廃棄物の最小化: 英国オラクル

Minimizing Waste

廃棄物をエネルギーに変える

 

英国オラクルの施設では、優先順位付けしてリソースを効率的に使用する「廃棄物管理ヒエラルキー」を導入しています。再生利用できない廃棄物は焼却によってエネルギーに変換されます。このプロセスにより、膨大な量の廃棄物の埋立てを回避できるだけでなく、化石燃料への依存が減り、英国で義務化されている再生可能エネルギー利用の促進をサポートしています。英国オラクルのこの取組みは、2012年4月に初めてテムズ・バレー・パークの施設で導入され、その後12の施設で導入されました。2015年には英国内のオラクル施設で300万リットルを超える廃棄物(36%)が再生利用され、600万リットル(64%)の埋立処理が回避されました。