。

従業員がプラスの影響を与えるように支援する働きかけ

GRIスタンダード 開示事項 セクション/URL 省略/説明
GRI 103:マネジメント手法 103-1:マテリアルな項目とその該当範囲の説明  
103-2:マネジメント手法とその要素  
103-3:マネジメント手法の評価  
GRI 413:地域コミュニティ 413-1:地域コミュニティとのエンゲージメント、インパクト評価、開発プログラムを実施した事業所  

グローバルで学生の教育と技術的インクルージョンを推進

GRIスタンダード 開示事項 セクション/URL 省略/説明
GRI 103:マネジメント手法 103-1:マテリアルな項目とその該当範囲の説明  
103-2:マネジメント手法とその要素  
103-3:マネジメント手法の評価  
GRI 413:地域コミュニティ 413-1:地域コミュニティとのエンゲージメント、インパクト評価、開発プログラムを実施した事業所  

世界中のコミュニティで社会貢献に従事

GRIスタンダード 開示事項 セクション/URL 省略/説明
GRI 103:マネジメント手法 103-1:マテリアルな項目とその該当範囲の説明  
103-2:マネジメント手法とその要素  
103-3:マネジメント手法の評価  
GRI 203:間接的な経済的影響 203-1:インフラ投資および支援サービス  
203-2:著しい間接的な経済的影響  
GRI 413:地域コミュニティ 413-1:地域コミュニティとのエンゲージメント、インパクト評価、開発プログラムを実施した事業所  

経済的、社会的、環境的な価値創造のための当社技術を活用

GRIスタンダード 開示事項 セクション/URL 省略/説明
GRI 103:マネジメント手法 103-1:マテリアルな項目とその該当範囲の説明  
103-2:マネジメント手法とその要素  
103-3:マネジメント手法の評価  
GRI 203:間接的な経済的影響 203-1:インフラ投資および支援サービス  
203-2:著しい間接的な経済的影響  
GRI 413:地域コミュニティ 413-1:地域コミュニティとのエンゲージメント、インパクト評価、開発プログラムを実施した事業所  

循環性と気候変動を含む持続可能なビジネス思考

GRIスタンダード 開示事項 セクション/URL 省略/説明
GRI 103:マネジメント手法(材料、エネルギー、水、排出量、排水と廃棄物、環境コンプライアンス) 103-1:マテリアルな項目とその該当範囲の説明  
103-2:マネジメント手法とその要素  
103-3:マネジメント手法の評価  
GRI 302:エネルギー 302-1:組織内のエネルギー消費量  
302-2:組織外のエネルギー消費量  
302-3:エネルギー強度  
302-4:エネルギー消費量の削減  
302-5:製品およびサービスのエネルギー要件の縮小  
GRI 303:水 303-1:水源ごとの総取水量 水源ごとの総取水量に関するデータを取得することはできませんが、飲料水の総使用量を積極的に管理および報告し、水を節約およびリサイクルするためのさまざまなプロセスを実施しています。
303-3:リサイクルおよび再利用された水の割合と総量 リサイクルおよび再利用された水の割合と総量を取得することはできませんが、飲料水の総使用量を積極的に管理および報告し、水を節約およびリサイクルするためのさまざまなプロセスを実施しています。
GRI 305:排出量 305-1:直接的な温室効果ガス(GHG)排出量(スコープ1)  
305-2:間接的な温室効果ガス(GHG)排出量(スコープ2)  
305-3:その他の間接的な温室効果ガス(GHG)排出(スコープ3)  
305-4:GHG排出原単位  
305-5:GHG排出量の削減  
GRI 306:排水と廃棄物 306-2:種類別および処分方法別の廃棄物  
GRI 308:サプライヤーの環境アセスメント 308-1:環境基準により選定した新規サプライヤー オラクルには、サプライヤーが社会的に責任のあるビジネス慣行を実証することを求めるサプライヤー資格プログラムがあります。

オラクルのサプライヤーの倫理とビジネス行動規範は、適用されるすべての環境法および規制を遵守することをサプライヤーに要求しています。サプライヤーは、製品またはサービスのライフサイクル全体にわたって、原材料、エネルギー、水などの資源の消費量を削減するよう努めることが期待されています。
308-2:サプライチェーンにおけるマイナスの環境インパクトと 実施した措置