Stanford Medicine Corporate Partnersプログラム

 

David Entwistle

「スタンフォード・ヘルスケアは、オラクルがStanford Medicine Corporateのパートナーであることを光栄に思います。オラクルはこのプログラムを通じてすばらしい支援を行うことで、地域医療の水準を高め、従業員とその家族の健康と福祉を確保しています」

– デイビッド・エントウィッスル、プレジデント兼CEO、スタンフォード・ヘルスケア

オラクルは、2018年初めに開院予定の新しいスタンフォード大学病院を支援するStanford Medicine Corporate Partnersプログラムの設立メンバーです。オラクルは10年にわたり2,500万米ドルの支援金を提供することにより、コミュニティと社員の健康的な未来を支援してきました。

必要不可欠なサービスをより身近に

将来登場する新技術を導入できるように柔軟性を持たせた設計をし、最先端のインターベンショナル治療が可能な病室、患者用の個室、広々とした屋上庭園、面会者や家族のための充実した設備などが作られる予定です。また、カリフォルニア州のサンフランシスコとサンノゼ間で唯一となるレベル1の外傷センターが設置されるので、地域の方々が生命にかかわる救急サービスを利用しやすくなります。

最新のバイオメディカル・イノベーションの活用

新しいスタンフォード大学病院は最先端の医療を提供する病院として、最新のバイオメディカル・イノベーションを活用し、それぞれの患者のニーズに適切に対応した総合的な医療を提供します。予知医学や予防医学の新しい基準を確立することを目指しています。

グリーン・ビルディング・テクノロジの活用

スタンフォード大学病院は最新のグリーン・テクノロジを採用して、環境への影響を最小に抑えます。病院施設はLEED認証シルバーレベルを取得しており、エネルギー効率と水利用効率を最大限に高め、自然採光や置換換気を利用して温室効果ガスの排出量を最小限に抑えます。

 

Stanford Hospital Virtual Tour
スタンフォード病院バーチャルツアー

新しいスタンフォード病院は、それぞれの患者さんの身体的、感情的ニーズを踏まえ、全く新しい医療のスタンダードを提供するように設計されています。 新しい施設には、3階建ての中央アトリウム、専用の患者室、広大な屋上庭園があります。