Oracle License Management Services—Services

Services Tailor to Meet Your Needs

効果的なライセンス管理を実現させる

オラクルLMSはお客様に4つのコアサービスを提供しています。それぞれのサービスは丁寧にデザインされ、お客様が詳細なライセンス管理が達成できることをお手伝いし、ビジネス上必要とされるものに合わせることが可能です。より重要なのは、これらのサービスはこれらのサービスが無料で提供され、現在進行している営業活動からは全く切り離されている点です。

それぞれのサービスはお客様のオラクル製品への投資の多くに対する助けとなるアドバイスと教育を提供します。我々のサポートは、お客様の現在お持ちのライセンスを最大限に利用することから、今後契約されるライセンスがお客様のビジネス目的に緊密に連携されてるものかどうかを確かめることについて、その性質と範囲において戦略的で運用可能なものです。


アドバイザリーサービス

アドバイザリーサービスは、オラクルのインフラストラクチャーやライセンスモデルの変更を検討する際にライセンスに関するガイダンスとお客様が必要とする専門的インサイトを提供します。典型的な例としては、どのようなライセンスポリシーが将来のビジネスシナリオに合致するかについての解釈を提供します。提供されるものには、ライセンス契約文言の明確化、特定の製品についてのポリシーについてのアドバイス、将来必要とされるライセンスに関するサポートが含まれます。


True-upサービス

True-upサービスは、自主的な使用状況の評価であり、お客様の資産管理に必要に合わせた需要に合わせて行われます。通常のレビューについてのオラクルの標準的なポリシーの一部として、本サービスはお客様の要望により開始され、使用されている契約済みライセンス全体における詳細な情報を提供します。この点により、お客様はオラクル製品の展開についてのより良い理解を得て、膨大なライセンス資産全体についてオラクルと一緒に前向きにコンプライアンス状況管理することができます。


監査サービス

監査サービスは組織やその他の関係者、つまり、ビジネスユーザーやIT、財務、購買、に現在展開しているオラクル製品についての詳細な評価を可能にします。このプロセス主導型サービスはお客様のコンプライアンス状況を評価し、お客様のオラクル製品の展開状況についての事実に基づく評価、分析、確認を含みます。


ライセンス契約確認サービス

ライセンス契約確認サービスは、お客様の既存ライセンス契約についての前向きな確認サービスです。正確な使用情報に基づき、本サービスは会社規模を基準としたメトリックについて、 契約条件と一致していることへの確認、確認書の完成、投資の回収の達成から構成されています。特定のサービスはULAやPool of Funds、Enterprise ProgramやCampus Serviceを含みます(LMSがenterprise metricでライセンスされている、かつ、または、expansion条項がある組織と一緒に前向きに従事し、年次確認書をより理解し、完成させることをお手伝いします。)


始めよう